« 負けました | トップページ | 演出? »

2008年12月20日 (土)

『 7 UOMINI D'ORO 』★★★★

邦題は「黄金の7人」、1965年のイタリア映画なのですが、今でも色褪せることのない傑作ですね。
以前はTVでよく放送されていた記憶がありますが、ひさしぶりにDVDで観ました。
銀行強盗のお話なのですが、とにかくオシャレなんですよね。
暴力や銃撃戦などはほとんどなし(発砲1回、爆発1回)。
知恵と工夫で練り込まれたスマートな計画。
後半の二転三転の展開や最後のオチ。
最高です(^_^)。
演出や脚本だけではなく、音楽やファッションも素敵。
さらに、街並みや車・路面電車のデザインも良いのですねえ。
特に冒頭から主人公達が銀行強盗に向かう4台の車列を見ているだけでうっとりしてしまいます(車フェチではないのですが(^_^))。
レゴで車を作るのが上手だったら再現するんだけどなあ。
自分の好きな作品を他人に薦めることはあまりしない主義ですが、「旧ルパン3世」が好きな人だったらきっと気に入るにちがいありません。

|

« 負けました | トップページ | 演出? »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『 7 UOMINI D'ORO 』★★★★:

« 負けました | トップページ | 演出? »