2015年7月 9日 (木)

しぶとく継続?

録画していたドラマ「ホームランド:シーズン3」の最終回を観ました。
イランの指導者を暗殺したブロディのその後が描かれていたわけですが、「このドラマだったら、本当に死なせるんだろうな・・・」と思いながら見ていたら、やはりその通りの過酷な展開で、ちょっと重たくなってしまいました。
まあ、しょうがないんですけど。

で、主人公のブロディが死んでしまったので、ホームランドもこれで終了かと思っていたら、シーズン4・5と続いていることを知って、びっくり。
キャリーを中心にしてまだ続くのですね。
嬉しいけど、ちょっと微妙です(^_^;)。

| | コメント (0)

2015年7月 8日 (水)

しぶとく継続

連続安打を27試合まで伸ばしている秋山。
今日の試合は序盤から劣勢状態のまま、四球・右飛・左飛・四球とヒットなし。
なんとか9回にもう一度打席が回ってくるかな、と思っていたら、その9回の先頭打者で打席に立つとレフトにホームランを放って記録を継続。
すごいなあ、と感心しました。
で、その後、後続の主軸が3人そろって三振って、ひどかないですか?

| | コメント (0)

2015年7月 7日 (火)

水換えポンプ

めだか水槽用の「水換えポンプ」が届きました。
「水換えは、100均の灯油ポンプが安くてお得」という話を聞いていたのですが、実物を見ると我が家の小さな水槽にはちょっと大きくて大げさな感じがするし、やはりあの形状と赤い持ち手を見るとストレートに灯油を連想してしまい、爽やかな感じがしませんでした(^_^;)。
そこでネットで調べてみたら、こういうグッズを見つけることができたのです。
原理は灯油ポンプと同じですが、流水量が調節でき、フィルターがついているので、間違って魚を吸い込んでしまうような事もありません。
ポンプの筒先を簡単に目的の場所へ向けられるよう、持ち手の形状も最適化されています。
きっと「水槽の水換え用にもっと便利なものを」と発想したのでしょうね。
使用感もばっちりです (^_^)。

Img_8449Img_8494

| | コメント (0)

2015年7月 6日 (月)

登録前

日本の近代化に寄与した産業遺産群が世界遺産に登録決定されたというニュースを知りました。
日曜日に訪れたグラバー邸もその1つ。
ユネスコの発表を見守る関係者達の会場が、昨日訪れたばかりの展示ホールだったのちょっとびっくりです。
昼間はガラガラでしたが、あそこにたくさん人が詰めかけたのか、と。
そういう意味では世界遺産決定前の「素のグラバー邸、最後の日」を見学したことになりますね。
そういえば、空港でも産業遺産関係のPRやお土産がたくさん並んでいました。
軍艦島は「石炭おかき」みたいなものをたくさん見かけました。
精巧なプラモデルがあったら作ってみたいかも。

| | コメント (0)

2015年7月 5日 (日)

観光

日曜日、帰りの飛行機が3時頃だったので、それまでは長崎市内を観光。
地元に住んでいる身内に車で案内してもらいました。
グラバー邸や平和記念公園や眼鏡橋を駆け足で(いや、走ってないけど)。
ただ、自分はちょっと体調不良気味で、落ち着いて写真を撮ることなどできず、昼食もせっかくの「皿うどん」がのどを通りませんでした。
原因はどうやら「タバコ」のようです。
まず、用意してもらたホテルが「喫煙可」の部屋で、もちろんクリーニングはされていますが、部屋の壁などに染み込んだタバコの匂いなど感じました。
そして市内観光した車も喫煙者の愛用車。
消臭剤などは使っているようですが、やはりじわ〜っと感じてくるのでした。
数年前の喫煙していた自分を考えると身勝手なものですが、今はそういう体になったように思います。
昔の友人や同僚たちにはずいぶん迷惑をかけていたのだなあ、と今は痛切に後悔しています。
そんな我が身を振り返る週末でした。

| | コメント (0)

2015年7月 4日 (土)

今どきの?

結婚式の当日、式は教会で行われました。
いつもなら「なんでわざわざ教会で?」なんて思うところですが、長崎という場所を考えると「キリシタンの遠い子孫なのだろうか」などと妄想してしまいます。
これはこれで不謹慎かもしれませんが。

披露宴の方は式場の大きな宴会場で。
ひさしぶりにご馳走を食べました(苦笑)。
以前なら披露宴の余興なんて、新婦の友人がテントウムシのサンバを歌うぐらいのものしか知りませが(古っ!)、セーラー服を着たグループ(10人ぐらい)がステージで歌って踊ってアイドルポーズを決めていたのにはちょっとびっくり。
時代が変わったなあ、とホントに歳をとった気分でした(^_^;)。

| | コメント (2)

2015年7月 3日 (金)

ひさしぶりに飛行機

身内の結婚式に出席するため、長崎へ。
結婚式は20年ぶりぐらいでしょうか、飛行機もたぶんそれぐらい。
ひさしぶりに羽田空港を利用したわけですが、いろいろと便利になっていて、プチ浦島な気分でした(^_^;)。
搭乗手続きなどが簡単になったので、以前のようなざわざわとした雰囲気はないですね。
それが一番驚きでした。
時間があったので展望デッキから飛行場の様子を見学。
いろいろな機能を持った特殊車輌を観るのが好きです。

Img_8438


飛行機の乗り心地はやはり落ち着かないですね。
これは20年経っても変わらない(^_^;)。
できれば乗らずにすませたいです。

Img_0187

| | コメント (0)

2015年7月 2日 (木)

感想感謝

クリブリコンテスト作品の感想を報告です。
今回は「5票」いただきました。
もしかすると、これまでで最小数かもしれません(「召喚」や「星のベーダーさま」の時もこれぐらいだったような(^_^;))。
とにかく、あれだけ素敵な作品が並んでいた中から5人も選んでいただいたのですから、とてもありがたい事です。
ありがとうございましたm(__)m。
5票だと、全文紹介するのも楽であります。

ぜんぶかっこいい:男 7歳
ストーリー性がある:男
機関車、HIROが良くできているのと、ロケットが飛び出していて楽しい:男 5歳
何をどうしたらこんなすごいものが作れるのか…頭の中が見てみたいデス:女性 34歳
緊迫感が伝わってきたから!ロケット(?)もすごい:女性 21歳

HIROはたぶん「HERO」でしょうね(^_^;)。
もちろん、親御さんの代筆だと思います。
ロケットと言うよりも「ミサイル」なのですが、これがロボットや戦闘機から発射されていたらもっとアピールしたかもしれません。
でも、クラシックな機関車が実は戦闘車輌だったという設定の方が自分は好きなのです(だから悪人たちも紳士風)。
この後、ロボットに変形すれば最高ですけどね(^_^;)。

Img_8393Img_7394

では次回もがんばります(^_^)/。

| | コメント (0)

2015年7月 1日 (水)

『 Source Code 』★★★

「ミッション: 8ミニッツ」という映画を観ました。
爆弾テロ事件の犯人を探すためにある装置を使って過去の現場に戻る、というよくあるような設定ですが(失礼)、戻れる時間が「爆破直前の8分だけ」というのが面白いところでした。
8分、短すぎ(^_^;)。
しかも犯行直前なので爆弾の仕込みは終わっているし。
だから何度も同じ8分を繰り返して、少しずつ捜査を進めていくしかないわけですが、主人公が置かれている立場にもある秘密があるようで・・・という話。
面白かったですね(^_^)。
ラストはもっとブラックな方が自分は好きかも。
「あれ」がもっとたくさん並んでいるとか。
原題と邦題がずいぶん違いますが、この邦題は語呂がよくてけっこう好きかも。

| | コメント (2)

2015年6月30日 (火)

(6__6)

仕事先には番号が書かれたコンテナ箱が積まれているのですが、ふと目が合ってしまいました(笑)。

Img_0189

| | コメント (0)

2015年6月29日 (月)

そう遠くはない未来?

人工知能 プログラマーに怒る」というネット記事を読みました。
細かな状況や設定などはわかりませんが、こういう会話が行われていると、ちょっとドキドキしますね(^_^;)。
HALのような悩めるコンピューターが現れるのもそう遠くはない未来なのかも。

| | コメント (0)

2015年6月28日 (日)

月琴

日曜日はいつものサンデー・マチネ・コンサート。
今回は「月琴〜幻の明清楽」というタイトルで、幕末から明治初期に流行した音楽を演奏するちょっと珍しい企画でした。
ステージにはいろいろな楽器や資料も並べられて、いつもとは違った雰囲気。
演奏のみなさん、日頃はガムラン音楽をやっている一方で、こういう活動もなさっているとか。
楽曲そのものはあまりピンとこなかったのですが(^_^;)、とにかく1つ1つが珍しくて、面白くて、貴重な体験でした。
写真1:ステージには数え切れないほどの楽器(30種ぐらいはあったと思う)。
写真2:中央にあるのが月琴。顔に見えます(笑)。
写真3:暗号表のような楽譜。
写真4:終演後、一弦琴を弾いてみせてくれました。左手で弦を抑える位置で音階を変えるようです。

Img_8409Img_8410Img_8414Img_8421


余談:
月琴といえば、金田一耕助シリーズで何かあったよなあと思って検索したら「女王蜂」でした。
舞台となるのが月琴島。
楽器としての月琴も出てきて、確か、月琴の胴体の中に過去の秘密に関するもの(手紙?写真?)が隠されていたような記憶があります。
でも、そんな話ばかりだから気のせいかもしれません(^_^;)。

Img_8663

| | コメント (0)

«ガンダムを創った男たち