« 『 THE TAKING OF PELHAM ONE TWO THREE 』★★★ | トップページ | 恐いタイトル »

2011年11月 9日 (水)

『 HACHIKO: A DOG'S STORY 』★★★


「HACHI 約束の犬」を観ました。
自分には全く関係ないと思っていた映画ですが、監督が「ショコラ」や「シッピング・ニュース」を撮った監督さんだと知り、ちょっと気になっていました。
ラッセ・ハルストレム監督というスウェーデンの監督さん。
で、とても良かったです。
ストーリーはほぼオリジナル通り。
日本の文化を無理矢理(?)組み込んだり、リチャード・ギアが「HACHI、HACHI !」と呼ぶのには多少の違和感もありますが、美しい映像と音楽、落ち着いた雰囲気でゆったりと観賞することができました。
邦画にありそうな「お涙頂戴映画」ではないですね。
やはり、小さな子供が出ないせいかな。
可愛い動物と小さな子供を両方出すとか、反則です(笑)。
今さら「感動」というわけではありませんが(^_^;)、日頃は殺人事件が起こる映画やドラマばかりを観ているので、心の洗濯にはとてもよかったと思います(苦笑)。
子供がいたら一緒に観たい映画ですね。
あ、でも、自分は字幕スーパー版で観たから落ち着いた雰囲気でしたが、吹き替え版だとどうなのかな?
また印象が違ってくるかもしれませんね。

|

« 『 THE TAKING OF PELHAM ONE TWO THREE 』★★★ | トップページ | 恐いタイトル »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『 THE TAKING OF PELHAM ONE TWO THREE 』★★★ | トップページ | 恐いタイトル »