« 再掲終了 | トップページ | 愛のさざなみ? »

2010年2月 8日 (月)

『 CONTROL 』★★★

サイコサスペンスというカテゴリーに魅かれ、レビュー記事で「最後はけっこう感動した」なんていう書き込みを多く目にしたので「コントロール」という映画を観てみました。
いや、これがなかなかの良作だったのです。
犯罪者を生体的なアプローチから矯正する「新薬」を製薬会社が開発していて、死刑を免除する代わりに人体実験のモルモットにされた凶悪犯罪者と開発主任の博士との駆け引きが展開されるというお話です。
本当に薬は効いているのか?
社会復帰するために効いているふりをしているだけではないのか?
DVDに収録されていた予告編など見ると、「恐ろしい新薬による人格改造、それによって引き起こされる悪夢と惨劇」という感じなのですが、実際はもっと普通の映画で(苦笑)、スプラッターなシーンもほとんどなく、いい感じで楽しめました。
監督は知らない人でしたが、調べてみたら「ツイン・ピークス」の演出を担当していた事がわかり、急に親近感がわいたりもしました(^_^;)。

もっとも、良作と言っても「B級サイコサスペンス」としての良作です。
で、自分の場合、「B級SFの傑作」や「B級アクションの傑作」はかなり好きです。
中途半端なA級よりもずっと好きですね。

|

« 再掲終了 | トップページ | 愛のさざなみ? »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 再掲終了 | トップページ | 愛のさざなみ? »