« 投票傾向 | トップページ | ダルビッシュ好投 »

2012年4月25日 (水)

『 THE THIN RED LINE 』★★★


「シン・レッド・ライン」を観ました。
太平洋戦争のガダルカナル島での戦いを題材にしたお話。
寡作で有名な監督さんらしいですが、自分は初めて。
映像が美しく、詩のように語られるモノローグを中心とした脚本も面白かったです。
アマゾンのレビューを見ると、いろいろ賛否両論あるようですが、自分はとても興味深く観ました。
ハンス・ジマーの朗々と流れる重くて美しい音楽もよかった。
「どんなに訓練しても、どんなに用心しても、死ぬかどうかは運さ」というセリフが印象に残っています。
こういう世界では「少しでも生き残れる確率を高める」という考え方をした方がよいのかも。
不謹慎ですけれど、野球の駆け引きを思い出しました(^_^;)。

|

« 投票傾向 | トップページ | ダルビッシュ好投 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 投票傾向 | トップページ | ダルビッシュ好投 »