« 光る眼 | トップページ | AirMac »

2012年2月 8日 (水)

『 Edward Scissorhands 』★★★


ひさしぶりに「シザーハンズ」を観ました。
ティム・バートンの名前を覚えたのはこの作品だったように思います。
とにかく「両手がはさみの男」というアイデアがすごいですね。
普通、こんな事思いつかないし、考えもしないと思います(^_^;)。
で、紙切り、庭木の剪定、ヘアカット、氷の彫刻など、はさみ男に出来るアイデアをいろいろ盛り込んでいく。
もちろん、時に相手を傷つけてしまう事も。
1つのアイデアが次々と物語を紡ぎだしていく感じです。
自分の場合、デザインの仕事やレゴをやっている時に、1つのアイデアが浮かんだ時点で「ほとんど出来たようなもの」と思えることがあるのですが、そういう感じです。
もっとも、その「安心」に甘んじてしまって、締め切り間際に慌てることになるのですが(苦笑)。
主演のジョニー・デップも初々しくて好きです(ふてぶてしい(?)ジャック・スパローはちょっと苦手です)。
ピュアな分だけ、見ていて痛々しくなることもあります。
おとぎ話やファンタジーのふりをして、いろいろ深いところがありますね。
子供がいたら一緒に見たい映画です。

|

« 光る眼 | トップページ | AirMac »

映画」カテゴリの記事

コメント

シザーハンズ 面白い映画でした。ティムバートン監督も 大人気ですね。チャーリーとチョコレート工場 まだ 見ていない作品です。
ジョニー デップというと パイレーツ カビリアン を 思い出します。しかし スゴイ 役者ですね。映画同好会(名前検討中
世界的 歴史的 美男を 探す会(名前検討中

投稿: 村石太レディ | 2012年2月21日 (火) 21:13

村石太レディさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
ティム・バートン監督の作品はいつも楽しみにしています。
ちょっとブラックなユーモアがよい感じです(^_^)。

投稿: HIRO | 2012年2月22日 (水) 01:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 光る眼 | トップページ | AirMac »