« ポチポチマシン猛レース1 | トップページ | ポチポチマシン猛レース2 »

2010年1月 7日 (木)

『 Hearts in Atlantis 』★★★

スティーブン・キング原作の「アトランティスのこころ」を観ました。
超能力を持つ老人(アンソニー・ホプキンス)と少年の交流を描いた感動系のお話で、大事件が起きるわけではなく、ショッキングなシーンが出るわけでもなく、少年時代をテーマにした良作という感じでした。
珍しくちょっと感動してしまい、星を4つにするかとても迷いました。
アンソニー・ホプキンス、しぶいですね。
ちょっと腹の出たおじさんなのに、そこに居るだけで絵になる感じ。
主人公の大人時代を演じている役者さんも名前は知らないけど好きな役者さんです。
子供達の遊び場も魅力的だったなあ。
森、大きな岩、せせらぎ、丸太、毎日通いたくなります。
子供が主演の映画って苦手でして、有名な「スタンド・バイ・ミー」も実は未見なのですが(^_^;)、こんな感じなのなら観てみたい気がします。
パソコンで映画を観ることに違和感のない人であれば、GyaOで無料視聴できます。
あまり「お薦め」なんて書かないんですが、これはお薦めです。

ちなみに最近話題になっている「子供店長」のようなのは好きではありません。
以前書いたことがありますが、そもそも「演技のうまい子供」っていうのは自分にとって矛盾した存在です。
「子供の不器用さを器用に演じる子供」って、可愛くないんだよなあ(^_^;)。

|

« ポチポチマシン猛レース1 | トップページ | ポチポチマシン猛レース2 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ポチポチマシン猛レース1 | トップページ | ポチポチマシン猛レース2 »