« 連敗ストップ(>_<)/ | トップページ | 「押井守と映像の魔術師たち」 »

2010年8月31日 (火)

『 3 DAYS OF THE CONDOR 』★★★

テレビ東京でやっていた「コンドル」を観賞。
何度か観ていますが、かなりひさしぶりの再見でした。
CIAの下級職員がCIA内のある陰謀に巻き込まれ、暗殺者から逃げのびながら真相を突き止めていく、という巻き込まれサスペンスの基本のような映画。
誰が敵か?誰が味方なのか?何で追われているのか?、こういうのはいいですね(^_^)。
主人公は下級職員という事で、銃器の扱いや格闘技に秀でているわけではないのですが、彼の仕事というのが「古今東西の探偵小説を読み、そのトリックなどを整理してレポートにする」というお仕事(なんて楽しそうな仕事なんだ〜)。
ここぞという時にそういう知識を実践して危機を逃れていくのであります(^_^)。
明日から使える裏技の数々は、なんとなく「伊東家の食卓」みたいです(笑)。
まあ、現代であれば、ネットワークを駆使して人工衛星から街中の監視カメラまで使って追跡されたり、クレジットカードや電話の使用履歴などで発見されたりと大変だと思うのですが、この映画の時期はまだほのぼの(?)としていますね(^_^;)。
主役のロバート・レッドフォードがカッコいいのですが、暗殺者役のマックス・フォン・シドーがまた渋くてよいです。
あまりドタバタしていなくて、大人の雰囲気のするサスペンス映画だと思います。

|

« 連敗ストップ(>_<)/ | トップページ | 「押井守と映像の魔術師たち」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 連敗ストップ(>_<)/ | トップページ | 「押井守と映像の魔術師たち」 »