« お散歩 | トップページ | 雑記 »

2010年11月 5日 (金)

『 DIE HARD 4.0 』★★★

録画していた「ダイ・ハード 4.0」を観ました。
マクレーンも歳をとったなあ、と先日のインディ・ジョーンズを思い出しましたが、こちらも頑張っていましたね。
テンポのよい展開に素直に引き込まれました。
いろんなご都合主義も含めて、安心して楽しめる娯楽大作。
物足りなかったのは敵側ですかね。
ハッキングによるサイバーテロということで「今どきの若造」という犯人像、今までの犯人の中では存在感薄すぎでした。
平気で人質を殺せるようなハンス(第1作)じゃないとね(不謹慎ですが)。
デジタル(スマートで手を汚さない犯罪)vsアナログ(血と汗と愚痴をこぼしながら捜査)という構造でもあったと思うのですが、もう少し見せ方もあったのではないかと思いました。
テロリスト達の最も重要な武器とも言えるノートパソコンで頭を殴るような使い方です。
「こういう使い方もあるんだぜ」みたいな感じで(笑)。

やはり第1作が好きです。
1つのビルを舞台にした密室劇。
「たった1人、拳銃1つで戦う」という設定に適した犯罪や敵の規模が良いです。
金庫が開いた時の第九なんか最高ですね(^_^)。
3なんかもそうですが、やはり現金などは「実物」じゃないとなあ。
この映画に限らず、パソコン画面で「口座に莫大な金が振り込まれている」のを見ても、ちっとも盛り上がらないんですけど。
感覚が古いのかな?(^_^;)

そういえば、吹き替えが野沢那智さんじゃなかったのも残念でした。
ご冥福をお祈りしますm(_ _)m。

|

« お散歩 | トップページ | 雑記 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お散歩 | トップページ | 雑記 »