« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月30日 (火)

キヨハラもおつかれさま

西武ドーム最終戦。
今日は緊張感のある試合でしたが、延長戦の末に負けてしまって7連敗。
CS(クライマックス・シリーズ)に向けて、不安が募ります。
清原が最後に挨拶。
胴上げは予想していましたが、ナカジとのユニフォーム交換はちょっとびっくりでした。
自分がライオンズのファンになったのも清原が入団した年からだったので、感慨深いものがあります。
GにFAした時は「ダークサイドに堕ちた」と思ったものですが(^_^;)、バファローズに移籍してからの憑き物がとれたかのような笑顔を見てからは少し安心しました。
もっともケガが多くて大変でしたね。
ゆっくり休んで欲しいです。
でも、長淵なノリは苦手です(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月29日 (月)

ヒロユキ、おつかれさま

Img_9117_3Img_9118_3日曜日は観戦オフで8人の団体観戦。
お互いに優勝を喜び合うものの、試合はまたしてもダメダメで6連敗です(^_^;)。
←試合終了後、優勝報告インタビューとフラッグを持っての場内一周。
さらに高木浩之選手の現役引退セレモニーが行われました。
たぶん、一般の方には馴染みのない名前ですね。
堅実な守備と粘り強いバッティングでいぶし銀の活躍をした二塁手。
派手なパフォーマンスなどとは無縁で、ただ黙々と白球を追い続けました。
黄金時代からの堅実な野球を継承してきた選手。
彼の引退で「さらに大味な野球になってしまうのではないか」というのがファンの不安です。
最後の胴上げは14年間慣れ親しんだセカンドの守備位置で。
ちょっと泣けました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月28日 (日)

それでもライオンズが好き

ライオンズの優勝から一夜明け、史上初の「4連敗他力本願V」だった事を知る(苦笑)。
しかも今日も負けてしまいました〜\(^_^;)/。
CSにむけて、しっかりと建て直してください。

「LEGOはブロックの生産をやめろ!」というブログ記事を読んでいたのですが、途中で面倒くさくなってやめてしまいました。
カタカナの多い文章は苦手です。
企業の第一目標が「利益の追及」と考えるならたぶん正しい事が書いてあるのだと思います(なにしろ、途中でやめたもので(^_^;))。
でも、なんとなく「何か大切なものを失ってしまうのではないか」という気がします。
こういう風にしか表現できない自分が恥ずかしいのですが。
ライオンズに関しても、「観客動員数を増やすならあんな不便な場所じゃダメ。都内、いや、せめて大宮あたりに本拠地を移すべき」なんていうマーケティングな意見が必ず出ます。
でも、やっぱり「何か大切なものを失ってしまう」ような気がするんですよね。
緑豊かな狭山丘陵の中でライオンズブルーの選手達が白球を追う。
自分にはそれが大切です(本当は屋根を取って「青い空の下」と書きたいのですが)。
ついでに、こういうのって「一度失うとそれを取り戻すのはとても大変」なのだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月27日 (土)

優勝してしまった(^_^;)

M1で迎えたファイターズ戦。
若さ故のあやまちとは認めたくないものですが、優勝を目の前にしてのプレッシャーなのか、打線は全くふるわず。
イーグルスのKYな戦いぶりに苦笑しながら、渡辺監督の胴上げを見ました。
「優勝した!」ではなく、「優勝してしまった」という感じ。
でも、とりあえずはよかった、よかった。
みなさん、おめでとう、お疲れさんでした。
痺れるようなハラハラドキドキはCSや日本シリーズで。
もちろん、歓喜はじける胴上げも。
で、まずはタイトルのかかっている選手、残り試合も頑張ってもらいましょう。

Img_9108Img_9111←BULE WINDSと応援団のみなさん。
青と白のミニフィグはこちらに投入です(赤はレッズの応援団)。
観客動員数をもっと増やさなくては。
シートは西武ドームで使われている「グリーン」に置き換え中です。
まだまだ製作中。
最終的にはある仕掛けを組み込みたいのですが、まずは日本シリーズまでに未完成部分を仕上げたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月26日 (金)

安すぎませんか

昨日書いたベニーの乱闘のペナルティが「罰金5万円と厳重注意」なのだそうです。
安すぎませんかね。
道端でケンカして、相手どついて、首投げして、肩を亜脱臼させて、民事や示談で5万円で済むのかな?
う〜ん、今回の件に限らず、全般的に罰金が安いといつも思っています。
億単位の年棒をもらっている選手達、罰金5〜20万円程度で済むなら、暴れてスカッとした方が気持ち良いような気もします(社会的な制裁もあるんだけどね(^_^;))。
提案として、罰金は年棒に対するパーセンテージにしてはどうでしょうか。
具体的に書くと、暴言などの退場に対しては年棒の1%、暴力行為などの悪質な行為の場合は5%。
1億円プレイヤーの場合、暴言で100万円、暴力行為で500万円。
ベニーの年棒は1億3000万らしいので、650万円也。
日本のプロ野球で保証されている最低年棒は440万円なのですが、この選手の場合だと、暴言で4.4万円、暴力行為で22万円。
これぐらいは適用してもいいと思うんだけどなあ。
殴りかかろうとしている選手に「500万!」と声をかけたら、きっと思い留まる選手もいると思いますよ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月25日 (木)

難産

西武ドームに行ってきました。
地元胴上げの3度目チャンス、しかもエース涌井の登板。
バファローズはホークスとの対戦で、勇退する王監督の地元ラストゲーム。
こりゃ、どちらかで優勝が決まるでしょ、というものです。
で、今日も逃してしまいました orz。
まいったなあ。
Img_9107しかも、乱闘騒ぎでベニーは殴って投げてですよ(大丈夫か、細川)。
当てたのは悪いが、そこまでするか?
←一悶着あった後、両軍が対峙しているところです。
自分の座席の2つ隣には、20歳ぐらいのショートカットのおとなしそうな女の子がいたのですが、この騒動の最中に「ふざけんな〜!この野郎〜っ!」と叫んでいて、びっくりしました。
ちょっと頼もしく感じました(^_^;)。

明日は休みで、金・土と北海道。
ここでも決まらなければ、日・月の西武ドーム最終2連戦です。
日曜は観戦オフなので、できればのんびり観たいんだけどなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月24日 (水)

マジック

秋分の日、マジック2で迎えた対イーグルス戦。
先発の新人平野が打ち込まれるものの、大沼がつなぎ、小野寺が初球で危険球退場したりして(^_^;)、試合途中でバファローズの敗戦が伝わり、マジック1。
そして、8回裏、後藤の走者一掃タイムリーで逆転!
あとは抑えのグラマンで胴上げ確実!
と思われていたのですが、ホセに逆転満塁ホームランをくらいました〜 orz。
自分は思わず笑い出してしまいましたよ(^_^;)。
「野球は最後までわからない」とか「野球は恐い」とかよりも、単純に「やっぱり野球は面白い」と思いました。
「筋書きのないドラマ」とは、けだし名言であります。

さあ、マジック1。
今日は決めてください(^_^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月23日 (火)

ミステリー本×2

ゆっくりと読書する時間も少し増えました。
「真夜中のデッドリミット」、S・ハンターの軍事サスペンスもの。
核ミサイル発射基地を占拠したテロリスト達を阻止するハラハラドキドキ系のお話。
1989年の「このミステリーがすごい!」海外部門で2位だったらしいですが、1位は「羊たちの沈黙」だったらしいので、相手が悪すぎたのかもしれません。
ハリウッド映画をイメージしながら(^_^;)、スルスルと読んでしまいました。
面白かったなあ。
最後のオチの部分など、唸ってしまいました。
この作者の本、他のも読んでみようと思います。
「葉桜の季節に君を想うということ」、歌野晶午のミステリー、いやハードボイルド?
こちらは2004年の「このミス」で1位だったみたいですね。
友人の薦めで読んだのですがこれも面白かったです。
印象的なタイトルとは裏腹に、奔放な女性関係の描写などがあり、「そういう話なわけ?」などと思いながら読み進めていましたが、まさにそこがトリックの中核であったとは〜。
見事に騙されましたが、自分の嗅覚(?)にも満足しました。
読み終わって、客観的に見れば「おい、おい、おい〜」とあきれてしまうような話です(笑)。
まさに「騙される楽しみ」を味わえる本だと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月22日 (月)

雑記

ライオンズはマジック2、地元で優勝が決まりそうでなによりです。
それにしてもGが強いですね。
下降線に入るのを待っていますよ〜(^_^;)。

レッズはJリーグもさることながら、AFCが気になります。
24日のホーム戦は勝ってください(>_<)。

お台場のクリブリからヴィーナスフォートの割引キャンペーンのハガキが送られてきました。
自分はコンテストの時ぐらいしか行かないのでいつも申し訳ないです。
などと思っていたら、「那須のイベント、お疲れさまでした」というメッセージも書かれてあり、ちょっと感動しました。
ありがとうございました。

ブログパーツの樹木が「大人の樹」に成長しました。
組み込んだのは7月20日なので、約2ヵ月=60日ですね。
このペースでいけば、年間6本を植樹することができるのか。
いや、次の樹木に移行するのに10日かかるから70日と考えるべきで、年間約5本。
これをノルマと考えていきます。

Peko←秋のペコちゃん。
制服フェチではありませんが、なかなか良いのではないかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月21日 (日)

このスカポンタ〜ン

Img_9104←友人からのお土産で「ドロンジョさまのてぬぐい」をいただく(商品名としては「てぬぐい(ドクロベエ)」らしいけど)。
八王子市夢美術館で「タツノコプロの世界展+笹川ひろし氏の講演会」に行ってきたらしいです。
「へ〜」という感じ。
てぬぐいは嬉しいです。
これがBFTみやげの「那須の月(萩の月ライクな和菓子)」と等価というのが申し訳ないです(^_^;)。
Img_9099←一緒に買ったらしいクリアファイル。
ドロンジョさまはなかなか色っぽいではありませんか。

※これまでサムネイルをクリックするとポップアップウィンドウで大きな画像を開いていましたが、現在は同じウィンドウで表示するようになっています。
Niftyによるとシステム関連のトラブルがあったらしく、とりあえずの暫定処置らしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月20日 (土)

ノーライフキング

映像作家の市川準さんの訃報を知り驚きました。
金鳥のCMなどギャグ・コメディ調の映像が有名ですが、映画はきっちりとした誠実なつくりで好きでした。
初期の「ノーライフキング」や「つぐみ」は好きだったなあ。
ノーライフキングはTVゲームを題材にして、今では当たり前のヴァーチャル、ネットワーク、都市伝説、みたいなネタが展開するお話。
いとうせいこうの原作も面白かったですが、映画は独自の解釈で「リアルって何?」という視点が面白かった。
終盤の象徴的なシークエンスは7分ぐらい延々と続く美しい映像と音楽で、断片的にしか思い出せないのが悔しいです。
不謹慎ですが、これを機会にDVD化されないかな。
ご冥福をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月19日 (金)

解体

Img_90555体のドラゴン君も解体&パーツ整理が終了しました。
←解体途中で小さな目をつけてみたもの。
もともと3頭身ぐらいのプロポーションで「頭がでかいよな」と思っていたので、これぐらいの方が好みです。
それにしても、一気に基本ブロックが増えてしまって、収納にてんやわんや(死語?)です。

ライオンズに関して、「最後のラストスパート!」というフレーズを目撃。
それは「馬から落馬」だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月18日 (木)

とりあえずの近況

BFTの設営からあっという間に10日あまり。
たまっていた仕事&雑用の関係などで忙しくしていましたが、なんとか一段落。
ブログの空白も少しずつ埋めていきたいと思っています(あくまでも毎日記述されている事にこだわる)。

レッズが苦しんでいますが、ライオンズはマジック5の状態。
主力の離脱(GG、ボカ、後藤)で一時は勢いを失いましたが、最近はまたいい調子です。
おかわり君、すごい(^_^)。

レゴはと言うと、しばらくはBFTのサイトのフォローを続けていくと思います。
また、自分のレゴ部屋の方にアップするのも楽しみです。
いろいろとアイデアだけは浮かんできてます。
部屋も少しはかたづきました(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月17日 (水)

美術館に関する覚え書き-3

Img_9013建物に細かなディテールを加える作業、これって「凸凹を加える」と言ってもよいかもしれません。
のっぺりと単調な壁面にならないよう、窓を中心にいろいろな意匠を加えていくと思います。
今回の美術館ではこの「凸凹」を最低限にしようと考えました。
倉庫だからというのもありますが、他の参加作とは別のアプローチをしたかったという単なる天の邪鬼です。
で、凸凹ではなく、面一(つらいち)の壁面で出来る事って何?と考えた結果は、「プレートで組む=細かなテクスチャ」と「色を変える=グラフィック処理」の2つでした。
まず、単純にプレートだけで壁面を組む。
これだけでも、それなりの表情が出てきますね。
建物の正面はほぼグレー1色で構成し、引き締め役に左右のタンプレートとヒンジプレートを配置しました。
展示状況から考えれば、プレートの積層なんて観覧者にはわからないわけですが、そういう状況だからこそあえてやりたいわけです(笑)。
変な例えですが、女性が見えない下着に贅沢する感じです(この例えはちょっと自信なし)。
また、色を変えるという点では、プレート単位で細かく造作できるわけで、モザイクとまではいきませんでしたが、それなりの壁面が出来ました。
窓1つないストライプの壁面、これもクリストフ氏のちょっと偏執的な一面を窺わせる作品の1つという設定です。
そして、この壁をわざわざ裏面に配置、しかも敷地のシチュエーション的には「ほとんど見えない」という状況が気に入っているのです(女性が見えない下着に〜略)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月16日 (火)

夏用?

未所有だった「8823 Mistlands Tower」を入手。
50%セール万歳です。
こういう機会があるとビックカメラなどの「37%オフ」さえもが高く思えてくるのですが、いずれにしてもまずは「定価が高すぎる」と思えるセットの1つでした。
中身は可もなく不可もなく。
ちょっと大柄パーツが多めか。
King_2 ←で、ひさしぶりに不良品に遭遇しました。
王様の冠のトップがポッカリと空いています。
夏は涼しそう。
王様を見下ろすシチュエーションというのは基本的にないだろうから、気づく人も少ないはずです。
いいアイデアかもしれません。

いつもなら特に気にする事もなく、クレームの連絡などもしないのですが、今回はレゴジャパンに電話してみました。
なんとなくBFTの一件でレゴジャに貢献したような気になっていたからです(笑)。
噂には聞いていましたが、いや読んでいましたが、丁寧で素早い対応に感心しました。
Img_9095_2←で、翌日届いたのがこれ。
冠とキーホールダー。
スパイダーマンの新聞社の社長でよかったでしたっけ?
肌色フィグだし、微妙なキャラです(^_^;)。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月15日 (月)

美術館に関する覚え書き-2

Img_8986「近代美術館」の内装、特に展示物をどうしようか、などと考えている時にふと思い出したのが架空重機コンペの「ジャンヌ」に登場させた現代芸術家のクリストフ氏です。
こんなおいしいネタ、リンクさせないわけにはいきません。
さっそく近代美術館を現代美術館に変更しました(マップにプロットする段階で現代に変更していました)。
彼が私財を投じて美術館に改装したという設定です。
しかも、現代美術館にすることでいろいろなアイデアが浮かんできました。
建物のデザイン、あるいは改築の過程そのものに現代アートとしての意味不明な所業を加えていくことにしました(笑)。
また、BFTの住人(ミニフィグ)は「黄色のニッコリちゃん」が基本なのですが、肌色&色付きサングラスのクリストフ氏を登場させるために、現代アートを利用することにもしました。
このへんはあらためて書こうと思います。
とにかく、「倉庫を現代美術館に改装」ということで「シンプルな佇まいの中にも、ちょっと不通ではないデザインやディテール、さらには現代芸術家のちょっとアバンギャルドな行為の痕跡が記されたもの」という感じで作業は進むのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月14日 (日)

美術館に関する覚え書き-1

Img_8990覚え書き、なんかカッコいいフレーズです(笑)。
BFT参加作の「現代美術館」に関するメモです。
何を作るか、最初にイベントの案内メールをもらった時からかなり悩みました。
今回も凄い人たちが集まって、凄いモデルが並び、自分はかなり凹むことになるからです(実際そうだった)。
こういう場合、自分は「同じスタンスで競ってはいけない」と考えるわけで(^_^;)、「建物」というお題の中でオリジナリティを確保するためのアイデアを考えました。
それが「窓を作らない」です。
建物を構成する要素(床、壁、屋根、扉、窓、等)から、窓だったら無くても成立するなあと考えました。
無愛想になるのもいい感じです(笑)。
窓の無い施設ということで、すぐに倉庫、映画館、劇場、美術館などが浮かんできました。
ネタ的に面白いのはやはりイベント系の施設です。
でも無愛想さでいくと「倉庫」なのですね。
そこで「倉庫を美術館に改装」という設定にしました。
ニューヨークのソーホーなんかにある感じですが、もっと西欧風の古い倉庫を改装という方向です。
いちおうの手ごたえを感じ、ここまで決まった段階で参加を表明。
建築登記役場には「モダンアートミュージアム(近代美術館)」で登録しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月13日 (土)

塾生募集中

大工塾VII 塾生募集中

土曜日は「大工塾」の打ち合わせ。
夕刻、飯能の山奥に行ってきました。
いわゆる「耐震偽装」の事件後に建築基準法が改正されたらしいですが、それに対応していくと伝統的構法の住宅が作りにくくなっているらしいです。
そういう状況の中で、何が出来るか、何をしていくべきか、等を考えていく大工さん達の集まり。
毎年やっている大工塾のセミナーも塾生募集中です(大工さんがここを読んでいるとは思えませんが(^_^;))。
「技術を教える大工講座」ではないところがポイントです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月12日 (金)

BFTの設営に行ってきました -5

Img_9060日曜午前、各自が昨日の残り作業を続けました。
自分はJ氏のお手伝い、素面(しらふ)なので大丈夫です。
レゴスタジアムの事務室内でゴソゴソしていました。
その後、記念撮影をしたり、記念品をもらったり(画像はとりあえず自粛)、シグフィグ(いずれ公開されるでしょう)のセッティングを拝見したり、といろいろ。
しか〜し、J氏のモデルがなかなか完成せず、解散時刻になっても作業は続きました。
助っ人さんも集まってきて、そういう方々のビルド作業を実際に拝見できたのが一番の収穫かもしれません。
勉強になりました(自分はあまり戦力になってませんでした(^_^;))。
なんだかんだで新幹線に乗ったのが7時過ぎだったでしょうか。
ご一緒させてもらったC氏のレゴ話などを聞きながらの帰宅でした。

とにかく濃密な2日でした。
みなさんとゆっくりお話する時間のなかったのが残念です(人見知りが何を言うか)。
呑み会の席の記憶がないから、なおさらです(だから酔っ払いはキライです)。
ayucowさんとか絶対に挨拶しなければいけなかったのに。
スタジアムの展示物もちゃんと観てないし。
ブロックすくいもしたかったのに〜(^_^;)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月11日 (木)

BFTの設営に行ってきました -4

呑み会を終えて自分の部屋に帰還したのが2〜3時頃?
コテージは5人の相部屋なのですが、J氏は搬送中に壊れてしまったモデルをまだ修復中でした。
自分は「できる事があれば手伝いますよ」と声をかけ、創作的な依頼をもらったのですが、えらそうな事を言ってもただの酔っ払いです。
うまく頭が働かず、「パーツの整理でも・・・」という感じでコンテナ内の雑多なパーツを整理というお手伝いにトーンダウンでした。
で、パーツ整理をしながらアニメの話などをしていたと思います。
その後、サッカー日本代表の試合なんかもあったりして、勝利を見届けてからソファで寝ました(5時頃?)。
Jさんの邪魔ばかりしていたのではないだろうか。
これだから酔っ払いはキライです(苦笑)。

日曜の朝。
仮眠程度の睡眠を終え、レストランで朝食を。
和食&洋食のバイキングでした。
会場には昨年販売されたバイキングのレゴセットがディスプレイされていました。
ウソです。
だったらいいな、と思いながらコーヒーをがぶがぶ飲んでいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月10日 (水)

『 The Cassandra Crossing 』★★★

火曜の午後、テレビ東京で「カサンドラ・クロス」を観る。
1976年の映画。
懐かしかったなあ(ジェリー・ゴールドスミスの音楽が素敵)。
当時はパニック映画が流行っていた頃で、天災(地震、津波)や人災(火事、爆弾テロ)などが多かったと思いますが、細菌兵器が出てきて、軍が絡んで、列車という閉ざされた空間・動く空間というあたりがパニック映画というよりもサスペンス映画という感じ。
「感染した人々や地域をまるっと殲滅」という今ならよくあるパターンなのですが、当時(高校生だったか)は新鮮でした。
感染拡大を防ぐために活動する白い防護服の兵士達が恐いです。
列車のドアや窓など各所を溶接していくのを見ると息が詰まりそうなのですが、これが後々重要な意味を持ってきたりして。
面白いのは途中で細菌兵器の治療法がわかってしまうことですね。
ここからあくまでも事実を隠蔽しようとする軍と生き延びようとする一般人の戦いへと物語の構図が変わっていくわけで、細菌兵器の恐さがお題ではありません。
豪華キャストは、死ぬ人、生き残る人、いろいろ。
今でも十分面白いです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月 9日 (火)

BFTの設営に行ってきました -3

Img_9082土曜夜、全体の作業は予定通りに終わるはずもなく(笑)、しかし夕食はテラスで全員揃ってのバーベキューなので順次退却。
自分はいちおうひと通りの作業を終えました。
で、ここでホテルにチェックイン。
←コテージスタイルの「那須高原TOWAピュアコテージ」でした(別の時間帯に撮影)。
誰かが「これだったらレゴで簡単に再現できそう」と言ってました。
Img_9057←入口に置かれていたウェルカムボード。
先乗りした世話人さん達が作ったのかと思ったら、ホテルの方で用意してくれたとか。
嬉しいですね。
従業員の方々、期間中はBFTのロゴをあしらったバッチも付けているのだそうです。

その後はビールとバーベキュー。
露天風呂に入って、ある1室に集まって呑み会でした。
自分、露天風呂のあたりから記憶が曖昧です。
帰宅してから右臀部に擦過傷(右のお尻にかすり傷)を発見しました。
全く記憶にないのですが(^_^;)、傷の面積・浅さ・方向から考えて、露天風呂から立ち上がる時に思いっきり引っかいたと思われます(目撃者はいるのだろうか?)。
そういうわけで、呑み会の席ではご迷惑をかけてなければよいのですが(^_^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 8日 (月)

BFTの設営に行ってきました -2

Img_9067←土曜日の午後、まずはモデルの撮影を行いました。
用意された撮影ブースに各々が持ち込みます。
プロチームとメンバーチームの2つがあり、両方で撮ってもらいました。
舞台に設置してしまうと中央あたりにあるモデルはもう撮影不可になってしまうからです。
いよいよ舞台に設置。
7.5×4.5メートルの舞台には50人近くの人間が取りついて、がさごそしているわけであります。
「水道橋跡」は斜面に設置しているわけですが、自分が作った斜面とお隣さんが作った斜面がピッタリと合って、感激でした。
いや、もちろん、画像掲示板を使って「ピッタリ合うように作っている」わけなのですが、それでもこういうのは嬉しいです(笑)。
しかも、そのお隣さんというのが「Castle Element」のI氏だったりするわけですから、感動もひとしおです。
とにかく圧倒的な山城エリア(新吾ではない)は凄いです。

順々に接続されていくモデル達、隙間なく、「レゴだけの空間」が出来ていくさまも凄かったです。
今回は路面電車も走るのでレールの接続も必要です。
いわゆる「鉄道班」が頑張るわけですねえ。
さらに、M氏の「白亜の大聖堂」が現場で最後の仕上げをやっていたり。
あちこちで、ニッコリ顔のミニフィグ達がこの街での生活を始めだしたり。
で、そんな事をいい歳をした大人達が夢中になってやっておるわけですから、そりゃもう素敵な光景です(^_^;)。

Img_9075←ロゴが入ったメンバー用Tシャツ。
4〜5人だとちょっと恥ずかしい作業も、統一ユニフォームの集団でやれば全く気になりません。
「赤信号、みんなで渡れば恐くない」的展開です(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 7日 (日)

BFTの設営に行ってきました -1

土〜日曜日はBFTの設営日でした。
レゴスタジアムはオープンの状態、つまり一般のお客さん達の目の前で作業を行うということでオフレコになっていました。
とにかく濃密な2日間でした。

自宅を7時30分に出て、スタジアムに着いたのが11時。
午後から会場に設置するのですが、まずは個々に自分のモデルを完成させます。
自分の場合、宅配便で送っていた「水道橋跡」がやはり壊れていました。
しかも、一番恐れていた地形部分。
大きな地震に襲われたかのように断層が走り、斜面が滑落・陥没状態でした orz。
アドリブで組んだ部分はアドリブで組み直すしかなく、なんとか形になった時はブロックが5〜6個余っていました。
よくある話です(笑)。
「美術館」は自分で当日運んだのですが、さすがに壊れることはありませんでした。
自分でも「搬送方法が逆だよな」とは思っていたのですが、諸事情により仕方なかったのであります。

Img_9088←首から下げるスタッフ用のIDカード。
初めてお会いする方々とも、これがあれば安心。
会場の写真などは、公式サイトで公開されていくと思うので、支障のなさそうなものを載せていきます。
ちなみに那須ハイランドパークのサイトでも設営風景が少し紹介されています(これはまだかなり初期の状態ですね)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 6日 (土)

なんとか終了

Img_9010BFT、現代美術館も完成させて梱包しました。
いろいろと反省点もあるのですが、まあ、毎度のことですorz。
←写真を少しだけ。
事務局未公認なのですが、設定としてはクリストフ氏がオーナー。
私財を投じて老朽化した貯蔵庫を美術館に転用したという設定です。
ちょっと偏執狂的な部分あり(笑)。

オリンピック終了後にソフトボール上野投手のドキュメントを観ました。
413球(合ってる?)を投げ抜いた力投。
印象的だったコメントはこんな感じでした。
「最初に投げたボールと最後に投げたボールは違っていると思います。
 400球分、成長したボールだったと思います」
自分が仮に1000パーツのモデルを組み上げたとして、完成した時に1000パーツ分の成長をしているのだろうか。
そんな事を考えてしまいました。
少しは成長してますよね(^_^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 5日 (金)

溜まっている

Img_8890そういえば、先日のレゴブロックドットコム用の撮影をした時に、「ジャンヌ」のおまけページの撮影もしたのでした。
なんか、もう頭の中が散らかっています。
切り抜きやら編集やらして、早めにアップしたいとは思っています。

Img_8940←2〜3日前にみたうろこ雲っぽいやつ。
もう秋ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 4日 (木)

成長してます

モデルを送付する準備もしなくてはいけません。
近所のスーパーで段ボール箱をもらってきたりしました。
緩衝材をどうしようか迷っています。
エアキャップ(プチプチ)で包むというよりも、箱内をびっしりと満たしたい感じ。
布きれや紙切れも含めて、とにかく細かな断片をびっしりと詰めていくかなあ。
メインのモデルが壊れても修復は簡単なはずですが、基本ブロックをアドリブ的に組んでいった地形部分が壊れた場合、その再現は困難です。
たぶん、また即興で組まなければいけないわけで、それが一番心配です。

←ブログパーツの樹木、葉が繁ったような気がします。
いつの間にかカメラアイコンで画像を保存できるようになっているな(パーツそのものも成長していますね)。
photo spaceをのぞいてみましたが、発芽からの経過日数だけを見れば成長具合も様々。
やはり更新頻度が重要のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 3日 (水)

完成させよう

BFT、もう時間がありません。
ずっと悩んでいた美術館の上部、棟飾り〜屋根あたりを仕上げることにしました。
無理矢理デザインを決め、足りないパーツを頼むのもこれが最後。
ああ、しかし、う〜ん、悩ましいです。
浮いてしまいそうだなあ(^_^;)。
もっと、普通に、素直に作ればよかった、と今ごろ反省中ですorz。
メンバー用の画像掲示板にあげるのが恐いです。

ライオンズは岸くんが月間MVPに選ばれまして、これはかなり嬉しいのであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 2日 (火)

いちおう出しました

レゴブロック・ドットコムのコンテストにいちおう投稿。
〆切りの10分前。
自分には珍しく、切り抜きも一切なし。
今年も無理矢理の提出でした(^_^;)。
それにしても、発表が11月って、とにかく長すぎですね。
なぜにそんなに時間がかかるのだろう。
Img_8913←ひさしぶりに画像を。
地形を使っただけで、トロールなどは直接関係ないです。
なんとなく配置してみたら、背中に哀愁を感じただけです(笑)。

BFTも早く仕上げて梱包や宅配の段取りをしなければ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月 1日 (月)

街をお散歩

View_2BFTの公式ページが更新されています。
街中を巡る画像が22点、ガイドさんの案内付(?)で観ることができますのでぜひどうぞ。
それと「参加ビルダー」のページに記念写真の画像が追加されています。
What's New 的なコメントを加えるべきだろうか。

エージェントシリーズは「う〜ん」ですね。
とりあえずはバットマンのペンギン潜航艇が欲しいのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月だ

じただばしてます。
10月になったら、ボーッとしたいなあ。

BFTではすごい作品が続々と登場。
自分はもう落ち込んでいますよ(^_^;)。

ライオンズ、3戦連続の延長引き分け。
史上初らしいのですが、優勝する年っていうのはこういうミラクルな出来事もよく起こるような気がします。

時々観る動画。
http://jp.youtube.com/watch?v=Sex4XWDT7qs
ドロンジョさまをシリアスにしたら、シーマ様になると思います(笑)。
曲がずっと気になっていたのですが、どうやらゲーム音楽のようで(有名なの?)。
全く理解できていなかった歌詞は「フィンランド語をベースに創作された造語」ということで、なんとなく納得。
う〜ん、フルバージョンで聞いてみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »