« もう4月 | トップページ | 雑記 »

2011年4月 2日 (土)

『 WAR OF THE WORLDS 』★★

リメイク版の「宇宙戦争」を観ました。
う〜ん、ヴィジュアルは凄かったと思うのですが、なんか「それだけ」でした(^_^;)。
あまりに有名な映画・原作をリメイクするのですから、ハードルは高くなりますけれど。
良かったのはやはりCGと巨大マシンのデザインぐらいです。
トム・クルーズにブルーワーカー系の役柄は似合わないと思います。
パニックによってエゴむき出しの人間達の描写もなんかありがちな感じでした。
姿を現した宇宙人のデザインもいまいちでした。
なんだか「人類存亡の危機」という感じもしなかったしなあ。
解決するのが早過ぎる感じで、もっと追いつめられてほしかった。
「9回裏2アウトからの大逆転」だから盛り上がるわけで、宇宙戦争は「5回裏に大逆転してそのままコールドゲーム」みたいな感じでした(^_^;)。
失礼な言い方になりますけれど、よくある侵略モノ映画を「お金と時間をかけて丁寧に作った」、ただそれだけのように感じたのでありました。
いや、それだけでも凄いことだと思うべきなのかもしれませんけれど。

|

« もう4月 | トップページ | 雑記 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もう4月 | トップページ | 雑記 »