« 完勝・完敗 | トップページ | おっさかな、おっさかな〜 »

2009年3月 9日 (月)

『 THE JACKET 』★★★

土曜の深夜、「ジャケット」という映画を観ました。
なんの予備知識もなかったので初めはホラー映画かと思い、パーツ整理をしながら適当に見ていたのですが、途中から引き込まれていきました。
湾岸戦争の後遺症に悩む元兵士が殺人事件の濡れ衣から精神病院に入れられ、そこである方法によって15年後にタイムスリップ。
自身の死の真相を解明していく、というお話。
とにかくタイムスリップする方法というのが、「拘束衣を着せられ、遺体安置用の小さな収納スペースに閉じこめられる」という想像しただけでも息苦しくなるような悪夢的方法でありまして、このへんがホラー映画と勘違いするはめに。
なぜそんな事でタイムスリップするかの説明はないので、SF映画でもありません。
「サスペンス映画だったのか」と思いながら観ていましたが、最終的にはミステリー映画という感じでした。
主人公が自分の人生の残り時間が少ない事を知ってからの行動はちょっとせつなくなりました。
ハッピーエンドではありませんが、じんわりと心に迫ってくるものがあります。
悪趣味なホラーテイストから始まったのに、終わりはなんともヒューマンドラマです。
クローネンバーグの「デッド・ゾーン」なんかを思い出しました。
機会があれば、最初から真面目にじっくりと観てみたいと思います。

アマゾンにDVDのパッケージが載っていますが、最低のキャッチコピーです(^_^;)。

|

« 完勝・完敗 | トップページ | おっさかな、おっさかな〜 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『 THE JACKET 』★★★:

« 完勝・完敗 | トップページ | おっさかな、おっさかな〜 »