« 『 STAR SALAD 』 | トップページ | のようなもの »

2011年6月18日 (土)

『 ANGELS & DEMONS 』★★★


ラングドン教授シリーズ(って言うの?)の「天使と悪魔」を観ました。
いちおう面白く観ました。
ダヴィンチコードの時もそうでしたが、観光旅行気分ですね。
コンクラーベという響きが素敵です(^_^;)。
最後のオチは予想通りの展開で、配役で犯人がわかってしまう2時間サスペンスのようでした(なんて失礼な)。
冒頭で反物質の生成をやっていましたが、つい最近のニュースでは実際に反物質を16分閉じこめることに成功していましたね。
http://sankei.jp.msn.com/science/news/110606/scn11060612210003-n1.htm
欧州合同原子核研究所(CERN、ジュネーブ)は小説・映画の舞台でもあるので、「現実がフィクションを追いかけている」という状態でしょうか。
ダン・ブラウンもびっくり?
しかし、どうしても反物質爆弾なんぞを想像してしまいます(^_^;)。
初めて耳にしたのは「宇宙戦艦ヤマト」だったような記憶があります(笑)。

|

« 『 STAR SALAD 』 | トップページ | のようなもの »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『 STAR SALAD 』 | トップページ | のようなもの »