« がんばろう | トップページ | 『ラーゼフォン 時間調律師』 »

2010年7月16日 (金)

『あの夏、いちばん静かな海。』★★★★

VHSに録画していた『あの夏、いちばん静かな海。』をDVDに落としつつ、仕事しながらわき見観賞でした。
ひさしぶりの再見でしたが、やっぱり好きな映画です。
主人公たちが聾唖なのでセリフがほとんどなくて、とても静かな映画(バイオレンスシーンもないし)。
その分久石譲の音楽が印象的なのですが、もう、最後の方なんてのは、この音楽と回想シーンだけで泣けてくるのであります(サウンドトラック盤、欲しい)。
北野映画の中ではどのように位置づけられているのでしょうか。
主演の真木蔵人はヤンチャなイメージが強いですが、ベジタリアンだそうで、これはちょっと意外でした。

テープには当時のCMも録画されていたのですが、これがなかなか懐かしかったです。
イチローがとびっきりの笑顔で「とんがりコーン」を、広末涼子が初々しい笑顔で「ポケベル」をアピールしていました。

|

« がんばろう | トップページ | 『ラーゼフォン 時間調律師』 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« がんばろう | トップページ | 『ラーゼフォン 時間調律師』 »