« 『 λ HAS NO TEETH 』 | トップページ | マジック点灯 »

2010年9月12日 (日)

『 VANTAGE POINT 』★★★

録画していた「バンテージ・ポイント」を観る。
大統領狙撃事件を「複数の視点を重ね合わせながら描くサスペンス」ということで、真実にじっくりと迫っていくような映画と思っていたら、サスペンスアクション映画だったのでちょっと意外でした。
でも、面白かったなあ。
複数の視点は時間を巻き戻して展開されるので物語の前半は何度も同じシーンを観ることになりますが、そろそろ飽きてくるかな?というあたりで「起承転結」の「転」の部分に入っていき、一気に最後までもっていきますね。
このへんのリズムやテンポが良いなあと思いました(これ以前に飽きている人は映画なんて観なくていいです(^_^;))。
テロリスト達の計画や段取りもスマートでしたね。
いつもなら「もういいから早くストーリーを進めろよ」と思ってしまうカーチェイスシーンもよかった。
特に凄いアクションがあるわけでもないけど、細かなカット割りなどのせいでしょうか、緊張感がありました。
ラストシーンもねちねちしてなくて、サクッと終わる感じがよかった。
なんとなく「スピード」を最初に観た時のような印象を持ちました。
物語自体は「23分」の出来事ですが、濃密な23分。
しかも、これだけ入って映画自体は「90分」というこれまた濃密な仕上がりでした。
TVショッピングのお徳用パックみたいです(^_^;)。

|

« 『 λ HAS NO TEETH 』 | トップページ | マジック点灯 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『 λ HAS NO TEETH 』 | トップページ | マジック点灯 »