« レッド&ブルー | トップページ | 気になる重機 »

2011年10月12日 (水)

『 I AM LEGEND 』★★


「アイ・アム・レジェンド」を観ました。
ずいぶん昔になると思いますが、チャールトン・ヘストン主演でやってた「オメガマン/地球最後の男」のリメイクだったので、見比べてみたいと思ったのです。
オメガマンは怪しいB級SF映画として記憶に残っていました(ソイレント・グリーンなども同様です)。
ストーリーはほとんど同じでした(原作は未読ですが)。
謎の病原体が蔓延し、感染者は凶暴な獣人と化し、免疫のある数少ない人間が生き残った世界のお話。
廃虚と化したニューヨークの情景などはよくできているなあ、と感心しました。
しかしなあ、映画としてはもうほとんどゾンビ映画でありまして、SF映画ではないですね(^_^;)。
ウイルスの発生も、ワクチンの完成も、特になんの根拠もなく勝手に提示するだけ。
グロテスクな映画は苦手ですが、まだ「バイオハザード」なんかの方が謎解き的には面白いように思います。

|

« レッド&ブルー | トップページ | 気になる重機 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レッド&ブルー | トップページ | 気になる重機 »