2014年4月19日 (土)

MLB

メジャーリーグは時々観ています。
特に応援しているチームがあるわけではなく、やはり日本人選手を中心に見ることになりますが、ダルビッシュのいるレンジャーズはワシントン監督が面白いので(笑)、けっこう応援しているかも。
どっしりと構えている監督さんよりも、選手と同じように喜んだり悔しがったりする監督さんの方が自分は好きだったりします(^_^;)。
そういえば、ダルビッシュのグローブにちょっと気になるパターンの模様があったので検索してみたら、やはり「北海道」のマークでした(以前から?最近?)。
こういうのは地元のファンは嬉しいでしょうね。
今年はヤンキースに行った田中を見るのも楽しみ。
ライオンズの卒業生は・・・、中島、何をしてるの?
松坂くんは頑張っているみたいですが、う〜ん、どうなるやら。
そして、松井稼頭央がイーグルスでチームを牽引している姿をみると、「ああ、なんてもったいない事を」と思ってしまいます。
戻ってきた時は中島・片岡の二遊間がいたから仕方ないんだけど。
でも、石井一久の時のように、メジャーでの経験がチームにもたらすものは小さくはないと思うんですけどね。

| | コメント (0)

2014年4月18日 (金)

『 The Sorcerer's Apprentice 』★★

「魔法使いの弟子」を観ました。
ディズニー映画「ファンタジア」の中の有名なシーンを1本の映画にしてしまったもの。
オリジナルがとてもファンタスティックでユーモラスな映像ですから、CGを駆使した実写映画には期待していませんでしたが、その通りでした。
オリジナルに関係なく見れば、普通に面白かったのかもしれませんが(^_^;)。
まあ、ストーリーもよくある話のように思えます。
ただの娯楽映画ですね。

| | コメント (0)

2014年4月17日 (木)

爆勝

今日はお手伝いしているライオンズ関係のサイトの西武ドーム観戦会。
自分は参加していませんが、ひさしぶりの爆勝でよかったです。
いや、「そこまで点を取らなくてもいいだろ」と言いたくなるような心配もつきまとうのですが。
ま、いいか。
とにかく最下位独走中ですからね。
常勝軍団の面影なし。
期待はし過ぎずに応援します。
2軍の若手に期待。

映画の感想がたくさん溜まっています。

| | コメント (0)

2014年4月16日 (水)

「 KICK-ASS 」★★★★

「キック・アス」という映画を観ました。
現実の社会にヒーローがいたら?といったコンセプトで作られたファンタジー映画というか、おバカ映画というか、ブラックユーモア映画ですね。
不思議なテイストで面白かったです。
主人公はどうでもいいんだけど、とにかく小さな女の子の殺し屋が可愛くて(^_^;)。
公開当時、「映画とはいえ、こういう事を子役俳優にやらせていいのか」みたいな論調があったように記憶しています。
でも、それでも自分は許してしまいます。
父親との親子愛はちょっと歪んでいるような気もしますが、なんだか泣けてきたりもして。
社会の事を知らない子供だから許せる純粋さ、みたいなものでしょうか。
続編が作られているようですが、あの子が大きくなっていくにつれてそういうピュアな部分が失われていくような気がして、ちょっと心配。
なんかうまく説明できないんですけどね(^_^;)。

| | コメント (0)

2014年4月15日 (火)

「犬神家の一族」★★★★


BSで市川崑監督の「犬神家の一族(元祖版)」をやっていたのでひさしぶりに観ました。
やっぱり面白いですね。
残虐な殺人事件、おどろおどろしい因習的世界なのですが、あの映像美。
昨今の「刺激的なだけ」のミステリー映画とは違う「品のよさ」を感じます。
今では当たり前ですが当時は斬新だった映像手法がこれでもかと言わんばかりのてんこ盛りで、まるで演出の教科書みたいな感じなのではないでしょうか。
犯人がスケキヨを殺害するスローモーションシーンは、「東京オリンピック」で見せてくれたアスリートの躍動美そのものです(爆)。
島田陽子さん、きれいだった。
坂口良子さん、可愛かった。
地井武男さん、本当に嫌な奴だった(役柄として)。
大野雄二さんの音楽もよかった。
そして、やっぱり湖から突き出した2本の脚のシュールな風景。
忘れられないシーンです。
何度観ても面白い映画ですね。

| | コメント (0)

2014年4月14日 (月)

春の香り

日曜日に山椒の若葉、いわゆる「木の芽」をお裾分けでいただきました。
こういうのはひさしぶり。
炊き込みご飯に乗せたり、お味噌汁に浮かべたり、木の芽味噌風にしたりしました。
鼻腔をすっと抜けていく春の香り。
美味しかったなあ。
こういうのは歳をとってからの楽しみですね。
若いうちは肉を食っててください(笑)。

Kinome

| | コメント (0)

2014年4月13日 (日)

気をつけよう

日曜日の午前中はいつもの緑の作業。
先週作った花壇に一時退避させていたモミジの苗などを植えてあげました。
その他にもいろいろ作業していたのですが、年配の女性が土手で転び、救急車を呼ぶ騒ぎになりました。
どうやら手首を骨折したもよう。
気をつけようと思いました。
もう若くないですから。
無理はしません。

ガンダムを見ていたら、ルナツーの中で擱座したサラミス艦(マゼラン?)の色が緑色でかなりの違和感でした。
連邦の艦隊カラーはラベンダー色のイメージです。
この頃(第4話)はまだ設定が曖昧だったのでしょうか。
どうでもいい事なんですけどね(^_^;)。

| | コメント (0)

2014年4月12日 (土)

雑記

そういえば、メジャーリーグの方も始まっていて、田中やら、ダルビッシュやら、イチローやら、中継を時々観ています。
今日はダルビッシュが8回無失点で勝ち負けなし。
5〜6回だったかな、途中までパーフェクトゲームでしたが、取れそうなファールフライを野手が取り損ねて、「こういうプレーの後に打たれたりするんだよなあ」と思っていたら、打たれちゃいました。
そういう風に出来ているみたいです(笑)。
そういえば、中島くんは何をしているんだろう。

プロ野球、雄星と大谷の先輩・後輩対決はぐだぐだの試合(苦笑)。
そして雄星は自滅でしたね。
これで3連敗。
なんで?
フォームを少し変えたみたいですが、何か体をかばっているのではないかと心配です。

レッズ、グランパスに勝ったようで、まずまずです。
これで4位浮上で首位との勝ち点差は「3」。
そろそろ優勝しようよ。
とにかく、いろんな反省も含めて、謙虚にがんばって欲しいです。

敷地内を散歩していたら、「ふきが伸びているから摘んでいきなさい」と薦められて断りきれず(^_^;)、採取してきたふきをきゃらぶきにしました。
市販の水煮で作ることはありますが、生のふきから作ったのは初めてです。
ふきデビュー。ふき記念日。
でも、手間がかかりますね。
次があるかはわかりません(^_^;)。

Img_4601

| | コメント (0)

2014年4月11日 (金)

配れば?

プロ野球の統一球がまた「飛ぶボール」になっていたことが発覚。
反発係数が高いらしいのですが、「西武球場以外の5球場で」っていうのが何か引っかかります。
まあ、ライオンズの場合はあそこまで飛ぶケースが少ないからどうでもいいか(^_^;)。
いろいろと見直しをするようですが、まだ1万ダース残っているとか。
1万ダース=12万個?
試合が行われる6球場で先着2万名でファンに配ればいいのに(これを「奮発係数を高くする」と言います)。
それぐらいお詫びしてもいいと思うのだけどなあ。
それともこれを配ってしまうと他にボールはないのかな?
別にミズノでなくてもいいですよ。
それもペナルティですよ。

| | コメント (0)

2014年4月10日 (木)

「その男、凶暴につき」★★★


北野監督の第1作「その男、凶暴につき」をひさしぶりに観ました。
1989年の作品、ご本人も北野映画の常連さんも、みな若いですね。
内容的には「その男の凶暴日記」(シャレてる場合か)。
舞台は首都圏の川崎とか蒲田のイメージなので、なんかグレーな、乾いたコンクリートみたいな感じ。
映像美的な面では物足りないのですが、やはりその展開や見せ方が新鮮で驚いてしまいます。
「えー、ここで死ぬかー」「ここで殺すかー」みたいな(^_^;)。
自分も最初は「タケシが撮った映画」という興味本位で観ていましたが、ラストの倉庫の蛍光灯のシーンなどにハッとさせられた事を今もよく覚えています。

| | コメント (0)

2014年4月 9日 (水)

ホーム初勝利

ライオンズ、ホーム5試合目にしてやっとホーム初勝利。
脚を使った多彩な攻撃で面白かったです。
あいかわらず野上がそこそこ打たれながらも、のらりくらりと投げ抜いて、ちゃっかりと2勝目。
ゲームは作るが、絶対的エースには絶対になれない。
そういう感じです。
いや、同郷(福岡県)だから、これでも応援しているのですけれどね。
開幕戦でイーグルスに3連敗とか、バファローズに3連敗とか、もうシーズン序盤から前途多難です(^_^;)。
今日もなんとか勝ったけど、う〜ん、まだまだですね。
中村&坂田の離脱が大きいけど、打撃陣が普通に力を発揮すればもっと普通に勝てるでしょうに。
やっぱり調整が遅かったのかな。

| | コメント (0)

2014年4月 8日 (火)

ダブルねこ

ご飯を手軽に食べる「ねこまんま」、西日本では味噌汁をかけて食べ、東日本ではかつおぶしと醤油をかけて食べるのが一般的らしいということです。
九州出身の自分も子供の頃は味噌汁をかけて食べていました。
猫と一緒に暮らしていた時期もありましたが、彼女がねこまんまを食べていた記憶はありません。
どうでもいいか。
今でもよくねこまんまを食べます。
西日本タイプも、東日本タイプも。
そこで、ふと思って、味噌汁をかけて、かつおぶしをかけて、醤油をかけて食べたみたら、これがとても美味しかったのでした。
まあ、かつおぶしは出汁と同じだから当然として、味噌汁に醤油をかけてもいけるもんだな、と感心しました。
味噌汁に直接醤油をまぜる気にはなりませんが、ご飯が介在する「ねこまんま」なら十分いけますね。
さらにその後、「すりごま」もかけて、ちょっと冷や汁っぽい雰囲気にしたりもして。
自分の中では「ダブルねこ」という名前の料理と言うか、食べ方になりました。
特にお薦めはしませんけど。
なお、ダブルねこに集中していたせいで、写真を取り忘れてました(^_^;)。

| | コメント (0)

«無人くん