« 今年の目標? | トップページ | 『変な給食』 »

2011年1月 7日 (金)

『アマルフィ 女神の報酬』★★

録画していた「アマルフィ 女神の報酬」を観ました。
原作・脚本に関わっていた真保裕一さんはファンなので気になっていた映画でしたが、TV局が作って宣伝しまくりの映画だったので期待はしていませんでした。
予想通りの内容でしたね(^_^;)。
個人的には物語の中盤、子供の誘拐事件がテロ計画につながった場面がピークで、あとはもうぐだぐだな感じでした。
いや、そのピークのシーンでさえ「素人に任すか?」という内容でしたけど。
タイトルのアマルフィの街がほとんど事件に関係ない事にもびっくり(^_^;)。
wikiをチェックしてみましたが、当初の製作担当が監督に「観光映画として作ってほしい」なんて言っていたらダメですよね(苦笑)。
脚本家のクレジットがないことも真保氏が「小説家仲間にこれが自分の脚本だとは思われたくない」」と語って辞退したとか。
同情します。
今度始まるドラマの方も原作は提供しているようなので、いちおうチェックしてみます。
でも、初期の「小役人シリーズ」の方が好きですけどね。

|

« 今年の目標? | トップページ | 『変な給食』 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年の目標? | トップページ | 『変な給食』 »