2014年12月15日 (月)

『 Disorganized Crime 』★★★

「計画性の無い犯罪」という映画をみました。
銀行強盗もののコメディ映画。
「計画性がない」と言うよりも、ちょっとしたトラブルから計画が次々と変更を余儀なくされるという感じですね。
リーダーが呼び寄せた4人の男たちが街にやってくるところから始まりますが、結局リーダーと4人は最後まで会えないまま(^_^;)。
リーダー、4人の男、2人の刑事、3つ視点からすったもんだが描かれるという構成でした。
面白かったんですけど、それほど大笑いするようなものでもなく(^_^;)、女性が全く出てこないというのもちょっと華がないですね(^_^;)。
シチュエーションコメディと言ってもいいと思うのですが、三谷さんだったらもっと数倍面白いものを作るだろうな、と想像しながら観ました。

| | コメント (0)

2014年12月14日 (日)

雑記

サッカーの天皇杯はやっぱりガンバの優勝でした。
でも、山形も頑張ってましたね。
GKが元レッズの山岸選手だったのにはびっくりでした。

野球をテーマにした「バンクーバーの朝日」という映画の宣伝を最近見かけます。
もう「何にでも使えそうなタイトル」ですよね(^_^;)。
センスよさげなタイトルですが、こういうものには余計な下心を感じてしまう自分です。
勝手な決めつけはいけないんですけどね。

11月頃に敷地内で咲いていた花を早咲きの「クロッカス」だと思い込んでいたのですが、「サフラン」だった事を今頃知りました。
どちらもアヤメ科クロッカス属の植物で、晩秋に咲いていたらクロッカス、早春に咲いていたらクロッカスなのだそうです。
来年はサフランライスに挑戦したいと思っています。

Img_6732

選挙はたぶん大方の人々が予想したであろう結果でした。
某TV局の選挙特番の見出しに「乱」の文字があって失笑でした。
そして、今回も池上さんが大活躍でしたね。
全く目立たず、さりげなく、しかし完璧に仕事をこなす「殺し屋」の役に抜擢したいと思いました(すいません(^_^;))。

| | コメント (0)

2014年12月13日 (土)

粉山椒

赤や黄色に染まっていた敷地内の植物もすっかり落葉して、冬らしい風景になってきました。
そんな中、山椒の実が少し残っていたので、すり潰して粉山椒にしてみることにしました。
きれいに皮をむいて、中から黒い光沢のある実を取り出します。

Img_7025

ところが、ここでふと調べてみると、粉山椒というのは実ではなく、周りの殻の部分をすり潰したものであると知りました。
これ、常識でした?
むき終わった殻はきれいにゴミ箱に捨てています(苦笑)。
そこでもう一度、今度は実ではなくて、殻の部分を取りに行きました。
↓こんな感じでもう一度集めました。

Img_7026

これをすり鉢であて、夕食の肉じゃがにかけてみました(写真はピンボケだったので没 orz)。
まずは、もう、香りがフレッシュですね。
市販のスパイスもあるのですが、香りの立ち方が違いました。
味の方も舌にピリピリくる感じで大人の刺激です。
これからしっかりと収穫しよう。
重宝しそうです。

| | コメント (0)

2014年12月12日 (金)

『 Quiz Show 』★★★

ロバート・レッドフォードが監督した「クイズ・ショウ」を観ました。
以前からずっと気になっていた映画でしたが、やっと初見。面白かった。
実際にあったクイズ番組の不正事件を題材にしたものですが、それが1950年代の出来事というのがすごいですね。
その頃からやってたんだ。
そして、今もたいして変わってないんじゃないかと思える進歩のなさです(^_^;)。
こういうスキャンダルが起こると、当のクイズ番組以上にワイドショーは視聴率を稼ぐんだろうなあと思いました。

| | コメント (0)

2014年12月11日 (木)

「あ・うん」★★★

健さんの「あ・うん」を観ました。
どこかが放送してくれるだろうとは思っていましたが、まさかテレビ東京がやるとは(BSジャパン)。
地上波で日テレが「幸福の黄色いハンカチ」をやっていただけに、クスッと笑ってしまいました。
本当になにを考えているのかよくわかりませんが、そんなテレ東が好きです(笑)。
観るのは3度目だと思いますが、何度みてもよいなあと思える映画の1つ。
個人的に高倉健さんの「暗い過去を背負ってストイックに生きる」という設定があまり好きではありません。
見る人に感情移入させる安易な手段と思えるのです。
そういう設定を使わなくても、ちゃんと感動やメッセージを伝えられると思うんですよね。
向田邦子原作のこの映画もそんな感じです。
戦争に突入する前の古き良き昭和の2つの家族の物語。
大人の女性であるにもかかわらず、富司純子さんがとにかく可愛らしくて。
健さんはいつものストイックというよりもプラトニック。
笑顔のシーンが多いし、女遊びをしたり、愛人を囲ったりするし(笑)。
そういう姿が見られるのも貴重のように思えます。

| | コメント (0)

2014年12月10日 (水)

レゴ部屋更新

レゴ部屋に「サロンで乾杯!おめでとう」をアップ。
今はクリスマス用モデルの構想を終え、パーツなどを集めているところです(サンタの服装とか)。
最近は日常的にレゴに触っているわけではないので、「あのパーツはどこだっけ?」みたいに迷うことが増えました(それとも歳のせい?)。
これがかなりのタイムロスです。
ゆっくりパーツ整理をしたいのですが、パーツケースを購入するところから始めないといけない感じ。
いや、まずはそのパーツケースをどこにどう置くかを考えるところから始めないといけない感じですね(苦笑)。

| | コメント (0)

2014年12月 9日 (火)

復刻

いつもの100均でチロルチョコレートの復刻版を見かけました。
チョコレートはほとんど食べませんが、ブルーチーズとアレンジされているいうことで興味津々。
復刻企画のWEB投票で第1位になった商品なのだそうです。
しかも、ダイソー限定発売だそうで、すごいのか、そうでもないのか、よくわからない企画です(^_^;)。
肝心の味の方は、う〜ん、なかなか複雑な味ですね。
チョコの味はするし、ブルーチーズの味もする。
それなりに美味しいと思います。
でも、別々に食べた方がもっと美味しいと思います(^_^;)。

Img_7015 Img_7016

| | コメント (0)

2014年12月 8日 (月)

雑記

日曜の午後のランチはココイチでカレーを食べました。
ハンバーグカレーを普通の辛さ、普通のライス量で頼んだのですが、これがもう辛くて、量が多くて、完食するのに努力を必要としました。
そんな自分に愕然。
以前ならペロッとたいらげていたのに。
最近はいろんなところで「年齢」を感じてしまうことが多くなりました。

カレーを食べた後、植物園に向かうバスが「クリスマスバス」でした(早口言葉みたい)。
車内にいろいろとデコレーションです。
子供だましですけどね。
でも、こういうのもなんだか微笑ましく見守れるようになりました(苦笑)。

Img_6987 Img_6986

J1への昇格ゲームは山形が勝ったようですね。
試合は見られませんでしたが、なにやら好調なのだとか。
天皇杯の決勝が楽しみです。

ライオンズ、結局、松坂や中島は帰ってきてくれませんでした。
小谷野も来てくれなかったし。
がっくり。
大丈夫?

| | コメント (0)

2014年12月 7日 (日)

リースを作ってきました

植物公園のイベント「木の実の工作教室」に参加して、リースを作ってきました。
いや、いや、とても楽しい企画でした。
参加人数は50人ぐらいのイベントで、7割ぐらいは親子参加、残り3割が若いカップルから壮年・熟年のカップルまで。
クリスマスシーズンということでサンタさん(先日ガイドしてくれた園長さん)も登場し、子供にプレゼントを渡したりして。

Img_6992

自由に使える木の実やグルーガン(接着剤)が用意された大きなテーブルを囲んで座ります。
リースの土台は完成品をもらえるので、そこに「いろんな飾りをくっつける」という誰でもできる作業です。
1時間ほどがんばりました。

Img_6990 Img_6991

自分の作品。
年中飾っておきたいので、クリスマスを意識することなく、「秋の実り」をテーマに渋めで構成しました。
オーソドックスにレイアウトしただけですが、なかなかの雰囲気ではないかと思います(自分で言う?(^_^;))。

Img_7009_2

同居人の作品。
なんとなくクリスマス仕様ですが、派手な演出などはせず、こちらも渋めに構成したかったようです。
小さな実のついた枝を多用しているところがポイントでしょうか。

Img_7013

みなさんの作品はこんな感じ。
華やかでよいですね。

Img_6997

飾り付けに余った木の実などは自由に持ち帰れたのでお土産にしました。
それと、子供たちがもらっていたプレゼントが余っていたのでそれも。
カードサイズの携帯ルーペです。
自分の場合、外出先で小さい文字を読む時によさそうです(苦笑)。

Img_7007

| | コメント (2)

2014年12月 6日 (土)

70分天下

Jリーグは最終節。
レッズは得失点差でトップに立つガンバよりもよい結果を出せば逆転優勝でしたが、やっぱりダメでしたね。
序盤2分で先制しましたが、「このままでいけるはずがない」と感じました。
予想通り後半に同点ゴールを決められ、焦って攻撃を仕掛けたところで逆転ゴールを許す最悪の展開。
ここぞというところで勝負弱いのが今のレッズです。
レッズが先制してからはガンバ戦を見て徳島を応援していたのですが、J2降格が決まった徳島には「ホーム初勝利」というモチベーションがあった事を知りました。
結果は引き分けに終わりましたが、その頑張りが伝わってきました。
今のレッズよりも強いかも。
よそから選手を取ってくる安易な補強ではなく、じっくりと生え抜きの選手を育てて欲しい。
野球もね。

| | コメント (0)

2014年12月 5日 (金)

『 Der rote Baron 』★★★

「レッド・バロン」という映画を観ました。
第一次世界大戦中のドイツ空軍の撃墜王リヒトフォーフェンの生き様を描いたお話。
戦闘シーンなどはあるものの、全体的に渋くて美しい映像だったのですが、ドイツの映画だったんですね。
レッド・バロンという愛称は自ら愛機を赤い色に塗ったことから。
戦場では当然目立つことになりますが、「相手に恐怖心を与える効果がある」というまさに赤い彗星であります(^_^;)。
この頃はまだ騎士道精神みたいなものも存在していて、地上に降りれば敵味方関係なく、お互いに紳士みたいな雰囲気もあってよし。
戦闘服などもまだ未発達なので、厚い防寒コートを着て、マフラーをまいて、ちょっと寒いところに行ってくるという感じで出撃するのもカッコイイ。
自分はこの人物の事をほとんど知らなかったので、ストーリーも楽しめました。
空に憧れてパイロットになり、多くの仲間と友情で結ばれ、美しい恋人と巡り会い、国民的なヒーローにもなっていく。
しかし、戦況は次第に不利になり、友がひとり、またひとりと命を落としていく展開。
上層部は英雄である彼を死なせないために地上で指揮することを命じ、飛ぶのを禁じるのだが・・・
最後の出撃シーン、余計なくさいセリフなはく、ただ黙々と装備を整え、愛機に乗り込んでいく男たちの姿をじっくりと丁寧に捉えていて、じんわりときました。
よかったなあ。

| | コメント (0)

2014年12月 4日 (木)

『 Margin Call 』★★★

「マージン・コール」という映画を観ました。
タイトルは説明されてもわからない金融用語でしたが(^_^;)、リーマンショックを題材にしているということで面白くかったです。
いや、実際、今も何が起こっていたのかよくわかっていませんが、未曾有の金融危機を引き起こす事を知りながら、そうせざるを得ない人々の崩壊前夜、24時間の姿を淡々と描いたお話。
人間が作り上げた「株式」という巨大なシステムに翻弄されるお話、と言ってもいいのかな。
金融危機が起こってからのパニックシーンなどもなくて、渋いですね。
見る人によっては物足りないのだと思いますが、自分は十分に満足でした。

| | コメント (0)

«たまってますね(>_<)