2014年10月26日 (日)

雑記

プロ野球の日本シリーズが始まりましたが、あまり興味なし。
しいて応援するならタイガースか、う〜ん。

レッズ、鹿島と引き分けてまずまず。
ギラが勝って磐田が負けたので勝ち点で並びましたね。
昇格できない身で上位いじめするのはちょっと屈折した快感かも(^_^;)。

録画していた「すべてがFになる」の残りを鑑賞。
地味な話だったのであまり記憶はなくて、トリックも犯人も忘れています。
ある意味新鮮(^_^;)。

今クールは「ザ・フォール 警視ステラ・ギブソン」が楽しみです。
よいなあ、渋いなあ。
あとは「深夜食堂3」。
こちらは安心。

ドングリを食べてみようとさらに集めています(笑)。

Img_6597

| | コメント (0)

2014年10月25日 (土)

箸置き

突然ですが、「箸置き」を作ってみました。
以前、朝顔の蔓棚を作った時に余っていた「ピラカンサ」という樹の枝です。
5cmほどの長さに切り、上面と底面を紙やすりで削りました。
それだけ(^_^;)。
木の皮の中から木質部分がいい感じで現れています。
写真ではわかりませんが、デリケートな木目も確認することができます。
断面部分には年輪を見ることができて、さすがに数を数えることはできませんが、グラフィックパターンとして面白いです。
本当は仕上げとして蜜蝋やウッドオイルなどをすり込んで、しっとりとした艶を出すことができればいいのですが、これだけのために入手するのはもったいない感じで(^_^;)。
ま、いずれ何かの機会があればと思います。

Img_6573 Img_6572

それから、ベランダのプランターに球根を植えたりもしました。
今まではこういう艶やかなものにはあまり興味がなくて、食べられるもの(^_^;)や緑が美しいものなどを育てていましたが、なんか、ふと魔がさしています(笑)。
この秋に終了したドラマ「ベランダー」の影響かもしれませんが、こういうところにも「歳をとった」影響が出ているのかもしれません。
でも、単純に、ちゃんと芽が出て咲いてくれるのが楽しみです。

Img_6525

| | コメント (0)

2014年10月24日 (金)

ブラシノキ

先日行った公園「蘆花恒春園」で見かけた面白い植物「ブラシノキ」です。
その名前の通り、キッチンにあるコップブラシにそっくり(笑)。
本当にこれで磨けそうな気がするほどです。
不思議ですね〜。

Img_6549 Img_6550Img_6551

| | コメント (0)

2014年10月23日 (木)

ドラフト会議

夕方、ふと気づくと、プロ野球のドラフト会議をやってました。
注目の有原はファイターズ、安楽はイーグルス。
う〜ん、ライバル球団に良い投手が行くな〜。
同じパリーグで対決を見られるのは楽しみなのですが、ちょっと複雑な心境でもあります。
まあ、パリーグが盛り上がってくれるのであれば万々歳です。

ライオンズは昨年夏の甲子園の優勝投手、前橋育英の高橋光成くん。
凄みがあるようなタイプではなく、バランスの取れた完成度の高いタイプという印象でした。
ちょっと優等生タイプのような気もして(^_^;)、闘争心を持って頑張って欲しいと思います。
2位の大卒左腕、佐野投手には即戦力の活躍を期待します。
外崎、玉村、山田の3選手も頑張って!

| | コメント (0)

2014年10月22日 (水)

エアプランツの他に、最近は「種」にも注目しています。
土の中から小さな芽が顔を出した時の感動、お手軽に味わえて良いです(^_^;)。
蒔くのは来年の春になってからが良さそうなので、敷地内外でいろいろ拾ったものを冷蔵庫の中で年越しさせる予定です。

左:ハナミズキ(たぶんピンク)、右:ムクロジ、小さいの:サンショウ

Img_6521

左:ハナモクレン、右:サルスベリ

Img_6552

左:ハナミズキ(白)、右:エゴノキ

Img_6553_2

スダジイ

Img_6583

ハナミズキの赤い果肉を取り除き、湿らしたコットンパフに挟みます。
これをビニール袋に入れてチルド室へ。

Img_6522

| | コメント (0)

2014年10月21日 (火)

ドラマ化

森博嗣の「すべてがFになる」がドラマ化されている事を当日の朝のラテ欄で知りました。
しかも、単発ではなく、前後編の2回で次々とエピソードを消化していくという恐ろしいスケジュール。
かなり不安。
ドラマは予約録画して夜中に観てみましたが、最初の10分ぐらいで続きを見るのがつらくなって終了(^_^;)。
自分のイメージとは大きく異なりすぎていたためです。
真賀田四季に知性を感じず、犀川先生は平凡で軽すぎ。
ごめんなさい、俳優さんたちに罪はないと思います。
がんばって全話最後まで見ようとは思っていますけどね(^_^;)。

| | コメント (2)

2014年10月20日 (月)

CSパリーグ

パリーグのCSも最終戦で決着がつきました。
ファイターズ、残念。
前日マウンドに上がった大谷を野手として出場させず、体調面を気遣ったチームの方針に感心しました。
CSはファイターズの粘り強さしか印象に残っていません。
ライオンズもがんばれよ。

安倍内閣、大臣がW辞任。
会計の不備は仕方ないとして、うちわ辞任には失笑でした。
みんな配ってるんじゃないの?と調べてみたら、柄の有無が分かれ目なんですね(^_^;)。
丸い厚紙に指が入る穴をあけたものは「うちわではない」と。
あまりにくだらなくて、もう目眩がしそうでした。

| | コメント (0)

2014年10月19日 (日)

かやぶきコンサート

日曜日、今回は近郊の大きな公園で行われた「かやぶきコンサート」なるものに行ってきました。
文豪、徳富蘆花の旧宅をステージにした趣のあるコンサートです。
以前から気になっていたのですが、今回初めて参加してみました。
ピアノ、ヴァイオリン、バンドネオンという構成の「魅惑のタンゴ」。
ちょっと恥ずかしいタイトルです(^_^;)。
屋外で、しかもマイク+スピーカーで流していたせいで、音質はかなりつらいものがありましたが(^_^;)、雰囲気はとても良かったです。
かやぶき屋根の向こうから木洩れ陽がちらちらと輝き、会場におおいかぶさるモミジの枝葉がさわさわと揺れ、遠くから子供たちの遊ぶ声が聞こえてきます。
座席の真上は美しいモミジのグラデーションでした(^_^)。

Img_6546 Img_6545

この企画は年に4回ほどやっているそうで、これから楽しみ。
しかも、次回は春に聴かせてもらって大好きになった池山さんのアルパの演奏なので、ワクワクしています(^_^)。

| | コメント (0)

2014年10月18日 (土)

CSセリーグ

CSファイナルステージ、セリーグはタイガースがジャイアンツに4連勝して1敗もすることなく日本シリーズ出場を決めました。
いやあ、気持ちいい。
すでにそれほどアンチGというわけでもないのですが、読売テレビの中継を聞いていると、なんか応援したくなくなります。
そういう微妙な雰囲気(^_^;)。
タイガースもけっこう見境無く補強をするので印象は決してよろしくありませんが、その補強があまりうまくいかないのがかわいかったりしますね(笑)。
出来の悪い子ほどかわいい、というやつです。
ジャイアンツはシーズンの数字も決して良くはなかったわけで、なんで優勝したのか不思議です(^_^;)。

| | コメント (0)

2014年10月17日 (金)

『 Earth 』★★★

ドキュメンタリー映画「アース」を観ました。
美しい映像と過酷な生存競争、子供と一緒に観るとよいのでしょうね。
でも、狩りのシーンなんかはけっこう恐いので(^_^;)、自分は「WATARIDORI(渡り鳥)」なんかの方が好きです(BGVにもちょうどよい感じ)。
他の関連ドキュメンタリーも機会があればちゃんと観ようと思います。

| | コメント (0)

2014年10月16日 (木)

『 Prince of Persia: The Sands of Time 』★★★

「プリンス・オブ・ペルシャ:時間の砂」を観ました。
いつもなら特に興味を持つこともないと思いますが、以前レゴでシリーズ化され、いくつか作ったこともあるからでした。
すでに記憶は曖昧ですけれど。
過去に戻ることのできる魔法の砂を巡る争奪戦のお話。
いろいろあって、主人公はお姫様と結婚して、めでたしめでたし。
そんなディズニー映画でした。
カリ城の「カゲ」のような暗殺集団が出てきますが、もう少し強く恐く凶悪にして欲しかったかな。
まあ、そこもディズニー映画か(^_^;)。

| | コメント (0)

2014年10月15日 (水)

『 Robots 』★★★

CGアニメの「ロボッツ」を観ました。
たしか、ロビン・ウィリアムス氏の追悼で放送されていたのだと思います。
発明好きの少年ロボットが都会に出て、ロボット社会の支配を企む悪いロボットたちをやっつけるお話。
ロボットたちの独特の動きや、人間にはできない奔放な動きも表現されていて、それはそれでCGアニメとして面白かったです。
また、人間の世界を模したライフスタイル(燃料はわざわざ「食事」の形でとるとか)や、人間の言葉をロボットの世界に置き換えるような言葉遊びも面白かったです(「血の雨を降らせてやる!」が「油の雨を降らせてやる!」になっていたりとか(^_^;))。
ただ、なんでそうまでして人間の世界にこだわるのかは不明。
例えば、人類絶滅後の世界が舞台になっているのならわかるのですが。
で、そこで冷凍カプセルから人間の子供が目覚めて・・・、みたいな話、ありそうですよね(笑)。
キャラクターは可愛いし、話もちゃんと勧善懲悪で完結してて、とてもわかりやすい内容。
そういう意味ではとても「子供向け」の感じでした。
まあ、そういうもんだと言われれば、それまでですが(^_^;)。

やっぱり「ファイアボール チャーミング」のクオリティが高すぎ(^_^;)。

| | コメント (0)

«CSファーストステージ