« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月31日 (木)

さようなら2009

あっという間の1年でした。
やはり大きな出来事は某ラジオ局でのバイト。
貴重な体験でした。
これでライオンズがBクラス転落なんて事にならなければよかったのですが。
まあ、出直しです。
レゴ関係は、野球シーズン終了後にバタバタやってた感じ。
それでもいろいろと楽しめました。
作りかけだった放置作を仕上げていきましょう。
そして、ばらして、パーツ整理をしよう(^_^;)。

| | コメント (0)

2009年12月30日 (水)

アドカレ計画

Img_0232ぷちアドカレ、来年の12月には24日分を揃えたいと思っています。
とりあえずエントリーできそうな既存マシンが5つ。
Sand Cruiser:ちょっと機体が大きいですが。
White Wing:本編がまだ未完ですが。
Aqua Pod:潜航艇なので少し改造が必要です。
Air Bike:そのまま使えそう。
UFO:機体の名前を決めなければいけません。
これで計12機なので、残り8機。
その気になれば充分にいけそうな数です。
もちろん、いろいろな設定や見せ方は新しく考えていきますが。
そういうわけで、完成機は1年間の封印です。
Img_0233

| | コメント (0)

2009年12月29日 (火)

自分らしく

迷宮百年の睡魔」の漫画版を読む。
いきなりこの本から読むときっと意味不明でしょうね。
まずは原作本から、しかも前作の「女王の百年密室」から読んでおく必要があると思います。

Img_0216Img_0217ちょっと写真整理。
新宿の陳麻家で麻婆豆腐ランチ。
食べ終わると舌がちょっと痺れるくらいなのですが、その大人の辛さがたまりません。
所沢あたりにオープンしないかな。

ちょっと思い出したこと。
「砂の女」の監督は勅使河原宏という人で、華道の草月流の家元をやっていました。
華道には興味ないのですが、展覧会などを観に行ったこともあります(草月会館だったか?)。
二十代の頃なので記憶は曖昧ですが、印象に残っているフレーズは「自分が花を活けるのではなく、花で自分を活ける」というもの。
大げさかもしれませんがこれをレゴに置き換えたりしてもよいわけで、作品に「自分らしさ」がにじみ出してくればいいな、と思います。

| | コメント (0)

2009年12月28日 (月)

過半数

Img_0195←近所の西友のリサイクルコーナーに貼ってあったポスターです。
マイバッグの持参率が50%を突破。
半年ぐらい前に書いたと思いますが、その当時は45%ぐらいだったような記憶があります(自信なし)。
こういうポスターが「印刷物」として成立しているということは「それなりの店舗数が50%を越えた」という事でしょうから、よいことです。
むしろ、50%に達していない店舗の店長さんは本部からイエローカードをもらいそうですね。
とにかくマイバッグ持参がやっと多数派になったということで、まるで政権奪取した民主党のようです(笑)。
エコバッグよりももっと効果的なものはたくさんありますが、小さな子供たちに「マイバッグは当たり前」という意識を持ってもらえれば充分です。
右側のトレイマン(?)はちょっと子供だましのようですけど(^_^;)。

| | コメント (0)

2009年12月27日 (日)

雑記

昨日の「Pick a minifig」のダークレッドのウィッグパーツで思い出すのは、FF VIIのエアリスです。

ぷちアドカレコン、自分の参加作のコメントなどが年を越しそうです(^_^;)。

坦々ゴマ鍋、パッケージによると白菜ではなくキャベツがお勧めのようなのですが、キャベツの芯の部分をくたくたになるまで煮込み倒すと最高に美味いですね。

天ぷらを天つゆではなく塩で食べるのが「大人っぽい」らしいのですが、自分はずっと子供でかまわないので、天つゆにどっぷりつけて食べたいです。

鳥居みゆきの社交辞令でハイタッチ、以前「安部公房といえば、映画『砂の女』の岸田今日子にイメージが重なる」などとコメントしたのですが、その後のバックナンバーで鳥居みゆき嬢が「あ〜、岸田今日子みたい〜、砂の女の〜」と言っていたのに遭遇。
あの映画をしっかりと観ている事に好感度はアップです。
あ、YouTubeで予告編を発見。

懐かしい「ダイバスター」のDVD第1巻を観る機会がありました。
「三塁手とアンルイスは似ている」という指摘に笑ってしまいました。

| | コメント (0)

2009年12月26日 (土)

今回も参加予定です

金曜日は恒例となったクリブリお台場店のコンテストに参加するため、エントリー用紙をもらいに行ってきました。
金曜から配付開始ですが、夕刻6時の時点で定員50名中「23番目」、いつもよりも早いペースらしいですね。
土曜日には終了しそうということでした。
担当の店員さんは毎年声をかけてくださる人で「HIROさんの作品、楽しみにしてるんですよ〜」と言ってくれます。
社交辞令が混じっているとしても(笑)、とても嬉しいし、ありがたい事です。
去年・一昨年と男の子向けの題材だったので、今年は少し「ほのぼの路線」でいってみようと考えています。
ま、お正月、じっくりがんばります。

Img_0228お買い物はクリブリ限定の「8957 Mine Mech」と「Pick a minifig」を3体。
8957は大きなヒンジを使っていますがコンパクトなウォーカーマシンっぽくていい感じ、わりと好きなデザインです(ちょっと割高感はありますが(^_^;))。
ミニフィグは女海賊のヘッドパーツとダークレッドのウィッグが欲しかったのです。
年に2〜3回でいいからラインナップが更新されるといいんですけどね。

| | コメント (0)

2009年12月25日 (金)

ショックorz

外出中に腕時計を落としてしまいました。
気づいた時にはいろいろと歩き回った後で、移動ルートをさかのぼってみましたが見当たらず。
愛着のあるアルファチームの腕時計だったので、ショックが大きいですorz。
落とした時にきっと音がしたはずなのですが、iPodを耳にしていたので気づかなかったんですね。
あ〜、最悪のクリスマス・イブでした。

Img_0222Img_0224Img_0227先日の回収レゴ。
けっこうなパーツ数になり、数えるのは面倒でした。
特に「旧灰パーツ」がいろいろあったので嬉しいですね。
旧濃灰の旗パーツはお初でした。
小さなパーツ類では黒と旧茶のヘッドパーツがたくさん入っていました。
こういうのはブロックすくいをした時に「どんなのがゲットできたかな?」とガサゴソする楽しさに似ています。
これらも含めてパーツ整理中です。

| | コメント (2)

2009年12月24日 (木)

ぷちアドカレ感想4

■昆虫戦士
最近はシティのみならず、キャッスルやパイレーツのアドベントカレンダーも出てきましたが、「昆虫戦士」でチャレンジされるとは思ってもいませんでした。
造形だけではなく設定も楽しませてもらった作品で、3位に投票しました(^_^)。
「7日間をどう構成するか」という点については特撮ヒーローのグループ(?)を7色のカラーリングで構成したのが好きでした。
「7日間=7つのバリエーション」が最も明確に表されていたと思います。
例えば、「騎士の1日」は「騎士の1週間」だったら自分はもっと好きだったのですね。
月・火・水・木・金・土・日で日常から最後の戦闘までが展開されている感じ。
そういう事にこだわる方向性もあると思いました。

■RPG風ジオラマ
つくりも堅実で、特に目新しいアイデアが投入されているわけではありませんが、シンプルな構成とスッキリとした印象が好きでした。
1位に投票した作品です。
ミニフィグと岩が交互に展開されている時は「2つで1セットにしてもっと登場アイテムを増やせばいいのに」と思ってしまいましたが、最後のコメントで納得しました。
「アドベントカレンダーらしく毎日いいのが入ってるのじゃなくてはずれ的な日もあるような感じ」
この感じはよくわかります(笑)。
参加者がいろいろなアドカレの在り方を模索している中で、アドカレの短所と言ってもいい部分さえ自作に取り込んで再現する、というスタンスに感心しました。
「ああそうか、こういう考え方もあるなあ」と。
また、3つの岩が背景セットとして「作り込み過ぎない」という部分も好きでした。
あのセットを緑のプレートに置けば草原の戦い、青のプレートに置けば海上の戦い、白のプレートの上に置けば雪上の戦いあるいは雲海の戦い、というように自由に見立てることが出来る感じ。
がっちりと背景を作り込みすぎたものより、イマジネーションが広がります。
本当は「最後でサンタが出てきて〜」というコメント通りなのですが、もちろん個人的な好みであります。
この展開で24日分を見てみたいなあ。

というわけで、自分が3作投票したうち1つは優勝でしたが、残り2つは上位6位にも入らず。
う〜ん、自分の価値判断はずれているのでありましょうか。
入賞できなかった事よりも、そちらの方が気になるのでした(^_^;)。

| | コメント (2)

2009年12月23日 (水)

ぷちアドカレ感想3

■スター・ウォーズアドベントカレンダー
そのまま商品になりそうな構成で、「俺ビルド」というよりも「俺チョイス」という感じ。
帝国軍側で構成されていますが、例えば友人を誘って反乱軍側で同じように構成し、同時にエントリーして「2つ並んだ状態で公開」すると面白いですよね。
兵士が撃ち合いをやっていたり、ベイダー卿とルークがライトセーバーを構えて対峙していたり。
1つでは単調でも、それが2つ並ぶとドラマが生まれるような構成です。
そんな裏技的アイデアもあるのではないかと思いました。

■♪メェリーメリークリスマ〜ス  アンド・・・
てっきり「メリークリスマス」的なメッセージが完成すると思っていたら、年越しカウントダウンでしたね(^_^;)。
いっそのこと、出番を待っているサンタが最後の完成モデルを見てガックリ、みたいなオチもありかと思いました(笑)。
年少の方だと思いますが、まずは撮影方法からマスターしてください。

■日本を造ろうポチッとな!
別の「はたらく車〜」のおかげで票が伸び悩んだでしょうか、こちらも上手にまとめられているなと思いました。
コメントにあるようにホイールの色はそろえて欲しいですけど。
後は、最後のシーンにある「スケールの異なる防止柵、ボラード、ミニフィグ」もちょっと蛇足だったような気も。
あるいは、自分が気づいていない設定があるのかも(^_^;)。

| | コメント (0)

2009年12月22日 (火)

掘り出し物です

Img_0218ぷちアドカレコン感想の途中ですが、今日はリサイクルショップでの回収報告です。
←いつものお店で見つけたのは「4679 Bricks and Creations」、840円也。
青いテープで封印されていたので中を見ることが出来ませんでしたが、手に持ってみるとずっしりとした量感。
さらにゆすってみると、ガチャガチャとパーツの音がしましたが、明らかに大きな固まりもころがっているような感触でした。
こういう時はかなり危険です(笑)。
店員さんに開けてもらい、中身を確認してから購入しました。

Img_0220Img_0221その中身、まずフタを開けた状態が左の写真。
違和感の原因だったデュプロパーツがゴロゴロしていました。
普通のデュプロブロックなら裏方で使えるのですが、車関係の特殊パーツが多くて扱いにちょっと困りそうです。
一瞬、ちょっとがっかりでしたが、デュプロパーツの下にはさらに普通のパーツ類が横たわっていたので安心して回収しました。
右の写真が「上層:デュプロパーツ」を排除したところ、「中層:ブロック」です。
ミニフィグは1体のみ、8×16のベースプレートが4枚入っていました。
ブロックは基本色だけではなく、ダークピンク、オレンジ、ダークオレンジ、透明系、などもちらほら。
おそらく「ボーナスパック」のパーツだと思います。
さらにこれらのブロックの下には「下層:小さなパーツ類」があるのであります。
昔のろ過装置のように、粒の大きいものから小さいものが積層されている状態ですね。
写真ではわかりませんが、コンディションは良好、量的にもけっこうありまして、まあ、とにかく充実した内容です。

| | コメント (0)

2009年12月21日 (月)

ぷちアドカレ感想2

■想像地中断面図解。
このブログに時々コメントをいただくノブ朗さんの作品。
「これがそうじゃないかな〜」と思いながら見ていましたが、投票の時には最後まで迷いまして「4位」にさせてもらいました。
でも、とてもユニークで好きな作品です。
まず「縦に積んでジオラマ」というのがいいですね。
こういうアイデアは思いついたとしても「ではどうやって成立させるか?」というのが難しいわけで、地上から地下へと向かっていく展開の中で、いろいろなシーンを考えるのは大変だったのではないかと思います。
こういう比較は失礼かもしれないけれど、横に並ぶ「騎士の一日」の展開に比べると、よりクリエイティブだと思いました。
「もうちょっとなんだよな〜」と思った個人的な理由が2つ(^_^;)。
まずは「このアイデアで24個展開するのは難しそうだな」という点です。
もちろん、今回のコンテストは「7日分」なのですが、私の中では「24日分の中の7日分を見せる」という解釈でした。
もしも「24日分を作るとしたら?」と考えた時の拡張性のようなものが容易に感じられるようだったら、もっと私の中でポイントが上がっていたと思います(でも、これはかなり高度な要求です(^_^;))。
もうひとつは「なぜ地下に潜っていくのか?」という理由づけの点です(いや、これもかなり高度な要求ですね(^_^;))。
もちろん、今のままでも充分に面白いのですが、最後に出てきたロックモンスターはいいとして、LEGO男君の設定はちょっと唐突だな、と思いました。
クリスマスにこだわる自分だったら、最後はサンタを登場させます。
地上から少しずつ地中へと進んできた展開は、サンタの体験、サンタが見てきた光景という設定です。
もちろん、最後の7日目ではロックモンスターにプレゼントを渡しています。
いつもは「家のエントツ」をくぐり抜けてプレゼントを届けるサンタですが、ロックモンスター君には「超遠大な地球のトンネル」をくぐり抜けて届けにきたという設定です。
「溶岩の赤い背景に赤い服のサンタさん」という光景もちょっと笑えるような気がします。
ちなみに、ロックモンスター君へのプレゼントはアイスクリームにしたいです。クール便で(笑)。
8コマ目、全体像になった時は、各フロアの登場人物が手に手にサンタさんからのプレゼントを持っていれば、ユニークで素敵なクリスマスモデルになったのではないかと思います。
などと、なんだか長くなってしまいましたが、それぐらいいろいろと夢想したくなるほどユニークな作品だったということです(^_^)。

■My favorite
タイトル通りですね。
アドベントカレンダーとか、クリスマスとか、コンペとか、そういうのは気にせず「私のお気に入り」。
士郎正宗ワールドは好きなのですが、「ここでやらなくても」という感じでした。
もったいないなあと思います。
ビルドテクニックの面では自分よりも数段上に思えるわけで、もっと他の作品なども拝見したいですけどね。

| | コメント (2)

2009年12月20日 (日)

ぷちアドカレ感想1

今回は参加数がそれほど多くなかったので、全部にコメントしてみようと思います。
生意気な内容になっていたらすいません(^_^;)。
結果発表ページに掲載されている順番です。

■「トムとジェリー」の世界
やはり「シリーズ化された小さなモデル」というのがレゴにおける「アドベント・カレンダー」のイメージだと思います。
その路線の中では最も充実した作品だと思っていたので1位になっても驚きませんでした。
テーマがちょっと地味(^_^;)かもしれなかったので、派手めなものに負けるかも?と思ってもいましたが、細かなつくりが評価されていてよかったですね(私も「2位」に投票させてもらいました)。
時計盤を使ったラジオのアイデアはもちろん、そのアナログ表現を活かすための「レトロなデザイン」がきっちりと成されている事にちょっと感動でした。
Thomascatさん、おめでとうございました(^_^)。
ちなみに、ミゼットシリーズで参加していても入賞していたと思います(笑)。

■はたらく車アドベントカレンダー
偶然にも「同じテーマで参加、しかも隣り同士」という状況の中(本人さん達は苦笑したでしょうね(^_^;))、もしかしたら「票の食い合い」になるのではないかと思っていましたが、こちらが2位に。
「ポッチはタイルで隠す」という徹底した仕様がシリーズとしての統一感を作り出していると共に、レゴ社純正シリーズとの差異にもなって、見る側には新鮮だったのではないかと思いました。
こういう世界も自分の苦手な分野なのでとても感心するのですが、個人的には「ビルドは凄いけど、アイデアは普通」という感じでした(すいません(^_^;))。

■騎士の一日
ヴィネットサイズで構成し「最後には合体してジオラマ」というアイデアで、予想通りの展開でした。
堅実なデザインとつくりで、個人的にはとてもオーソドックスな作品だと思いました。
残念だったのは最後のシーンですね。
あそこはやはりミニフィグ全員を出すべきだと思います。
城壁の下で敵と戦う戦士達、城壁の上からは鍛冶屋のおじさんや酒場のおばさんがトンカチやフライパンで加勢している、そんな感じ。
戦闘シーンでありながらちょっとしたユーモアも感じられて、もっと豊かなものになったのではないかと思います。
宮崎駿氏がやりそうな感じです(笑)。

| | コメント (4)

2009年12月19日 (土)

結果発表×2

仕事がらみで「年賀状を出したいのでデザインを」という連絡をもらったのですが、元旦に届かせるために「25日までに投函したい」という意向が判明。
『だったらもっと早く言ってよ〜』という感じでジタバタしていました。

そんな中、ぷちアドカレレゴブロック・ドットコムのコンテストの結果が発表されてましたね。
ぷちアドカレは惜しくも(?)入賞を逃し、ドットコムの方は努力賞をいただきました。
まあ、だいたいいつもこんな感じですね。
架空重機やHOWCONでも似たような位置にいたような気がします(笑)。
立ち位置的には「コンドルのジョー」のような感じで、悪くはありません(^_^;)。

ドットコムの方はまだあまり詳しく見ていません。
ぷちアドカレはゆっくり感想を書きたいと思っています。
あちらの掲示板にも書き込みましたけど、管理人さん、お疲れさまでした。
入賞されたみなさん、おめでとうございます。
拙作に投票とコメントをいただいた方々、ありがとうございました。
おまけ画像の少し大きめバージョンを(^_^)。
101112

| | コメント (0)

2009年12月18日 (金)

天使?

松井秀喜がヤンキースからロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムへ。
エンジェルスという表現の方がしっくりとくるのですが、日本語では伝統的に「エンゼルス」と表記されるらしいです。
外野守備につけるのか、やっぱりDHになってしまうのか、気になるところですが頑張ってほしいですね。
で、「エンゼルスのゴジラ」っていのは、なんだか天使と悪魔っぽくて面白いです。
あまり意識したことはなかったのですが、ロサンゼルスという都市名そのものが「Los Angels」だったんだなあ(^_^;)。
森永製菓あたりにCMで動いてほしいところです。
ちなみに「アナハイム」と聞いて真っ先に思い出すのがガンダムの「アナハイム・エレクトロニクス」というあたりが、なんとも恥ずかしいところです(^_^;)。

ホームページでレゴ部屋の再掲を始めました。
折りをみて少しずつ付け加えていく予定です。

| | コメント (0)

2009年12月17日 (木)

エイリアン

Img_01960←なんとか完成しました。
足と尻尾を加え、頭と腕も少しだけ修正しました。
再現系として考えると、大まかなプロポーションはなんとなく様になっていますが、ディテールは適当で雰囲気だけ(^_^;)。
全体的にスマートに仕上がってしまったように思います。
その他の写真はそのうちレゴ部屋に。
困ったのはエイリアンの画像資料そのものが少なかったことです。
映画のカットは暗いし、部分的にしか映ってないので、よくわかりませんでした。
一番役立ったのはホビーショップのフィギュアの画像です。
でも、明るいところで全体像を見てしまうと、「こんなんだったっけ?」とか思ったり。
勝手ですね。
1ポッチ接続が多いのでポージングさせようとすると、ポロポロと壊れます(^_^;)。
それでも苦手な分野のビルドなので個人的にはこれで充分満足していたりします。
「自分で自分を誉めてやりたい」ぐらいの気持ち(笑)。

「深夜食堂」、終了。
もう少し見たかったなあ。

| | コメント (0)

2009年12月16日 (水)

ヒットエンドラ〜ン

↑野球ネタではありません。
鳥居みゆき嬢です。
GyaO!に接続後、ツイン・ピークスの後にはまっているのが「鳥居みゆきの社交辞令でハイタッチ」です。
ネット番組ですが、つまりはラジオの深夜放送のノリの1時間です。
BGV扱いなので集中して見ているわけではありませんが、地上波ではなかなか見られない彼女の姿を垣間見れて興味深いです。
どこまでが天然でどこからが計算なのかわかりにくい人ですが、基本的に「頭のいい人」だと思っていました。
そんな中「好きな作家は?」という質問に安部公房や太宰治の名前が出ていたのに妙に納得です。
いや、何よりも「好きな作家は?」という質問にボケることを忘れ、素のままに答えてしまったような姿がいいですね。
特に「安部公房が大好き」ということでしたが、氏の原作による映画「砂の女」で主演していた岸田今日子さんにちょっとイメージが重なりました。
まあ、とにかく単純に「好きな作家は安部公房」という女性は素敵です(^_^;)。

社交辞令でハイタッチ、バックナンバー20数本がストックされているのでしばらくは楽しみです。
今日のツボは、「カラオケでよく歌う曲は?」という質問に対する答えでした。
「愛の水中花。松坂世代ですから〜」

| | コメント (0)

2009年12月15日 (火)

ぷちアドカレ投票

昨日、ぷちアドカレの投票をしてきました(投票〆切りは16日まで)。
実は今回は投票しない予定だったのですが、「投票が少なめ」という記述があったので。
システムとしては1位から3位までを選んで投票するのですが、客観的にみても「拙作が3位以内に入っている」という結論に達してしまい(書くの迷ったのですよ(^_^;))、自分で自分に投票するのはちょっと照れてしまうわけです。
かと言って、拙作を除いて投票するのも自分自身の素直な評価を反映しているわけではないので悩みます。
「作者は自分の作品以外に投票」という制約があれば(見落としているかも?)、気が楽だったのですが(笑)。
というわけで、最終的に自作以外から3点を選んで投票しました。
1位〜4位の中から3点を選んでの投票なので、正しい投票ではありませんけれど(笑)。
そんなどうでもいいような事に悩む、器がぷちな人間です。

そういえば、レゴブロック・ドットコムの発表は遅いですね。
12月上旬になってましたが、私の暦ではもう中旬です。
何に時間がかかるのか、不思議です。
参加しておいて、参加賞をもらっておいて言うのもなんですが(^_^;)、イメージはよくありません。

| | コメント (2)

2009年12月14日 (月)

森は大騒ぎ

映画「AVATAR」のCMが流れる度に、↑のようなフレーズが浮かんできます。
副題をつけるならそんな感じです。
これまで最も感心したものはランボーの「ひとりでできるもん」です。

テレビ東京で柔道を見ていたのですが、実況の「金メダルをめぐるこの試合!」が「金メダルをめぐる殺し合い!」と聞こえてしまって、ちょっとドキッとしました。

若手芸人を紹介する際に「今、勢いのある若手芸人」と語られていたら、たぶん「勢いしかない若手芸人」なんだろうなと感じてしまいます。
知らない顔や名前が増えました。
お正月番組で年配の実力者芸人が出てきて、そういう人達の芸に感心しだしたら、年をとった証拠かもしれません(苦笑)。

Img_0193←黄色い潜航艇がほぼ完成しました。
全景はいずれレゴ部屋で。

| | コメント (0)

2009年12月13日 (日)

orz

Img_0194エイリアンの作業が少し進みました。
脚部が完成しましたが、やっぱり人型は苦手でシンプルなつくりです(^_^;)。
あとは足先と尻尾ですね。
なんとなく「ああ、やってもうた〜」的な姿勢が可愛いです。

パソコンに取り込んだ動画の編集もHD空き容量問題に悩まされることなく順調です。
ライオンズの2009年シーズンを振り返るJ氏のトークショーから抜粋した10分程度の動画を2つ。
タイトル画像やテロップなどを付け加えていました。
残念ながら会員用の有料コンテンツなので完成しても紹介できないのですが。
世間のお父さんもこんな感じで子供の動画を編集しているのかな、などと考えていました。
お父さんたち、がんばって。

| | コメント (0)

2009年12月12日 (土)

ダイエットは難しい

デジカメから3.6GBの動画を取り込むためにデータ整理中でした。
元々の空き容量は1.6GBほどだったので、とりあえず4GBほど確保したのですが、「空き容量が少ない」というエラーメッセージが出ました。
作業スペースを考えると無理があるのですが、とりあえず取り込みたいのは「このままではデジカメがほとんど使えない」という状況だったからです(一度に撮れるのは2枚まででした)。
4GB確保の後は様子をみながら少しずつ。
5GB、6GB、と確保していくわけですが、使用済データのバックアップ、不要ファイルの削除、などを進めていけば「減らす対象」は当然少なくなってきます。
ダイエットで体重を減らす時に、「100キロ→80キロ」のレベルは比較的簡単ですが、絞り込んだ後の「60キロ→59キロ」という1キロの方がずっと大変なのに似ています。
いろいろと悩みながらダイエットしました。
動画は3.6GBなので、倍の7.2GBぐらいでOKなのではないかと予想していましたが、ダメ。
結局、「9.6GB」まで空けた段階で取り込むことができました。
3倍弱ですか。
次は編集段階になるのですが、段取りを考えて上手に進めないといけません。
これ以上の減量は力石状態です(^_^;)。

| | コメント (0)

2009年12月11日 (金)

データ整理

データ整理をしていると懐かしい写真やらがいろいろ出てきて、じっくり見てしまったり、スライドショーにしてみたり。
引っ越しや大掃除の時に手が止まってしまうのに似ています(いや、これもデータの大掃除か)。

ホームページの引っ越しも少しずつですが進めています。
HIRO's Factory
トップページとカウンターの設定を済ませただけです(写真は建築中の高層マンション、飛行船は広告用)。
こちらもデータを整理しながら少しずつ復旧したいと思っています。

| | コメント (0)

2009年12月10日 (木)

懐かしドラマ

ヤフーの中の無料映像サービス「GyaO!」が知らないうちにMacにも対応していることに気がつきました。
そこで、さっそく関連ツールをインストール。
視聴環境を整えて、とりあえずツイン・ピークス シーズン1を第4章から流しているところ(BGVです)。
こういうのはありがたいですね。
またもやいろいろと楽しみが増えるわけですが、良いのやら、悪いのやら(^_^;)。
来春、プロ野球のネット中継もMac対応になっているといいのだけれど。

パソコンのハードディスク内を整理中。
実は先日の忘年会で動画を撮影したのですが、設定を間違えていて高画質モード(ハイビジョン)で撮影していました。
3.6GBの動画がど〜んと1つ。
身動きできない状態なのです(^_^;)。
撮り貯めていたデジカメ画像などをディスクに落としています。

| | コメント (0)

2009年12月 9日 (水)

OFFICIAL MEDIA GUIDE

Img_0190Img_0191先日の忘年会でJ氏にいただいた「2009 SAITAMA SEIBU LIONS OFFICIAL MEDIA GUIDE」。
2009年版なのでもうお役御免です。
様々なデータ集ですが、一般ファン向けのものではなく、報道関係や野球に詳しい人向けの内容です。
ライオンズの場合はオフィシャルサイトで普通に購入(¥1500)できますが、球場の売店などで見かけたことはありません。
全402頁に小さな字でびっしりとデータが並んでいます(写真右は2008年度のライオンズ投手陣vsバファローズ打者の成績一覧)。
ラジオ局のバイトの時もこれを使っていろいろ調べていました。
作業をする時は、
・プロ野球機構が出している日本プロ野球全体のデータ本
・パシフィック野球連盟が出しているパリーグのデータ本
・対戦する両チームが出しているデータ本
この4冊をいつもそばに置いています。
もっとも、インターネットで調べた方が早いものもたくさんあって、ヤフーやスポーツ新聞社のサイト、さらに有料のデータベースサービスも利用しています。
ただ、このデータ本、各球団が勝手に編集して出しているので使いにくいのです。
掲載内容や目次がバラバラ。
例えば、チームのサヨナラホームランの数を調べるにも、各球団ごとに書いてある場所や表現方法が違うのです。
当然、本の厚みも違います。
ライオンズはぶ厚い方ですね。
カープやマリーンズが薄かったと思います(ライオンズの半分ぐらい)。
ほとんどが「白黒」なのですが、Gのデータ本はカラー頁も多いです(^_^;)。
来年度は最初から自分用に1冊購入し、いろいろ調べながら応援しようと思っています。

| | コメント (0)

2009年12月 8日 (火)

グリムス

前日の記事をあらためて読むと最低ですね(笑)。
みなさん、こんな大人にならないでください(>_<)。

Gremzブログパーツのグリムスが6本目の「大人の樹」になりました。
樹木のデザインがなぜかコロコロと変わっていたのですが、サーバ側のトラブルだったようです。
←自分は10日間に3種を見かけました。
こうして並べてみると、登録数も毎日着実に伸びているのがわかります。
ちなみに6本が大人になりましたが、植樹が済んでいるのは最初の1本だけ。
それだけ多くの参加があるので待ちの時間が長い、と好意的に解釈しています。
キーワードによるゲストキャラは「かたつむり」だけですね。
「リサイクル」に対応(これでまたやって来るかも)しているものですが、もちろんこれは「リサイクルショップでレゴを回収」という記事なのであります。
これからは少し、ゲストキャラ用キーワード(メルマガでヒントが紹介されている)についても記してみたいと思っています。

| | コメント (0)

2009年12月 7日 (月)

二日酔い

日曜は一日中軽い二日酔い状態。
ゴミの件とは別に、2次会で不愉快な事がありまして、途中で退席。
1次会のお店に戻って、1人で飲み直しました。
帰宅したのはかなり深夜のはずで、さらに自宅で飲んだのかな。
あまり覚えていません。
玄関には傘の把っ手の部分だけが残っていたので、たぶん路面にでも叩きつけて本体は破壊したのではないかと思います。
最低ですね。
機会があるごとにからんでくるおばさんがいるのですが、もう最悪です。
2度と顔を合わせないようにしましょう。
やっぱり人間関係は必要最小限だけでよいです(苦笑)。

| | コメント (2)

2009年12月 6日 (日)

忘年会

Img_0187土曜の夜は忘年会でした(2009 year-end party とカッコつけてみましたけど)。
所沢にあるちょっとオシャレな落ち着いた店。
「帰りに1杯ひっかけていく」というショットバーのような感じでしか利用した事がなかったので、賑やかな店内が新鮮でした。
それなりに盛り上がってよかったです。
さて、お開きとなった帰りぎわ。
幹事としては忘れ物がないか最後に店内を一回りするわけですが、作成していった資料がテーブルの上にいくつも投げ出されていて残念でした。
いや、別に「自分が作ったものだから」というわけではありません。
価値観いろいろですし、自分もそういう物を全て記念に保存しているわけではありません。
ただ、お店の人に失礼です。
ゴミをそのまま放置して帰っているわけで。
球場の座席に放置されているゴミを思い出しました。
こういう人達がゴミを捨てていくのでしょうね。
ニコニコといい人そうにしているのに。
ちょっと人間不信な状態です(いつもなんですけど(^_^;))。

| | コメント (0)

2009年12月 5日 (土)

ワールドカップ抽選

ライオンズ関係の忘年会の準備で追われていました(逃走しているわけではありません)。
今日の夜までに用意しないといけない資料づくりをごそごそと。
そしたら、深夜にワールドカップの抽選会をやっていたのですね。
日本は「カメルーン、オランダ、デンマーク」のグループ。
ワールドカップイヤーはサッカーレゴもたぶん出ると思うのですが、本家のデンマークと戦うという事で、日本チームがらみのセットが出てくれないかなあ、とかすかな希望です(^_^;)。
以前、選手バスでは「日本の国旗のシール」が他の国と並んで入っていましたよね。
あれで充分なんだけどなあ。
ミニフィグに関しては「ブルーとホワイト」で構成されるだろうから、ライオンズにも転用できるところがグッドなのであります(他3国は「イエロー、オレンジ、レッド」かな)。

肝心のサッカーの方は、なかなか厳しいですよねえ。
3戦全敗の覚悟もしながら応援する感じです(^_^;)。

| | コメント (0)

2009年12月 4日 (金)

余計な情報

最近は深夜にやっている海外ドラマが楽しみです。
日本のドラマに比べると手間暇(お金)かかっているし、全体的にシャープなつくりなのが好みです(SFやサスペンスが多いせいだと思いますが)。
自分の場合もう1つ言えるのは、海外の役者情報がほとんど皆無なので「余計な事を考えなくて済む」ということです。
サスペンスドラマの役者の顔ぶれをみて「たぶんこいつが犯人だな」「もうすぐ殺されるな」などと感じるって、どうなんでしょう(そういう先入観を逆手にとった場合は感心しますけど)。
また、真剣な演技の前後にCMで呑気な姿を見かけるような物も困ります。
昨日の不毛地帯で、生きた出汁(←こう変換された)ではなくて、壱岐正の奥さんが死んだ時、真っ先に考えた事は、
「これで介の字貼りができなくなるな・・・」
という事です。
今後、千里が「よろしかったら、わたしが介の字貼りを」とか言いそうで、壱岐が「いえ、自分はハの字貼りで」と答えていそうです。

| | コメント (0)

2009年12月 3日 (木)

光の教会

Img_0183Img_0184スモールタウン用に作っていた教会、16×16のベースプレートです。
ずいぶん昔、あまり深く考えずに作ったまま放置(完成度は90%程度)。
スモールと言いながら、なんだかんだで大きくなってしまって、「可愛くないなあ」という感じで冷めてしまった記憶があります。
邪魔なのでばらすことにしました。
背面の壁を半ポッチずらしているあたりでいろいろ試行錯誤をしたと思います。
1ポッチ幅の光の十字架(by 安藤忠雄)を中央に持ってきたり、奥行き方向も半ポッチずらしたり。
もっと緻密さを加えて作り直したいです。

Img_0185Img_0186←光の十字架を入口から見上げたところと内部を上から。
カラフルな透明ブロックでステンドグラスを再現するのもいいけど、こういうストイックなものも好きです。
グレー1色で安藤氏の打ちっ放し建築を再現するのも楽しいでしょうね。

| | コメント (0)

2009年12月 2日 (水)

ぷちアドカレ

ぷちアドベントカレンダーのコンペ、7日分すべてがオープンしましたね。
いろいろと楽しませてもらいました。
管理人さん、毎日の更新おつかれさまでした(まだまだ大変だと思いますが)。
細かなコメントは結果発表後になりますが、とりあえずの感想としては、
・いろんなアプローチがあって面白かったです。
・でも、ちょっと散漫になってしまった感も(^_^;)。
・造形は別にして、ストーリー性のあるものに魅かれました。
・サンタが出てくるものが少なくて、これは意外でした。

ビルドテクニックよりもアイデア重視の企画というのはとても好印象です。
「ビルドテクニックを競う事」はほとんどレゴにしか役立ちませんが、「アイデアを競う事」はきっとあらゆる面で役立つ事でしょう。
自分はそういうものが好みです。
そんなコンペを主催するアイデアは秘かに暖めています。
死ぬ前に一度主催してみたいです(^_^;)。

| | コメント (2)

2009年12月 1日 (火)

恐いCM

最近は消費者金融と言うのでしょうか、いわゆるサラ金。
CMで「寿司屋に入って大トロを頼もうとすると、マスコットキャラクターがかっぱ巻きを薦める」という感じのものがあると思います。
これがよく考えるとひどいCMですね。
本気で止めるなら、寿司屋に入る前、入口で止めるべきです。
で、ファストフードのお持ち帰り寿司なんかを薦めるべきです。
つまり「計画的な利用は薦めるけど、サラ金の利用を止めたりはしない」という構図に思えてくるのですね。
この「生かさず、殺さず」みたいな雰囲気がやっぱり恐いです。

クイズ番組「Qさま」にさまーずと優香の司会は必要なのでしょか?
事業仕分けにかかったら、蓮舫議員に一刀両断されるレベルだと思います(笑)。

| | コメント (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »