« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月31日 (月)

CS2連勝

う〜む、勝ってしまいました。
ライオンズが強かったというよりも、ファイターズの調子が悪過ぎたですかね。
ダルビッシュで初戦を落としたからなおさら。
信じられないようなエラーをしてそれが失点につながるし。
短期決戦に関しては、チーム状態の良し悪しが大きいですね。
西口、快投、ありがとう。
石井、よく抑えた。
おかわり君もよく打った。
神様、もう少しだけ今の調子を持続させてくださいm(_ _)m。

セリーグは1勝1敗のタイに。
内海、孤軍奮闘ですね。

| | コメント (0)

2011年10月30日 (日)

野球三昧

午前中はメジャーリーグのワールドシリーズ決勝戦。
それほど興味はありませんが、レンジャーズの監督が面白い人だったので応援してました。
感情を表に出すタイプと、一方のカーディナルスの監督は出さないタイプ。
カーディナルスが勝っちゃいましたね。
午後、まずは1時からJリーグのナビスコ杯の決勝があったのでレッズを応援してました。
2時からライオンズのCS第1戦。
ここから「ウラはレッズ」状態でちらちらと。
負けちゃいましたね。
でも、鹿島に延長で1−0ならまずまずかな。
ライオンズの方はダルビッシュの快投に全く勝てる気がしませんでしたが(^_^;)、降板してくれて本当に助かりました。
初戦を勝てるとは。
浅村、よく打った。
中継ぎ陣もよく抑えた。
一時の投壊状態を考えれば、信じられない出来でした。
夜はセリーグのCS。
もちろん、スワローズを応援しています。
勝ってよかった。

| | コメント (0)

2011年10月29日 (土)

『 STAR WARS: RETURN OF THE JEDI 』★★★


テレビ東京で放送されていた「スター・ウォーズ:ジェダイの帰還」を観ました。
やはり面白かったです(^_^)。
何年ぶりでしょうか、かなりひさしぶり。
CGの技術の差もさることながら、進行のテンポの違いにもびっくりしました。
冒頭のジャバの部分なんて30分以上もかけてたんだなあ。
ちょっとのんびりしすぎのような気はしましたが、でも、最新の3部作はテンポ早すぎです(^_^;)。
イウォークは可愛いですね。
その後、イウォークだけのスピンオフ映画ができたような記憶も。
皇帝はけっこうあっさり死んでました。
これもちょっと意外でした。
ラストの幻影では若いアナキンが合成されていて、これもびっくり。
おまけのレゴムービーも楽しそうでしたね。

| | コメント (0)

2011年10月28日 (金)

鏡の中の十月

実は、生まれてこのかた「アスピリン」なるものを一度も服用したことがありません。
ちょっと憧れています(^_^;)。

| | コメント (0)

2011年10月27日 (木)

カーリング

録画していた「美の巨人たち」のブリューゲルの回を観ていました。
その代表作の1つに「雪中の狩人」という絵があります。
名前ではピンとこなくても、たぶん絵を見れば「ああ、見たことある」と誰もが思うやつです。
冬の街の風景を描いたものですが、絵の真ん中から右のあたり、氷上でスケート遊びなどしている人達の中に交ざってカーリングをしているのを見つけてびっくりしました。
描かれたのは1565年。
この頃からあったのか〜、と思って調べてみたら、15世紀のスコットランドが発祥で、「当時は底の平らな川石を氷の上に滑らせていた」そうです。
現在の形のようなゲームの記録は 1541年までさかのぼる事ができるらしいですね。
「雪中の狩人」の中ではどんな遊び方をしていたのかわかりませんが、ストーンの形はもう「あれ」です。
ちょっと感動しました。
日本カーリング協会みたいなものがあるとしたら、そこのロビーにはこういう絵が飾られていて欲しいと思いました(^_^)。

↓「雪中の狩人」アイスホッケーをしている人もいます。
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/b/b4/Pieter_Bruegel_d._%C3%84._106.jpg

| | コメント (0)

2011年10月26日 (水)

みんなで仲良く?

またレゴタワーが記録を更新した記事を見ました。
6月にデンマークで作られた記録を今回のパリでは21cm更新したそうで。
日本でやってたのは1年ぐらい前でしたっけ?
みんなで持ち回りで更新していくのでしょうね。
以前、棒高跳びの世界チャンピオンは小刻みに世界記録を更新していたように記憶しています。
「その方がお金になる」という話を聞いたことがあります。
それに比べればとても平和でレゴらしい気もします(苦笑)。

| | コメント (0)

2011年10月25日 (火)

『犬神博士』


夢野久作の「犬神博士」を読み終えました。
故郷の「北九州」が舞台になっているのでずっと気になっていた本なのですが、古い文体で旧仮名づかいだったので、えらく時間がかかりました。
1/3ほど読んで、やっとエンジンがかかった感じでした。
ラストの方はページ数が残り少なくなっても物語が終る気配がないので心配しました。
未完の作品だとは知りませんでした(^_^;)。
面白かったですけれど。
そうだったら、裏表紙の紹介文に「未完のカルト作品」とか書いておいて欲しかったなあ。
ちなみに妖しいタイトルがついていますが、ミステリーでもホラーでもありませぬ。

| | コメント (0)

2011年10月24日 (月)

雑記

レッズ、新体制でなんとか勝利。
ギラヴァンツ、リードしてたのに追いつかれてドロー。
もったいない。
なんとか9位。

野球はCSまで中途半端な間があって、落ち着きません。
なんかテンポ悪いなあ。

ラーゼフォンのノベライズ本(全5巻)を読み終えました。
いい歳をして何をやってんだか(^_^;)。

録画していた「深夜食堂」を観ましたが、やはり良いですね(^_^)。
赤いタコさんウィンナーを作って食べました。
お弁当用の小さいサイズしか見当たらなかったので、足の短いタコになってしまいました。

初めて「焼きおにぎり」も作ってみました。
フライパンで焼く方法は手軽で上手にできました。

カップヌードルのしょうゆ味やカレー味に完熟カットトマトをトッピングして食べるのが最近のお気に入りです。

| | コメント (0)

2011年10月23日 (日)

『 PIRATES OF THE CARIBBEAN: AT WORLD'S END 』★★★


引き続き「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」も観ました。
いつもの感じで言うなら「パイレーツ・オブ・カリビアン/海は大騒ぎ」という映画でした(^_^;)。
なんか、よくわからない部分もあったりして(結局、カリプソって何だったの?)、「強引に話が進むなあ」という印象でした。
「敵になったり、味方になったり」というのは嫌いではありませんが、わかりにくかったです(わしの頭が悪いのいか?)。
やっぱり自分はジャック・スパローが苦手のようです。
今どきの言葉で言うなら「チャラい」、チャラ過ぎ。
旧ルパン三世がいくら女好きのいいかげんな奴でも、時折見せるシリアスな部分で全てが許せるんだけど、ジャック・スパローには全く感情移入ができません(そういう映画じゃないのかな?(^_^;))。
やはり「宝島(出崎・杉野版)」のジョン・シルバーのような「海の男」を求めてしまいます。
でも、墓場の白いカニのシーンは好きでした。
ハンス・ジマーの音楽も好き。
だから★は3つぐらいで。

| | コメント (0)

2011年10月22日 (土)

クレヨンしんちゃん

金曜日、ライオンズの中村選手が本人役でアフレコ参加した「クレヨンしんちゃん」を見ました。
しんちゃんをちゃんと見たのは初めてのような気がします。
タイトルは「オラはプロ野球選手だゾ」。
なぜかライオンズに入団し、おかわり君と交流するお話。
試合にも出るのですが、最後はしんちゃんの脱力系ギャグで力みの取れた中村選手が逆転サヨナラホームラン、というお約束の展開です。
アフレコは素人らしさ全開で、「棒読みだぞー」と突っ込まれるセリフもありました(笑)。
CS進出が決まったばかり(しかも先制ホームラン)だったので、良いタイミングでしたね。
敗退していたら「そんな事やってる暇ないだろっ」とか言われてますよ。

| | コメント (0)

2011年10月21日 (金)

『 PIRATES OF THE CARIBBEAN: DEAD MAN'S CHEST 』★★★


「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」を観ました。
あんまり興味はなかったんですけど(^_^;)、真面目に観ればそれなりに面白かったです。
デイヴィ・ジョーンズ船長たちのゲロゲロないでたちがたまらないですね。
フライング・ダッチマン号の造作も凄かったですが、これってレゴで出るのでしょうか。
5桁ナンバーの大物で見てみたいですね。
それにしても、フライング・ダッチマン号って飛ぶシーンがなくて潜ってばかりだったような気も。
「flying」にはもっと別の意味があるのかな?
オリジナルでも飛ぶような記述はないし。
まあ、いいんですけど。
で、話は続くんですね。
「え〜っっ」と思ってしまいました(^_^;)。

| | コメント (0)

2011年10月20日 (木)

『 ウルトラQ - Unbalance zone 』


モノクロの「ウルトラQ」がカラー作品として蘇るような記事をみて検索していたら見つけてしまった漫画本。
作者が藤原カムイだったので入手しました。
漫画自体ひさしぶりですが、カムイさんの本はほんとにずいぶんひさしぶり。
やっぱり上手いですねえ。
原作をかなり忠実に再現していて、登場人物の似顔っぷりにも驚きました。
短編集のような状態ですが、オリジナルストーリーを長編でじっくり読みたいなと思いました。

| | コメント (0)

2011年10月19日 (水)

144試合目

ライオンズ、最終戦で3位に滑り込んでCS進出してしまいました。
バファローズとは一毛差、首の皮1枚どころか、髪の毛1本でした。
選手や応援団のみなさん、よく頑張ってくれました。
いろいろと複雑な心境ですが、やるからには全力を尽くして勝ちにいって欲しいですね。
「貯金1」で日本一になったら物議をかもすだろうなあ。
そういうのもちょっと楽しみではあります(^_^;)。

| | コメント (0)

2011年10月18日 (火)

2試合連続ドロー

勝ち進むしかないライオンズ、月曜日はQVCマリンフィールドでマリーンズ戦。
延長11回を戦って、またしても引き分け。
エラーで失点するし、10安打を打ちながら2得点に終るし。
以前のチーム状態なら簡単にサヨナラ負けしているところだったと思います。
抑えの牧田、3イニングをきっちりと抑えてくれて助かりました。
新人王を取らせてあげたいなあ。

| | コメント (0)

2011年10月17日 (月)

じわじわ

最近はHDレコーダーのある生活をしているわけですが、「録画してあとでゆっくり観よう」というスタイルになってしまいました。
以前は「そういうのがなくても人は生きていける」を実践していたのですが・・・。
海外ドラマの「CSI」「COLD CASE」「LIE TO ME」、その他に「美の壺」「美の巨人たち」「食彩の王国」「ピタゴラスイッチ」、さらに映画や単発もの、等々。
さらに今期は「深夜食堂2」が始まるし、「デザイン あ」という番組もチェックしたいし。
320GBのモデルだったと思いますが、6割ぐらいを使っています。
自分は「HDレコーダーになぜあれほどの録画時間が必要なのか?」と疑問に思っていました。
録画して、観て、必要ならディスクに落として、消す。
これを繰り返していくだけなら、あれほどの容量はいらないのではないか、と。
でも、もしかしたら、「じわじわ溜まっていく」という事なのかもしれませんね。
ちょっと納得しつつある今日この頃です。

| | コメント (0)

2011年10月16日 (日)

昇格はしなくていいから(^_^;)

レッズに比べてギラヴァンツはがんばっています。
試合の映像は見たことないのですが(^_^;)、日曜の富山戦に勝利して7位にいるのであります。
ヴェルディ(8位)の上にいるという事がなんと嬉しいことか(^_^;)。
なんとか6〜9位ぐらいでシーズンを終えてくれればもう充分に嬉しいです。

ライオンズはホークスとの最終戦。
涌井が6回途中4失点で試合を壊してしまったけど、9回に2点を取ってなんとか引き分け。
よく追いついたけど、自力優勝がなくなりました。

| | コメント (0)

2011年10月15日 (土)

降格危機

浦和レッズ、ナビスコ杯の決勝に進出と思いきや、リーグ戦では大宮に敗れて16位の降格圏内に orz。
なんばしよっとですか、なんでこげんことになるとですか(ショックのあまりに九州弁)。
監督はいきなり今季限りで辞任すると言い出すし。
まあ、後任に福田正博の名前があがっているし、さすがに真面目に補強するだろうし、そのためにもJ2に落ちたらいかんざきです(ショックのあまりに…)。

| | コメント (0)

2011年10月14日 (金)

『 THE ITALIAN JOB 』★★★


「ミニミニ大作戦」を観ました。
「面白いらしい」という噂を知っていた程度でしたが、面白かったですね(^_^)。
泥棒のお話ですが、旧ルパン三世や黄金の七人のテイストそのもの。
小さな車ミニ・クーバーが活躍するあたりもカリ城っぽくて良かったです。
銃は使わずに知恵と技で金塊を盗む、これが正しい泥棒さんの在り方だと思います。
強奪作戦がテンポよく展開される冒頭の20分とラストの20分、いいなあ。
音楽もいい感じでしたが、カーチェイスシーンと金庫破りのシーンが交互にカットバックされる時、カーチェイスから金庫破りのシーンに移ると音楽の音量も息をひそめるように小さくなる、そんな演出がすごく好きです。
でも、邦題はちょっとひどいですね。
そのまま「イタリアン・ジョブ」だとわかりにくいかな。
「ミニミニ大作戦」とか聞くと、どうしても短いスカートを連想してしまうのは自分だけでしょうか。
そうだったら反省しますけど(^_^;) 。
観賞後に知ったのですが、この作品はリメイクで、オリジナル版は1969年の作品だとか。
主演はマイケル・ケイン、音楽はクインシー・ジョーンズ。
こっちも観たいなあ。
もしかすると★4つかも。

| | コメント (0)

2011年10月13日 (木)

気になる重機

もともと流線型のスポーツカーなどよりも「働く車」が好きでしたが、架空重機コンテストのおかげで日常的にも重機がちょっと気になるようになっています。
で、ガンダム好きが開発した重機のニュースを見ました。
なかなかアグレッシブな感じです(どんな感じじゃ(^_^;))。
連邦のモビルスーツというよりも、ジオンのビグロやザクレロのようなモビルアーマーをイメージしました。
パトレイバーに出てくる土木用レイバーとはまた違うテイストを感じます。
両腕のアームが妖しくて良いなあ。
まだまだ試作機段階でコストが高く、量産型に移行させるのが大変、なんていう記事もニヤニヤして読んでしまいます(笑)。

もうひとつネットの記事で映画「バイオハザード」の撮影中の事故のニュースを見かけました。
「15〜16人のゾンビ達が事故に巻き込まれたけど、血まみれメイクのために怪我の確認に手間取った」そうで、不謹慎ですけどつい笑ってしまいました。

| | コメント (0)

2011年10月12日 (水)

『 I AM LEGEND 』★★


「アイ・アム・レジェンド」を観ました。
ずいぶん昔になると思いますが、チャールトン・ヘストン主演でやってた「オメガマン/地球最後の男」のリメイクだったので、見比べてみたいと思ったのです。
オメガマンは怪しいB級SF映画として記憶に残っていました(ソイレント・グリーンなども同様です)。
ストーリーはほとんど同じでした(原作は未読ですが)。
謎の病原体が蔓延し、感染者は凶暴な獣人と化し、免疫のある数少ない人間が生き残った世界のお話。
廃虚と化したニューヨークの情景などはよくできているなあ、と感心しました。
しかしなあ、映画としてはもうほとんどゾンビ映画でありまして、SF映画ではないですね(^_^;)。
ウイルスの発生も、ワクチンの完成も、特になんの根拠もなく勝手に提示するだけ。
グロテスクな映画は苦手ですが、まだ「バイオハザード」なんかの方が謎解き的には面白いように思います。

| | コメント (0)

2011年10月11日 (火)

レッド&ブルー

Img_2936 Img_2938 以前から気になっていた雑貨グッズが世界の有名なデザインの椅子のミニチュアモデルです。
価格は500円なのですが、ガチャポンと一緒で中身が見えないのです。
ミニフィグと違ってちょっと高めだし、なによりもダブると使い道に困るので手を出せないでいました。
ところが、昨日のお出かけで見かけたショップでは「中身が見えるように包装をカットした状態」で売っていたのです(写真そのまま)。
おかげで欲しいと思っていたリートフェルトのレッド&ブルーチェアを入手することが出来ました。
万歳。
座り心地はおいといて\(^^\) (/^^)/、ユニークでカッコよくて美しいデザインの1つだと思います。
ただし、安楽椅子探偵にはちょっと向かないかも(笑)。
まだいくつか欲しいものがあるので、残っていたら購入するかもしれません。
Img_2939

| | コメント (0)

2011年10月10日 (月)

のんびりと

Img_2935 月曜日は近所でお散歩買い物ランチ。
ひさしぶりにオシャレなお店でゆっくりと食事をしました。
北海道の食材を使ったお店らしいで、頼んだのはお店の定番メニューが少しずつ乗ったプレートランチ(¥1,050)。
肉、魚、野菜、などがバランスよく並んでいました。
ご飯は玄米、スープはミネストローネ(でいいのかな)どれも美味しかった。
丸いポテトフライのように見える「チーズ入りいももち」が気に入りました。
「芋餅」というと田舎料理っぽいですが、チーズが入った洋風テイストで、イタリアの田舎でおばあさんが作ってる感じ。

Img_2940 Img_2941 無印良品では新発売の「無印レゴ」をチェックしました。
割高感があるので、チラシをもらってきただけです(以前、1つだけ買ったのは白のベースプレート目的(^_^;))。
今までは白い型紙に自分で色を塗って楽しむスタイルでしたが、今回は「手軽に楽しむ」というキャッチフレーズで「色付きの型紙」で作る入門編のような感じですね。
パーツの構成しだいでは考えますが、レアなものが入っているとはちょっと考えにくいです。

| | コメント (0)

2011年10月 9日 (日)

名探偵登場

Img_2944 土曜日は都心にも出たのでガチャフィグをやってきました。
いつものビックカメラはあきらめてヨドバシカメラに行ったのですが、前回は探し方が悪かったようで、今回はガチャポンだけが大量に並んでいる専門フロアを発見、シリーズ2〜5のベンダーが並んでいました。
「え〜っ」という感じでびっくりでした。
そんな誘惑もなんのその、真大人宣言発動中なので3回だけ回してきました。
まず、あきらめモードで回したシリーズ4でついに「防護服」をゲット。
ミニフィグの表情がネガティブで、これはいけない事態が発生している状態だと思いました。
まあ、確かにニッコリちゃんにするのもどうかと思いますけれど。
シリーズ5からは「名探偵」と「邪悪な小人(ダブり)」の2つ。
名探偵はダークタンの色合いがいいですね。
ミニフィグの表情が「おっさん」なので(^_^;)、これはニッコリちゃんに差し替えたいです。
今回はもう充分満足。
ドラフト会議だったら1位指名と2位指名をきっちり確保できた感じです(笑)。

| | コメント (0)

2011年10月 8日 (土)

ラストスパート

土曜日はいつものライオンズ関係のパーティーでスタッフとして参加してきました。
シーズン開幕時に「Start Dash Party」、終了間際に「Last Spurt Party」と称してやっています。
今年はバファローズとの3位争いをやっていますが、う〜ん、なんだかね〜。
いろいろと複雑な心境です。
中途半端にそれなりの成績を残して「現在のチームの在り方を肯定する」というのが困ります。
どんな成績になったとしても、しっかりと総括してもらわなければなあ。
来年も同じ体制というのはちょっと困ります。

なんか、レッズがナビスコ杯の決勝に出るようで。
いつの間にそんな事になっていたのやら(^_^;)。

| | コメント (0)

2011年10月 7日 (金)

クリエイター

スティーブ・ジョブズ氏の訃報がニュースで流れていましたね。
何ヶ月か前のプレゼンでは「激ヤセ」の姿だったので心配していましたが、その頃からかなり悪かったんだろうなあと想像します。
自分は熱狂的なアップル信者というわけではありませんが、ユーザーとしては長いことお世話になっているのでやはり残念です。
「パソコン=理系の堅苦しいもの」ではなく、誰にでも使えるツール(機械ではない)として広めてくれました(自分も昔はMS-DOSで操作していたのです(^_^;))。
クリエイターに愛されるマックですが、単にカッコいいからだけではなく、面倒で余計な作業を必要とせず「自分の作業に専念できる」というクリエイティブな環境を得ることができるのも大きいと思います。
ジョブズ氏も常にクリエイティブなイメージ、クリエイターでした(ビル・ゲイツ氏は優秀なビジネスマンのイメージしかありません(^_^;))。
ご冥福をお祈りします。

| | コメント (0)

2011年10月 6日 (木)

セーラー服

Img_2847 Img_2848 せっかくなのでセーラー服の女学生にしてみました。
可愛いなあ(そういう趣味はないのですが(^_^;))。
そして、やっぱりセーラー服といえば機関銃ですね。
ニッコリちゃんのあどけない笑顔がなんともいえません(笑)。

| | コメント (2)

2011年10月 5日 (水)

縁が無い

Img_2846 仕事で都心に出たのでいつものビックカメラに寄ってガチャポンしようと思ったのですが、マシンが見当たりませんでした。
フロアの一角で立ち尽くしてしまいました(苦笑)。
その後、ふとヨドバシカメラに寄ってみたのですが、なぜかシリーズ5ではなく、シリーズ4のSIDE Aのマシンが残っていました。
防護服とパンクロッカー目当てのあのシリーズです。
で、2回チャレンジしてみましたが、狼男と水兵さんでした(以前にもこの組み合わせがあったような…)。
なかなか出会えませんね。
がっくりです(でもセーラー服は嬉しいかも(^_^;))。

| | コメント (2)

2011年10月 4日 (火)

『 綱渡りの男 』


以前観たドキュメンタリー映画「MAN ON WIRE」は、貿易センタービルの建設時、完成間近の2つの棟の間にロープを張って綱渡りをした大道芸人のお話でした(1974年の出来事)。
これはその絵本版とでもいうべき本ですが、出版されたのは「9.11以降」です。
「2つのタワーは、いまはもうありません」という1行と共に同じアングルで描かれた広い空のページがせつないです。
貿易センタービルの在りし日の記憶を記した素晴らしい本だと思いました。

| | コメント (0)

2011年10月 3日 (月)

10月のカレンダー

10_01 10_02 今月のベーダーさまのカレンダーです。
特に凝った部分などなし。
オレンジと黒を使っておけばそれらしく見えるので楽ですね。
じっくり考えればいろいろなアイデアもわいてきそうですが、まあ、これは適当にサクッと作る企画なので(^_^;)。

| | コメント (0)

2011年10月 2日 (日)

やっぱりそこにいた

TOKYO MXで放送していた「宝島」が最終回でした。
実はレーザーディスクのBOXで1式持っていたのですが、再生機器は持たないまま現在に至ります。
まさに封印された宝箱です(笑)。
なので、前回観たのは2〜30年ぐらい前の再放送、それ以来だと思います。
やはりラストは感動ものでした。
宝島の冒険を終えて10年後、老年の域にさしかかったシルバーと偶然出逢う一人前の船乗りとなったジム。
すっかり落ちぶれた生活と思いきや、その中で見せるあのシルバーのきらめき。
「俺のシルバーはやっぱりそこにいたんだ!」というジムのセリフは、ひさしぶりに観た自分の声でもあります。
最近では、海賊といえばワンピースやパイレーツ・オブ・カリビアンなのだと思いますが、やはり自分には出崎+杉野さんの「宝島」、若山弦蔵さんのジョン・シルバーです。

| | コメント (0)

2011年10月 1日 (土)

雑記

どうでもいい話です。
消防署の入口の前に10人ぐらいの屈強な隊員さんが集まって、道の一方をみんなで眺めていました。
誰か(何か)をずっと待っているようでした。
前を通り過ぎる時、「ぜんぜん来る気配がないな〜」という声が聞こえました。
真相はわかりませんが、ピザ屋さんだったりしたらちょっと面白いなと思いました。
店員さんはびっくりするだろうなあ。

TVの番組紹介欄で「メガトン級アクション大作!」というフレーズを見かけました。
こういうのはまだあるんだなあ、とちょっと感心しました。

キウイを食べてハイテンションの藤原紀香のCMがちょっと怖いです。
間違って危ないものを食べてしまった感じです。

Img_2840 ニンジャゴーのコマにトロールを乗せてみました。
すっごく強そうですけど、重心が高いのでうまく回りません(笑)。

| | コメント (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »