2014年7月20日 (日)

雑記

日曜日は緑の作業、12本ぐらいのアジサイをカットしまくり。
バッサバッサとちぎっては投げるように切りまくりました。

オールスターはなんとなくチラ見。
ホークスの柳田選手の打球が凄かったですね。
自分のスタイルを貫く姿勢は好きです。
ホークスの選手だけど、ちょっと応援したくなるなあ。

レッズは新潟に完封勝ちで首位キープ。
期待したくなる心をぐっと抑えています(^_^;)。
ギラも勝っとりますね。
5位キープ。
余計な期待はしていないので、思う存分戦って欲しいです(^_^;)。

「花子とアン」に出てくる九州の炭坑王の役者さん。
誰かに似ている気がするんだよなあ、と思っていたのですが、それがランバ・ラルだということに気がつきました。
お、ランバ・ラルが一発で変換される事にちょっと感動。

| | コメント (0)

2014年7月19日 (土)

ガーコ

土曜日は2駅ほど先にある都立病院に行ってきました。
体調が悪いわけではなく、広大な敷地内を見学するためです。
武蔵野の雑木林を切り開いて作ったらしいのですが、そこかしこに豊かな緑が残されていて、なかなかよい雰囲気でした。
旧施設の跡地があったりして、大きなカラスが鳴いているとちょっと不気味です。
廃墟があったらホラー映画ですね。

Img_5812 Img_5805 Img_5809

この敷地内には放し飼い(?)のガチョウがいたりして、こいつらがけっこうワイルドでした。
ちょっと恐いくらいでした(^_^;)。

Img_5810

| | コメント (0)

2014年7月18日 (金)

『21』★★★

 

「ラスベガスをぶっつぶせ」という映画を観ました。
ああ、なんてセンスのない邦題でしょうか。
ラスベガスのカジノでブラックジャックに挑むMITの学生たちのお話。
原題の「21」は、ブラックジャックの「あがりの数字」です。
カードカウンティングという技術があって、トランプの山の中に残っている絵札などの「役付きカード」の状況を、期待値や確率という視点から把握していく方法です(たぶん(^_^;))。
記憶と確率を最大限に利用した攻略法なのでイカサマをしているわけではありませんが、カジノ側は「カードカウンティング対策」をいろいろ施しているようで、そういう部分のせめぎ合いのお話。
ギャンブルはやりませんが、面白かったです。
しかも実話がベースだというのも凄い。
このカジノを攻略する学生たちを率いるのが数学教授のケビン・スペイシー。
悪い役をする時の彼は本当に悪いやつだなあ、と思います(^_^;)。

| | コメント (0)

2014年7月17日 (木)

ブーフーウー

プロ野球のオールスター戦はほとんど興味ありませんが、今年は若手によるフレッシュオールスターが面白そうで、TV観戦しました。
ライオンズの将来を担ってくれるであろう森友哉と山川穂高の二人を楽しみにしていたのですが、期待通りの活躍ぶりでこれからが本当に楽しみです。
おかわり君2世の山川はまだ公式戦ではノーヒットですが、タイムリーとホームラン。
さらにマリーンズの井上とバファローズの奥浪も巨体をゆらしてホームラン。
森くんがスマートにみえました(^_^;)。
近い将来、彼らがパリーグを盛り上げてくれるといいなあ。

| | コメント (0)

2014年7月16日 (水)

アルヴォ・ペルト

現代音楽の作曲家を知ることなんて、これまではほとんどありませんでした。
でも、ottavaのおかげで少しずつですが素敵な楽曲や作曲家に巡り会うことができています(感謝)。
その中の1人、アルヴォ・ペルトが高松宮殿下世界文化賞の音楽部門を受賞したというニュースを見ました。
こういうのはちょっと嬉しいです。
「鏡の中の鏡」

| | コメント (0)

2014年7月15日 (火)

偶然とはいえ

高校3年時代に夢中になっていた機動戦士ガンダムと赤毛のアンのアニメが同時に再放送中というのはちょっとした奇跡です(^_^;)。
どうやらガンダムは生誕35周年のようですが、なんとも微妙な数字。
これも商売か(苦笑)。
赤毛のアンは朝ドラのおかげですね。
ありがたいことです。
そして、先日のアンは演出が富野氏でした。
これもちょっとミラクルな感じです。

| | コメント (0)

2014年7月14日 (月)

ドイツ優勝

ワールドカップの決勝戦、朝起きたら延長戦をやっていましたが、決勝ゴールの直後にTVをつけたようでガックリ。
ドイツ、強かったですね。
それほど詳しく観ていませんが、ドイツやオランダのような西欧の「組織的サッカー」とブラジルやアルゼンチンのような南米の「個人技サッカー」という図式は今もあるのでしょうか。
前回優勝のスペインのパスサッカーよりもさらに攻撃的でダイナミックな印象でした。
そういえば、今回は定番の「ゲルマン魂」というフレーズをあまり耳にしなかったような気もします。
「不屈の(ゲルマン魂)」という枕詞がつく言葉ですが、そういう危機的状況になることが少なかったのかもしれません。
同じような意味合いでいくと、日本代表の場合「大和魂」という言葉にはなんとなく悲壮感が漂っているような気がするんですね。
「躍動する侍ブルー」ならありですが、「躍動する大和魂」ってちょっと違和感あるのです。
劣勢の時に「大和魂を見せろ」というのが定番の使い方かも(^_^;)。
そんな事を考えていた決勝の朝でした。

| | コメント (0)

2014年7月13日 (日)

今日もサヨナラ

高齢者(自分も含む)が集まっての会議で困ること。
1.同じ事を何回も説明しなければならない。
2.本題からすぐに話がずれる。
3.本題からずれた話を元に戻すために大きな声を出さないといけない。
この1〜3の無限ループ地獄に落ちます。
「人の話を大きな声でさえぎる」という行為は、自分にはひどいストレスです。

ライオンズ、またしてもサヨナラであります(炭谷タイムリー)。
昨日もサヨナラしてたら、同一カード3試合連続サヨナラ勝ちだったのに〜。
なんて、贅沢な事を言ってはいけませんよね。
首位のバファローズ相手によい戦いができました。
今後に期待。

ワールドカップは3位決定戦でブラジルがまたしても完敗。
開催国としては残念な結果になりましたね。
チームに対しての感情は特にありませんが、落ち込むサポーターというか、ブラジル国民の人たちにちょっと同情しました。

| | コメント (0)

2014年7月12日 (土)

発芽中

ライオンズ、連日の12回の死闘。
2試合連続でサヨナラ勝ちかと期待してしまいましたが、あと一歩およびませんでした。
でも、よく粘った。

種まきを忘れていて、あわてて蒔いたアサガオが活発に発芽中です。
タイムラプス撮影してみました。
10時間を1分です。

| | コメント (0)

2014年7月11日 (金)

またしてもサヨナラ

首位バファローズをホームに迎えての3連戦。
今回も12回の死闘の末、無死満塁から脇谷がサヨナラ打。
「強い」というよりも「粘りが出てきた」と言った方がよいでしょうか。
内容はともかく、とにかく今は1勝にこだわって借金をなくしてくださいな。

| | コメント (0)

2014年7月10日 (木)

『 10 Items or Less 』★★★

モーガン・フリーマン主演の「素敵な人生のはじめ方」という映画を観ました。
往年のスターがひさしぶりに映画出演することになり、下見に来たスーパーマーケットでレジ係の女性と知り合って、新しい一歩を踏み出そうとしている彼女を応援してあげる話。
1日の出来事を追っているだけなので、なんだかモーガン・フリーマンの「オフの1日密着取材」みたいなフィルムですね。
そんな素朴で親しみやすいつくりがとても好印象でした。
邦題はちょっと恥ずかしいです。
原題は「10個以内」、スーパーのレジの入口に掲げられている「10個以内のお買い物専用レジ」という意味ですが、人生の中で好きなことも、嫌いなことも、大切な事も、そうでないものも、「だいたい10個ぐらいなんじゃない?」みたいなメッセージを感じたりもしました。
たくさんいらない。
シンプルな生き方。
でも、ラストでは豪邸に住んでたな、モーガン(^_^;)。

| | コメント (0)

2014年7月 9日 (水)

4位浮上

ライオンズ、マリーンズに連勝してやっとこさ4位浮上。
ここからどこまで挽回できるでしょうか。
最下位からじわじわと上がっていくプロセスを楽しめるなら、それもまた良しかな。
まあ、軽い負け惜しみですけど(^_^;)。

| | コメント (0)

«延長12回逆転サヨナラ