« 字幕と吹き替え | トップページ | 日本シリーズ終了 »

2011年11月20日 (日)

『 WITNESS FOR THE PROSECUTION 』★★★★


最近はえげつない殺人事件が起きる海外ドラマばかり観ているので(^_^;)、オリエント急行やナイル殺人事件のような「エレガントなミステリー映画」が観たいと思い、結局行き着いた先が「検察側の証人」でした。
邦題は「情婦」ですが、最初はハヤカワ文庫で読んだせいもあり、いつも原題で呼んでいます。
1957年の映画ですから生まれる前のものですが、今でも何度観ても面白い映画ですね。
最後のどんでん返し、やはり唸ってしまいます。
そして、まるでコメディ映画かと思わせるような軽妙なやり取り。
特に、ラストでの弁護士と看護婦さんのやり取りは最高です。
ミステリー映画だけで評価するのはもったいないぐらい。
まだまだ、これからも何度でも観ることでしょう。
あ、こういうのはリメイクしてはいけないですね。
文化遺産として残しておくべきです(^_^;)。

|

« 字幕と吹き替え | トップページ | 日本シリーズ終了 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 字幕と吹き替え | トップページ | 日本シリーズ終了 »