« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月30日 (日)

雑記

レッズ、ガンバにも負けて今季の無冠決定。
ACL出場の3位以内も無理そうです。
監督も替わるようで、1から出直しですよ。

鍋の季節がやってきて、白菜関連の情報をよく目にします。
夜の白菜畑はエイリアンの卵が並んでいる風景に見えたりするのですが、どうでしょうか(笑)。
いや、むしろ、異星の地でエイリアンの卵らしきものを発見したが、それは白菜らしきものであった方が幸いか。

このブログはNiftyを利用しているのですが、最近「コネタマ」と称するサービスが管理画面内で提供されています。
ブログのネタに困っている人のために「これについてどう思う?」という寝たふり、いやネタふりサービスです。
例えば、最新のものだと「お宅の“カレーの隠し味”、教えて!」なんて書いてます。
そうまでしてブログを書かなきゃいけないもんですかね。
バカみたいです。
自分は「毎日書く」って決めてるわけですが、これでも苦労してるんだから。
書くことを思いつかない時は、自分の感性を思いっきり呪うべきだと思います(いつも呪っています)。
ちなみに、自分は「八丁味噌」ですけど。

ひさしぶりにパスタを茹でて食べました。
ずいぶん値上がりしましたよね。
自分が買うお店では、以前に比べると「約2倍」の値段です。
イタリア人に生まれていたら大変でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月29日 (土)

ひさしぶりに更新

ひさしぶりにレゴ部屋を更新しました。
レゴブロック・ドットコムの投稿作をそのままざっくりと(^_^;)。

まあ、今年はレゴよりもレオでしたね。
たくさんの趣味を持ち、それらを楽しみ尽くしている人はすごいです。
自分は1つに没頭しだすと、他が見えなくなってしまいそうです。

TVの通販で「かんたん毛玉とりブラシ」を売っていました。
手動ですが、プロも使っているらしい逸品。
面白かったのは、「かんたん毛玉とりブラシ」には「かんたん毛玉とりブラシに溜まった毛玉を簡単にとるブラシ」が付属していることでした。
番組では「クリーナー」と呼んでいましたが、金属製のワイヤーブラシと呼んで差し支えないと思います。
「かんたん毛玉とりブラシに溜まった毛玉を簡単にとるブラシ」にたまった毛玉は指先で簡単に取れます。
めでたし、めでたしです(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月28日 (金)

美術館に関する覚え書き-7

Img_8972←自らのひらめきを実行に移すクリストフ氏。
BFTの搬入日を目前にしての作業でした。
今から考えると、カメラマンとレポーターを最前線に配置させるべきでした。
焦って作業をしてはいけませんね。
乱暴な行為のように見えますが、もちろんこれも作品の1つ、パフォーマンスです(と後日語られる)。
さらには、「この中に展示する作品を効果的に見せるための光の演出」を計算してのものでもあります。
それが「どんな作品なのか」は次回以降に。

この亀裂、勝手なイメージとしては北欧神話に出てくる「ギンヌンガ・ガップ」です。
「世界の創造の始まり」という意味では、アーティストに対する啓示として悪くないですし、個人的に「破壊と創造」というフレーズは好きな言葉です。
北欧神話そのものも好きですが、興味を持ったきっかけはサイボーグ009で80年頃に連載された「北欧神話編」です(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月27日 (木)

コンテスト結果

そういえば、レゴブロック・ドットコムのコンテスト結果が発表されたのでした。
拙作は一般部門にエントリー、入賞などはしておりません。
「魔族の進軍」は以前HOWCONがらみで作ったものの続編みたいなものです。
BFTでてんてこ舞い(←素敵な日本語)の頃に深く考えずにポチッと出したもの。
「chiro」名義で出す時は「入賞なんて恐れ多いですから」という時です(笑)。
もしかすると、レゴ部屋にアップするかもしれません。

で、全体の結果の方ですが、なるほど〜ですね。
年々少しずつレベルはアップしているような気もします。
最優秀賞:確かによく出来ているのだけど「イージス艦」てのがなあ(いいの?)。
もう少し夢のある題材の方が良いような気もするのですが(^_^;)。
ジュニア部門:カワセミが可愛い。独力なら良いセンスですね。
一般部門:ロボ軍団と胸像がカッコいい〜。コブラのレディーを思い出しました。
た〜ぼさんは残念でした。でも、キャラ達、かわいい〜。
鬼太郎と父さんにも目があったらもっと生き生きしていて、さらに上位入賞の可能性もあったのではないかと予想します。
その他にもジオラマ系作品などはいい感じですね(^_^)。
ミニ作品部門:作品の背景(木目の壁)から察するに集団での投稿のようですね。どこかのレゴ教室でしょうか?
マインドストーム部門:小さな子供達もがんばっていてびっくり。動画で見たいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月26日 (水)

オールドタイプ

ひさしぶりに「GUNDOM 0083」を流しながら仕事をしていました。
定期的に観たくなるアニメです(^_^;)。
もちろん自分の原点はファーストガンダムなのですが、「もしも無人島に1つだけガンダムシリーズを持って行けるとしたら?」という質問があれば「0083」です。
注:馬鹿げた質問ですが、そもそも「無人島に何か1つだけ持って行ける」という質問そのものがすでにレアケースだと思います。
高校生の頃リアルタイムで観ていたファーストはニュータイプが出てきたりして、人の可能性について青少年らしいウブな心で胸躍らせたものです(笑)。
ある意味ハッピーエンドだったわけで。
しかし、まあ、そういうのもどうでもよくなってきて(苦笑)、「人ってそんなに変われないよね」「戦争って何にも解決しないよね」「虚しい話だよね」「ったく、女ってやつは」などとブツブツ言いながら0083を観る方が楽しいようです。
意地や業に縛られたオールドタイプ(ガトーやシーマ)もまんざらではなかったりして。
つまりは、こういう昔の作品に固執しているオールドタイプなのであります(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月25日 (火)

赤と青

Img_9214Img_921311月1日から始めていたキャッスルのアドヴェントカレンダーが終了。
割高感は否めませんが、毎日1つずつ開けたのでパッケージにかかっていた費用は回収した事になります(苦笑)。
道化師は可愛いですが、悪い顔の方が好きかもしれません。
バットマンのやつも気になりますが、そこにも割高感の壁ですね。

ところで、赤と青と言えば、レッズとライオンズです(無理矢理)。
レッズは日曜の敗戦でリーグ優勝が絶望的になりました。
で、ニュースの見出しには「浦和、4年ぶり無冠決定的」の文字。
「4年ぶり?」
2004年、無冠に終わった年、ライオンズはドラゴンズを破って日本一になっているのです。
そして、今年もライオンズが優勝するとレッズが無冠に終わりそうな気配。
なんとも意地悪な巡り合わせです。
待てよ、昨年はレッズがアジアチャンピオンになり、ライオンズはBクラス転落ですよ!
このパワーバランスは何なのでしょう。
W優勝、Wアジアチャンピオンの道は険しそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月24日 (月)

優勝パレード\(^_^)/

日曜日はライオンズの優勝パレードでした。
いつも歩いている閑散とした通りも大群衆でした。
報道ヘリも飛んでいて、なんか嬉しかったなあ(笑)。
報道によると7万人だそうですが、こういうのはどうやって数えるのでしょうね。
「人込みの面積から推測する」あたりが妥当なのかなと思います。
そういえば、先日の入間航空祭は22万人だったそうです。
Img_9188監督・知事・市長たちはオープンカー、選手は3台のバスに分乗でした。
バスの側面には「リーグ優勝・CS優勝・日本シリーズ優勝・アジアシリーズ優勝」の4つのエンブレム、実に気持ちいいのであります(^_^)。
自分が居たのはコースのほぼゴール地点。
選手達を間近に見れて、嬉しかったです。

Img_9198Img_9201Img_9204Img_9205
左から1番目:中島、石井、岸
2番目:埼玉県のマスコット「コバトン」と星野。
3番目:涌井、片岡、中村
4番目:GG佐藤(右)も元気そうでした

そうえば、東京フレンドパークに涌井&石井で出演するようです。
ちょっと不安ですが(笑)、楽しみです。
涌井の不思議ちゃんぶりが発揮されるとよいのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月23日 (日)

侵入方法

元厚生省職員の方々が被害にあわれた事件、解決したようでよかったです。
そんな中、ニュースを聞いていて引っ掛かる事がありました。
通常は「犯人は宅配業者を装って〜」と語られていますが、時々「犯人は宅配便を装って〜」と言っていることもあります。
もちろん意味はわかるのですが、自分がそのフレーズから想像する光景は「大きな段ボール箱の中に隠れた犯人が開封されると同時に飛び出してくる」というものです。
間違ってませんよね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月22日 (土)

わかった

昨日分の続き。
そういえば、ザッピングしていたら「黒いおでん」の映像が流れていて、「その秘密は八丁味噌を使っているからなんです〜」と説明していました。
自分としては「では、なぜ八丁味噌は黒いのか?」が気になるのですが、そこまでフォローはしてくれませんね。
まあ、「この美味しさの秘密は〜」と振っておいて、「秘伝のタレを使っているからなんです〜」というひどい説明よりはましですけど。
ネットで調べてみたら、味噌の赤みは「大豆の浸水時間が長く、高温で長時間蒸煮してあるほど濃くなる傾向がある」そうです。
通常の醸造時間は短いもので「5〜20日」らしいですが、八丁味噌は「5ヵ月〜20ヵ月」なのだそうです。
納得の黒さですね(^_^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月21日 (金)

わからない

金曜夜、フジテレビで「わかる」という雑学番組をやっていたので、なんとなく見てました。
スタジオのトークなどなくして90分番組にしてくれたらいいのですが、気になったのはコメンテーター的なタレントのみなさんの配列。
前列・後列の2列に並んで収録していましたが、VTRのネタに合わせて前列・後列のメンバーが頻繁に入れ替わっていましたね。
これがすごく落ち着かなくてイライラしました。
毎回入れ替わるなんて面倒なので、編集によって前後関係が複雑になったのかもしれませんが、前後の入れ替わりがそれほど効果的だったとは思えませんでした。
個人的にはよくわからない演出です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月20日 (木)

勇者が街にやってくる

Img_9178ライオンズ、23日に球団初の優勝パレードが行われるのですが、所沢駅前から家の近所あたりまでがそのコース。
交通規制の立て看板が出ているわけで、なんかこういうのを見るだけで嬉しかったりするのです(^_^;)。

そういえば、Gから金銭トレードで清水選手がやって来ます。
好投する西口から9回表、ノーヒットノーランを阻止するソロホームランを打った選手としてライオンズファンには記憶されています。
そんな因縁はさらりと水に流して(清水だけに〜)、左の代打の切り札としてがんばって欲しいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月19日 (水)

解禁

ボージョレー、ボージョレ、ボジョレー、ボジョレ、たぶんニュースではこの4種類が使われているように思います。
局や番組内で統一されている場合はそれほど気にならないのですが、レポーターは「ボージョレ・ヌーボー」と呼び、インタビューに答える店員さんは「ボジョレ・ヌーボー」と呼び、その店員さんの後ろに貼ってあるポスターには「ボージョレー・ヌーボー」と書いてあるとイライラしてしまいます。
「いっせいに」という気持ちになれません(苦笑)。
こういうのは統一できないものでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月18日 (火)

邂逅

好きな食べ物の1つにザワークラウトがあります。
ビールやソーセージとだけではなく、普通に和食のおかずとして食べたりもするのですが、先日これが「キャベツの酢漬けではない」という事実を知り、愕然としました(ちょっとオーバー)。
キャベツに塩を振っているだけで、あの酸味は「乳酸発酵」によるものだったのですね。
乳酸発酵、ここで思い出したのが、やはり好物の1つである高菜漬け(高菜炒飯大好き)。
漬物界の中では数少ない乳酸発酵食品だったはずです。
一般の漬物とは違い、2〜3種しかなかったような記憶があります。
日本とドイツ、全く別物と思っていた2つの好物が同じカテゴリーにあった事を知ってびっくりしました。
こういう発見があるとなぜかドキドキしてしまいます(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月17日 (月)

アジアチャンピオン(^_^)

行き詰まる貧打戦、いや、息詰まる投手戦。
9回裏2死から、またしても足で稼いだサヨナラ劇でした。
今年を締めくくるにふさわしい好ゲーム、選手のみなさん、おめでとうです。
あの戦力でよく優勝してくれました。
負けていたら「手を抜いて日本チームの連覇を途切らせた」と叩かれまくっていたと思います。
それにしても、メディアの扱いが小さいですね。
オグシオが解散して、富田が引退して、石川遼が健闘して、真央ちゃんがジャンプに失敗して、武豊が落馬して、そしてライオンズがアジアチャンピオンですよ。
信ジラレナ〜イ!\(@_@)/

もしかして、日曜洋画劇場って邦画を放送する時は「特別企画」という但し書きを毎回つけてます?
もしそうだとしたら、そのこだわりは好きです。
そういえば、石橋凌さんって、お笑い芸人アンタッチャブルの山崎くんに似ているような気がします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月16日 (日)

意外な展開

優勝決定戦は統一ライオンズと再度戦うことになりました。
実力通りにいけば勝つだろうと思われていたSKが敗退、しかも危惧されていた失点率による結末でした。
試合の序盤は埼玉西武ライオンズが敗退するパターンで試合が進んでいたので冷や冷やしましたが、後半から打撃戦になって助かりました。
試合の終盤は失点率のために勝ち負けだけではなく、まさに1点を争う展開。
面白い試合だったんだろうなあ。
いや、ほんとに一発勝負の試合は恐いです。
今日の優勝決定戦、先発予想は涌井。
今シーズンの最後の試合、良い試合になりますように。

そして、レッズは天皇杯敗退。
日本代表メンバーが欠けているので仕方ないけど、PK戦までもつれ込んだのなら勝って欲しかった(>_<)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月15日 (土)

獅子対決

13日から始まったアジアシリーズ、TVもラジオも中継がないのでネットのテキスト速報で試合を追っています。
初戦のワイバーンズ戦はとんでもない誤審もあり、惜敗。
そして昨日・今日と統一ライオンズと天津ライオンズを下し、2勝1敗となりました。
まあ、ここまでは予定通り。
優勝決定戦でワイバーンズと再戦予定なので初戦の負けも想定内です。
で、後は今日の夜の試合結果次第なのですが、ルールをがなかなか悩ましいです。
ワイバーンズが勝てば問題ないのですが、負けてしまうと3チームが2勝1敗で並びます。
直接の勝ち負けも三つ巴状態。
次に問題となるのが「失点率」なのです。
ここでいきなり初戦の誤審ホームランが響いてきますね。
さらに、7回コールドで勝ってしまったのも響く可能性があります。
9回までダラダラとやった方が分母が大きくなるのでお得なわけです(笑)。
さて、どうなることやら。
まもなく試合です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月14日 (金)

峠の砦:20

Img_9176Img_9177なんとなく扉を組み込んでみる。
赤いブロックはもちろん見えない部分のダミー用(なんか、内臓が露出しているみたい)。
扉は木製+補強用の鉄プレートという感じ。
上下に開閉させるのってかなり重労働だと思うので、普通に開閉させています。

話が変わりますが、今回は壁の部分を厚めに設定しています。
イメージとして、16×16に納める城なら壁厚1ポッチ、32×32に納めるなら壁厚2ポッチ。
そんな感じで建物の規模に合わせて壁も厚くなるべきだと考えています。
今回の場合は、2〜4ポッチの厚みで壁的な空間を構成しています。
もっとも、防御の事を考えると本当は「凸凹のない平滑面の壁」であるべきなのですが(笑)。
敵に威圧感を与えるためのデザイン処理、というような感じで考えます(^_^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月13日 (木)

田嶋はる

検索してみたら「田嶋はる」という女性キックボクサーがいることを知りました。
自己紹介ページには「タージ・マハル」の写真が貼ってあったので、きっとリングネームでしょう。
インドもキックボクシングが盛んなのかな?
で、レゴ「10189 タージ・マハル」です。
インストラクションを見つけたのでダウンロードしてパーツ構成などをチェック。
手持ちパーツでどこまで行けそうかと考えていたのですが、難しそうですね。
一部、流通の少ないパーツを大量に消費というパターンです。
ま、そのうちに。

ライオンズ、大久保コーチが女性を殴ったとして書類送検されるような報道。
詳細がわからないので何ともいえませんが、意外と「太っていることをバカにされた」なんていうオーソドックスな原因だったら笑えるかも(^_^;)。

石原良純が「何かお困りの事はありますか?」と訪ねてくるCMがありますが、「今、あなたがここに居ること」と言ってあげたいです。
あるいは「タウンページがない」と答えるのもいいかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月12日 (水)

プチ浦島

ライオンズのリーグ優勝〜CS〜日本シリーズで忙しかったので、レゴ関連の話題にはちょっとしたプチ浦島状態です。
サイトやブログなどはノーチェック。
年末からお正月にかけてのレゴ事情はどうなっているのでしょう。
キャッスルのアドヴェントカレンダーは毎日1つずつ開けています(12月はclikits(^_^))。
やればできるのです(と自慢するような問題ではない)。
制作はあいかわらず「峠の砦」を少しずつ。
「自分でカフェコーナー」もBFTのためにパーツ供出していたのですが元の状態に復帰しつつあります。
そうだ、なんとなく、BFTのおかげで「プチ燃え尽き症候群」になっているような気もしますね(笑)。
年内はこんな調子かも。
年が明けたら、クリブリコンテストかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月11日 (火)

余韻さめやらず?

優勝から一夜明け、ネットやTVやラジオのニュースをチェック。
「とくダネ!」の小倉さんは冒頭で興奮しまくりでした(笑)。
ライオンズ、次は13日からのアジアシリーズです。
余韻さめやらずと言うよりも、余韻に浸っている暇はない感じです。
疲労の溜まったベテラン、怪我人、外国人選手は参戦しないようなので、本当に若手中心。
苦しい試合が予想されますが、勢いで突っ走って欲しいところです。

で、パリーグの場合、ライオンズ以外のファンも「パの代表としてセに勝ってほしい」と応援してくれると思います(もちろん例外もあるだろうけど)。
自分もマリーンズやファイターズを応援していました。
でも、セリーグの場合、G以外の球団ファンは「セの代表」として応援するのかな?
むしろ、ドラゴンズやタイガースの代わりにGを叩いてくれとパ球団を応援する人も多いのではないかと思います(そういう書き込みをけっこう見るような気がします)。

でも、今年のGは生え抜きの若手が成長してて、良い感じでしたね。
高橋とか、二岡とか、清水なんかが並んでいたら、もっと闘志がわいたのに(笑)。
第7戦の負け投手となった越智選手、責任を背負い込んでトラウマにならなければよいのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月10日 (月)

日本シリーズ第7戦:日本一!

「最後の試合のつもりで頑張ってくれれば」、それだけを思って応援していたのですが、まさか日本一になってくれるとは。
日頃は「大味な野球」「いつもの負けパターン」「成長過程のチームだから」などとブツブツ言いながら応援しているのですが、この期におよんで最高の試合でした。
1ヵ月ぶりの実戦登板だった西口の2失点を必死に取り返そうとする野手陣。
これ以上の失点を防ぐべく繋いだ「石井〜涌井〜星野〜グラマン」という総動員リレー。
反撃の狼煙は意外性のボカチカ(笑)。
8回の片岡の盗塁、栗山のバント、中島内野ゴロでのギャンブルスタート。
本塁打を嫌っての中村敬遠、野田が粘って選んだ四球、そして平尾の勝ち越し打。
終わってみれば、1・2回の2安打2失点のみにおさえ、3回以降はパーフェクトリリーフ。
これぞ日本シリーズ、これぞ全員野球、という内容でした。
とにかく8回に1安打で2点取って逆転というのが気持ちいいです。
自分は、8回豊田、9回クルーンで締められる展開を覚悟していました。
越智の続投、そしていきなりの死球で「いけるかも?」と素人の自分でも思ったのですから選手達はなおさらだったでしょう。
勝ち越してからはテレビの前で正座をし、祈りながら応援していました。
本当によくやってくれた。
ああ、こんなに凄い選手達だったとは (T_T)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月 9日 (日)

日本シリーズ第6戦:感動した

伏兵平尾の4打点、そして岸の中2日での無失点ロングリリーフ!
ありがとう、観てて泣けてきましたよ(T_T)。
第5戦で「単調なリードでつけこまれた」と叩かれた銀仁朗もナイスリードでした。
ナカジも万全ではないのに安打と四球2つ、しっかりと貢献してくれました。
圧倒的戦力(ライオンズ先発メンバーの年棒総額はイ・スンヨプ1人にも満たないらしい(^_^;))に対して、これだけの怪我人を抱え、よく頑張っています。
今日の最終戦、ただひたすらに、がむしゃらに、やってくれればそれでいいです。
今年のキャッチフレーズ、「No Limit !」で。

それにしても日テレですよ。
勝利監督のインタビューをぶった切って途中終了。
確かに45分も延長したせいかもしれないけど、Gが勝ってたら絶対に延長してただろ。
都合の悪いものは流さないどっかの国の放送局みたい。
こんな事をやってるからあのグループは大嫌いです。
初めてフォントを大きくしたくなるほどに。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月 8日 (土)

雑記

負傷した細川&ナカジ、今日の試合に強行出場らしいというニュースを聞く。
無理はして欲しくないけど、やっぱり出て欲しい。
そんな複雑な心境です。

筑紫哲也さんの訃報を知る。
残念ですね。
落ち着いた語り口が好きでした。
筑紫さんが生みの親となった「新人類」という言葉。
1986年、カープとの日本シリーズを制したライオンズの選手達も当時そう呼ばれたのですが、その中の1人渡辺久信が今、監督として日本シリーズを闘っているわけで、感慨深いものがあります。
そういえば、先日マイクル・クライトンが他界したことも知りました。
「ジュラシックパーク」が有名ですが、自分は「アンドロメダ病原体」がベストです。
共にご冥福をお祈りしますm(_ _)m。

哲也といえば、小室哲哉。
連行される時に着ていたTシャツが「ユニクロのガンダムTシャツだった」という事を知り、映像で確認しました。
ズゴックを選んでいるあたり、やはりセンスが良いと思います(笑)。
ニュース映像が出てきたら、ぜひ確認してみてください。
あ、地検側が連邦のTシャツを着ていたらもっと面白かったですね〜(^_^;)。

コンビニのファミリーマートが「お弁当やおにぎりの米を全て無洗米にする」というニュースに感心しました。
コンビニでそういう物を買わないにこした事はないのですが、いろいろ事情もあるわけで。
自分に出来る範囲内で環境に負荷をかけないよう努力したいと思います。

高須クリニックのCMに出ている高須氏は三谷幸喜氏にちょっと似てるなと思いました。
お笑い芸人のハリセンボンの人にも似ているような気がします。
ということは、角野卓造氏にも似ていることになる。
「4人を並べたいっ!」と痛切に感じた1日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 7日 (金)

日本シリーズ第5戦:ついてない

正捕手細川の負傷、主軸中島の負傷、ラミレス2塁ベースに当たって2塁打、という災厄に見舞われたような試合でした orz。
年に1度はあるかもしれないけれど、それが日本シリーズで王手をかけられる試合になるなんて。
野球の神様の意地悪。
ノーアウト満塁から1点しか取れないなど、「序盤に追加点を取れなかった」と言ってしまえばそれまでなんですけどね。
ナカジが引っ込んだ結果、開幕当初のクリーンナップ(中島・ブラゼル・GG)が1人もいないというありえない事態。
気分は飛車角抜きです orz。
今日は試合がありませんが、前日の試合が負けだと1日ずっと気分が悪くていけません。
はあ〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 6日 (木)

日本シリーズ第4戦:完封&おかわり弾

先発はCSでKOされた岸投手ということで立ち上がりを心配していましたが、予想以上のピッチング。
この大舞台で完璧な投球をやってくれました。凄いっ。
少しは全国区になったでしょうか。
イケメン選手はライオンズの方が多いと思うのですが。
で、非イケメン路線(ごめんね(^_^;))のおかわり君もよもやの連発、おかわりホームランでびっくりでした。
つくづく、みんなグライシンガーと相性がいいんだなあ(笑)。

これで2勝2敗。
6・7戦が東京ドームなので、今日の第5戦も勝っておきたいです(それで5分の感覚)。
やっぱり涌井?
それともサプライズで西口?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 5日 (水)

日本シリーズ第3戦:追い上げるも及ばず

5−0から5−4になった時は盛り上がったのですが、小笠原のホームランがねえ orz。
初回、エラーも絡んで3球で1点献上。
2回もベースカバーが遅れて内野安打にして、四球でランナーためて、よりによって鈴木に3ランを食らうとは orz。
とほほです。
栗山&中村に初ヒットが出て、片岡も初盗塁を決めたので、やっとエンジンが暖まってきた感もあります。
早くアクセル全開にならないかな。
その前にシリーズが終わらなければいいんだけど(^_^;)。

審判の誤審問題はあいかわらずですね。
ライオンズが得する時もあるのでお互い様だと思っていますが、スッキリしないんだよなあ。
時と場合によっては、勝っても素直に喜べないし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 4日 (火)

凄いお城

今日は入間の航空祭、ブルーインパルスのアクロバットショーを観てきました。
あいにくの曇り空だったのですが、今年も痺れるような轟音と美しい軌跡を堪能してきました。

さて、表題の件。
紀里谷監督の新作映画「GOEMON」のサイトにヴィジュアルが掲載されていて、お城の映像が凄いことになっています(トップページ、もしくはART)。
カッコいいなあ。
釜ゆでのシーン(たぶん)も壮大ですね(笑)。
ちなみに「CASSHERN」は好きでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 3日 (月)

日本シリーズ第2戦:サヨナラ負け

先制されながらもナカジの2ランホームランで逆転、いい感じで進んでいたのです。
帆足も粘りの投球をみせていたのです。
しかし、個人的に帆足の後の継投が「大沼」ではいけないのであります。
以前にも書いたことがありますが、大沼は「ビハインドの時に神投球する」という希有な存在なのであります (>_<)。
1点リードして大沼に代わった時、「これはやばい」と呟いてしまいました(一緒に観ていた友人が証人です)。
予想通り、同点に追いつかれましたね。
そんな状況で迎えた9回裏、個人的にはサヨナラ負けも想像しました。
勝利のチャンスを自ら逃したら、それは同時に負けを覚悟しないといけないのです。
サヨナラ弾をくらったのは岡本ですが、自分のTVゲーム的采配でいくと(笑)、帆足の後に勝ち越した状態なら岡本(あるいは小野寺)。
で、同点に追いつかれたならば、その時にこそ大沼なのです。
まあ、こういうのは「ファンが勝手にほざく結果論」なんですけどね。

1日の休みをおいて舞台は西武ドームへ。
先発は石井?or岸?
相手は内海?orグラ?
楽しみですよ(^_^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 2日 (日)

日本シリーズ第1戦:接戦を制す

ファンが言うのもなんですが、今季のライオンズ野球は大味でアバウト(^_^;)。
それが日本シリーズという大舞台で「1 - 2」というロースコアの接戦を制し、びっくりです。
やれば出来るんです。
もっとも、得点は本塁打のみ、エラーからの失点(しかも中村&ボカ)、先発のエース級を攻略すると継投投手を打てない、なんていう「いつものライオンズ野球」も見られたわけで、良くも悪くも「普段着野球」です。
活躍した涌井&中島は共に北京五輪組。
「五輪の舞台を考えれば、日本シリーズなんて平常心で取り組めるのではないか」という解説者のコメントに納得でした。
ちなみに、日テレの中継を見ながら、文化放送の音声を聞いていました。
さあ、今日も頑張ろう!

そういえば、ファイターズが「打撃強化のために抑えのマイケルをトレード要員に」というニュースを見てびっくりしました。
よそのチームの事ながら、いいの?大丈夫なの?
ヒルマン監督が築き上げたものをあっさりぶち壊してしまうような不安を感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 1日 (土)

いよいよ決戦

プロ野球に興味のない方にはどうでもいい話なのですが、ついに日本シリーズが始まります。
気分的にはライオンズが日本中のアンチジャイアンツのみなさんになり代わって打倒ジャイアンツという感じです。
お手伝いしている「jushiro.com」では緊急アンケートを設置しました。
ほとんどライオンズファンが投票しているので結果は当てになりませんけどね(笑)。
まあ、イベントを盛り上げるということで(^_^;)。
個人的には、
投手陣・打撃陣、ほぼ互角。
機動力でライオンズ、守備力でジャイアンツ。
DHが使えない東京ドームで4試合あるのがライオンズはちょっと不利。
大舞台の経験という意味でもライオンズがちょっと不利。
みたいな感じで心の準備をしています。
勝つなら一気に西武ドーム(4連勝or4勝1敗)で決めて欲しいですし、そのチャンスは十分にあると思っています。
とにかく、初戦の涌井の投球次第。
頼むぞっ、涌井っ!(>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »