« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

日本シリーズ始まる

初戦はマリーンズが勢いのままに先勝。
ドラゴンズはミスがいくつも出て、なんだか固かったですね。
いいところはベテラン2人のソロホームラン、というのが象徴的です。
試合展開はなかなか面白くて、地上波で放送しないなんてもったいないと思いました。
まあ、そう思ってるほど「世間は必要としていない」のだと思いますけど。
メジャーリーグの方はジャイアンツがホームで2連勝。
単純に名前にアレルギーを起こしてしまいます。
レンジャーズ、がんばれ(^_^;)。

レッズは2連敗、シュートを打っても打っても入らない病です orz。

ガチャコン、およそ20%ぐらい完成したかな。
たいした事をやってるわけではないのですが、先は長いです。

| | コメント (0)

2010年10月30日 (土)

力の使い方

SPEC、今回はう〜んという内容でした。
念力を使えるならもっと楽で効果的なやり方があるように思いますよ(^_^;)。
なんだか形式にこだわり過ぎているような気がしました。
そういえば、ドラマ冒頭やCM明けは都市の鳥瞰映像で始まりますが、自殺セミナーに向かうCM明けでは田舎のせいか普通の映像でしたね(だからまだCMだと思いました)。
鳥瞰の映像は「そういう視点を持てるSPEC」の持ち主がいるのではないかと予想しているのですが、今回の田舎シーンが鳥瞰でなかった事に意味があるかどうかも気になります(たぶんないと思いますけど)。
ちなみに、主人公がずっと包帯をしている左腕、あそこからサイコガンが現れたら面白いんだけどな(絶対ないと思いますけど)。

| | コメント (0)

2010年10月29日 (金)

強運?

プロ野球ドラフト会議でまたしても渡辺監督が当たりくじ。
1位指名で早稲田の大石くんの交渉権獲得であります。
昨年の雄星に続けるなら、1/6×1/6=1/36の確率です。
その強運をペナントレースにも発揮してもらいたいんだけどな〜(^_^;)。
斉藤祐樹もファイターズに決まりそうなので、来年もいろいろ楽しみです。
そういえば、楽天も星野氏が就任したので話題に事欠きませんね。
ドラフトの抽選では妙な神通力を発揮しなくてよかったです。

奄美がいろいろ大変ですね。
お手伝いしている「DEEP AMAMI BLOG」の方で様子をチェックしていました。
ニュースだけだと「人的被害」に目が行きがちですが、人間社会だけではなく、環境もダメージを受けているわけで。

| | コメント (0)

2010年10月28日 (木)

レゴってます

ガチャコンのモデルづくり、ニコニコしながら進めています。
何も書けないのが残念です。
やっぱり楽しいなあ、レゴは。
以前に比べると作業スペースが狭くなったので、小さめのモデルづくりはちょうどよいです。
しかし、パーツ整理はちゃんとやらなくてはいけませんね。
欲しいパーツがすぐに見つからないと、ストレスが溜まります。
無印のケースを増やすかなあ。

Img_1418 ライトの作品も地道に進んでいます。
やっぱりいいですね、このシリーズ。
落水荘はタイル&パネルが欠乏中。
グッゲンハイムは丸関係のパーツが不足しています。

| | コメント (0)

2010年10月27日 (水)

ポテサラ

BSジャパンでやっていた「マルタのやさしい刺繍」という映画を録画して観たかったのですが、同居人がチャンネル設定を間違ってしまいました。
とんだ真木よう子です(笑)。
機械は日々賢くなりますが、人はなかなか賢くなりません。

Img_1416←夕食に作ったサラダ。
謎の生き物っぽい感じにしてみました(^_^;)。
その気になれば、ナウシカの「怒った王蟲サラダ」とか出来そうな気がします。
キャラ弁は平面的ですが、もっと立体的にした感じ。
やりませんけど。
顔のあたりはポテトサラダなのですが、最近はお酢の代わりに瓶詰めピクルスの漬け汁を使うのが好みです。

| | コメント (2)

2010年10月26日 (火)

雑記

野球がないので夕刻あたりからの時間経過が退屈です。
早く日本シリーズが始まらないかな。

浦和レッズはなんだかもたもたしている感じです。
今は世代交代の時期と割り切ることにしています。
ちなみに、引っ越しのせいで最寄りチームは「FC東京」になりました。
まだ全く愛着がわきません(笑)。
しかも、2部落ちのピンチだし(苦笑)。
来年は「FC東京 vs ギラヴァンツ北九州」を観戦しに行くかもしれませんね(^_^;)。

ブログパーツのグリムス、3周年記念の画像はいつになったらなくなるのでしょう。
なんて書いた途端に、ハロウィン仕様に(^_^;)。
なかなかいい感じです。

そういえば、先週末は同居人が仕事に出かけていました。
あるイベントのスタッフで、接客も必要なので白いブラウスに黒のスーツでばっちりと決めていました。
「SPの真木ようこをイメージしてみた」と言っていました。
なかなかのユーモア(勇気?)の持ち主です。

デスクトップの整理のためにレゴブロック・ドットコムのコンテスト参加作の編集作業をやってました。
結果発表があったらすぐにレゴ部屋に掲載できます。

Img_1018なんとなくスナップ写真。
ベーダーさまの「お引っ越し」はこんな感じで陳列中。
写真立てはガラパゴスに旅行した友人が撮影したものです。
自分を含めて「人物が写った写真」を飾る趣味はありません。

| | コメント (0)

2010年10月25日 (月)

『 THE ANDROMEDA STRAIN 』★★★

懐かし映画「アンドロメダ…」を観ました。
人工衛星が持ち帰った未知の病原体が小さな街を死滅させますが、なぜか老人と赤ん坊だけが生き残っていて、そこから病原体の特性と対処方法を探るお話。
宇宙人などは出ないので、SF的な描写はほとんど研究ラボと研究プロセスのみ。
バイオハザード(生物災害)的な描写も最低限。
このへんが実に渋くて良いです。
マイクル・クライトン原作ですが、「ジュラシック・パーク」の映像化は大変でも、「アンドロメダ病原体」ならなんとかなる、というような制作側の判断を想像するのも楽しいです。
公開は1969年のようで、思っていたよりも古いですね。
子供の頃ですが、漫画雑誌などで紹介されていたのをなんとなく覚えています。
この頃に目にした「猿の惑星」や「エクソシスト」なんかの紹介記事はけっこう強い印象に残っているのですが、それに比べるとやはり地味かな。
数年前にリドリー・スコット&トニー・スコットの制作総指揮でTVドラマがリメイクされたみたいですが、ひどい改悪みたいですね。残念。

| | コメント (2)

2010年10月24日 (日)

セリーグCS

ドラゴンズが順調に優勝。
盤石の戦い、大人のチームだと思います。
こういうチームにやんちゃな(?)マリーンズが勝つと面白いんだけどなあ(^_^;)。
地上波で放送がない試合があるなど話題になっていますが、自分はとても楽しみです。

メジャーリーグの事はあまり詳しくないのですが、たまたまレンジャーズの優勝決定試合を見てました。
巨大戦力(?)と思われるヤンキースと戦っていたので応援してました。
優勝決定直後にグランドでシャンパンファイトではなく、「ジンジャーエールかけ」をやっていましたが、シリーズMVPにもなった主力選手が「ずっとアルコール依存症と戦っていた」らしくて、ちょっといい話でした。

| | コメント (0)

2010年10月23日 (土)

おまけ2更新

Img_1311Img_1412金曜日に美術館のおまけ2を更新。
これでBFT関係も終了であります。
写真左:飛行シーンの撮影スタンドです。
陰影の関係があるので降下シーンもこんな感じで撮影しました。
写真右:クリストフ氏のバックパック、可変翼状態を撮り忘れていました。
離着陸時は左右のノズルを使い、高速度に達したら両翼は折り畳んで中央のメインブースターをふかす、という設定です。
いろいろと不都合はあると思いますが、レゴ的フィクションの世界ということで(^_^;)。
クリストフ氏の活動は今後も機会があればやってみたいと思います。
とりあえず、昨年のアドベント・カレンダーコンペの延長でポッドレースに参加させたいです。

サイトトップの写真は最寄り商店街にある「古き良き昭和な感じの喫茶店」に飾られていた置き物です。
たぶん、コーヒー豆を運んでいるロバくん。
なんとなく目が合ってしまったもので。

| | コメント (0)

2010年10月22日 (金)

鏡の中の十月

懐かしい。

| | コメント (0)

2010年10月21日 (木)

切り抜いてます

クリストフ氏のおまけページ2を作成中。
今回はストーリー仕立てで20カットぐらいかな。
切り抜きまくっています。
今週末からガチャコン作業などをしたいので、サックリと更新してしまいたいのです。
部屋の整理もして、もっと作業環境を整えたいなあ。

書くのを忘れていましたが、現在のホームページのトップ画像は先日撮影したクレーン車、旋回する基部のハウジング部分です。

Img_1409←食べた後の種から育てているパプリカとミニトマト、とりあえず順調に育っています。
でも、これからの季節を考えるとバッドタイミングだったかも(^_^;)。
ちゃんと芽が出ることは確認できたし、観葉植物として楽しめれば十分です(^_^)。

| | コメント (0)

2010年10月20日 (水)

CSの行方

パリーグのクライマックス・シリーズはシーズン3位だったマリーンズの下克上優勝。
王手をかけられてからの3連勝は見事でした。
2敗してたけど、どちらも自滅のようなもんだし。
「今現在のパリーグで一番強かったのはマリーンズ」は間違いないと思います。
ファーストステージで2戦続けて逆転負けしたライオンズも「マリーンズの驚異的な粘りに負けた」と、ファンとしては納得することが出来そうです。
選手達はそういう言い訳を考えてほしくないですけれど。
なんだかラストでどんでん返しが続くミステリーでも読んでいたかのようなシーズンでした。
「結局、真犯人はこいつだったか〜」という感じです(^_^;)。
今日からはセリーグが始まりますね。
ドラゴンズに勝って欲しいところですが、シーズン3位同士の日本シリーズが実現して物議をかもして欲しいような気もします(^_^;)。
マリーンズがジャイアンツをボコボコにして勝つ光景も見たかったりします(^_^;)。

| | コメント (0)

2010年10月19日 (火)

『 INDIANA JONES and the KINGDOM OF THE CRYSTAL SKULL 』★★★

日曜夜は「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」を観ました。
それほど期待していなかったので(^_^;)、充分に楽しめました。
インディは歳をとっていましたが、がんばっていましたね。
もう少しぜいぜい言うようなシーンがあってもよいくらいだと思いました。
ライバルのスパルコ大佐がキリリとして良い感じだったのですが、もっと魅力的な悪女に仕立てて欲しかったです。
サディスティックなシーンはもちろん、軍服が決まっていただけに「ドレスアップした姿でダンス」「アンティークな読書用眼鏡で資料を精読」なんていうのも見たかったです。
ラストシーンも「押し寄せてくる知識の奔流に恍惚とした歓喜の表情のまま燃え尽きる」でもよかったのではないかと思いました。
そういう悪女が好みです(笑)。
それにしても、最後は「未知との遭遇」か「X-FILE」かという状態で、なんか違うんじゃないの?と思ったりもしましたが、映像の迫力は凄かったですね。

レゴのクリスタル・スカルのシリーズは小箱しか持っていなくて、スカルパーツが気になってきました。

| | コメント (0)

2010年10月18日 (月)

おまけを追加

レゴ部屋におまけページを追加しました。
クリストフ氏と話し合っている2人は、BFTの世話人をされていたアキバさんとはくしゃくで、赤いオブジェが街づくりの景観コードに引っかかるという忠告にやって来た、という設定です(笑)。
今後、さらにもう1つおまけページをつくります。
ほとんど撮影済みなので、10月中を目標に。
今度は開館日に行われたクリストフ氏のパフォーマンスです。

同居人が散髪(ヘアカットとも言う)してきました。
これまでの髪形は漫才コンビ「髭男爵」の眼鏡をかけて、あまり喋らなくて、うさぎを飼っている方の人にそっくりでした。
あ、樋口くん?「樋口カッター」とか言ってたような記憶。
そのたぶん樋口くんにそっくりだったのですが、今回はバッサリと髪を切って別人になっていました。
後ろ姿はパフュームののっちにそっくりです。
常に後に回り込んで眺めていたい感じです(バキッ!)。
まさか、散髪屋(ヘアサロンとも言う)で「のっちみたいにしてください」なんて頼んでないよな。
店員さんは「パフュームののっち、オバマのノッチ、どちらにいたしますか?」とか確認していたら楽しいですね。

| | コメント (2)

2010年10月17日 (日)

SPEC〜ケイゾク

まずは、金曜の「SPEC」。
「電話で鈴虫の鳴き声は伝わらない」って、別の刑事ものでも最近見たような記憶があります(^_^;)。
たぶん、テレ朝のいろいろあるやつの中のどれかです(相棒?)。
今回の犯人もテレ朝のドラマを見ておけばあんな失敗はしなかったのに、と思いました(笑)。
獄中から「千里眼」の力を主張していた男、驚異的な聴覚によるものと判明。
だったら「地獄耳」ではダメだったんですかね。
天罰など言い出さず、もっと謙虚に力を主張していれば、あそこまで椎名桔平に嫌われなかったかも、なんて思ったりしました。
怒った椎名桔平はとっても恐いイメージです。
椎名桔平には睨まれたくない。
ラストカットはクールでよかったですね。
しびれました。

録画しておいた「ケイゾク」の方も毎日少しずつ観ていましたが、最終回を見終わりました。
何度観ても面白いです。満足。
ストーリーやキャラクターはもちろん、オープニング、音楽、映像、ユーモアセンス、等々、今観ても一級品だと思います。
そうだ、「自殺を図った結果、2年間意識不明だった男」の事を語る柴田のセリフにこんなのが。
「彼は無意識のうちに意識を取り戻すことを拒んでいたんです」
なんかややこしい日本語だと思いました。
「無意識のうちに○○」というフレーズは「(意識的ではなく)無意識のうちに」という意味だと思うので、意識的になれない人間(=意識不明状態)に使うのは誤用のような気がするのですが、どうでしょうか。
そんな揚げ足とりも楽しいドラマ観賞でした。

| | コメント (0)

2010年10月16日 (土)

試作を進めます

ガチャフィグコンテスト(以後、ガチャコン)のためのアイデアがいくつかありましたが、手持ちのミニフィグで出来るアイデアが浮かんだので、「これでやってみようかな」という気になっています。
入賞するような凄い系(どんな系じゃ)ではありませんが、ちょっとニヤニヤしています。
個人的には初めて作る分野でもあるので、まずは少し試作をしてみたいと思っています。
うまくいかなかったら、さっくりと路線変更ですから(笑)。
そういえば、シーズン2はもう出てるのですかね(デジラさんに入荷しているみたいですが)。
気になります。

Img_1399写真は特に意味ありません。
窓際の5体のガンダムさんと観葉植物の葉5枚がちょっとシンクロしているように思えたのです。

| | コメント (0)

2010年10月15日 (金)

秋の夜長

Img_1398先日、段ボール箱にしまったままだったミニコンポを設置しました。
「CD・MD・ラジカセ」なのですが、CDは壊れていて、今さらMDやカセットテープでもないし、ラジオは野球中継が終わったのでほとんど聞きません。
なので、「パソコンのiTunesをライン入力させて聴く」という利用法です。
スペースポートシリーズのメカがなぜか陳列中。
スポーツニュースを見る機会も減ったので、夜11時過ぎからは静かに音楽を流してごそごそしています。
落ち着きます。

レゴ、クリストフ氏のおまけページを作成中です。
あともう少しなので今週末には掲載できそうです(ほんと?)。

| | コメント (0)

2010年10月14日 (木)

レゴ部屋更新

「そうだ、わたしにはまだレゴが残っているのだ・・・」という感じで傷心を癒しつつ(笑)、レゴ部屋更新です。
単に放置していただけのような気もしますけど。
BFTの現代美術館をアップ。
アルファチームのエピソードは開館記念日のパフォーマンスへと続きます(いつ?)。
また、新聞記事ネタがもう1つあるので、おまけページを作ると思います(いつ、いつ?)。
サイトトップの写真は国立天文台三鷹キャンパス内にある「子午儀資料館」です。
ここにある古い建造物はみな味わいがあってとても良いです。
白衣を着た怪しい博士が似合います。

| | コメント (0)

2010年10月13日 (水)

『 You will dream while I think 』

君の夢 僕の思考」をパラパラと読む。
なかなか元気が回復しません(・_・)。

| | コメント (0)

2010年10月12日 (火)

散歩

Img_1395Img_1390月曜日は予定がなくなったので、近所を散歩。
ランチを食べて、対応の悪いお店に腹が立ったりして、わざわざこういう日(終了翌日)に意地悪しなくてもいいだろう、と切れそうになったり(人間小さいです)。
まあ、なんとかその後持ち直しました。
とても良い天気でしたね。
青空の中にクレーン車の黄色が鮮やかでした。
商店街の中の敷地で工事していたので、かなり近くで撮影することができ、パースの効いたアングルになっていますね。
もう1つは花屋さんで見かけた「ラピュタ」のロボット兵の「残がいポッド」と言えばいいのでしょうか。
ディテールや質感もいい感じでちょっと欲しかったです(4000円弱ぐらいだったか)。
体を駆け回っていたリスのような動物の小さなフィギュアも付属していました。
夜は録画していた「ケイゾク」を柿ピー食べながら観ています。

| | コメント (0)

2010年10月11日 (月)

終了

CSの第2戦も同じような逆転負け。ホームで。
延長にもつれこんだけど余力を残したままの投手リレーにも思えて、どうにも消化不良、不完全燃焼な感じです。
書きたい事はたくさんあるのですが、愚痴になるのでやめておきます。
シーズンは2位で終わったけど、それ以上の屈辱的なシーズンとして記憶しそうです。

| | コメント (0)

2010年10月10日 (日)

ひどい負け方

Img_1387クライマックスシリーズの1stステージがスタート。
マリーンズを迎えての第1戦でしたが、ひどい負け方をしてしまいました。
涌井が8回1失点の復活登板だったのに、9回に4点のリードを追いつかれ、11回に勝ち越しを許す。
今季のワースト3に入る逆転負けです。
1年のシーズンの中でこんな試合はどのチームにもあるはずですが、こういう「大事な時」にやらかしてしまうのが問題です(他のワースト試合もペナントレース後半戦に入ってからだし)。
勝負弱いです。
終盤になって怪我人が戻ってきて、彼らが活躍する姿をもっとみたいのです。
今日の第2戦、予告先発はその岸くん。
希望をつないで欲しいと思います。

Img_1385Img_1386昼食はカツ丼をやめてラーメンでした。
「敵にカツ」みたいな縁起をかつぐなんて非科学的ですから〜。
最寄り駅前にあるこのお店のラーメン、魚介系のだしが効いた和風さっぱり系で好みの味です(すでに豚骨が重く感じる年齢です)。
同居人はつけ麺を食べていました。
つけ麺はスープが濃厚で麺も太いので男性的な感じ。
それをペロリと完食していました(笑)。
帰り道、『カツオ出汁なら縁起いいかも?』とちょっと考えたのですが、魚介系は「マリーンズ」に味方したのかもしれません orz。
などと、非科学的な事をまだ考えています(^_^;)。

| | コメント (0)

2010年10月 9日 (土)

SPEC

金曜ドラマの「SPEC」を集中して観ました。
殺人事件自体はかなり見え見えで、しかもキャスティング的に「犯人は上川くんでしょ」と思ってみたり(笑)。
それでも引き込まれてしまうのは、そういうチープさも含めて1つの世界を作り上げてしまう「堤ワールド」の魅力のように感じます。
特に今回は超能力者が本当に存在する世界のようで、TRICKとはまた真逆の世界でしょうか。
シリアスな展開になりそうで、自分は「NIGHT HEAD」や「七瀬ふたたび」を思い出したりしました。
そういう領域に踏み込むのであれば、それはそれでとても楽しみです。
戸田恵梨香ちゃんの天才ぶりはまだちょっとピンとこないのですが(^_^;)、半紙をばらまくシーンはよかったです。
加瀬亮が放つ雰囲気も楽しみです。
押井さんのケルベロス・サーガをちょっと思い出したりしました。
それにしてもお金かけてましたね(^_^;)。
CGはもろに「マトリックス」でしたが、恵梨香ちゃんがテニスボールの直撃をくらって倒れるシーンも同じくマトリックス、ヘリポートのある屋上でトリニティーがエージェントを撃つシーンを思い出させ、ゾクゾクしました。
もちろん、こういうのはパクリなどではなく、リスペクトと受け止めています。
金曜の夜は毎週楽しみです(^_^)。

Img_1384amazonで注文していたキャッスルのアドベント・カレンダーが届きました。
もちろん、12月まで取っておきます。
即全開けなどしない強い心で「真・大人宣言」であります(笑)。
もちろん昨年のパイレーツも未開封のまま残してあるので、今年は毎日2個開けです(ルンルン)。

| | コメント (0)

2010年10月 8日 (金)

死の方程式?

再放送中のケイゾク、「懐かしいけどなんで今ごろ?」なんて思っていたら、同じ設定を引き継いだ新番組が始まるのですね(SPEC)。
今日の夜からなんだ。
今ごろ知りました(^_^;)。
堤さんの作品なので楽しみにしておきます。
日本のミステリードラマで印象に残っているのは、「ケイゾク」「TRICK」「時効警察」「熱海の捜査官」「古畑任三郎」「沙粧妙子最後の事件」ぐらいかな。
う〜ん、笑いが入っていないのは沙粧ぐらいですね(^_^;)。

Img_1383新聞のラテ欄には2時間サスペンスドラマなどで「中味を説明しまくる見出し」がよく掲載されていますが、写真は「ケイゾク/特別編」の時のものです(何年前だろ?)。
カッコよくて、思わず切り抜いて保存しています。
2時間サスペンス風に書くとこんな感じでしょうか(笑)。
「死を契約する呪いの樹〜失われた記憶と消された真実に交錯する愛と憎悪、猟奇連続殺人の切断死体に残されたダイイングメッセージに潜む罠とは?」

| | コメント (0)

2010年10月 7日 (木)

追われる

新しい住まいになって「TV番組を録画できる」環境が復活しました。
録画機能のない生活を5年以上はやっていて、それなりに普通に生活できていたと思うのですが、やはり目の前にそういう機能があると使ってしまいます。
最近だと深夜の「コールド・ケース」や昼間の「ケイゾク」など。
夜更かしをしなくていいのは健康的で良いのですが、番組を貯め込んでしまうと「早く観てしまわなければ」という気持ちになってしまいます。
自分で選択した行動なのに、なんでそういうものに追われなくてはいけないのか。
だったら録画するなよ。
困ったものです。
CM部分になると時間節約のためにスキップしたり早送りしたりして「時間を節約」するわけですが、なんだかこれもせっかちな感じがして、「時間に追われている」という印象なのです。
やはり「番組を絞り込む」のが大切です。
引っ越し後もミニコンポを段ボール箱にしまったままなのですが(良い置き場所がなくて)、静かに音楽を聴く環境を整えようかと思っています。

| | コメント (0)

2010年10月 6日 (水)

蟹油勝利

TVを観ていたらスペシャル番組が多くて、「そうか改編期だったのか」という感じです。
そんな中でたまたま遭遇した面白動画系番組で紹介されていた「なぜか日本語に聞こえる外国語サッカー中継」に、ひさしぶりに大笑いしてしまいました(有名なネタなのかな?)。
CMなどで勝手にアフレコしているようなものと違い、基本的に「空耳アワー」の連続なので、予想外の様々な単語やフレーズが飛び交い、それらが互いに可笑しさを増幅し合う感じですね。
番組の中では実況していたアナウンサーにインタビューしていましたが、そのコメントが普通に聞こえるのも興味深かったです。
やはり、理路整然とした文章ではなく、スポーツ中継ならではの「その場の状況で最も適したフレーズを連呼する」というスタイルがあの面白さを生み出しているように思います。

同居人に見せてあげたら、かなりツボにはまったようでした。
夜中にいきなり思い出し笑いをしていて、ちょっと危ない人のようでした。
通勤電車で思い出し笑いをしなければよいのだけれど。

| | コメント (0)

2010年10月 5日 (火)

雑記

ブログパーツのグリムスがなにやら賑やかなのですが、どうやらパーツ設置から3周年を迎えたようです。
設置した頃の登録数は14,000ぐらいだったような記憶。
3年で約3倍になっていると思います。

ライオンズ、CS第1ステージの相手はマリーンズになりました。
チームとして恐いのはファイターズでしたが、マリーンズの場合は元気すぎるサポーターが苦手ですね。
数が少なくても、圧倒的な存在感です。
今週末、またしても大変そうです(^_^;)。

先週の「食彩の王国」のテーマが「すだち」だったのですが、そこで「味噌汁に加えて食べる」という産地の習慣が紹介されていました。
冷蔵庫に「かぼす」があったので試してみたのですが、これも爽やかな味わいでとても美味しかったのであります。

「空間の無駄使い」について同居人がずいぶん理解を示してくれるようになりました。
普通、1人暮らしが2人暮らしになれば、物は増えて空間は狭くなるものですが、この家の場合は確実にスッキリと広くなりました(笑)。
いろいろなリフォーム番組がありますが、ハード(家)だけではなく、ソフト(ライフスタイル)もリフォームしなければ問題が解決しない場合も多いと思います。

Img_1327←花屋で見かけた「ホワイトピンポン」という花(右下にはイエロー)。
最近はこういう花が流行っているらしいですね。
とても可愛いのですが、菊の仲間だとか。
日本のお墓には向きません。
自分が最初に連想したのは「犯行現場で指紋を採取するために粉をふる道具」です(笑)。

| | コメント (2)

2010年10月 4日 (月)

HIROくん としょかんへいく

土曜夜、テレ東の「美の巨人たち」のテーマは独自の配色でレゴをも想起させるモンドリアン、面白く観ました。
名前を知らなくても、どこかで一度は目にしている絵だと思います。
その説明の中に「影響を受けたのではないか」と思われるディック・ブルーナの名前も出てきて、氏の「うさこちゃん びじゅつかんへいく」を紹介、モンドリアンの作品らしきものを観賞するミッフィーの後ろ姿が可愛かったのです。
さっそく図書館に行ったのですが、この絵本は見当たらず。
注文しようか迷っています(^_^;)。
Img_1373以前からミッフィーは気になっていましたが、最近、食パンのポイントシールを集めるともれなくミッフィーのトートバッグがもらえる、というキャンペーンにも乗せられています。
それほどパンを食べるわけではありませんが、3ヶ月で15枚(15斤)なら充分行けると判断しました。
この世界もはまるとキリがなさそうなので、ほどほどにしておきますけど。
それよりも、ブルーナ氏のグラフィックデザイナー時代の仕事歴の中に「江戸川乱歩オランダ語訳書の装丁」というのがあって、びっくりでした。
すごいですね。
これはすごく気になります。

| | コメント (0)

2010年10月 3日 (日)

ガチャフィグビルコン

レゴブロック・ドットコムのモデルを修正して撮影、再送を済ませました。
ばらしてなくてよかったです(^_^;)。
レゴ部屋用にもう少し写真を撮ったら、さっさとばらして東京湾に沈めます(笑)。

さて、「ガチャフィグ ビルドコンテスト」であります。
案内ページで紹介されているEurobricksのコンテスト作品を観ていたら、楽しそうでいいですね〜。
やっぱり何か作って参加したいと思えてきました(^_^)。
ヴィネットサイズだから作業時間はなんとかなると思うのですが、問題はミニフィグですね。
アイデアを考えるにしても、手持ちのミニフィグ(6体)で進めてよいものか、それとももう少し所持数を増やすか。
ラインナップを見てなにかアイデアを思いついたとしても、持ってなければ入手に苦労する可能性もあります。
あるいは「個別のミニフィグに依存しないアイデア」の方向で考えるか。
いろいろ悩みそうですが、もちろんこの「悩むプロセス」もレゴ(創作)の楽しみの1つであります。

そうだ、参考サイトを拝見して感じたことが3つ。
まずは「バラエティに富んだミニフィグを組み合わせる方法としてのSF」的なテーマです。
過去と未来とか、博士とモンスターとか、このへんは誰でも思いつきそうな感じです(^_^;)。
「組み合わせの妙」という意味では、「手術台の上のコウモリ傘とミシンのような出会い」です(知らない人は検索してね)。
そんなテーマやアイデアを見つけただけでも評価されるべきだと思います。
次は「人海戦術が少ない」です。
ガチャガチャのおかげで「目的のミニフィグを大量に揃えにくい」という状況があるように思いました。
「スパルタの戦士」の行軍や戦闘シーンなどはカッコいいだろうなあと思うけど、揃えるのが大変ですよね。
チアリーディング、空手道場、等々、魅力的なんだけど大変です。
もっとも、そういう大勢のシーンを再現できたとしても、評価されるのが「よく集めましたね〜」だったら寂しいですけどね(^_^;)。
最後は「ミニフィグをあえて置かずに、新パーツ(?)だけで構成された作品」が印象に残りました。
「人海戦術」とは逆の方向ですね。
特にカテゴリーAの最初の方に出てくる「ライフセーバーの見張り台」なんかは、ミニフィグの不在がよりライフセーバーの存在感を強く暗示(今、まさに人命救助している!)しているように感じられて、ちょっと感動しました(考えすぎかもしれませんけど)。
投票するなら、あれが1番です。
美しい砂浜が続く海岸線にああいうオブジェがある光景、絵ハガキなんかで在りそうだなあ。
「大人の作品」です。

10月はアイデア構想、11月に制作して投稿できればと思っています。

| | コメント (0)

2010年10月 2日 (土)

『 Which is the Witch ? 』

森さんの短編集「どちらかが魔女」を読む。
これも再編されたものなので既読のものばかりでしたが、萌絵ちゃんがらみの短編集ということで楽しみながらの再読でした。
知らず知らずのうちに犀川化が進行中の西之園くんが可笑しくて、そして可愛い。
タイトルはたぶん英語の方が先に浮かんだのではないかと思います。
かなり「おやじギャグ」に近い雰囲気を感じたりもするのですが(^_^;)、その品格を考えると「おじさまギャグ」という感じでしょうか。
「諏訪野、いまのは笑うところかしら?」
「いえ、失礼いたしました。お嬢様」
みたいな感じです。

| | コメント (0)

2010年10月 1日 (金)

応援団

Img_1352デジラさんのパーツが届いたのでとりあえず応援団の備品を増強し整列させました。
甲子園出場が決まった母校にOBが差し入れする感じです(笑)。
ミニフィグは「紺色ボディ」が今後増えてくれると嬉しいなあ。
あとは落水荘やカフェコなどが少しずつ気長に成長中。
これらもレポートしなければ。

Img_1354星のベーダーさま(ブログ版)、ポチポチと。
「球場で応援する」の巻。
最低人も応援中〜。

| | コメント (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »