« 納得(納豆食う) | トップページ | パリーグ開幕 »

2010年3月20日 (土)

『 SPIDER-MAN 3 』★★★

地上波でやっていた「スパイダーマン3」を見ました。
番組の最初に「これまでのあらすじ」が紹介されていましたが、「ベンおじさん」が「弁護士さん」に聞こえてしまって、『弁護士さんが殺されるシーンなんて、あったっけ?』と考え込んでしまいました。
最近は脳みそが誤変換を優先して処理するようになったのかもしれません。
で、ビルの谷間をかけめぐる爽快感みたいなのはもういいかな、という感じ。
冒頭の親友との対決シーンも「わかったから、話を先に進めてくれ」という感じだったりしました。
サンドマン、「お金かかってるんだろうな〜」みたいな見方ですね。
もう1つの怪物も、大学教授が気軽に調べたり、とてもリスキーな方法で倒したり、別の意味で冷や冷やしました(^_^;)。
でも、ラストはちょっといい感じでした。
「許し」のお話だったのですね(これがなければ★は2つ)。
因縁のある人物達が絡み合う「偶然」も許せてしまうかな。
サンドマンと決着がつかなかったのは残念でしたけどね。
ああいう存在をどうやって倒すのか?、それも大きな見どころだったと思うのです。
自分はセメント工場に誘導して硬化させるような方法を一所懸命考えていました(笑)。
『時間がかかるから、どこかに閉じこめるかな・・・』とか。
『樹脂系の硬化剤みたいなのなら早いかな・・・』とか。
悪意がみなぎっていますね(笑)。

そういえば、「3」はレゴで出なかったんですよね。
ブラック・スパイダーマンはミニフィグ、サンドマンは昔のロックモンスターをタンカラー、で対応でしょうか。
ジオラマとしてはどこかで見た事あるようなシーンばかりになりそうな気もしました。
タンでサンドマンの積分モデルを出してくれたら興味あったかもしれませんね。
ミニフィグスパイダーマンとラストの巨大サンドマンぐらいのスケール比で。

|

« 納得(納豆食う) | トップページ | パリーグ開幕 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 納得(納豆食う) | トップページ | パリーグ開幕 »