2014年8月10日 (日)

雑記

日曜日、月に一度の緑の作業の定例会。
疲れます。
最近は毎回頭痛薬のお世話になります。

定例会のおかげでいつもの無料コンサートを観賞できず。
東京楽竹団の演奏、見たかったなあ。
同居人は参加して、終演後には楽器にさわることもできたそうです。

プロ野球の中継の中で、「大きな怪我にはつながらない」という解説者の言葉があったのですが、これが「大きな毛蟹は繋がらない」に脳内変換されてしまって、クスクス笑ってしまいました。

レッズ、フロンターレに負ける。
鳥栖がせっかくお家騒動なのに。
ギラは引き分け、まずまず。

ライオンズ、マリーンズ相手に3タテ逃す。
メヒアと中村のアベックホームランが出たのに、ですよ。

| | コメント (0)

2014年8月 9日 (土)

その後のゴジラ

初代ゴジラの放送があってから、その後もいろいろなゴジラ映画が放送されていました。
いくつかは見たのですが、特にコメントする気にもならず。
印象に残っているのは、水中から姿を現すゴジラのシーンです。
静かな海の水面がぐわ〜んと持ち上がったかと思うと、ザパーンと海水が砕け散って黒い物体が現れます。
ゴジラ登場。
海面はひざの上あたり。
う〜ん、どうやってここまで来て、隠れていたのか(^_^;)。
東京湾はだいたい深いところでも水深50mぐらいのようです
最近のゴジラは高層ビルのせいで身長100mに設定されたと記憶しています。
こういうところをもっと上手にウソついてほしいと思います。

| | コメント (0)

2014年8月 8日 (金)

『 The International 』★★★

「ザ・バンク 堕ちた巨像」という映画を観ました。
武器売買に関与する巨大銀行の不正を追うインターポールのお話。
予備知識は全くなく、ナオミ・ワッツが出ているので観たかっただけなのですが(^_^;)、予想以上に面白かったのでした。
だいたい、銀行の不正の話なので、金融界を舞台にした渋〜いサスペンスだと思っていたのですが、手に汗握るアクションサスペンスという側面もあって、エンターテイメント映画として楽しめました。
なんと言っても、有名なグッゲンハイム美術館を舞台にした銃撃戦!
こういうものには食傷気味な自分ですが、緊迫感があってよかった。
背景となる空間自体が洗練されているので、絵になるんですよねえ。
最初は「え?グッゲンハイムで銃撃戦ロケ?」なんてびっくりしましたが、巨大なセットで再現されたようで、それにも感心しました。
もう1回ゆっくり観てみようかな。
それにしても、邦題がださいです(^_^;)。

| | コメント (0)

2014年8月 7日 (木)

3連敗

またしてもホークスに3連敗。
確かに首位チームで強いのはわかるのですが、もう少しなんとかならんものかと思います。
しかも、野上、金子の熱愛報道が流れる始末。
プライベートな事なのでかまいませんが、こういう時だとねえ。
勝っててくれれば全く問題ないのですけれど(^_^;)。

午前中、雑木林で作業をしていたら、脱皮中のセミを見つけました。
夕刻、「そういえば、ちゃんと成虫になったかな」と見に行ったら、全く動いた気配なし。
どうやらこの姿で死んじゃったみたいです。
う〜ん、何があったんだろう。
身動きできないまま夜が明け、熱中症にでもかかったでしょうか。

Img_5971

| | コメント (2)

2014年8月 6日 (水)

涼しげな音楽

ottavaのfacebookでは今もいろいろな音楽が日々紹介されていますが、その中の1つ「氷の楽器」が涼しげでよかったです(^_^)。

| | コメント (0)

2014年8月 5日 (火)

『モスラ対ゴジラ』★★★

初期の「モスラ対ゴジラ」を観ました。
当時は「ゴジラ」を筆頭に、「ラドン」や「モスラ」など単体作品が公開されていたと思いますが、これが初めての対戦形式だったではないでしょうか(あまり自信なし)。
すでに高尚なメッセージ性は失われかけていますが(^_^;)、それでも面白く観ました。
やはりインファント島からの使者の設定が素晴らしいですね。
小人、双子、美人姉妹、歌がうまい上、エキゾチックな印象的メロディ。
子供時代、みんなが「♪モスラ〜や、モスラ〜。ほにゃらららら、ほにゃら〜」と意味不明なセリフを歌っていた思い出があります(笑)。
あれを聞けただけでも満足です(^_^)。

| | コメント (0)

2014年8月 4日 (月)

ゴジラvs伊福部昭

NHKでやっていた「音で怪獣を描いた男〜ゴジラvs伊福部昭〜」を観ました。
再現ドラマ+ドキュメンタリーという構成でしたが、そのドキュメンタリー部分というのが、アトリエ訪問、家族や関係者へのインタビュー、伊福部家の祖先探訪、生演奏、秘蔵エピソード、等々、実に盛りだくさんな内容で充実の1時間でした。
さすが生誕100周年です。
いつもの無料コンサートで親近感もある桐朋学園が平和への祈り的な「合唱」で出演していた事にびっくり。
伊福部家は鳥取県の神社で代々宮司さんをしていた、というのもびっくり。
アイヌ音楽の影響が言われることが多いけど、こういうところにもあったのか〜、という感じ。
そして、最も驚いたのは「太平洋戦争中に軍事研究に関わって放射線を浴びた」という体験でした。
「俺はゴジラと一緒だ」みたいなセリフがあったんですよね。
なんか、凄いことを想像してしまったのですが(^_^;)、wikiの記事によると、宮内省帝室林野局林業試験場に勤務し、放射線による航空機用木材強化の研究に携わったのだそうです。
当時のことですからね、防護服も用意されず、無防備のまま実験を続けたのだとか。
で、突然血を吐いて倒れたのだとか(恐っ)。
伊福部さん、もっといろいろなエピソードがありそうで、すごく興味がわきます。

| | コメント (0)

2014年8月 3日 (日)

雑記

日曜日の緑の作業は電動のヘッジトリマーを使って笹刈り、そして枝葉のシュレッダー。
毎日暑いですが、作業場所は涼風が抜ける場所なのでとても気持ちいいのです。

Img_5960

ライオンズ、岸くんが好投してイーグルスに勝ち越し。
まあ、今のイーグルスには勝ってもらわなければ。

レッズ、神戸と引き分けに終わって首位陥落。
鳥栖が強いってのがピンときません(^_^;)。
ギラは勝ってますねえ、まだ4位にいます。

題名のない音楽会で、西部警察のテーマ曲が羽田健太郎氏の作曲だった事を知りました。
そう考えてみると、あのテーマ曲で渡る世間のクレジットが流れていても違和感がないような気がしてきました(笑)。

| | コメント (0)

2014年8月 2日 (土)

チーム・カブトムシ

毎日のちょこっとした楽しみ「0655/2355」(^_^)。
昨日からのカブトムシつながりで「夏だ!チーム・カブトムシの歌」。

| | コメント (0)

2014年8月 1日 (金)

カブトムシ

敷地内でカブトムシのオスの遺骸を見つけました。
体長8cmぐらいの立派なカブトムシだったので、びっくり。
いるんだなあ、ここには。

Img_5937

しかも、その写真を撮って自宅に戻ったところ、今度はドアの前の通路にメスがいて、もそもそと動いているのです。
さっそく動画を撮ってみました。

足元がすべるのか、ずいぶん歩きにくそうですね。
もしかすると体が弱っているのかな?と思ってつまんでみたら、すごい力で体を捻って逃れようとしたので、そのまま樹に逃がしてあげました。

Img_5947

| | コメント (0)

2014年7月31日 (木)

植木鉢棚

以前書いたかどうか記憶が曖昧なのですが、春頃に敷地内の伐採材で植木鉢棚を作ろうと思い立ち、材料を切り出したところで放置(^_^;)、その植木鉢棚をやっと完成させました。
大きさは、W50 x D25 x H10 cm です。
四方のフレームを直径4cm程度の枝で組み、さらに脚をつけました。
棚板部分は直径1cm程度の枝を並べています。
樹種はいろいろ。
釘は使いたくなかったので、フレームは木製のダボ+木工ボンド、棚板部分は麻紐で縛りながら固定、というスタイルです。
あいかわらず不揃いの手作り感満載の仕上がりですが、植木鉢を置くとなかなか涼しげで気に入っています。
今はこういう作業が楽しいのです(^_^;)。

Img_5941 Img_5942 Img_5945

ちなみに植木鉢の植物は左から、アオギリ、モミジ、笹。
どれも敷地内から移植したり、実生させたものです。
他にも、ケヤキ、ビワ、コナラ、アジサイ、などが育っています。
最終的な目標は「ベランダにプチ雑木林」です。

| | コメント (0)

2014年7月30日 (水)

暑いお昼は

アサガオは順調に育っています。
気がつくと、いつの間にか蔓がシュルシュルと伸びていますね。
そこで、どれぐらいの早さで伸びるのだろうと思ってタイムラプス撮影をしてみました。
朝の8時から夕方6時までの10時間を30秒にまとめています。
こうしてみると、涼しい朝夕に伸びて、暑い日中はおとなしくしているようですね。
なんだか親近感がわきました(^_^;)。

| | コメント (0)

«ゴジラ★★★