« 雪だるま? | トップページ | さあ、9月 »

2011年8月31日 (水)

『 THE ROCKETEER 』★★★


テレ東でやっていた「ロケッティア」を録画で観ました。
「ああ、なんか、こういう映画あったなあ」という感じでした。
ランドセル型のロケットエンジンを背負ったヒーロー(?)のお話。
ちょっとスチーム・パンクな感じもして、大友克洋氏のスチームボーイを思い出したりしました。
それにしても無茶な話ですよね。
ずいぶん昔、「ロケット花火で人を浮かせることが出来るか?」なんていう実験をお笑い芸人がやって大火傷した事件があったと思います(実験と事件は紙一重ですね)。
マスクのデザインも決してカッコよくはないのですが、実はこういう鉄仮面調のデザインは好きです。
昔懐かしいSFや、アールデコや、ロシア構成主義みたいな感じ(うまく説明できません)。
「Rail Loader」の正面のデザインもそういうものを意識しています(鉄道だけに話が脱線)。
えーっと、敵側にロボットやメカが出てきて戦うわけではなく、新技術であるこの推進装置の「争奪戦」というのが正解ですね。
これを使ってナチス残党が企む世界征服のプロモーションビデオがいい感じでした。
そういえば手塚治虫の「ビッグX」もこんな話だったような気がします。
最後に飛行船が出てきて、ヒンデンブルグ号なんかを思い出して、良い感じだったのですが、尾翼にでっかく「鉤十字」をつけちゃいかんでしょ〜。
ビジュアル的に捨て難いとは思いますが、目立ち過ぎですよ(^_^;)。
ハリウッドの映画撮影がストーリーに絡んでいたので、せめて「撮影用に手配していた飛行船」みたいにしてくれればよかったのに。

|

« 雪だるま? | トップページ | さあ、9月 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪だるま? | トップページ | さあ、9月 »