« 日本シリーズ終了 | トップページ | ワーゲン »

2011年11月22日 (火)

『 DANGEROUS DAYS : MAKING BLADE RUNNER 』★★★


BSでやっていた「デンジャラス・デイズ:メイキング・オブ・ブレードランナー」というドキュメント映画を観ました。
面白かったなあ。
「デンジャラス・デイズ」というのは企画当初の映画タイトルですが、その後の撮影時の過酷な日々にかけたタイトルになっています。
当時の関係者の証言だけではなく、撮影中の様子などが映像として観られる「お宝映像」が満載でした。
ラストシーン、寿命を迎えたロイがカクッとうなだれて、鳩が飛び立つシーン。
その鳩がなかなか羽ばたいてくれなくてNGを連発したりして(笑)。
絶命したロイがOKの合図に目を明けるシーンなんか、ちょっとドキッとしました。
見てはいけないものを見てしまった感じです。
そういえば、ラストのあのシーンを観ていて思ったのですが、「あしたのジョー」でホセ・メンドーサ戦を終えた後のジョーに似ているような気がしました。
真っ白になるまで燃え尽きた、生き尽くした感じ。
もう1つ感動したのは、原作者のP.K.ディックを試写に呼んだ時のエピソードが紹介されていた事です。
自分が想像していた世界がいきなり映像として目の前に繰り広げられる驚き。
映画の公開前(4ヶ月ほど前らしい)に亡くなったのは知ってましたが、リドリー・スコットとの2ショット写真なども観られてちょっとホッとしました。

|

« 日本シリーズ終了 | トップページ | ワーゲン »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本シリーズ終了 | トップページ | ワーゲン »