2014年8月27日 (水)

『 Gamera 3 : Revenge of Iris 』★★★

「ガメラ3 邪神覚醒」を観ました。
三部作シリーズの完結編。
1作目から続くギャオス騒動、新たな敵とその伝説、それに対峙する現代の巫女さんとか、ガメラに復讐を誓う少女とか、少女に思いをよせる少年とか、いろいろ出て来て盛りだくさんの内容。
盛り込みすぎ?
面白かったからいいんですが、やはり2作目の方が好きかな。
でもラストはカッコ良かったなあ。
満身創痍のガメラ、そこに世界中に生息するギャオスが日本に大集結してくるという情報が入ってくる。
ガメラと心を通じる少女は「たとえ一人でもガメラは闘います」と断言し、夜空に向かって咆哮をあげるガメラ。
さらなる熾烈な戦いを暗示してシリーズは終わるのでした。

| | コメント (0)

2014年8月26日 (火)

昼寝猫

先日、散歩の途中でみかけた猫。
緑豊かな素敵な庭で昼寝をしていました。
こういう無防備な姿は無条件に可愛いですね(^_^;)。

Img_6055 Img_6056

| | コメント (0)

2014年8月25日 (月)

アサガオ不調

25日になってやっと今年初のアサガオが咲きました。
確かに種を蒔いた時期は遅かったのですが、新調した手作り蔓棚で順調に育っていました。
で、葉っぱはたくさん茂っているのですが、つぼみがいっこうに出来なかったんですよね。
ネットで調べてみると、いろいろな原因が考えられるようです。
ただ、昨年までは同じ場所・同じ環境で普通に咲いていたので、これまでとの違いを考えるなら、横長のプランターと蔓棚です。
もしかすると、文字通り伸び伸びと育てすぎたでしょうか。
花を咲かせることも忘れ、ただひたすらに蔓を伸ばしまくりだったような気がします。
う〜ん。

Img_6116

甲子園は決勝戦。
大阪桐蔭の優勝で、プチ嬉し。
今年もいろんな事がありましたね。

| | コメント (0)

2014年8月24日 (日)

花火大会

日曜日、ベランダから多摩川方面の花火大会が見えるので(小さくですが(^_^;))、少し観賞。
写真も撮ってみました。

Img_6112 Img_6113

昼間は高校野球の準決勝を観ていました。
大阪桐蔭はライオンズでOBが活躍中なので(中村、浅村、森)応援してしましたが、敦賀気比との試合は凄い戦いになりましたね。
1回表に5点を取られた時は「きっついな〜」と思いましたが、あれやこれやの乱打戦で「大阪桐蔭 15 - 9 敦賀気比」の勝利。
両軍合わせて27安打、5本塁打。
こちらも花火大会でした。

| | コメント (0)

2014年8月23日 (土)

落語&プラネタリウム

土曜日、午後は近所の町内会が主催した子供落語会を観賞してきました。
子供落語会と言っても、子供がやるわけではなく、プロの芸人さんが来ます。
たぶん、なにかの「縁」があるのでしょうね。
こういうのを無料で観られるのだからありがたいことです。
演目は「マジック」「落語(中堅?)」「落語(柳家喬太郎師匠)」。
マジックはなかなか楽しめました。
特に子供たちのリアクションを見ていると面白いですね。
なんでもない手品に純粋に驚いている姿をみていると、自分も小さい頃はああだったろうかと考えてしまいました(^_^;)。
落語もずいぶんひさしぶりでしたが、こういうのが楽しい年齢になってしまったのかと、ちょっと複雑な心境にもなりました(苦笑)。
それにしても、若い方と師匠の芸の違いは歴然。
素人の自分でもわかるほどでした。
存在感というか、たたずまいというか、師匠の姿や立ち振る舞いはとても自然で軽やかですね。
年齢を重ねなければ得られないものなんだろうな、と思いました。

Img_6100 Img_6101 Img_6103

夜は区の教育センターにあるプラネタリウムで、大人のための特別講座「SF作家が夢見た宇宙」というプログラムを観てきました。
1時間のプログラムで400円也。
ちょっと説明が多くて、ロマンチックに夜空を見上げるという感じではありませんでしたが(^_^;)、それなりに楽しめました。
小学校の時以来だったでしょうか。
こういうのもたまにはいいですね。

Img_6104 Img_6105

| | コメント (0)

2014年8月22日 (金)

ロケ地

金曜日は二子玉川に行ってきました。
NHKのドラマ「ベランダー」のロケ地の1つになっている園芸専門店が以前から気になっていたためです。
こういうのはひさしぶり。
古畑のボーズヘッド荘以来かもしれません(笑)。
店内ではドラマのPRはさりげなく。
印象的に使われるエスカレーターを眺めてニヤニヤしてしまいました。
よくあることですが、実物は小さくて短いですね(^_^;)。

Img_6090 Img_6093

| | コメント (0)

2014年8月21日 (木)

『 Gamera 2 : Attack of the Legion 』★★★

「ガメラ2 レギオン襲来」も観ました。
三部作の中ではこれが一番好き。
宇宙から落下した隕石から謎の生命体が現れる、という王道(?)の展開ですが、群体の生物とそれを支える植物が共生関係のセットで現れるところが素敵。
自衛隊の排除作戦とは別に、これらの生態を探る主人公達の「謎解き」が面白いですね。
やはり脚本が素晴らしいのだと思います。
好きなシーンを2つ。
共生関係にある巨大な草体が花を咲かせ、「草体が花を咲かせました」と部下が報告に来ます。
うろたえる上官は何を思ったのか、「・・・何色だ?!」と口にしてしまうのです。
この意味不明な会話、上官の戸惑いがとてもよくわかるシーンです(笑)。
説明的なセリフなんかよりも、ずっと好きなんだなあ(^_^;)。
もう1つは主人公たちが水野美紀の自室にあがりこんで作戦会議中のこと。
レギオンの生態に悩む技術者が「あ〜あ、ここ酒なんてないよね〜」みたいにぼやくと、美紀ちゃんがすかさず「あるよ。ゲド戦記の後ろ」と言って、本棚のゲド戦記(岩波書店版)の背表紙をつかむと、後ろから酒のボトルを取り出します。
ガメラとレギオン、水野美紀と酒、光と影の戦いを暗示しているに違いありません(笑)。

| | コメント (0)

2014年8月20日 (水)

ひさしぶりレゴ

amazonでどうしても必要なものを買おうとしたら、買い合わせ商品でした。
低額商品のため、買い物合計が2500円以上でないと注文できないというシステムです。
仕方がないので(笑)、レゴフレンズの小箱を一緒に購入であります。
アイスクリームスタンドだったかな、半額ぐらいの叩き売りだったと思います。
フレンズはカラフルな色合いのパーツが多いので嬉しいですね。
童話の「お菓子の家」なんかを作ると楽しそう。
ああ、最近はゆっくりとレゴしていませんね。

Img_6120

| | コメント (0)

2014年8月19日 (火)

『 Gamera : Guardian of the Universe 』★★★

「ガメラ 大怪獣空中決戦」を観ました。
ガメラ平成三部作は好きなシリーズです。
特撮娯楽映画として素直に楽しめる感じ。
個人的には脚本を伊藤和典氏が担当しているのも好き。
ゴジラ映画は最初の「ゴジラ」が偉大すぎて、その後になにを作っても越えることが出来ない感じなのですが、ガメラはそのへんの制約というか、プレッシャーがないのが良いところかもしれません。
もっとも、恐竜の延長上にある「ゴジラ」に対して、巨大なカメの怪獣というのは無理もあるような気がしますが、確か設定では「カメという生物が存在しない世界」になっていたんじゃなかったかな。
こういうのは、どうでもいい事のようで、実は大切な事だと思うんですよね。
それに、ガメラの体型はプロレス向きではないので(^_^;)、格闘シーンもシンプルになって良いと思います。
自分は常日頃から「怪獣はもっと噛みつくべきだ」と思っています(笑)。

| | コメント (0)

2014年8月18日 (月)

『 Before Sunset 』★★★

「ビフォア・サンセット」を観ました。
ビフォア・サンライズ」の続編。
ウィーンで一夜を過ごした二人が9年後にパリで再会するお話ですが、今回は一夜ではなく、さらに短くなって「約90分」。
ただ、パリの街角を延々と歩きながら、思い出話や近況などを語り合うという前回と同じ展開で、普通なら退屈してしまうはずなのに、これがやっぱり面白い。
旅する過程を描く「ロード・ムービー」という言葉がありますが、「道路ムービー」というか、「散歩ムービー」というか、なんかそんな感じです。
9年が経って、大人になって、お互いの生活や家庭があって、いろいろと複雑で微妙な心持ちに揺れる二人の姿。
前作では「若者の映画」でしたが、今回は「大人の映画」になっていて、とても好印象でした。
主役のジュリー・デルピーは脚本や音楽にも関わっているようで、才気あふれる素敵な女性ですね。
wikiで調べてみたら、彼女のデビュー作は「ゴダールの探偵」だったとは。
学生時代に観てました。
美しい少女だったことも覚えています。

| | コメント (0)

2014年8月17日 (日)

『 Notes on a Scandal 』★★★

「あるスキャンダルの覚え書き」という映画を観ました。
教え子と不適切な関係を持った若い美人教師と、そのスキャンダルを知ったベテラン女教師の駆け引きを描いたお話。
いわゆる犯罪ものではありませんが、心理サスペンスというか、人の心の弱い部分やずるい部分を巧みに描いていて、なかなかスリリングでした。
う〜ん、恐いわ(^_^;)。
美人教師を演じたケイト・ブランシェット(きれい)とベテラン教師を演じたジュディ・デンチ(渋すぎ)は共にアカデミー賞の「主演女優」「助演女優」にノミネートされたようですね(受賞は逃したようですが)。
イギリス映画らしい、渋くて品のある作品でした(自分の勝手なイメージですけどね(^_^;))。

| | コメント (0)

2014年8月16日 (土)

森くん3試合連発

今季のライオンズは序盤のつまづきを取り返せないまま終わってしまいそうなのですが、クローザーの高橋の新人王や、途中から戦列に加わったメヒアや中村のホームラン王が楽しみです。
そして、なんと言っても森友哉のホームで挨拶代わりの3試合連発弾!
しびれましたっ(>_<)/。
レフト、ライト、センターバックスクリーン、と打ち分けているのも凄いところ。
ああ、今後が楽しみすぎます(菊池や大石の時もそう書いたけど(^_^;))。
そんな3試合の結果が「1勝1敗1分け」っていうのがまた微妙ですけどね。
それが今のライオンズの実力さ。
とにかく残り少なくなってきた今シーズン、がんばれ〜!

| | コメント (0)

«羽化したけど