« 解放されました | トップページ | 峠の砦:21 »

2008年12月 5日 (金)

『 zodiac 』★★★

デヴィッド・フィンチャーの「ゾディアック」を観る。
実在の事件を題材にしたサスペンスということで、たぶん事件を忠実にトレースしているのでしょう、全体的にドキュメンタリーという感じ。
独自の解釈などはなく、サスペンスとしての「オチ」を期待していた分だけがっくりでした。
よく言えば「誠実に作っている」という事なので、最初から特別な先入観など持たずに観ればよかったのであります(^_^;)。
当時、この事件の犯人をモデルにして作られたのが「ダーティーハリー」というのは有名な話ですが、「自己顕示欲の強い犯人が映画を観に来る可能性も高い」ということで、アンケート用紙を置いたり捜査員を配置していた、というエピソードは初めて知りました(映画でもダーティーハリーのシーンあり)。

やっぱりちょっと物足りないかな。
「セブン」や「ゲーム」のようなどんでん返しを味わいたいのです。

|

« 解放されました | トップページ | 峠の砦:21 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『 zodiac 』★★★:

« 解放されました | トップページ | 峠の砦:21 »