« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月29日 (金)

雑記

ライオンズ、練習試合は5戦全敗。
オープン戦はちょっとがんばってもらわなくては。

以前、リンカーンでやっていた「カップ焼きそばにフレンチドレッシングをかけると美味しい」を試してみました。
確かにこれは「あり」だと思いました。
ちょっと酸味が強いので、卵黄などを落とすと良い感じになると思います。
注:「それ、マヨネーズだろっ」と突っ込むところです。

冷や奴に七味唐辛子をかけているつもりが、カレー粉でした。
試しに醤油をかけて食べてみましたが、これも「あり」ですね。

「電話が突然かかってきて・・・」というセリフを耳にしたのですが、ほとんどの電話が突然だと思います。

ラーゼフォン、ワクワクです。
感想など記していこうかと思います。

レゴは「お屋敷」を解体してパーツ整理。
壊す過程でまたしても「廃虚」が姿を現し、良い感じでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月28日 (木)

習作

Img_8466無理やり「完成」ということにして撮影を終えました。
お城の習作として進めていましたが、「立派なお屋敷」という感じです。
いろいろと試しながらの作業だったので、あまり深く考えて作っていません(^_^;)。
16×32のベースプレート、高さは50ブロック。
編集を進めつつ、これをばらして「峠の砦」に投入です。
と言っても、元々使用パーツができるだけ重複しないように組んでいたので劇的に進むわけでもないのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月27日 (水)

竜の巣?

仕事の打ち上げが銀座の「竜巣」というお店でありました。
レゴでファンタジーしてる自分としてはちょっとワクワクするような名前であります。
内装は若い人向けかもしれませんが、料理は美味しかったです(特に、茸とベーコンの炊き込みご飯)。
メンバーは8人でしたが、予約席は7人分。
「幹事が自分を勘定に入れてなかった」という古典的なオチを拝見することも出来、貴重な体験でした(笑)。
打ち上げですが、仕事はネットを通じてやっていたので「初顔合わせ」の人も何人かいて。
「時代も変わりましたねえ」などという感想が飛び交うのでした。
でも、8人だと話題がいろいろとばらけてしまって、自分は4〜5人の飲み会が好きですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月26日 (火)

世は音にみちて

BOOKOFFの割引券の有効期限が迫っていたのでお買い物。
なんとなくロボットアニメが観たくなったので(笑)、「ラーゼフォン」のDVD第1・2巻を買ってしまいました。
自分のロボットアニメ遍歴は簡単です。
ファーストガンダムをピークにして、ザブングルやダンバインあたりまで(大学時代)。
その後は、「パトレイバー」「エヴァンゲリオン」「ラーゼフォン」の3つでおしまい。
放送年を調べてみたら、1988、1995、2002 と7年周期です。
このペースでいけば、来年あたり気になる作品が出てくるかもしれません。

で、ラーゼフォン。
元々は「山田章博氏がロボットアニメのキャラデザインをする」というのが気になっていたのですが、さらに監督が出渕裕氏、音楽が橋本一子氏と知り、毎週楽しみにしていました。
wikiによると視聴率がいまいちだったようですが、確かに一般受けはしないのかも。
クオリティは高いと思うのですけどね。
「世界観・設定の説明が不十分」という記述もありますが、そういうのを手探りしながら観るのが楽しいと思うのだけど(^_^;)。
10巻ぐらいあるようなので、ちびちびと買って楽しんでいこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月25日 (月)

レゴ世界遺産展

Img_8445Img_8447駆け込みで観てきました。
最後の週末ということで人が多そうだったので、なんとか12時前に入場。
待つことなくスムーズに入れましたが、出た時は階段あたりまで入場待ちの行列が出来ていて、賢明な判断でした。
展示はもう圧倒的で、第1回の時に観た物でさえ「何度観ても凄い」です。
特に目玉(?)のサグラダファミリアはもう眩暈がしそうですね。
造作もさることながら、各作品の制作日数(10〜20日)にも驚きです。
個人的に好きなのはギザのピラミッドのディテール。
単にブロックを重ねただけではなく、微妙なディテールを出すためにスロープや丸ブロックを組み合わせているところ。
テクニックを駆使して再現する行為の中で、こういう地味でさりげない作業が好きです。
ゲストの方々の作品(撮影不可)はどうでもいい感じだったのですが、タイポグラフィを美しくレイアウトした「レ語」はよかったですね。
また、土屋アンナさんのモデルも好印象でした(よく知らない人なのだけど(^_^;))。

観覧時、1つ不愉快だったことがあります。
携帯で写真を撮っている人が多数いましたが(自分もデジカメで撮ってましたが)、疑似シャッター音はまだ許せるとして、シャッターを押す度に「ピロリロリ〜ン」と音を鳴らす人がいたのですね。
30秒おきに「ピロリロリ〜ン」ですよ。
美術館とは違うかもしれないけれど、こういうのはどうなのでしょう?
一般通念として許される行為なのでしょうか。
会場の係員も注意しないし。
自分は携帯を持たない人なのでわかりません。
「別に問題ないんじゃないの」と肯定的に捉える方とは仲良くする自信がないので、コメントは無しの方向で。

Img_8433Img_8457金曜夜は居酒屋で締めにオムソバ。
そして、レゴ展の後は洋食屋さんで「アボカドとモッツアレラチーズのトマトソース オムライス」を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月24日 (日)

安楽椅子探偵

友人が録画してくれた「安楽椅子探偵」の再放送(出題編と解決編連続放送)を観にいく。
自分なりに推理したのですが、「違うよなあ。こんなに簡単なはずないよなあ」と思うわけで。
しかも、「きっと最も多い誤解答だろうな」と思っていたらその通りなのでした。
こういう風に自分の力量を客観的に把握するのは大切です(苦笑)。
物語自体はとても楽しめました。
過去の作品もDVDになっているようなので、見逃しているものをチェックしたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月23日 (土)

廃虚じゃないけど

レゴ部屋、やっと「帰還」をアップしました。

サイトトップの画像は、世田谷区にある「和田堀給水所」です。
なかなか渋い建造物。
廃虚扱いしてはいけないのですが、施設の性格上、人でにぎわうような場所ではないので、なんとなくそんな感じなのです。
3月末の桜の季節から5月上旬のツツジの時期まで一般開放されています。
http://www7a.biglobe.ne.jp/~masayuki/wadaborikyusuijyo20050503.html
http://www.kanko.metro.tokyo.jp/machidukuri/toshikiban/sub09.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月22日 (金)

犬神家の・・・

Img_8431ふと、犬神家のあのシーンを作ってみる。
あの湖の深い色合い、やはり水面にブルーを使ってしまうと台無しのような気がします。
シンクロみたいになりますよ(笑)。
なので数少ないダークブルーのプレートをかき集めました。
このサイズだと「黒」ではちょっと苦しい感じ。
黒を使う時は「川とわかる形状」や「記号(ボートを浮かべる等)」が必要ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月21日 (木)

峠の砦:15

Img_8426Img_8428Img_8429監視塔の下のパート、なんとなく形になる。
新濃灰パーツが不足しているので、しまりのない雰囲気なのですが。
居室になっているのは砦の隊長さんの個室という設定。
1階が執務室、中二階が小さな寝室になっています。
一般兵士は地下で雑魚寝。
砦内の手前、四角く突出している部分には、中央広間からの階段が接続します。

そろそろゲート部分も考えなくては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月20日 (水)

じたばた

仕事でじたばたする。
う〜む。

「帰還」に背景を組み込んだCG画像を作っていたのですが、切り抜きの精度が悪くてがっくり。
集中力がないなあ。

「峠の砦」の作業が少し進む。
今夜、写真を載せてみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月19日 (火)

『 犬神家の一族 』★★

市川崑監督追悼番組でリメイク版を観る。
旧作のディテールの記憶は曖昧ですが、忠実に作り直したという感じでした。
特殊メイクの技術などは進歩しているはずですが、菊人形の生首や静馬の顏なども旧作を再現したかのような印象を受けたりして。
ただ、ラストシーンははっきり違っていたような気もします。
旧作は踏み切りの前でストップモーションじゃなかったかな?
今回のラストは「本当にこれでおしまいです。みなさん、さようなら」というような印象。
追悼と重なって、しんみりしてしまいました(ご冥福をお祈りしますm(_ _)m)。
全体的に好印象でしたが、旧作の犯人(高峰秀子さん)の恐さや猿蔵のワイルドさの方が勝っているような気もしました。

旧作を観たのは中学3年生の時。
友人達5〜6人で一緒に映画館に行った事をよく覚えています。
肌があらわになる島田陽子さんに友人H君がショックを受けてましたね。
自分は島田陽子さんよりも坂口良子さん(旅館の女中)が好きだったのですが。
当時は角川が全盛期(?)で、文庫本を競うようにして読んでいました。
受験の年でしたが、みんな授業中に教科書にはさんで読んでいたなあ。
映画のオリジナルサウンドトラック盤も持っていて、ミステリアスな音色のダルシマーが珍しい「打弦楽器」である事を知り、驚いたりしました。
大野雄二さんのジャズのレコードを買ったりもしましたが、その後、新・ルパン3世で氏の名前を見た時は本当に驚きました。
そうだ、こんな事も覚えています。
「新作のタイトルに悩んでいた横溝正史は、愛猫のミケが食べようとしていたイチゴを犬に横取りされそうになり、『犬がミケのイチゴ食う』と叫んだことからタイトルが決まった」という笑い話。
こんなどうでもいい事だけは忘れないのですね(苦笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月18日 (月)

レゴ部屋更新

お台場のコンテスト参加モデルを載せました。
「帰還」を先にする予定でしたが、切り抜きがあと少し残っているのと、サイトトップに載せたい画像が行方不明なのです(CDに焼いたようなのですが(^_^;))。

今回のトップ画像は先月行った深大寺の蕎麦屋「八起」さん。
中央奥の鹿威しが良い音を発していました。
ストーブと箸立ての形状が円筒形でシンクロしていて面白いです。
こういうのが好き(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月17日 (日)

ホネホネカタパルト(試作)

Img_8423Img_8424未完成部分もある試作のカタパルト。
移動中の状態です。
骸骨馬のニンジン作戦はトロールと一緒(笑)。
まだなんとなく形が固くて、もう少しホネホネな感じにならないかと思っています。
でも妥協してしまいそうだな。

Img_8425発射体制に入ったところ。
角のようなアームを倒して弓の形に変形させます。
中央のテクニックパーツ部分がスライドし、手前部分ではロック出来るようになっています。
シルエットはけっこう気に入っているのですが。

そのうち地形を作ってジオラマにしようと思います。
寸劇のオチはすでに出来ています(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月16日 (土)

ホネホネ黒軍団

Img_8421Img_8422「まずはオフ会に持参して」なんて思っていたのですが、参加出来なくなったのでサクッと公開してみます。
骸骨馬の一般装甲タイプという設定。
画像が小さいのでわかりにくいと思いますが、ホネホネ装甲のような凹凸はなく(前面の爪パーツだけ)、質実剛健、武骨でシンプルな構成です。
赤い方は「赤い爪(テロ組織みたいだ)」が入手しにくそうですが、黒の方は量産が効きそうなので、ホネホネ黒軍団をつくりたいところ。
いずれレゴ部屋に掲載すると思います。
明日はカタパルトを載せる予定です。

オリンピックに関するニュースが増えてきましたが、「競歩」のレースのレポートでこんなフレーズを耳にしました。
「ゴールした選手達は疲労困ぱい、歩くのがやっとです」
面白いじゃないか(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月15日 (金)

峠の砦:14

Img_8412Img_8416Img_8417あいかわらず地道に進行中。
中央にホネホネ軍団を並べてみました。
いざ並べてみると、中庭も狭いなあ。
手前に城壁が並び始めましたが、地下の仕様を決め込まないと先に進めない状況になっています。
現在進めているのが中央奥、監視塔の基壇部分。
側壁の仕様は飽きているので別のパターンで展開しようと考え中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月14日 (木)

お城コンペ感想

せっかくなのでお城コンペの個人的な感想です。
画像掲示板の方へは書き込みできるのですが、基本的にROMだし、自分のメモも兼ねているのでここに。
↓参加作一覧はこちらです。
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?m=2ch-castle

■「凱旋」:整然と並ぶ兵士達とはまた違った賑やかな雰囲気で好きです。
「フィグを並べただけ」というような書き込みがありましたが、この空間にこれだけのフィグを「魅力的に並べる」というのは思っている以上に難しい作業ではないかと思います。
■チェス:題材が素敵ですね(^_^)。
カップを片手に高い所から眺めている観衆達がいいなあ。
自分だったら「勝利を喜ぶ町娘達」と「負けてがっくりの兵士達」をユーモラスなポーズで対比的に表現すると思います。
もちろん、その場合のチェス盤はチェックメイト状態にしておくのが必須です。
■塔:正直なところ、よくわかりませんでした(^_^;)。
こういうタワー状のものは下から見上げて撮影するとよいと思うのですが。
自分も多用しますし、とりあえず何でもカッコよく見えます(笑)。
「ミニフィグ目線」は大事だと思います。
■「築城」:ほどよい密度感、地形も凝っているし、赤や黄色がアクセントとして効いていますね。
旗印がかっこいいです。逆さ吊りにされている骸骨も気になります。
自分だったら、緑灰のボスは少し高い所に立たせ、斧ではなくムチを持たせているでしょう。
■グレーと黒:スケールが中途半端だったんじゃないですかね。
8×8ポッチでマイクロサイズのお城が再現できていたら素敵だったでしょうに。
そういうコンペをやっても面白いのではないかと思いました。
■小さな城:限られたパーツだったのかもしれませんが、お城の全体像ではなく塔の上部を切り取ったカットにすればもう少し密度も出るのかなあ、と。

次回もできるだけ参加したいと思います。
〆切りがあると手が動くわけで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月13日 (水)

プチ組み替え

Img_8381ミニトレインとミニカーをちょっと組み替え。
共に余りパーツなしです。
トラックは荷台を伸ばし、トレインは荷台に載るように車体を短くしてみました。
ただそれだけ〜。
クモも組み替えてみたのですが、これはいずれレゴ部屋で。

「帰還」について某掲示板で感想をいただきました(お誉めにあずかり恐縮です)。
本当はあちらに書くべきなのですが、書き込めないんですよね。
コンペ時、参加表明だけでもしておこうと思ったのですが、書き込み拒否が表示されました(IPアドレスの関係?)。
で、ご指摘いただいたコメントが以下の通り(勝手に引用してすいませんm(_ _)m)。

> 唯一惜しまれるとすればミニフィグのポーズ。これでは単なるorzにしか見えない。
> ぬいぐるみを目前に立ち尽くすか崩折れるといったあたりがセオリーか。

確かに「ぬいぐるみの前でがっくり」というパターンも考えたのですが、あえて距離をおきました。
それがセオリーだとしたら、「セオリー通りにしたくはない」という性格です(^_^;)。
最も気を使ったのは最後のカットですが、モデルを観る人の目の前にぬいぐるみ、建物の残がいを通してその奥に崩れ落ちた主人公と道草を食む愛馬、という構成。
遠近感が出るよう接写モードで撮り、奥はピントが合わないようにしています。
元々、4コマ漫画のような「起承転結」の展開。
この「結」の部分をわかりやすくしてしまうと、いかにも「これがオチです」という説明っぽい感じがして自分の好みではないのですね。
もっと余韻が残るような終わり方をしたつもりなのですが、どうでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月12日 (火)

決意も新たに

スポーツの大会で敗退したチームや選手が「来年への戦いはもう始まっている」と練習を始めるように、自分も次回のクリブリコンテストに向けてさっそく始動です(笑)。
今回と同様にファンタジー系、真面目に(?)バトルシーンを作りたいと思います。
しばらくは頭しか動かしませんけど。
あ、その前にレゴブロック・ドットコムがありました。
こちらも今回は真面目に作りたいと思います。
う〜ん、なんだかお台場の作品を見て刺激された感じですね。
よいことです。

「帰還」をアップする予定でしたが間に合わず。
アップは近日中に。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月11日 (月)

お台場感想

年々、レベルの上がるお台場コンテストの感想です。
観に行く予定の方は読まない方がいいかも、です。

自分の気に入った作品をいくつか(タイトルは適当ですm(_ _)m)。
■白と黒の犬:美しい。まるでアート作品を観ているようでした。アール・デコとかロシア構成主義を思い出してしまいました。自分の中では今回のトップ作品です。
■FINAL FANTASY VI:こちらも白と黒の構成。魔導アーマーはメカメカ過ぎず、単純でもなく、ほどよい丸みが懐かしいゲームっぽくて好きでした。
■消防署:シンプルなつくりのマイクロサイズ消防署。品良く仕上げられていて、これもアート作品のような感じでした。こういうのも入賞して欲しいです。
■雪が積もった公園:さりげない風景のジオラマ。派手さはないけど細かなところまで気配りが行き届いた作品で、ヴァレンタインにもぴったり。一緒に行った友人(女性)はこちらに投票してました。
そしてこの他に票を集めるだろう「再現系」の素晴らしい作品も。
ヤッターマン、トトロ、東国原知事、おしりかじり虫(笑)、等々。
ペンギン、像、孫悟空などのキャラ物も面白かったですね。

投票は最後まで「白と黒の犬」と「FF VI」で迷いました。
どちらもモノトーンで、しかも制作期間が「1年」という作者さんの思い入れが深いであろう作品。
結局、「FF VI」は個人的に思い出深いゲームなのでこれに投票しました(^_^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月10日 (日)

貴重なアイテム?

さっそくお台場のクリブリへ行ってきました。
今回もレベル高い〜。
あらためてゆっくり感想を書こうと思いますが、とりあえず自分の目標「10票」は「5票」に下方修正したいと思います(^_^;)。
ヘベレケさんに声をかけていただいたりもしました(感謝)。
氏のガンダムも凄かったです(笑)。

Img_8377さて、お買い物です。
ディスプレイ処分品がビニール袋詰めで売られていたので、生産終了らしいEXOを2つ。
未所有だった「7703 Fire Vulture」「7705 Gate Assault」です。
処分品を買うのは初めてで、不足パーツが記されていたりもしますが、予備パーツはちゃんと含まれていて好印象。
シールは貼らない主義なので、貼付け済みパーツも新鮮です(笑)。
そして何よりも「展示用説明プレート」が入っていたのにちょっとびっくり。
純正品ではありませんが、こういうのは嬉しいです。
大切にしましょう。

Img_8374昼食は新宿まで戻って広島県のアンテナショップ「広島夢テラス」のレストラン歓酔亭でカキ丼を。
ここは好きなお店で、牡蠣の季節には必ず足を運ぶようにしています。
美味かった〜(^_^)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月 9日 (土)

レオバッグ

Img_8376サントリーのキャンペーンでレオくんのエコバッグを入手しました(^_^)。
缶チューハイ6本でもれなく付いてくるというもの。
可愛いなあ。
他にアトムとサファイアがあって計3種。
ほとんどジュースのような缶チューハイでしたが、ジュースよりはましです。
市街地で持ち歩くのはちょっと恥ずかしいですが、近所のお買い物ならOKかな。
レゴにはまってから幼児化しているような気もします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 8日 (金)

ころころ変わる

「投石機」という呼び方はやめて、今後は「カタパルト」にします。
なんとなくいろいろいじっていたのですが、丸太など、棒状のものを飛ばしたくなったので。
カタパルトを牽引する骨馬についても考えていたのですが(で、ほぼ決まったのですが)、その過程で黒骨軍馬用の「一般装甲タイプ」が出来つつあります。
ホネホネ装甲とはまた違ったテイストです。
もう少し考えてここにアップしてみたいと思います。

明日からクリブリビルコンの展示。
今日の夜は店員さん達、たいへんでしょうね。
がんばってください。
レゴ部屋への掲載ですが、この連休末に「帰還」を。
クリブリの方はやはり展示されているものを見てもらう方が良いと思うので、来週末にアップしたいと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月 7日 (木)

投石機

天気予報で「今週末はまた雪が降るかも」という「予想」を聞きました。
「予め報せる」がはずれるとムッとしますが、「予め想定したもの」がはずれた場合はそれほど頭にきません。
競馬の予想と同じです(笑)。
で、今週末からのビルコン展示の観覧がちょっと心配です。
屋外にいる時間は微々たるものですが、交通機関が乱れると困ります。
来週末に行われる某イベントについては検討中、と言うか様子見でしょうか(^_^;)。

「峠の砦の写真を載せる」とか書いておきながら、撮影をさっくりと忘れていました。
以前書いた「ホネホネ軍団の攻城機」を少し組んでみたからです。
結果的に「投石機」でいこうと思います。
ホネホネ軍団らしく「投骨機」にしようかとも思ったのですが、破壊力がいまいちな感じなので。
なんとなくシルエットが見えてきましたが、作業は50%程度。
目指している仕様はこんな感じです。
・骨馬で牽引できる
・発射台の角度を変えることができる
・実際に発射できるのが理想
・実射が無理な場合でも発射できるような雰囲気のディテールを盛り込む
で、白パーツはスペースポートに投入しているので、すでに不足パーツが発生しています(こればっかり(^_^;))。
春ぐらいの完成が目標です。

某掲示板の「帰還」のスレはくだらない展開に(苦笑)。
1つ気になることがあります。
> お前、泣いてるのか?
ここは大阪弁だと思うのですけどね。
「お前、泣いてんのとちゃうか?」
「お前、泣いとんのとちゃうか?」
「お前、泣いとるんとちゃうか?」
このへんのディテールの違いがわかりません(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 6日 (水)

のんびりモードで

ひさしぶりに「峠の砦」の作業を少し。
頭がお城モードになっているのでしょうか。
明日にでも写真を載せてみようと思います。

今年のレゴカタログをつらつらと眺める。
シティにはあまり魅力を感じませんね(^_^;)。
インディも版権物の割高感を感じるけど、買っちゃうんだろうな。
やはりトロールくんとドワーフ達が一番の楽しみです。

Img_8342←先日の雪の日の雀さん。
こんな日でも必ずやって来ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 5日 (火)

「帰還」

まずはあちらでコメントしてくれた方、ありがとうございました。
レゴ部屋用のページも作成中なので(今週末目標)、そこでは書かないであろう雑談を。

当初は参加の予定ではありませんでした。
進行中のモデルのため、使えるグレイパーツが少なかったからです。
他の色でもいいのですが、やはりお城はグレイじゃないと気分が盛り上がらないのです(笑)。
しかし、ふと「廃虚だったらパーツは少なくてもすむ」と気づきました(元々廃虚は好きです)。
そう決めたら、すぐに「変わり果てた故郷の姿に呆然とする主人公」というシーンが浮かんできました。
空間の雰囲気は「カリオストロの城」の序盤に出てくる「焼け落ちた大公の屋敷(次元固めするところ)」をイメージしています(笑)。
で、作り始めたわけですが、どうにも全体像を作りたくなってしまうわけですねえ。
「旅立ちのシーンも入れるとギャップが出るのになあ・・・」とか思いながら。
新色と旧色を混ぜればなんとかなりそうでしたが、基本的に自分は混ぜて使いません(例外はありますけど)。
そこでさらに「過去の旅立ちのシーンをセピア調にすれば新色・旧色が目立たない」と気づくわけであります(自分に対する言い訳です)。
ここから一気に作業が進みました。
廃虚のビルドも1から作るより完成形を壊していく方が形を整え易かったです。
もっとも、パーツを差し替えたり、細かなプレートを追加したり、といろいろ面倒な作業ではあったのですが。

Img_8355ただ、〆切り間際にバタバタしていたためミスが2つ。
1つは1×1や1×2のプレートを周囲に散乱させるのを忘れていました(>_<)。
もう1つは新色パーツの差し替えミス。
←カラーで撮る廃虚は全て旧色の予定でしたが、左のアーチが新色のまま。
妙に目立っていて落ち着きません。

そして、予告。
主人公は10年にわたる戦いの旅を続けていたわけですが、その中の1シーンを再現したのが「お台場ビルコンの出品作」です(^_^;)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月 4日 (月)

お城ビルコン

なんとか仕上げて投稿しました。
http://legoup.s25.xrea.com/bbs/imgboard.php?res=8436
「残り30%の作業でかなり印象が変わる予定」と書いたのですが、ああいうのはずるかったでしょうか。
ちょっとミス・ディレクションっぽく展開してみました(^_^;)。
モデルに関するコメントは明日ゆっくり書こうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 3日 (日)

「#7787 The Bat-Tank」

バット・タンクを組み立てました。
思っていたよりもカッコよかったです(よくあるパターンです)。
これって、映画に出ていたのかな?
意外でしたがキャタピラをペチペチとはめていく作業は好きです。
ブロックをひたすら積んで壁をつくる作業に似ていますね。
キャタピラまわりのビームを使った躯体は自分には発想できない類いの作業。
勉強になります(でも、すぐに忘れる)。
黒のトラスパーツが新しくなっていましたが、従来の3段組みは生き残るのでしょうか。
怪人達のミニフィグはなかなか楽しいです。
全部欲しくなりました(苦笑)。

Cas_con城コンペの作業は順調に進行中(日曜深夜が目標)。
←先日の状態にミニフィグを並べたもの。
作業的には72%程度かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 2日 (土)

提出してきました

お台場クリブリへ出かけ、作品を提出。
参加賞としてマグカップをいただきました。
mumuさんが紹介されていたものです(全店共通かな)。
新しいカタログももらってニッコリ。
また、偶然ですがあずむさんもエントリーに来ていてびっくり。
第2回の時も声をかけていただいて、当時はまだ何も知らない自分だったのですが(汗)、今回は少し落ち着いて立ち話をすることができました。
当然、お互いのモデルをさらす事にもなってしまったわけで、ちょっと恥ずかしかったですね(^_^;)。
細かく感想を書くわけにはいかないのですが、野球に例えるならあずむさんのは「低めにきっちりと制球された切れの良いストレート」という感じ。
自分のは「剛球ではあるものの、キャッチャーが背伸びをして取るようなボール球」です(阪神の藤川投手みたいな(^_^;))。
この高目の速球につられて誰か投票してくれないかな、という感じですね(不謹慎〜)。
お買い物は「#7787 The Bat-Tank: The Riddler and Bane's Hideout」。
初めてのキャタピラです。

2月になってレゴの世界遺産展が始っていることに気づく。
プロ野球もキャンプが始って、各球団の戦力分析など楽しみです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年2月 1日 (金)

いつもの作業

コンテスト作を撮影して切り抜き作業です。
エントリーに切り抜きは必要ありませんが、レゴ部屋用にいずれはやる作業なので。
背景処理したイメージショットも作成しました。
正直言うと、実物ではなく、これだけを見て欲しい感じ(苦笑)。

気持ちを切り替えて、頭はお城コンペの方に。
作業はミニフィグの設定などを少し。
今週末にアップを目指します。

テレ東で「ブラックレイン」を観る。
高倉健さんの声が吹き替えだとかなり違和感ありますね。
内田祐也氏が若くてびっくりでした(^_^;)。
日本を舞台にしていて多少の違和感はあるものの、ブレードランナーの世界も彷彿とさせる監督の好みが垣間見えて興味深いです。
音楽がカッコよくて、作曲家の「ハンス・ジマー」を意識したのはこの時だったと記憶しています。
wikiの作品リストを改めて見てみると、どうでもいいような作品(失礼!)にけっこう書いているのですね(^_^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »