« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月30日 (木)

『 Mirror Crack'd 』★★

録画しておいたクリスティもの「クリスタル殺人事件」を観ました。
クリスティの本は若い頃にいろいろ読んだと思うのですが、すでに記憶は曖昧です。
映画やTVドラマを観ても、読んだのか、読んでないのか、わかりません(^_^;)。
これもそんな1作でした。
犯行の動機が明らかになる部分は面白かったのですが、それ以外は地味で月並みな感じで、ちょっと退屈でした。
豪華なキャストでしたが、わざわざ映画化するにふさわしい原作だったのかもかなり疑問です。
BBCなんかで渋くドラマ化してくれれば充分な感じだと思います。
それにしてもひどい邦題ですね。
翻訳本で使われている「鏡は横にひび割れて」の響きに比べてなんとチープなことか。
品格を重んじるクリスティファンなら犯行の動機になるぐらいの低俗な所業かもしれません(^_^;)。

| | コメント (0)

2010年9月29日 (水)

16x16

レゴブロック・ドットコムから「コンテスト応募に不備があります」というメール連絡をもらいました。
16x16ポッチのミニ作品部門に出したのですが、「16x16に納まっていない」というご指摘です。
土台部分は16x16だったのですが、中空部分でミニフィグの体が少しはみ出していたのです。
けっこう細かくチェックされているのですね(^_^;)。
クリブリの場合はまるで空港の危険物チェックのように規定サイズ測定ゲート(勝手に命名)を現物が通過しなければいけないのですが、今回は写真による応募なのであまり厳密に考えていませんでした。
「10月3日までに画像を再送すればOK」という事なので修正して送り直したいと思います。
作業的にはモデルの一部を1ポッチずらすだけ。
レイアウトがちょっとだけ窮屈になりそうですが、大きな問題はなさそうです。
ちなみに再送しなかった場合は「サイズ規定のない一般部門」の扱いになるそうです。

それから某レゴ掲示板で新しいコンテストが案内されていますね(^_^)。
ガチャフィグをテーマにして、こちらも16x16以内の作品のようです。
こっちは「多少のはみだしはOK」と記されていますね。
多少の定義が微妙ですけど、イメージでいくと「これっポッチ」と呼べるぐらいのはみ出しです(おやじギャグだな(^_^;))。
常識的に考えれば18ポッチ未満(両側に1ポッチ未満ずつ)ぐらいでしょうか。
こういうのを読むと「多少のはみだしをうまく利用したモデル」なんて事も考えてみたくなります(笑)。
それは冗談ですけど、なにか良いアイデアが浮かんだら参加したいと思います。

| | コメント (0)

2010年9月28日 (火)

雑記

Img_1330今年は秋刀魚が高いという話ですが、近所のスーパーでは100〜120円ぐらいで買えるようです。
冷凍ではなく、生秋刀魚という事なのですが、どうなっているのでしょう。
安いうちにたくさん食べておこう。

同居人が「太極拳」の教室に通うようです。
土曜日に初回の講義を受け、部屋の中でゆっくりと怪しく両腕を動かしています。
へんなあやつり人形みたいです(笑)。

レゴブロック・ドットコムのコンテストは無事エントリーを終了。
今年は参加賞が「ブロックキーリング」なんですね。
あれは好きなので嬉しいです。

ひさしぶりにデジラさんにパーツを注文しました。
コンテスト作は不要でしたが、来月から始まるライオンズのCS決戦に備えて応援団を補強したいためです。
レジェンドブルーのフラッグやメガホンが中心です。

録画しておいた「キング・オブ・コント」を観ました。
優勝したキング・オブ・コメディのお2人はライオンズファンで、ライオンズナイターではレポーターをやっていたりしたのです。
昨年のJ氏の卒業パーティーでは事務所宛にメールを送り、メッセージをいただいたりしたのでした。
そういえば、別の誘拐ネタの時の今野くんはいつも「ライオンズのレオマークの帽子」をかぶって登場していたのですけどねえ。
キンコメのお2人、おめでとう!

ひさしぶりに元ジャイアンツの上原投手(オリオールズだった?)を見ましたが、なんかもみあげが凄いことになってますね。
ルパン三世みたいでした。

近所の電柱に貼ってある歯科医院の看板です。
ちょっとしたジレンマです。
そうか、2頭で磨きっこすればいいのか。
Img_1331

| | コメント (0)

2010年9月27日 (月)

V逸 orz

Img_1332昨日に続いてのデイゲーム&ナイトゲーム。
縁起をかついでこの日の昼食もカツ丼にして挑んだのですが、もちろん自分がカツ丼を食べたからといって勝つ確率が上がるはずもなく(笑)、ファイターズのサヨナラ負けをくらってホークスの優勝が決まってしまいました orz。
イーグルスが1点先制していただけにもったいない負けでした。
9回の糸井、打つなら土曜の杉内から打ってくれよ〜(T_T)。
まあ、ライオンズが拙攻でした。
先発全員安打の「14安打で3得点」、ソロHRが2本だから実質は「12安打で1得点」。
こんな事をやっていたら勝てませんです。
残りは29日の1試合。
まずは岸の入団年から続く4年連続2桁勝利を目指し、さらにホークスとはゲーム差なしの2位につけたいですね。

| | コメント (0)

2010年9月26日 (日)

長い1日

土曜日、昼食は「カツ丼」にして、ライオンズの試合に備えました。
最下位決定で若手育成モードのイーグルス相手になんとか辛勝(^_^;)。
ナイトゲームはファイターズを応援していました。
ファイターズはマリーンズとCS進出争いをしているので、
ホークス(+マリーンズ)vs ファイターズ(+ライオンズ)
という構図が面白かったです。
まあ、日曜はそのファイターズに勝たねばいけないので「昨日の友は今日の敵」ですけれど。
それにしても、ダルビッシュvs杉内のエース対決は見ごたえ充分でした(ダル、惜しかった…)。
我がライオンズは涌井の失速があるので、羨望の眼差しです。
ホークスが勝ってマジック「1」。
日曜のデイゲームは負けられません(>_<)。
そしてイーグルスのノンプレッシャーに期待したいと思います。

| | コメント (0)

2010年9月25日 (土)

エネルギーヲ充填セヨ

Img_1329同居人と相談し、住まいの電池を充電式の「エネループ」に変更していくことにしました。
乾電池なんて100円ショップで安く買えますが、買い替え不要、ストック不要、廃棄不要、デザインよし、地球に優しい、ということであります。
amazonで最近のモデルを購入しましたが、一世代前のタイプだとかなり激安のようですね。
1500回ぐらい充電できるようなので、その気になれば充分元は取れるでしょう。
「死ぬまでに1500回も充電して使うか?」という意見を目にしたこともあるのですが、子供に譲ったり、友人にあげたり、リサイクルショップに出したりすればいいのです。
個人だけで完結するのではなく、社会全体で考えるべきですね。

よく考えてみれば、レゴと似ているかもしれません。
何十年も先、自分の孫が「おじいちゃんの電池、今でもこれで充電できるんだね〜」と驚いたりして。
さらに、その電池でこれまた受け継がれたレゴのバッテリーボックスやマインドストームを動かしているかもしれませんね(^_^)。

| | コメント (0)

2010年9月24日 (金)

いちおう完成

Img_1328レゴブロック・ドットコムのコンテストをいちおう完成させました。
←モザイク入りでモデルの一部分を。
なんの事だかわかりませんね(^_^;)。
レゴ部屋公開は審査結果が出る年末あたりでしょうか。

モデルの出来は...ライオンズの不調もあって、あまり気合いが入らず orz。
不足パーツも発生しなかったので、デジラ発注もなし。
元々シンプルな仕上がり予定でしたが、思っていた以上にシンプルになったかも(^_^;)。
自分はいちおう気に入っているのですが、これからも表現方法を試していきたい気持ちです。
コンテストはまた努力賞でももらえるといいな。

| | コメント (0)

2010年9月23日 (木)

首位陥落

23日の試合は、ホークスが勝ち、ライオンズが負けて、「マジック2」がホークスに点灯。
情けない状態であります orz。
自分自身も含めて、マジックが出た時点でちょっと安心してしまったのかも。
今季はどのチームもホームゲームの勝率が高くて、簡単に連勝・連敗をしてしまいます。
とにかく、この期に及んで本当に情けない試合が続いています。
残り試合は全勝を。
で、ホークスも全勝して優勝してもかまいません(>_<)。
その屈辱をバネに、CSは福岡ドームに乗り込んで日本シリーズ出場権を奪い取り、日本一になる。
それぐらいのタフネスさを見せてほしいと思います。

| | コメント (0)

2010年9月22日 (水)

レゴブロック王決勝

おつかれさま、ごくろうさま、であります。
偉そうなことを書いていたらすいませんm(_ _)m。

「ペンギンたちの春休み」
ペンギンが可愛くて、これだけで独立して商品になるような完成度だと思いました。
トロッコのデザインもシンプルでとても好きです。
ただ、放送時期に合わせて「春休み」というネーミングなんだと思いますが、やはり「夏休み」か「冬休み」の方がピンとくる感じで、他のやり方がなかったろうかと思いました。
氷上の回転する動きもちょっと早い感じがして、もっとのんびり感が欲しかったかなあ。
王道かもしれませんが、ペンギンの行列がノコノコ歩いているシーンを見たかったです。
また、スケール感の問題で氷上にミニフィグを置けなかった(と思う)という点も不利だったかもしれませんね。
「踊る♪シンフォニーパーク」
ピアノの上の仕掛けを鍵盤部分で操るというユーザー参加型のアイデアが良いですね。
各々のギミックも凝っていて、カラフルで楽しそうな雰囲気が伝わってきました。
特にハープのジェットコースターが好きです。
「巨大な楽器をそのまま遊具にする」で統一してもよかったのかも。
あとは、広場の構成方法が「ハムスターハウス」に似ているような感じで、審査には関係ないけれど、番組を通してみるとちょっと新鮮さに欠けていたかも。
「Welcome To GHOST CASTLE」
モンスターやゾンビを多用したキモ可愛い(?)作品。
ハムスター勝負で「ニンジャ屋敷」が脱落していたので、好き嫌いが別れそうな作品は不利かな?と思っていましたが、僅差で優勝でしたね。
「キャッスル」という格調高さはあまり感じなかったのですが、ここで「モンスター達の舞踏会」になってしまわず、「スリラー」をはじめポップな見せ方にしたのが大正解だったのではないかと思います。
エンジンの必要性はあまり感じませんでしたけど(^_^;)。

自分だったらどれに投票するか?と悩みましたが、実際に審査結果も僅差でしたね。納得。
次の開催はいつになるでしょう、楽しみです。

| | コメント (0)

2010年9月21日 (火)

ぐったり

ホークスとの3連戦→3連敗でもうぐったり。ちょっと死んでました。
3試合とも先制しながらの逆転負け。
今年がんばってきた「中継ぎ・抑え」が崩壊でした。
某掲示板上では「勝つしかない!」という試合だったのですが、終わってみれば「喝!しかない」試合でした。
昼食は「すき家」だったのですが、「かつや」にすればよかったかも(カツしかない)。
そんなこんなで、いろんな事が手つかずでした。
レゴのコンテスト作づくりやレゴ部屋編集も進んでいません。
先日のエントリー記事の「オゾン層」でうさぎが現れたと思うのですが、自分は見ていません(この記述で来るかな?)。
マジックは「4」のままで、残り4試合であります。
次の試合は23日でひさしぶりの西武ドーム(最終戦)。
長い1日になりそうです。

| | コメント (0)

2010年9月20日 (月)

その気になれば

流しそうめんのギネス記録挑戦のニュースを見ました。
2631mを約55分かけて流れたとか。
1分間に約47.84m
1秒間に約80cm
ですね。
早いのか遅いのか、凄いのか凄くないのか、実はよくわかりません(^_^;)。
他の市町村、あるいはTV特番などで「その気になれば」簡単に抜けそうな気がします。
ギネス記録の中にはこういう「わざわざ挑戦しようとは思わない記録」がたくさんあるように思えるのですが、どうなのでしょうか。

ちなみに、恒久施設ではありますが、ローマ水道は「1キロあたり34センチの傾斜」「50キロメートルで垂直方向にわずか17メートル下がるだけ」なのだから、これは凄いです(@_@)。
ここでそうめんを流してみたいですね。
いや、イタリアだからスパゲッティか。
怒られますね(^_^;)。

| | コメント (0)

2010年9月19日 (日)

赤ちゃん

Img_1325Img_1326TVで「食べた野菜の種を植える」という特集を見かけたので試しにやってみました。
観葉植物のつもりで果実の種を試すことはよくあるのですが、収穫を目的に野菜の種を植えるのは初めてです。
で、さっそく芽が出てきました(^_^)。
左はパプリカ(赤)、右はミニトマト。
赤つながりは偶然です。
この時期は数時間単位で成長の変化が見て取れますね。
どこまで育ってくれるか、報告できるとよいのですが。

赤ちゃんといえば、「都市部のスズメの少子化が進んでいる」というニュースも見ました。
http://mainichi.jp/select/today/news/20100918k0000e040050000c.html
都市部ということもあって、人間の社会とダブって見えます。
かつてはスズメの巣の中で3〜4羽の子スズメがピーピー鳴きながらエサをせがんでいるシーンが定番でしたが、これからは1羽の子供をお父さんとお母さんが大事に育てているイメージになるのかも。
親は過保護になったり、子供は反抗期になったりして。
不良になった子スズメがゴミ袋をあさってたりしてたら笑ってしまうかもしれません。

| | コメント (0)

2010年9月18日 (土)

雑記

「オゾン層の回復は2050年以降」という記事を見ました。
40年後というと、たぶん死んでると思うので見られません。
いや、生きていても見て確認するようなものではありませんね。
時間はかかりますが、「みんなでやれば出来るじゃん!」という感じです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100917-00000018-jij-int

「美の壺」は函館の特集。
夜景の美しさが有名ですが、「宝石箱をひっくり返したような夜景」という比喩はどうなのだろうと思いました。
宝石箱をひっくり返して宝石がキラキラと光る様子を落ち着いて見ることができません。
自分のような庶民は「宝石箱をひっくり返したような騒ぎ」の方がしっくりくるのです(笑)。
「宝石箱をひっくり返したような夜景」でイメージするのは、マリー・アントワネットのような姫さまが「まあ、宝石箱をひっくり返したような夜景だこと、おほほ」という感じです(^_^;)。

ドットコムのコンテスト参加作を作り始めました(ニコニコ)。
うまく出来るかなあ。
美術館も編集中。
美術館おまけも切り抜き中。

「熱海の捜査官」が最終回。
いろんな謎を残したまま、意味深な終わり方でしたが、とても楽しめました。
事件の謎を解く鍵「2」の意味もこれからゆっくりと考えたいです。
ちなみに自分は「シーズン2」の事だと予想していました(笑)。

この時期、金曜の夜に野球がないとちょっと寂しいです。
ライオンズ、今週末からの3連戦は福岡ドームに乗り込んでのホークス戦。
マジック4なので最短Vは19日らしいですが、連勝してもマジックの対象にマリーンズやファイターズが絡んでくるのでいろいろとややこしいらしいです。
余計な事は考えず、目の前の試合に勝つのみ。
涌井、がんばれっ(>_<)/。

| | コメント (0)

2010年9月17日 (金)

レゴ部屋更新

やっとレゴ部屋を更新しました(^_^;)。
今さらながらの「BFT」です。
鬼が怒りますね。
当時はバタバタしていたので、写真はぐだぐだだし、すでに記憶も曖昧です。反省。
美術館も近いうちに。

トップページの写真は某コーヒーチェーン店の店頭に飾られていたものです。
イスによっかかったちょっとだらしないポーズが可愛いです(笑)。
かなり大きいサイズですが「ちょっと欲しいな」と思いました。
たぶん3日後ぐらいには「じゃまだなあ」と言うと思います。

| | コメント (0)

2010年9月16日 (木)

レゴブロック王3R

ひさしぶりのレゴブロック王選手権感想です(何ヶ月経ってるんだよ(^_^;))。
3Rは似顔絵をレゴで再現する「ポチポチ似顔メン勝負」、似顔レゴでないところがミソですね(^_^;)。
過去の大会も含めていろんな課題がありましたが、最も制約が多いような印象でした。
偉そうなことを書いていたらすいませんm(_ _)m。

「小林幸子」
残念ながら平面的になってしまい脱落。
元の似顔絵はカラフルではあるけれどおとなしい感じで、派手なモデルは出来ると思いますが、もっと表情がデフォルメされた絵柄の方がよかったのではないでしょうか。
ポッチ面を前面に使ったのもマイナスだったかも?
「オードリー春日」
顔の立体感という意味ではさすがの造形力、しかも動きのギミックが入っているのだから凄いですね。
お台場クリブリのビルコンでの「松井秀喜」や「東国原県知事」を思い出しました。
元の似顔絵もデフォルメが効いていてよい選択、「題材選び」の段階から勝負が始まっている感じでした。
「マイケル・ジャクソン」
あまり似ているとは思わなかったのですが、これは元の似顔絵段階からそうでした(^_^;)。
似顔絵をうまく再現しているとは思いました。
「中尾彬」
さすが「特殊パーツ使い」、さまざまなパーツを使っての構成が凄すぎます(@_@)。
なんとなく「メカ中尾彬」という感じです。

それにしても、「本人が着用する」という演出がなあ。
自分はできないな(^_^;)。

| | コメント (0)

2010年9月15日 (水)

『 I'm in debt to Akiko 』

森さんの短編集「僕は秋子に借りがある」を読む。
自選短編集ということで再編されたものなので既に読んだことのあるものばかりですが、あらためて楽しませてもらいました。
僕は秋子に借りがある、タイトルがいいですね。
575ならぬ、345の並び、響きが心地よいです。
内容はミステリーと言うよりも、う〜ん、何と言えばいいのかな。
ま、ジャンルなんかどうでもよくて、森ワールドですね。
13編が納められていますが、「卒業文集」が一番好きです。

| | コメント (0)

2010年9月14日 (火)

題材が決まりました

レゴブロック・ドットコムの「第6回レゴブロック作品コンテスト」、今回も参加しようと思います。
時間的な余裕がないのでチャレンジ部門のミニ作品です(16x16ポッチ内)。
これまで「あるアイデア」で構想中だったのですが、「16x16じゃあやっぱり狭いよなあ」と悩んでいました。
そして今日、お風呂に入っている時に「!」とアイデアが浮かんできました。
「ぷかぷか」ではなく、「ザッパーン!」と浮上してきた潜水艦のごとく浮かんできました。
アイデア的にはけっこう自信作が出来そうな気がします(注:気がするだけですよ(^_^;))。
絞め切りが27日なので、20日までにいちおう全体を仕上げて、24日までにデジラさん等で足りないパーツを補充、26日までに撮影を終えて、27日にメール送信。
う〜ん、完ぺきなスケジュールだ。
来週はこれに集中するためにもライオンズは優勝を決めて欲しいのであります(>_<)/。

| | コメント (2)

2010年9月13日 (月)

マジック点灯

ライオンズ、土曜日に待望のマジック8が点灯しました。
先週は苦手としていたファイターズ〜マリーンズとの6連戦があったのですが、ここを5勝1敗で乗り切ることができてホッとしています。
もっとも、マリーンズ・ファイターズの両方にシーズンの負け越しが決定しているので、仮に優勝したとしても「完全優勝」とはいかないのがちょっと残念です(贅沢な話ですが)。
どちらのチームもCSに出てきて欲しくないんだよなあ(^_^;)。
おかわり君の復帰もあって最近の打線はかなりいい感じですが、むしろCSや日本シリーズのためにとっておきたいぐらい(これも贅沢)。
投手陣も岸投手の復帰が近いようで、万全の力を発揮してくれれば心強いですね(これも贅沢か)。
中村、石井、岸など、主力が欠けていたけれどよく頑張ってくれました。
どのチームにも怪我人はつきものですが、そこで落ちないチーム力、底力が試されると思います(緊急補強するフロントの力も)。
油断してはいけないのですが、優勝は最短だと今週の土曜日。
そうはうまくいかないと思いますが、日曜・月曜ぐらいには決めてもらって早く安心したいです。

| | コメント (0)

2010年9月12日 (日)

『 VANTAGE POINT 』★★★

録画していた「バンテージ・ポイント」を観る。
大統領狙撃事件を「複数の視点を重ね合わせながら描くサスペンス」ということで、真実にじっくりと迫っていくような映画と思っていたら、サスペンスアクション映画だったのでちょっと意外でした。
でも、面白かったなあ。
複数の視点は時間を巻き戻して展開されるので物語の前半は何度も同じシーンを観ることになりますが、そろそろ飽きてくるかな?というあたりで「起承転結」の「転」の部分に入っていき、一気に最後までもっていきますね。
このへんのリズムやテンポが良いなあと思いました(これ以前に飽きている人は映画なんて観なくていいです(^_^;))。
テロリスト達の計画や段取りもスマートでしたね。
いつもなら「もういいから早くストーリーを進めろよ」と思ってしまうカーチェイスシーンもよかった。
特に凄いアクションがあるわけでもないけど、細かなカット割りなどのせいでしょうか、緊張感がありました。
ラストシーンもねちねちしてなくて、サクッと終わる感じがよかった。
なんとなく「スピード」を最初に観た時のような印象を持ちました。
物語自体は「23分」の出来事ですが、濃密な23分。
しかも、これだけ入って映画自体は「90分」というこれまた濃密な仕上がりでした。
TVショッピングのお徳用パックみたいです(^_^;)。

| | コメント (0)

2010年9月11日 (土)

『 λ HAS NO TEETH 』

森博嗣、Gシリーズの5作目「λに歯がない」を読む。
いつもの感じでしたが、今回は密室のトリックにびっくり。
ずいぶん前に刑事ドラマをパロっていた「寝たきり刑事」を公開していましたが(ほとんどの人は知らないと思いますが(^_^;))、そこで思いついていた「あまりにバカバカしいトリック」だったのです。
もちろん本作の中ではそんなバカバカしいトリックをちゃんと成立させる背景づくりが為されているわけで、「そうかこういう風に考えていけばいいのか〜」と妙に納得してしまいました。
どんな食材であっても、「こうやって調理すれば美味しく食べられますよ」とプロの料理人に教えてもらった感じです。

| | コメント (0)

2010年9月10日 (金)

サードチャレンジ

HDレコーダーに録画したクリスティの映画をDVDにダビングしようと思ったのですが、エラー連発でうまくいかず。
いろいろ調べてみると「1回しかダビングできません」というコンテンツの場合、「DVD-R」ではなく「DVD-RM」でないといけない事がわかりました。
たぶん、世間では一般常識だと思うのですが、自分は初めて知りました(^_^;)。
そういうわけで、さっそく新宿に出かけて-RWを入手したわけですが、ここにはミニフィグのガチャガチャもあるわけで、サードチャレンジであります。

Img_1320今回もA・Bを1回ずつやったのですが、なぜか出てきたのは2個ともBシリーズでした(異物混入)。
ナース:髪形は初めてだと思うので嬉しいですが、顔が可愛くないです(^_^;)。
レトロ・ロボ:なんか「かぶり物」をしているみたいです。
2個ともお初だったのでラッキーです。
ダブらない確率、各シリーズすでに2個持っているので、
AとBを1回ずつ引く場合:6/8×6/8=0.5625
Bを2回引く場合:6/8x5/8=0.46875
となるはずで、不利な立場にあったと思うのです。
こうなってくると次回のチャレンジでは、
本来の場合:5/8x5/8=0.390625
偏っている現状:6/8x4/8=0.375
となってしまい、2%ほど不利ではありませんか〜。
なので、次回は正常に戻すために「Aを2回」にしたいと思うわけです。
でも、こういう屁理屈をこねていると、思いっきりダブりそうな予感も(^_^;)。

Img_1317星のベーダーさま(ブログ版)、ポチポチと。
「スケボー強奪でござる」の巻。
軽くダークサイドに堕ちていますよ。

| | コメント (3)

2010年9月 9日 (木)

『 EVIL UNDER THE SUN 』★★

水曜の夜は「地中海殺人事件」。
これも再見ですが、ほとんど記憶というか、印象にない映画だったりして、あらためて観て見ましたが個人的には★は2つでした(原作は良いのでしょうけど)。
大前提として「前2作の出来が良い」というのがありますが、「なんで面白くないんだろう」という事を考えながらの観賞でした(おいおい(^_^;))。
自分が感じたのは、
・孤島とはいえ、列車や船に比べれば密室感が薄い。
・孤島のホテルで登場人物たちが貸し切り状態のようなので、むしろ閑散とした雰囲気。
・リゾートでくつろいでいるせいか、服装が全体的にラフで高級感がない。
・殺人が昼間に起こるので、どうにも不気味な雰囲気が乏しい。
・殺害方法が絞殺なので出血がなく、遺体のシーンにショッキングさが欠ける。
・音楽は軽快で、それはそれでよいのだけど、重々しくするべき場面も必要だと思う。
・本編中では1人しか死なない(口封じのための連続殺人などがない)。
・トリックがオーソドックスなら、その種明かしもオーソドックス。
・捜査の過程でポワロと犯人側との駆け引きが少ない。
・犯人は結局「チープな詐欺師」という感じで、感情移入度はゼロ。

特に最後の2つは、前2作との決定的な違いだと思います。
捜査の過程でいろんな隠蔽工作をしたり、目撃者や脅迫者を殺害したりして、探偵と犯人が「間接的に戦う」のもミステリーの醍醐味だと思います。
また、犯人像に関しては「人情物」を求めているわけではありませんが(笑)、ポワロと対決するには「それなりの犯人」が求められると思うわけで、それだけでも「つまらない事件だった」とポワロには言わせたいですね。

| | コメント (0)

2010年9月 8日 (水)

『 DEATH ON THE NILE 』★★★

火曜の夜は「ナイル殺人事件」。
これも好きな映画です。
オリエント急行が凄過ぎて損をしている感じがします(^_^;)。
初見は学生時代だったと思いますが、原作は未読だったので事件の真相が明らかになった時は素直に感心しました。
大がかりなトリックがあるわけではないけれど、「きっちりと構成されている」という感じで、今観ても、何度観ても好印象です。
動機も「遺産目当て」ではありますが、なぜか犯人側の「一途な想い」にほだされてしまって(^_^;)、悲恋映画でも見ていたかのような気分になってしまうのであります。
あとはやっぱりミア・ファーローでしょうか。
たぶんこの映画で初めて知った女優さんだと思いますが、「可愛い」や「チャーミング」とはちょっと違っていて、個人的には「ミャーミャー泣いてる捨てられた小猫ちゃん」という感じです。
見てるだけでは心配で、かまってあげずにはおれないタイプです(苦笑)。

| | コメント (0)

2010年9月 7日 (火)

『 MURDER ON THE ORIENT EXPRESS 』★★★★

アガサ・クリスティ生誕120周年とかで、NHK-BSではいろいろと特集が組まれているみたいですね。
BSが見られる生活にもやっと慣れてきました(^_^;)。
で、「オリエント急行殺人事件」であります。
録画DVDを持っているのですが、なぜか観てしまいます。
何度観てもいいですね。
ミステリーの世界でも、映画の世界でも、傑作の1つだと思います。
これを読んでおく&観ておくのも一般教養、大人のたしなみだと思います(笑)。

ファンがミステリーに求めるものはいろいろだと思いますが、自分の中で1つあるのは「エレガントさ」です。
これは別に上流階級の紳士淑女やお洒落なファッションのような意味だけではなく、「摩訶不思議な謎に対する、合理的で論理的で美しいアプローチや解答」といった感じです。
ミステリーを読み進める時、与えられた手がかりを手探りで組み合わせていく「ジグゾーパズル」をイメージするのですが、作者の場合は逆だと想像します。
むしろ「ルービックキューブ」の感じですね。
完成されたキューブをどんどん崩していき、読者にはバラバラの状態で提供します。
読み手はどうやってもうまく完成しないんだけど、名探偵が手にして「ここがこうで、ここがこうだから〜」と鮮やかな手つきで面を揃えていく感じです。
その手つきがマジシャンのようにエレガントであって欲しいと思うのです。

| | コメント (0)

2010年9月 6日 (月)

カーボンオフセット

よく知らないのですが、車や家電のエコポイントが終了するとかしないとか。
地球に優しい生活のための制度のようですが、自分にはほとんど買い替え需要を促す経済政策のように思えて仕方ありません(それも大事なことですけど)。
個人的にはエコ商品を買った人にポイントをあげるだけではなく、買わなかった人にもあげてほしいです。
燃費の良い車を買った人よりも、公共交通機関を使う人の方が環境に優しいのではないかと思います。
効率のよいクーラーを買った人よりも、クーラーを使わない生活をしている人(自分(^_^;))にポイントをくださいよ。
もちろん、車のある生活、クーラーのある生活を否定するわけではありません。
国や企業に義務づけられつつある「温室効果ガスの排出量規制」を家族単位でも実施するとよいと思うのです。
で、ついでに「カーボンオフセット(排出量の売買)」もやってしまえばよいと思います。
地球に優しい生活をしている人はそれを通じて収入を得ることが出来るし、どうしてもわがままな生活をしたいという人はその権利をお金で買ってもらいます。
それらが相殺され、全体的に環境への負担が少なくなればよいです。
20〜30年もすれば当たり前になるかも。

| | コメント (0)

2010年9月 5日 (日)

パーティーでした

Img_1164土曜日は所沢でライオンズ関係の恒例のパーティーでした。
プロペ通りの「CAVE」でやるのも4度目くらいでしょうか。
今回はお店側でライオンズのポスターや「GO! GO! Lions!」の文字を用意してくれていました。
店内も仕切りをはずして大きなテーブルの島を作ってくれたり、定番のパーティーメニューに変化をつけてくれたりして、感謝です。
スタッフとしての参加ですが、自分が忙しいのは準備段階とイベント後の雑務など。
パーティー中はイベント報告用の写真撮影があるぐらいなので、カメラ片手に呑みまくりでした(^_^;)。
いろいろ書きたい事はあるのですが、有料サイトのイベントなので自粛モードです。
楽しい夜でした(^_^)。

Img_1303Img_1304主宰のJ氏家族からいただいた四国旅行のお土産と貴重な品。
和菓子(食べる前に撮れよ(^_^;))・讃岐うどん・真昆布醤油、東スポに連載した連載コラムのコピー1式(全46回)。
感謝ですm(_ _)m。

| | コメント (0)

2010年9月 4日 (土)

レゴ状況

いろいろと忙しくしております。
予定はあいかわらずで、8月の目標もまともにクリアできずでありました。
9月の希望的観測的目標(笑)。
・レゴ部屋に「BFTの水道橋」をアップ:編集中
・レゴ部屋に「BFTの美術館」をアップ:編集中
・レゴ部屋に「BFTの美術館」のおまけをアップ:撮影中
・レゴ部屋に「天空の剣」のおまけをアップ:撮影中
・TVチャンピオンの感想を最後まで書く:努力中(^_^;)
・レゴブロックドットコムのコンテストに投稿:構想中
「天空の剣」のおまけは、当初イメージショット5〜6カットぐらいのつもりで始めたのですが、ストーリー仕立にしたくなって、手元のコンテ(らしきもの)では50カットぐらいに膨れ上がっているのです(^_^;)。
他にもいろいろと溜まっています orz。

| | コメント (0)

2010年9月 3日 (金)

解体中

Img_1153Img_1155美術館をばらしてパーツ整理しています。
壊している途中の建物はレゴであっても廃虚感があっていいですね。
学生時代は建築模型を作ったりしましたが、あれも壊す時がカッコよかったなあ。
あとは、90度傾けたり、ひっくり返したりすると、思わぬ空間構成に出会って唸ることがありました。
完成写真は編集中ですが、中央の階段室なんかは壊す時でないとほとんど見えない部分です(なので手すりは省略(^_^;))。
外観の意匠が内部に入り込んだ「白い踏み板の階段」が好きです。

| | コメント (0)

2010年9月 2日 (木)

セカンドチャレンジ

Img_1144昨日、八王子の駅ビルを散策していたら、ミニフィグのガチャポンがあったので「おお〜、ラッキ〜」という感じでガチャってみました。
自分から積極的にガチャポンする気はあまりないのですが(?)、こういう機会(機械)に遭遇したらガチャポンします。
一期一会です。
出会いを大切にしたいでだけです。
というわけで、AとBを1回ずつ。
森の人とスケボー少年でした。
まあまあかな。
森の人は「森のおっさん」ぽいですけど(おっさんが言うな)。
しかし、次回あたりからはダブってしまう可能性が出てきますね。
AB、両方ともダブらない確率は56%ではないかと思います(間違ってるかもしれないので、計算式は書きません(^_^;))。

| | コメント (2)

2010年9月 1日 (水)

「押井守と映像の魔術師たち」

Img_1142Img_1143八王子夢美術館で行われていた「押井守と映像の魔術師たち」を観てきました。
八王子に行くのは初めてでしたが、都会ですね。当たり前か(^_^;)。
八王子夢美術館はビルの2階にある小さな美術館で、いわゆる「芸術」に留まらず、漫画、アニメ、イラストなど、幅広いジャンルを対象として企画展をやっているようです。
今回の展示会では押井さんが関わってきた映像作品の設定資料、絵コンテ、撮影に使われた小道具、模型資料などが展示されていました。
実際の「モノ」を観てもらうことを意図していたようです。
特に、幻の企画になっている「ガルム戦記」の模型資料は今回が一般初公開のようで、興味をそそられました(実現化しないかな)。
陳列されていた戦艦の模型がとてもカッコよくて、自分もレゴでああいう世界を作ってみたくなりました。
人型メカは無理だけど、戦艦ならなんとかなるかも(^_^;)。
他にもいろいろ、とにかく刺激をたくさん受けました。
しかし、実はまだ「スカイ・クロラ」も本編は観ていません。
どうにも絵柄が苦手なのと、日テレがいろいろと絡んでいたせいでして、アンチ巨人軍の血のおかげです。
すでにジブリも馴染めなくなっています(^_^;)。

| | コメント (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »