« 雑記 | トップページ | 虎vs獅子 »

2010年1月26日 (火)

『 Proof of Life 』★★★

ラッセル・クロウとメグ・ライアンというどちらも好みの役者さんが共演していた「プルーフ・オブ・ライフ」を観賞。
第三世界において地元ゲリラに誘拐された人質を救い出す交渉人のお話。
誘拐されるのはダム建設のために力を注いでいた人物で、ニュースなどで実際に目にしそうな話でした。
成熟していない社会を相手にするこういう交渉事は大変だなあ、と思います。
ストーリーはなんだかんだといろいろな交渉があって(^_^;)、結局、ラスト30分で強行の救出劇。
社会派サスペンスっぽい映画から一気に軍事アクション映画になってしまいました(苦笑)。
でも、面白かったですね。
夫を人質にとられた人妻(メグ・ライアン)とその夫を救出しようと奮闘する交渉人(ラッセル・クロウ)が魅かれ合っているのですが、ラストのストイックな姿勢が好印象でした。
高原のシーンということもあって、カリ城のルパンとクラリスを思い出しました(笑)。
あとはアンデスの高原の映像が美しかったですね。
エンディングは延々と雄大な風景を空撮している映像が続き、世界遺産の番組でも見ているかのような感じでした。

|

« 雑記 | トップページ | 虎vs獅子 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雑記 | トップページ | 虎vs獅子 »