« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月30日 (火)

レゴブロック・ドットコムの感想

投稿作が多いので、入選作についてメモ書き程度に感想です。
最優秀賞:
よく作ったなあ、と感心はするのですが、7歳の子供が1人で作ったとはとても思えず(コメントやネーミングからしても)、こういうのは個人的にドン引きです。
素直に大人の作品として参加して欲しいと思いました。
自分は死ぬまで実年齢を書き続けようかと考えています。
いや、むしろ「ジュニア部門」だけではなく「シニア部門」が出来るようにがんばりたいですね。
寝たきりビルダーを目指しましょう(笑)。
ジュニア部門:
「がいこつ列車と地獄のゲート」、こういうのは大好きです。
正義の味方よりも、悪側にちょっと魅かれてしまう時期って確実にあります。
理屈をこねながら幾何学的なタワーを作る子供よりも100倍好きです(笑)。
「はたけ」や「タコ」もとても好きです。
以前もありましたが、やはり「寿司ゲタに乗った高級寿司」よりも「回転寿司」を作る子供の方が好きです(^_^;)。
一般部門:
自分の場合、バイオニクルやテクニック系で複雑なモデルを作れる人はそれだけで尊敬に値します。
「ブラックバード」はストイックで、カッコよくて、きれいですね。
黒と蛍光パーツの色合い、翼を広げた時も閉じた時も美しいです。
ポージングも決まってます。
「ロイヤルオペラハウス」も素晴らしいですね。
個人的には「最優秀」です。
クリブリのビルコンの時から注目していますが、わびさびさんのモデルには「品の良さ」があって好きです。
自分の中ではかなりの誉め言葉でありまして、これを使ったのは2回目です。
こういうのは覚えたり盗んだりできるものではなく、にじみ出てくるような感じでありまして、ちょっとした嫉妬でもあります(^_^;)。
がんばろっと。
ミニ作品部門:
「きほん+α」「ビッグキリギリス現る」、いいですね。
個人的に「11歳」と「49歳」の文字が並んでいるのを見て、むふふという感じです(^_^)。
がんばった11歳とがんばった49歳が並んでご褒美をもらっている、そういうのもレゴの魅力です。

| | コメント (2)

2010年11月29日 (月)

いつものお散歩

Img_1599 日曜日、いつもの買い物お散歩コースでした。
カモくん達、気持ちよさそう。
昼食は「はなまるうどん」で温玉ぶっかけうどん(冷)+カレーライスのセット。
カレーは昭和テイストの「家でつくるカレー」ですね。
決してやみつきになる味ではありませんが(^_^;)、懐かしくてたまに食べたくなる味、そんな感じでした。
ホームセンターで生活雑貨を物色。
マッサージチェアがあるとつい座ってしまい、「あ・・・気持ちいい・・・」とうなってしまう年齢になってしまいました(苦笑)。

Img_1605 お花売場で見かけた「キャンドルケーキ」、背丈1cmぐらいの小さな「ケイトウ」がきれいに並んでいて可愛かったですね。
サイズは16x16ポッチぐらいで、レゴで作っても可愛くなりそうでした。
と、視点がレゴ基準(^_^;)。

| | コメント (0)

2010年11月28日 (日)

わからん

「球形の荒野」を見終わった後に別の局で「何度でも見たいハリウッドSF映画ベスト20」というのをやっていたので見てみました。
いろんな世代を対象にアンケートした結果らしいですが、ラインナップはこんな感じ。

01: マトリックス
02: アルマゲドン
03: スター・ウォーズ
04: バック・トゥ・ザ・フューチャー
05: E.T.
06: ターミネーター
07: 2001年宇宙の旅
08: エイリアン
09: 猿の惑星
10 トランスフォーマー
11: A.I.
12: MIB
13: 未知との遭遇
14: インデペンデンス・デイ
15: フィフス・エレメント
16: バイオハザード
17: ロボコップ
18: アバター
19: ジュラシック・パーク
20: X-MEN

リアルなランキングを期待していたわけではないので、20位から始まったランキングに「まあ、こんなもんかな」と思っていました。
しか〜し、「アルマゲドン」が2位で唖然、しかも「ブレードランナー」は選外で呆然。
いったいどこでどんな人にアンケートを取ったのでしょうか。
「未来世紀ブラジル」「時計仕掛けのオレンジ」「サイレント・ランニング」「アンドロメダ…」なんかも入っていて欲しいけど、そこまでマニアックさを求めるつもりもありません。
でも、「アルマゲドン」が2位で、「ブレードランナー」は選外ですか〜。
やっぱり、こういう番組を真面目に視聴してはいけない、ということなのでしょう。

| | コメント (0)

2010年11月27日 (土)

ガチャコン公開中

ガチャフィグビルドコンテスト、さっそく作品が公開されていますね。
あそこはいつもてきぱきとしたスケジュールなので気持ちがよいです。
管理人さん、おつかれさまです。
今回は28作品集まって、玉石混合ではありますが、そこが面白いところでもあります。
自分はさっそく投票を済ませてしまいました。
感想などは結果発表後に。
そして頭はお台場ビルコンに切り替えます。

| | コメント (2)

2010年11月26日 (金)

「高飛び込み」覚え書き

「高飛び込み」のコメントを少し。
アイデアは入浴中に思いつきました。
以前、同じレゴブロック・ドットコムのコンテストで「ウォーター・ボーイズ」を出しましたが、そのノリで何かできないかな?と考えていました。
あの時も「水しぶき」でいろいろと試行錯誤したのですが、そこからレゴで液体や気体を表現する事を考えました。
液体は海や川などの「水面の表現」でよく目にしますし、噴水や滝など立体的なものもあると思います。
気体でよくあるのは家の煙突や蒸気機関車から立ち上る煙ですね。
印象に残っているアイデアでは白のアイスクリームを組み合わせてミサイルの排気煙を表現したものがあります。
あとは映画「マトリックス」の銃弾の軌道を透明パーツで再現するようなものもあったり。
そんな事を考えていた時に「水の中での動きの表現」にふと気づき、高飛び込みで「水上の水しぶき」「着水面での圧縮感」「水中でのなめらかな軌跡」といった流れを「それぞれの水の様態」として再現できると面白いな、と思いました。
斬新なパーツ使いやテクニカルな組み方はありません(そんなスキル、持ってません(^_^;))。
それでもアイデアしだいで表現することができ、それを評価してもらえるというのは、ありがたいことです。
基本ブロックの可能性というのは今後も意識しておきたいと思います。

| | コメント (0)

2010年11月25日 (木)

いろいろとあります

ガチャコンのエントリー作業をしていました。
いろいろとありまして、主催者さんにはお手数をおかけしています(^_^;)。
とにかく自分としてはとても充実感した1週間です。
「やればできるじゃん」という感じ(苦笑)。
早くも今週末から作品公開ですね。
投稿作を拝見するのが楽しみですが、実はそれよりも結果発表後が待ち遠しかったりします。
結果発表じゃないですよ。
結果発表の後です。
ワクワクしているのです。
意味不明だと思いますが、お楽しみに。
結果発表後まではノーコメントです(^_^)/。
05

| | コメント (0)

2010年11月24日 (水)

賞品が届きました

Img_146223日、受賞の翌朝でしたが、午前中にデジラさんのパーツが届いたのでガチャコンの仕上げの段取りなど考えていました。
するとまたしてもチャイムが鳴って、自分には荷物が届くはずないので同居人に任せていたら、レゴブロック・ドットコムさんからの賞品でした。早っ!
ピンクのコンテナとグレーの基礎盤です。
コンテナは持ってなかったので嬉しいです(^_^)。
参加賞は入っていなかったのですが、別に送られてくるのかな?(届いている人もいるようですが)。
それとも、賞品をもらったらなしなのかな?
キーチェーン、欲しいんですけど(^_^;)。
ピンコン(ピンクのコンテストではない)はパーツ全部を使って組み替えモデルを作ってみたいと思っています。
今後、この話題が再登場しなければ、「うまくいかなかった」ということです。

午後は撮影したり、画像をまとめたりの作業でしたが、北朝鮮の砲撃のニュースが飛び込んできて驚きました。
あそこはホントにどうにかならないものか、と思います。

| | コメント (0)

2010年11月23日 (火)

賞をいただきました

レゴブロック・ドットコムのコンテスト、ミニ作品部門で優秀賞をいただきました。
夜中にサイトをのぞいてみてびっくりでした。
ミニ作品の名前に恥じないシンプルな作品だったので(^_^;)、がんばっても佳作入賞、努力賞がもらえれば充分だな、と思っていました。
直江さんからありがたいコメントもいただきましたが、アイデアを評価してもらって素直に嬉しいです(←使ってみたかったフレーズですよ)。
レゴ部屋の方も更新しました。
コンテストに投稿していない画像も掲載しています。
制作メモや他の作品の感想などはまたあらためて。

| | コメント (4)

2010年11月22日 (月)

仕上げ

ガチャコンの作業を日曜の夕刻にほぼ終えました。
タイトルやコメントなども整理して、あとは仕上げのみです。
足りないパーツをデジラさんに頼んだので、23日に到着して、23〜24日で撮影・投稿の予定。
疲れたけれど、あとひと息だな。
ああ、もっといろんなフィグで作ってみたかったような気もしてきます。
今回は参加賞があるので、投稿数も多いでしょうか。
楽しみです。
あ、レゴ部屋に掲載する準備もしなければ。

| | コメント (0)

2010年11月21日 (日)

気になる

フィギュアスケートロシア大会の安藤美姫嬢、腰痛をおしての出場だったようで。
背中に貼られた湿布が痛々しく映ったのですが、とても目立っていて、かなりの違和感でした。
きっと「ロシア人の肌の色」に合わせて作られている商品を現地で調達したのではないかと想像しました。
そう考えると、アフリカに行ったら黒人さん用の「黒い湿布」なんてのが売っているのでしょうか。
気になります。

カレーのルーのCMで「こだわる大人のための〜」というフレーズを目にしたのですが、こだわる大人は市販のルーに頼らないと思います。
ずいぶん昔、「違いがわかる男」というインスタントコーヒーのCMがありましたが、何故インスタントと本物の違いがわからないのか不思議でした。
「100人乗っても壊れない物置き」にどんな有用性があるのかも自分はよくわかりません。
「100人乗っても沈まないボート」だったら、なんとなくわかる気がします(^_^;)。
まだ「バールのようなものでも壊れない物置き」の方が実用的かなあ。
そういえば、ニュースでよく耳にする「バールのようなもの」というのは、例えばどのようなものが使われているのか。
これも気になります。

| | コメント (4)

2010年11月20日 (土)

そういえば

黙々とガチャコン作業しています。
そういえば、レゴブロック・ドットコムのコンテストの結果発表も11月下旬でした。
努力賞が欲しいです。
12月になったらアドベント・カレンダーも解禁になるので嬉しいです(子供か)。
クリブリのコンテストも近づいてきますね。
ずっと構想中の変形メカがあるのですが、完成させる自信がありません orz。

そういえば、izzoさんのレゴスタイルログがひさしぶりに更新されていてびっくり。
最新作の重機が凄いです。
タンの外装から見え隠れするグレーの骨格がたまりません。
ああいうのをリハビリがてら作っているなんて〜。

| | コメント (0)

2010年11月19日 (金)

ニョキニョキ

Img_1457_2 Img_1461_2 近所で見かけた電話線工事(だと思う)の光景です。
1〜2台で工事しているのはよく見かけますが、こういうニョキニョキ状態は初めてです。
写真には4台しか写っていませんが、この他に起動しているものが1台、待機中が1台、普通の作業トラックが3台停まっていました。
みんなで何をやっていたのでしょうか。

| | コメント (0)

2010年11月18日 (木)

作業再開

ガチャコンの締め切りが近づいてきたので、本格的に作業を進めています。
順調に進んでいて、かなりニコニコなのですが、また間際にバタバタしそうです。
週末にだいたい仕上げて、足りないパーツをデジラさんに頼んで、それが届くのが23日でしょうから、そこから最後の仕上げ&撮影となる予定です。
しかし、こういう事を書くと「エントリーの最後の方の作品である」と推察される可能性が高くなるわけで、こんなコメントは控えた方がいいのかもしれません。
もっとも、ひと目で「この作品だな」とわかる可能性もかなり高いと思いますが。

森博嗣氏のエッセイの中に出てきて感心した話。
仕事にしても趣味の工作にしても、「キリの悪いところで作業を終える」のだそうです。
その方が「次の日に先を進めたくなる」というわけ。
自分はどうしてもキリのいいところまで進めないと落ち着かないタイプだったので、そこで落ち着いてちょっと放置してしまうのでした(^_^;)。
つまり、作業の途中で落ち着いちゃいけないんだな。
目からウロコでした。

Img_1455 自転車置き場の屋根、整然と並ぶ凹部に落ち葉が溜まってきれいでした。
上にガラス板を乗せてテーブルにしたい感じです。

| | コメント (0)

2010年11月17日 (水)

はじめてのおつかい

ハヤブサが「地球外物質」を持ち帰り、世界初の快挙らしいですね。
自分はどうしても映画「アンドロメダ…」を思い出してしまい、ちょっと恐くなったりもします(^_^;)。
まあ、それにしても壮大な「はじめてのおつかい」であります。
よくがんばりました。
そういえば、実写映画化された「宇宙戦艦ヤマト」も「はじめてのおつかい」みたいなもんですね。
「おばちゃんとこ行って、空気清浄機をもらってきなさい」という感じです(^_^;)。

Img_1456おつかいといえば、買い物バッグです。
ミッフィーのトートバッグがもらえるキャンペーン、シールが集まったのでハガキに貼って投函しました。
色は迷いましたが、ベージュにしました。
届くのが楽しみです。

| | コメント (0)

2010年11月16日 (火)

『 THE TOWERING INFERNO 』★★★

週末は録画していた「タワーリング・インフェルノ」も観ました。
1975年公開、中学生でしたが劇場でハラハラドキドキしながら観た覚えがあります。
今見ると、さすがに特撮シーンなどは見劣りしてしまいますが、等身大の炎のシーンは充分な迫力ですね。
いろいろな脱出方法を試みながら、それらが次々と絶たれてゆき、次第に追いつめられていく感じがたまりません。
様々な立場の人間ドラマが錯綜し、2時間45分の長さはちっとも長く感じませんでした。
スティーブ・マックイーン、かっこいいな。
理想の上司のアンケートなんかで上位に入りそうな役柄です。
ラストシーン、ポールニューマン(だったと思う)が残がいと化したビルを見上げて「愚かさの象徴としてこのまま残しておくべきだ」みたいな事を言っていて、9.11のグラウンド・ゼロを思い出しました。

| | コメント (0)

2010年11月15日 (月)

『 Slumdog Millionaire 』★★★

同居人がレンタルしてきた「スラムドッグ$ミリオネア」を観ました。
思っていた以上にシリアスな映画で序盤はちょっと憂鬱になったりもしましたが、面白かったです。
特に最後の問題でライフラインのテレフォンを使っての仕掛けは見事ですね。
いろんな運命が1点に集束する感じ。
ラストはハッピーエンドでしたが、あれだけいろんな事があればそれも許してあげたい感じでした。
エンディングではみんなでダンスを踊っていて笑ってしまいましたけど(^_^;)。
それから、自分の場合は脚本や俳優さんの演技以上に映像と音楽が好みでした。
日頃は見聞きしないせいかもしれませんけれど、音楽はサウンドトラック盤が欲しいぐらい。

それにしても、ミリオネアって、「ちょっとやな感じの司会者」という設定も番組フォーマットなのでしょうか(^_^;)?

| | コメント (0)

2010年11月14日 (日)

ケーキを食べた

金曜の散策の続き。
新しくできたDIYのお店が目的だったのですが、そこで「突っ張り棚」を買いました。
簡易包装でシールだけを貼ってもらい、突っ張り棚を抱えながらその後も街を散策しました。
それだけならどうってことないのですが、同居人が「ケーキが気になっているお店があるので、お茶したい」と言い出し、自分は「突っ張り棚を抱えてオシャレなケーキ屋さんに入るのは抵抗がある」と訴えたのですが、却下されました(笑)。
買い物の荷物を抱えて入店するのは当たり前の事ですが、突っ張り棚っていうのがね〜。
これが、「普通の棚」なら問題ないのですが、個人的に「突っ張り」がつくとダメです。
突っ張り棚っていうのは、棚という名前ですが、家具ではないですね。
あれはなんか「便利グッズ」的な感じがして、ちょっと薄っぺらい感じです。
ネーミングもよくありません。
学生のツッパリを連想してしまって、商品の肝である伸縮性が背伸びをしたがる若造に重なります。
「だったら買うなよ」という感じなのですけれど。

Img_1447 Img_1448 で、突っ張り棚を抱えてコーヒーとケーキをいただいてきました。
先日のハロウィンの時にパンプキン・プリンを食べているので、驚異的な頻度です。
名前はよく覚えていませんが、「アイスクリームみたい」みたいな名前のプリンみたいなやつ(結局、何だったのか…)。
とても濃厚で歯ごたえのある食感のあるプリンみたいなやつでした。
同居人はアールグレーのケーキだったかな(写真右の左上)、さらにおまけの「デザートプレート」がついてきて、キャラメルのムースみたいなやつとチョコレートケーキみたいなやつに酸味のあるベリー系のソースみたいなやつが添えられていました。
ああ、俺にスイーツを語らせるな〜(苦笑)。
とにかく美味しかったので、また訪れることになるでしょう。

それと、以前、図書館で見つけられなかった「うさこちゃん びじゅつかんへいく」を本屋で見かけたので立ち読みしてしまいました。
絵本の場合は簡単に読み終えることが出来てしまうので、ちょっと申し訳ないですね。
携帯の撮影機能で必要な情報を入手する「デジタル万引き」がありますが、脳内万引きみたいな感じです。
内容は「ふむふむ、なるほど」という感じでしたが、子供が読んで楽しいと思うかどうかは疑問でした。
可愛いからいいのかな (^_^;)?

| | コメント (0)

2010年11月13日 (土)

無印レゴ

Img_1450_2 Img_1451 無印良品の近くに行く機会があったので、気になっていたコラボレゴを入手してみました。
いくつか種類がありますが、購入したのは「サーカス」です(¥1900)。
時期的には「クリスマス」だと思いますが、¥2300と少し割高なのですね。
そして、何よりも最大の理由は「サーカス」に含まれている「16x32 ベースプレート(白)」2枚です。
これ、現在は入手しにくいアイテムだと思います。
自分は世界の冒険シリーズの雪男セットのやつを1枚持っているだけ。
これが2枚入っているなら、多少の割高感も許せる感じです。
なので、セットを楽しむのに必須な一穴パンチは買っていません(^_^;)。
しばらくはセットを眺めて過ごして、自分なりの楽しみ方を見つけてからパンチも購入しようと思います。
それと白のベースプレートは「うみ」のセットにも入っているので、これも欲しいな。
とりあえず、近未来的目標としては、昨年のビルコンで作った「ポッドレース:サンタ杯」のジオラマを完成させたいのです。
雪原を疾走するシーンの背景として重宝しそうです。
セットを楽しむ時がきたら、その時にレビューします。

| | コメント (0)

2010年11月12日 (金)

『 CAPRICORN ONE 』★★★

録画していた「カプリコン・1」を観ました。
いや〜、やっぱり面白かった。
SF映画というよりも謀略物と言った方がよい感じですが、名作の1つだと思っています(テーマ曲も最高)。
着々と進んでいたNASAの火星探査ロケット計画に致命的なミスが発覚。
しかし、莫大な予算を費やしてきた計画を今さらやめると予算の大幅なカットになるのは明らかということで、火星探査成功をねつ造ですね。
宇宙飛行士達も諸事情で協力するのだけれど、事態は思わぬ展開に・・・という感じ。
事件の真相を追う記者の展開もいい感じでした。
最近だと「アポロの月着陸はNASAの陰謀では?」なんていう話をTVでやってたりしますが、1977年の時点でこういう話を作っていて、自分は高校生の頃ですが、ワクワクした事を覚えています(あ、「未知との遭遇」や「STAR WARS」も1977ですね)。
今回の放送分は約30分もカットされているようなので、あらためてオリジナルを観たいと思いました。
そういえば、wikiによると「当初はアメリカ航空宇宙局 (NASA) が協力的だったが、試写で内容を知ってから協力を拒否した事で有名な作品」なのだそうです。
試写まで、ってのがすごいですね。
きっと「いいか、とにかく完成するまでは、絶対にばれるなよ」みたいな箝口令がしかれていたように思えて、これもある意味、情報操作のカプリコン1状態です(笑)。
例えば、倉庫内のスタジオでの「火星着陸シーンの撮影シーン」をサポートしてくれるNASAのスタッフには「火星着陸シーン」として説明するわけですね(ちょっと三谷幸喜っぽいかも(^_^;))。

それにしても、最近の尖閣ビデオ問題です。
昔は陰謀を白日の下に晒け出すためには、危険をかいくぐってTVや新聞のようなメディアに真相を伝える必要があったわけですが、今では漫画喫茶から動画サイトに投稿するだけですよ。
便利な時代ではありますが、良い時代になったのか、困った時代になったのか。

| | コメント (0)

2010年11月11日 (木)

小春日和

Img_1442 住まいの近くも紅葉でにぎやかになってきました。
写真は下から緑〜黄〜オレンジ〜赤とグラデーション状態になっている桜の樹。
紅葉のメカニズムって、葉と茎の間で水分や養分の行き来がストップすると赤や黄の色素が出来る、みたいな話だったと思います。
紅葉の条件として「朝晩の冷え込みと十分な日光」が必要なはずですが、写真のようなグラデーションはそういう環境条件から起こるのかな?
有名な紅葉の名所に行かなくとも、近所で1本の樹を眺めているだけで満足できてしまうお手軽野郎です。
それにしても暖かくて気持ちのよい1日でした。
お昼は冷たいざる蕎麦を食べました。

小春日和にあたる英語は「Indian Summer」らしいです。
Dream Academyの「Indian Summer」はとても好きな曲の1つ。
オーボエ吹いてるケイト、可愛い。

| | コメント (0)

2010年11月10日 (水)

お仕置き

Img_1443 星のベーダーさま(ブログ版)、ポチポチと。
「お仕置きだべ〜」の巻。
砂時計の刑であります。
宇宙空間において上下はあまり関係ありませんが、
宇宙空間においても上下関係は重要であります。

| | コメント (0)

2010年11月 9日 (火)

楽しみ

テレ東の午後のロードショーで「カプリコン1」をやっていたので、とりあえず録画。
時間のある時にゆっくり観ようと思います。
懐かし映画です。楽しみ。
そういえば、日曜は日本シリーズの後、映画「大脱走」に通りすがって最後の方を観ました。
ユーモアを交えながらの緻密な脱走計画と明暗別かれる脱出後の運命、完成度が高いですね。
録画しておけばよかった、とちょっと後悔。
NHK-BSではスティーブ・マックイーンの特集をやっているみたいで、「パピヨン」と「タワーリング・インフェルノ」が楽しみです。

Img_1437 インスタント麺のミーゴレン・ソテー味(焼き鳥味?)なるものを食べました。
スープなどの小袋が5つも入っていて、ちょっとびっくり。
左上から、調味料、唐辛子、調味油、醤油、フライドオニオン。
ちょっと得したような気分になりましたが、味は普通だったので「手間が増えただけ」という気もしなくはありません(^_^;)。

| | コメント (0)

2010年11月 8日 (月)

マリーンズ優勝

序盤の展開から「今日はドラゴンズだな」なんて思っていたら、マリーンズ怒濤の反撃で延長の末に競り勝ってしまいました(8戦まで行ってほしかった)。
なんだか、ライオンズがCSのファーストステージで勢いを付けさせてしまったようにも感じますが(^_^;)、やっぱり強かったなあ。
先発が手薄なので苦労すると思っていましたが、中継ぎ陣が本当によく粘ったと思います。
来季は内がクローザーかな?
手ごわい存在になりそうです。
ドラゴンズは思わぬ苦戦を強いられたわけですが、「振り回してくる巨人や阪神には強いが、しぶとく繋ぐヤクルトには負け越している」というパターンがマリーンズにも当てはまったような気がしました。
ライオンズやホークスだったら、ドラゴンズが優勝していたかも(^_^;)。
まあ、とにかく来年はこの日本シリーズチャンピオンとペナントレースチャンピオン(ホークス)にライオンズはチャレンジャーとして挑んで欲しいと思います。
今年は交流戦でもパリーグが圧倒していたわけで、「パリーグの方が強い」などと単純には考えませんが、やはりセリーグもDH制を導入して、よりアグレッシブでダイナミックな野球を目指した方がよいと思うのですけどね。
そういう意味ではドラフト会議で注目の投手達がパリーグに多く選ばれたのは楽しみです。
打者も投手も相乗効果で高め合って、人気も実力も「パ」に。

「すぽると」に選手が生出演中。
ライオンズにも井口のような存在感のあるベテランが居てほしいです。

| | コメント (0)

2010年11月 7日 (日)

延長引き分け

日本シリーズ第6戦、延長15回で「2−2」の引き分け。
途中で居眠りをしました(苦笑)。
TV観戦の自分でさえ疲れたので、選手や現場観戦のファン(特に応援団)の人達はたいへんだったでしょうね。
素直にお疲れさまです(^_^;)。
バントミスがなければもっと点が入っていたんだろうけど。
バントが下手なのか、バントをさせないようにするのが上手いのか、よくわかりません(両方?)。
ドラゴンズの救援陣は当然として、マリーンズの救援陣もよく頑張ったなあと感心。
ライオンズの救援陣だったら、あっさり総玉砕だと思います(^_^;)。
チェンで勝てなかったドラゴンズ、渡辺俊介を打ち崩せるでしょうかね。
第7戦も楽しみです。

| | コメント (0)

2010年11月 6日 (土)

雑記

「隠したまま」を変換しようとしたら「格下ママ」になりました。
たぶん、パパはもっと格下だと思います。

マルソデカラッパ、これはなかなか凄いデザインだと思います。
ファーストガンダムのビグザムを思い出しました(笑)。

最近はスポーツ関係などのインタビューで「素直に嬉しいです」というコメントをよく耳にするような気がします。
社交辞令的なコメントではなく、本当に嬉しいという意味だと思いますが、あまりに多く耳するので(自分だけかもしれませんが)、自分の中ではすでに社交辞令と化しています。

仕事が少し忙しくなりましたが、ガチャコン作業をポチポチと。
いろいろと「欲」が出て来るのですが、きっと締め切り間際にバタバタしてそれどころではないと思います。

Img_1436 星のベーダーさま(ブログ版)、ポチポチと。
「生意気な芸術家を幽閉する」の巻。
私の彫像を作れ、とか言っているのかも。

| | コメント (0)

2010年11月 5日 (金)

『 DIE HARD 4.0 』★★★

録画していた「ダイ・ハード 4.0」を観ました。
マクレーンも歳をとったなあ、と先日のインディ・ジョーンズを思い出しましたが、こちらも頑張っていましたね。
テンポのよい展開に素直に引き込まれました。
いろんなご都合主義も含めて、安心して楽しめる娯楽大作。
物足りなかったのは敵側ですかね。
ハッキングによるサイバーテロということで「今どきの若造」という犯人像、今までの犯人の中では存在感薄すぎでした。
平気で人質を殺せるようなハンス(第1作)じゃないとね(不謹慎ですが)。
デジタル(スマートで手を汚さない犯罪)vsアナログ(血と汗と愚痴をこぼしながら捜査)という構造でもあったと思うのですが、もう少し見せ方もあったのではないかと思いました。
テロリスト達の最も重要な武器とも言えるノートパソコンで頭を殴るような使い方です。
「こういう使い方もあるんだぜ」みたいな感じで(笑)。

やはり第1作が好きです。
1つのビルを舞台にした密室劇。
「たった1人、拳銃1つで戦う」という設定に適した犯罪や敵の規模が良いです。
金庫が開いた時の第九なんか最高ですね(^_^)。
3なんかもそうですが、やはり現金などは「実物」じゃないとなあ。
この映画に限らず、パソコン画面で「口座に莫大な金が振り込まれている」のを見ても、ちっとも盛り上がらないんですけど。
感覚が古いのかな?(^_^;)

そういえば、吹き替えが野沢那智さんじゃなかったのも残念でした。
ご冥福をお祈りしますm(_ _)m。

| | コメント (0)

2010年11月 4日 (木)

お散歩

Img_1430 文化の日、秋晴れの気持ちの良い一日でした。
午前中は掃除や日曜大工の真似事を済ませ、となり町まで散歩。
いつも川沿いのルートを歩いていくのですが、今日は白サギ(だと思う)を見かけました。
体長は60cmぐらいあるような気がします。
お世辞にもきれいな川とは言えませんが、カモやコイなどをよく見かけます。
で、白サギ(だと思う)は川に浮かんでいるコンビニ袋とよく見間違えます。
残念な話です。

となり町への散歩が好きなのは「すき家」があるからです。
牛丼(並)にお味噌汁と冷奴のセットをつけて380円でとても幸せでした(^_^;)。
同居人は「ネギ卵牛丼にお味噌汁とサラダ」ですから、私的にはゴージャスというレベルです(笑)。

さらに、近くにある無印良品でレゴパーツ整理用のケースを買って帰りました。
あ、無印のオリジナルレゴセットも見かけたので、チラシをもらいました。
ゆっくり吟味してみたいと思います。

Img_1434 帰宅してからナビスコ杯の試合を見ながらレゴ。
昨日の砂時計の続きです。
くびれの部分がちょうどクリップに合うサイズだったので、くびれを中心にしてガラス部分だけを回転させる方式もあるな、と考えていたのです。
デザイン的な事は何も考えず、とりあえず形にしたのが写真の状態。
ガラスのシルエットが際立って面白いと思います。
あとは筐体部分のデザインをもう少し考えたいですね。
なんか、こういう「実用品」シリーズもいいな。
家人を説得するのにも効果的かも(^_^;)。

夜は日本シリーズ。
第4戦は緊迫した1点差ゲームで延長戦までもつれ込む展開、ミスも含めていろいろと盛り沢山の試合でした。
西岡のファール、福浦のサードライナー、清田の頭上を越えた勝ち越しタイムリーなど、ほんとに紙一重でしたね。
やっぱり面白いです。
どっちが優勝してもいいので、第7戦まで楽しませてほしいです。

| | コメント (2)

2010年11月 3日 (水)

砂時計

Img_1432_2 Img_1433_2 浴室で使っていた砂時計の本体木製部分が劣化したので、新しいものに替えました(100円ショップ)。
で、肝心のガラス部分はまだ使えるので、レゴで筐体部分を作ってみました。
ちょうど「FREESTYLE LEGOIST」で先日まで連載されていた「ポッチの反転」の記事を思い出したのです。
特に難しいことはしてないんですけどね(^_^;)。
砂時計のような対称形はまさにぴったり。
ガラスの両端は少し凸面になっていて、それを1ポッチの凹面で抑えているだけですが、4本のバーを8つのクリップで止めているので、それなりに安定しています。
乱暴に扱うのはまずいですが、普通に使える感じ。
4本のバーは、卍(まんじ)型に配置するとちょっと窮屈な感じでガラス部分も見にくくなるので、左右2本ずつに別けました。
ちょっとSFっぽい感じもして(オキシジェン・デストロイヤーとか(^_^;))、こちらの方がすきです。

| | コメント (0)

2010年11月 2日 (火)

マイクロ・キャッスル

Img_1424 Img_1425 日曜に購入したマッチ、ではなくて積み木です。
でも、実際にマッチ箱に入っている小さな積み木。
ドイツ製で525円でした。
表紙の写真を見ただけでもそそられるものがあると思うのですが、どうでしょうか。
箱を開けると小さなパーツがびっしり。
全部で30個あります。

Img_1427 Img_1428

なんとなくモジュール化もされていて、白木のゲートパーツは「2x2x1」、白木の家屋パーツは「2x1x1」です。
2つのタワーは微妙に高さが違います。
パーツの精度もかなりアバウトです。
小さ過ぎるので、真面目に創作しようと思ったらピンセットが必要です。
雰囲気を楽しむものですね。
色合いも渋くて良いし、なんと言っても「存在が可愛い」という事に尽きます。
レゴの緻密な作業の息抜きにもいい感じ(苦笑)。
他にも数種類あって、単純な積み木からタングラムのようなパズルタイプもありました。
たまにはこういう所ものぞかないといけませんね。

| | コメント (0)

2010年11月 1日 (月)

お買い物

同居人が「新宿に買い物に行く」というので新宿に出ました。
繁華街と呼べる地域はひさしぶりです。
そういう気になったのはレゴのガチャガチャ以外の何ものでもありません。
仕事かレゴがらみでなければ、好き好んで人の多い場所なんて〜、という性格です。
同居人には「女性の洋服選びにはつきあわない宣言」をしているので(笑)、さっそく別れてガチャガチャであります。
第2シリーズは初めてだったのでダブるはずもなく、ニコニコでした。
ガチャコンの作品の匿名性のために何が出たかは伏せておきます。
購入予定のセットが見当たらなかったので、セット物の買い物はなしです。

昼食時にお気に入りの「陳麻家 西新宿店」で待ち合わせて、「辛いな〜」とぼやきながら「麻婆豆腐と坦々麺のハーフセット・杏仁豆腐付」を食べました。
辛いのにどうしても食べたくなる味です(思いだしたら、また食べたくなった)。

Img_1422 Img_1423 昼食後、ハンズでいろいろと物色。
レストラン街にある屋上テラスにも出てみたりして、都内の風景を楽しんだりして、観光客気分でした。
新東京タワーと思われるものも見ることができました。
高島屋エリアではクリスマスグッズのコーナーで素敵な輸入雑貨の数々が並んでいて、特にジオラマモデルはどれも素敵でした。
電動で複雑な動きをするものもあって、夢のような世界でした。
数万円するのもわかります。
またレゴでクリスマスモデルを作りたくなりました。
知育玩具コーナーでは小さな積み木を買ったのですが、これはあらためて書きたいと思います。

Img_1424 その後「どこかでお茶して〜」みたいな感じだったのですが、人が多くて疲れたのでサクッと帰宅。
せっかくなのでハロウィンがらみのケーキを駅前で買って帰り、家茶です(イエティーだと雪男ですね)。
パンプキン・プリン。
お会計時にくじを引いて、お姉さんにキャンディをもらいました(子供かっ!(^_^;))。

| | コメント (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »