« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月31日 (木)

交流戦、前半戦終了

前半戦が終了して、ライオンズは「5勝7敗」と2つの負け越し。
最後のカープ戦2連敗を1勝1敗でしのいでいればなあ。
まあ、今のチーム状態では仕方ないところであります。
期待の新人「大石」、なんだかひどい状態で、なんでこんな事になってしまったんでしょう orz。
十亀、中継の際にブルペンのメンバーを示すテロップで「松永十亀」という表示が「松永+亀」に見えてしまいました。
すいません。
どうでもいいですね。
メジャーリーグでマリナーズの中継を見ていたら、レイズ1軍に復帰した松井の打席を随時生中継という緊急の場面に遭遇。
画面が切り替わったと思ったら、いきなり初級をフルスイング。
大きな放物線を描いてライトスタンドに飛び込む当たりにちょっと鳥肌が立ってしまいました。
やっぱり、松井は凄いなあ、と思いました。

| | コメント (0)

2012年5月30日 (水)

『 GANTZ : PERFECT ANSWER 』★★★


「 GANTZ : PERFECT ANSWER 」を観ました。
いちおう、それなりに面白かったです。
観た人によっては「なにがパーフェクトアンサーやねん、何も解決しとらんがな」とか言いそうですが(なぜ関西弁?)、原作は進行中なのですからね。
「another answer」ぐらいにしとけばよかったのにと思います(笑)。
原作は読んだことなく、映画の前作を観ただけですが、なんか、ああいう「不条理な感じ」が好きなのです(^_^;)。
マンションの一室に在る謎の黒い球体、それだけでシュールですね。
マグリットの絵みたい。
きっとウルトラセブンのメトロン星人へのオマージュだったりもするのでしょう。
オチは予想がついてしまったので、原作の終わり方がちょっと気になったりします。
音楽を川井憲次がやっていて、エンディングに流れた男性コーラスがカッコよかったなあ。
エンディングだけ何回も観ました(^_^;)。
ドイツ語で「Kampfen, kampfen, kampfen die Aliens」
日本語に訳すと「戦え、戦え、 異星人と戦え」と言ってるそうで、ちょっとテンションが上がります。

| | コメント (0)

2012年5月29日 (火)

その後の竹の子

Img_0331 初めて自分で下ごしらえした竹の子。
その後は、竹の子ご飯やお味噌汁や土佐煮にしてみました。
みな、それなりに美味しくいただいたので、下ごしらえもいちおう成功だと思います。
比較するものがない者の強みです(笑)。

北野武とキムタクが出演している車のCM、津波の跡地に行くやつが印象に残りました。
海に向かって「バカヤロー」と叫ぶところはぐっと来ました。
こういうのはひさしぶり。

| | コメント (0)

2012年5月28日 (月)

『 You've Got Mail 』★★★


「ユー・ガット・メール」を観ました。
これも何回観ても楽しめる映画。
メグ・ライアンが可愛いし(ニコニコ)。
実生活では敵対している2人が、ネット上ではお互いにわかり合える真の友、という設定だけで面白くなるのは間違いないですね。
最後にメル友の正体がわかって・・・という展開はお約束だけど、ニヤニヤしながら観てしまいます。
冷静に考えると、古くから地元の人々に愛された「街角の本屋さん」が、安売りの「大型チェーンの本屋」に潰される展開なわけで、決して喜ばしい話ではないのですが、それでもハッピーエンドに思えてしまうのは何故なのでしょう。
「小さな個人の店が大型のチェーン店に置き換わっていくのは時代の流れでしょうがない事」と、心のどこかで思っているのかな。
それはそれでちょっと哀しいですね。
それにしても、ネットに接続するためのモデムの音とかがとてもアナログな感じで、懐かしささえ感じてしまうのでした。

| | コメント (0)

2012年5月27日 (日)

『 ALL THE KING'S MEN 』★★★


「オール・ザ・キングスメン」を観ました。
理想に燃える小役人が知事選挙に打って出て当選。
庶民の味方として上流階級との戦いが始まるけれど、そのために汚職やスキャンダルにも手を染めて・・・、みたいなお話。
面白かったです。
結局、政治の世界で生き抜いていくためには、「普通のいい人」では無理なんでしょうね。
そういう人が上に立って欲しいんだけど。
不謹慎な言い方かもしれませんが「まともな神経をしていたら政治家なんてやってられない」という感じです。
小泉さんでしたっけ?
「鈍感力」という言葉を使ったの。
いい意味でも、悪い意味でも、政治家には重要な能力のように思えます。

街角では明るい笑顔と素敵なキャッチフレーズが載っているポスターが目に飛び込んでくることがあります。
街の美観を平気で損ねながら「美しい街づくり」とか書いてあると無性に腹が立ちます。
正義を振りかざしている感じの政治家が一番嫌いです。

| | コメント (0)

2012年5月26日 (土)

右投げ左打ち?

ジャングル大帝のレオといえば、ライオンズのマスコットにもなっているわけで、そういう意味でも親近感があります。
以前、手塚治虫のアシスタントを1年間だけ務めていたことがある漫画家の石坂啓さんが、ラジオの中でライオンズのレオマークについて思い出を語っていました。
手塚さんはスポーツが苦手で、実際「スポーツ漫画」と呼べるものは1つも描いていないわけですが、そんな氏が「様々な野球のポーズをとるレオ」を描かなくちゃいけなくて、かなり苦労していたそうです。
投げる、打つ、すべりこむ等、野球の経験者あるいは野球好きにとっては当たり前の動作も、興味のない人にとっては難しいポーズというわけですね。
右利きの場合、投げる時にボールを右手に持つのはわかるとして、バットを握る時はどちらの手が上なのか、すべりこむ時はどちらの足を伸ばすのか。
そういうのが意外と難しく、「右と左が逆転」している場合もあったらしいのですが、それを指摘しても書き直すのを面倒くさがったそうです。
結局、印刷時に原稿を反転させて使ったものもあるとか。
「右投げ左打ち」なんて今では当たり前になっていますが、当時そうだったらレオは時代の先端を行ってましたね(^_^;)。

| | コメント (0)

2012年5月25日 (金)

「劇場版ジャングル大帝」★★★


「劇場版ジャングル大帝」を観ました。
いろんなバージョンがありそうですけど、1997年版です。
原作の第3部を忠実に映像化したそうで、原作は読んでいるはずですが記憶は曖昧。
というよりも、やはりジャングル大帝はTVアニメの印象が強いせいだと思います。
TVの連続アニメでは日本初のカラー作品とされていますね。
自分は幼稚園の頃のはずですが、オープニングの雄大な映像と音楽が記憶に焼き付いている感じです。
えーっと、これは別の話だな(^_^;)。
映画の感想は面白かったのですが、盛りだくさんな分、やはり「駆け足」の感は否めず、ゆっくりのんびり観たいよなあ、と改めて思いました。
話はレオ達が暮らす地に壮大なエネルギーを秘めた「月光石」という鉱物があり、それを巡って人間どもが、という感じ。
人間が絡んでくるとろくな事はありません。終了。
映画版だけあって、声優陣にも意外なゲストがいました。
ハム・エッグの立川談志にはびっくり。
キャラクターデザイン&作画監督を杉野昭夫氏が担当していたのが嬉しかったのですが、やはり何よりも最高の喜びは冨田勲さんが音楽全編を担当されていたことです。
「あ〜、あ〜、あ〜、あ〜、響〜け〜、こだま〜」で鳥肌です。

NHK-BSで放送されていた分を観たのですが、「洪水災害を連想させるシーンをカットしています」というテロップがありました。
配慮はわかるけど、ちょっと残念でした。

| | コメント (0)

2012年5月24日 (木)

Gに連敗

交流戦、ライオンズはジャイアンツに2連敗を喫してしまいました。
本当は「G2連敗」と変換したかったのですが、残念ながら「Gに連敗」です。
そういえば、ずいぶん前に「爺さん連敗」とか書いたような記憶も。

お手伝いしている某ライオンズ関係のサイトの掲示板が一時閉鎖することになりました。
憂さ晴らしを他人様の掲示板でやるというバカな連中が多いせいです。
閉鎖のおかげで「書き込み内容をチェックする」という精神的な負担がなくなりました。
その代わりに有料サイト内の掲示板の活性化を担うことになり、物理的な負担は増えました。
もちろん、後者の方が圧倒的に楽です。
助かってます。
一時と言わず・・・ごにょごにょ(^_^;)。

| | コメント (2)

2012年5月23日 (水)

はじめての竹の子作業

Img_0323 Img_0324 ご近所さんから立派な竹の子をいただいてしまいました。
自分はどう扱えばいいかわからないし、同居人も99.9%そうです。
正直に言ってお断りした方がいいのかと一瞬思いましたが、「ありがとうございます」とにっこり笑って受け取りました。
それからいろいろネットで調べたところ、米糠が必要のようでしたが、そんなものはあるわけなく、今回のために購入する気もありません。
そこで米糠の代わりに「お米のとぎ汁を使う」という方法を見つけました。
我が家は無洗米なので、それをさらにひたすら洗いまくって白いとぎ汁を作りました。
それは米ぬかに相当するものではなく、お米の身を削ったもののようにも思われます(^_^;)。
Img_0325 Img_0326 ま、とにかく、鍋にとぎ汁と鷹の爪を入れ、そこに先端をカットし、皮に切れ目を入れた竹の子を投入して2時間ほど煮ました。
皮をむいたら予想通り、食べる部分は小さいですね。
これを水にさらして完了です。
夜はとりあえず穂先部分を切って「おかか和え」、酒のつまみになりました。
Img_0330_2 美味しかったですけど、やっぱり手間がかかりますね。
1回ぐらいなら新鮮な体験ですけど、毎回は大変。
自分から買って料理することはないでしょう。
いただける場合は拒みませんけれど(^_^;)。
いや、それよりも、実は自分は竹の子がそれほど好きではありません。
小学校時代、通学路に竹の子を茹でている小さな工場があって、排出される蒸気は強烈な竹の子の匂いがしていたのです。
もわっと襲ってくるその匂いが苦手でした。
竹の子を食べるようになったのはそんな記憶も薄れた30代ぐらいからだったと思います。

| | コメント (0)

2012年5月22日 (火)

日食

金環日食でした。
自分はちょこっと空を見上げて、あとはニュース映像を見ていました。
どうも、世間で大騒ぎしていると天の邪鬼的に無関心を装いたくなります(子供です)。
いちおう、ピンホールカメラ原理の観察用具を段ボール箱で作ろうと思っていたのですが、週末のライオンズのひどい連敗で何もやる気が起きませんでした(子供です)。
で、TVの中で泉麻人が面白いエピソードを紹介していたのに遭遇しました。
50年前ぐらいだと思いますが、子供の頃に持っていた子供向け天体図鑑をスタジオに持参し、金環日食に関するページを紹介していました。
そこには「次に日本で金環日食が見られるのは2012年の5月21日」という未来の出来事が記されていたのです。
「科学とはそういうものだ」と言われればそれまでなのですが、当時の事を考えれば2012年なんて本当に「夢の21世紀」「遥かな未来」でしたからね。
なんかちょっと感動しました。
この宇宙がそういう仕組みで成り立っていること。
そういう神秘を50年前の大人達もなんとか子供達に伝えようとしていたこと。
そして、それが記された本を泉麻人がふと思い立って本棚から引っ張りだしてきたこと。
太陽と月と地球の貴重な巡り合わせと同じくらいに、素敵な巡り合わせだと思えます。

きっと、中世時代なんかにこういう現象を把握していた科学者が「○○年の○月、太陽は姿を消し、世界は闇に覆われるであろう」とか言っちゃうと、予言者になれるのでしょうね。

| | コメント (0)

2012年5月21日 (月)

雑記

ライオンズは置いといて、レッズ勝利。
清水の監督にぶちぶち言われたようですが、敗戦の将が何を言っとるんじゃい。
引いて守ってカウンター、上等。
弱い頃のレッズを思い出して懐かしかったです(^_^;)。

ギラはホームでヴェルディに惨敗。
すでに母体は変わっているとはいえ、読売の系譜のチームに負けると悔しいのであります。

MLBで青木のいるブリュワーズの試合を見ていたら、日系の選手がけっこういるのですね。
ブリュワーズのイシカワ、ツインズのコマツ。
これで青木がいて、西岡が1軍にいたりしたら、にぎやかですねえ。

ブログパーツのグリムスが大人の樹(13本目)になりました。
10本が植林済み、3本が大気中、じゃなくて、待機中です。

ドラマの中のセリフで「これでも家庭では誠実な夫なんだ!」というのがありました。
自分には「これでも家庭では政治通な夫なんだ!」と聞こえてしまって、これはこれで面白いなと思っていました。
世間一般では普通の知識でも、家庭内でおとなしい妻と小さな子供を相手にすれば政治通な夫、みたいな感じ。
ちょっとした妄想です。

日曜日の夕食に牛丼を作りました。
美味かったなあ。
手料理の写真をブログに貼るのはけっこう恥ずかしいと思っているのですが、最近はちょっと考え中。
このブログの意義についてもゆっくり考えてみたいと思っています。

| | コメント (0)

2012年5月20日 (日)

ぼやき

週末のライオンズはナゴヤドームで2連敗。
「惜敗」というほど健闘したわけではなく、「惨敗」というほど全てがひどいわけでもありませんでした。
うまい言葉が見つかりませんが「自滅敗」みたいな感じ。
やりようによっては2連勝できたかも、なんて思えるので余計に歯がゆいんだなあ。
こういうひどい負け方を何度も見せられると、信者であるファンに踏み絵を強要しているかのようですよ。
「おまえはこれでもファンを続けられるのか〜」と(苦笑)。
新・3大「西武・西口投手の哀しい勝利」がありましたが、勝っているだけまだましかもしれません。
真・3大「西武・西口投手の哀しい未勝利」ができそうですが、こちらは笑えません。
本当に哀しいです orz。

それにしても「O投手」であります。
昨年の5月20日(本人の誕生日)、交流戦のドラゴンズ戦終盤に登板して見事な大逆転負けを喫し、ライオンズファンからの批難を一身に浴びました。
そして今年の5月20日、同じくドラゴンズ戦の終盤に登板して見事な大逆転負け。
ある意味、ミラクルです。
金環日食と同じくらいに稀少な出来事です orz。
これから色眼鏡で見てしまいそうです(座布団、取りなさい)。

| | コメント (0)

2012年5月19日 (土)

『 LOAD OF WAR 』★★★


「ロード・オブ・ウォー」を観ました。
アンドリュー・ニコル監督の作品は『ガタカ』や『トゥルーマンショウ』が大好きなので楽しみにしていましたが、期待通り面白かったです。
戦争の武器商人のお話(下町のブラックゴースト)。
武器売買に手を染めて成り上がっていくニコラス・ケイジと、彼を追うインターポールの銭形ではなくてイーサン・ホークがなかなかよかったです。
必要悪とまでは言わないものの、世界の構図の中の1つの歯車として機能していることの恐さを感じました。
どこまでが真実と考えていいのか微妙ですが、ブラック・ユーモアというレベルでは済まされない話ですよね。
そんな戦争がらみの映画なのに、やはりビジュアルがカッコよかったなあ。
もちろん美化しているようなものではありませんが。
英語には堪能ではなくて、最初は「ROAD OF WAR」だと思っていたら、「LOAD」でした。
いろんな意味があるようで、「積み荷」だったら武器密輸そのもの。
「重荷」みたいな意味あいだと世界が抱えている悩ましい問題っぽい。
「装填」のような意味もあって、これだと戦争準備みたいな感じです。
そういえば、最初に「武器商人」と書こうとして「武器承認」と変換されました。
これはこれでかなりブラックです。

| | コメント (0)

2012年5月18日 (金)

植物

Img_0315 同居人が仕事の関係で花束を持ち帰りました。
ユリやバラやガーベラ(?)などなど、にぎやかな雰囲気。
自分にはちょっと落ち着かないぐらいの華やかさなのですが、それよりも「花の香り」が凄くって。
ユリだと思いますが、強烈ですね。
空気清浄機をつけて生活しています(なんか、変)。
小さな野草なんかの花の方が好みです。
Img_0316 Img_0317 写真左:プランターのベビーリーフがわさわさと発芽中です。
間引きするのにちょっとした抵抗を感じます。
写真右:西武ドームの生ビールの紙コップを持ち帰って簡易の植木鉢にしています。
プルーンを食べた後の種を蒔いて育てています。
こういうのは生きているうちに収穫できそうにありませんが(^_^;)、命をつなぐことに意味があります、と思っています。

| | コメント (0)

2012年5月17日 (木)

交流戦スタート

プロ野球の交流戦がスタート。
毎年、ライオンズはいまいちな交流戦ですが、今年はなんとか借金返済シリーズにしたいところです。
パの上位チームと対戦するセリーグさん、がんばって(^_^;)。
で、最初の対戦がDeNA。
おかわり君のひさしぶりのホームランでひと安心。
これがきっかけになってくれると良いのだけど。

夜は「怒り新党」というバラエティ番組でライオンズの西口投手の特集があったので、しっかりと録画して観ました。
日本人が知っておくべき!新・3大「西武・西口投手の哀しい勝利」という特集でした。
この動画の28分あたり
やっぱり西口先生、最高です(^_^)/。

| | コメント (0)

2012年5月16日 (水)

『 PASSENGERS 』★★★


「パッセンジャーズ」を観ました。
飛行機の墜落事故に関わった人々をミステリータッチで描いたお話(いちおうネタばれになるので言葉を選んでしまいます)。
今さら「驚愕の真実とは?!」という感じではないですね。
途中でなんとなくわかってしまったりして、「ああ、○○のパターンか」とか思ってしまいます。
でも、なんとなく良い感じでした。
静かに余韻を残して終わっていく感じ。
こういうのは、TVの深夜枠などで偶然見かけて、意外と面白くて、「ちょっと得したな」なんて思うのに最適な映画のような気がします。
いちおう誉めているつもりです(^_^;)。

| | コメント (0)

2012年5月15日 (火)

創作意欲

珍しく、レゴに関して創作意欲がわいています。
先日ちょこっと書きましたが、「現実逃避」の一環です(苦笑)。

まずは、いつものレゴ某掲示板でビルドコンテストの予告がされていて、ガチャフィグテーマの第2弾であります。
さっそく1つアイデアが浮かびました。
ミニフィグ達の見せ方や1コマ漫画的な意味では面白くなりそうです。
逆に、ビルド面ではまったく平凡なものになりそうな気もします。
前回のような完成度は期待できません(^_^;)。
それでも、脳内ビルドではかなり気に入っていて、すでにニヤニヤしています。
少しずつディテールを詰めていきたいと思います。
えーっと、これが6〜7月の話ですね。

次は8〜9月にかけてレゴブロック・ドットコムのコンテスト応募作を作ってみようと思います。
こちらもアイデアは決まっていて、順調に事が運ぶようであれば、今回は「一般部門」でチャレンジする予定です。
欲張り過ぎず、32x32ポッチぐらいの広さでまとめたいと思います。
でも、挫折して、ミニ作品部門に変更する可能性もありますね。
毎回のことですが、努力賞あたりを目標に(^_^;)。

冬はクリブリ(枕草子みたい?)。
こちらもアイデアが決まりました。
実現性を模索しつつ、パーツ集めも少しずつ進めておきたいと思います。
ミニフィグスケールである映画のワンシーンを再現したいと思っています。
あいかわらず地味な構成になる予定ですが(^_^;)、はまれば入賞も夢ではないかも。

というわけで、いろいろと「うばろんが」です。

| | コメント (0)

2012年5月14日 (月)

雑記

ライオンズ、函館でファイターズに2連勝。
危なっかしい展開でしたが、今は勝利がなにより。
交流戦が始まりますが、期待しすぎないように応援します。

Jリーグはレッズもギラも引き分け。
ま、いいか。

安彦さんの「ガンダム THE ORIGIN」を読み終えました(今頃(^_^;))。
なんだかんだで長かったですね。
1年戦争を10年ぐらいかけて描いていたような気がします。
オリジナル部分も加えられていて、興味深く読みました。
ただ、個人的に馴染めなかったのは映画版の挿入歌の歌詞が組み込まれている点でしょうか。
あれは余計だと感じました。

近所の団地の空き地部分は、放置されているかのように雑草がはびこっているのですが、この週末、草いきれが凄くって、夏真っ盛りな錯覚に陥りました。

朝顔が芽を出しました。
ベランダの鉢植えたちも元気です。

ジャガイモとアボカドを5mm厚ぐらいに切って、炒めて、塩こしょうで味付け、という料理を作ってみたのですが、美味しかったです(写真撮ればよかった)。
「アボカド」と「アボガド」、自分は間違ってアボガドで覚えていました。
アボカドの語源は「睾丸」だそうです(きゃ〜)。
アボガドだと「弁護士」だそうです。
このままずっと間違えていようかと思います(笑)。

| | コメント (0)

2012年5月13日 (日)

『 WALL-E 』★★★


「ウォーリー」を観ました。
ピクサーのフルCGアニメ映画はなんとなく質感が苦手で、まともに観た事はなかったのですが、ウォーリーは良い映画らしいと聞いていて、期待通り楽しめました。
可愛いキャラクター、SFマインドをちゃんとおさえた設定、ストイックなストーリー展開、等々、かなり好印象でした。
映画が始まっても40分ぐらいはほとんどセリフやにぎやかなBGMがなく、淡々と進む感じが大人ですね。
逆に小さい子供たちは退屈しないだろうか?と心配してしまうぐらいでした。
後半、汚れた地球を離れて再生を待つ母船に場面が移ってからの「すったもんだ」もメリハリがあってよいなと思いました。
すっかりロボットに全てを任せ、肥満児になってしまった人類ですが、最近の音声認識技術やロボット工学のニュースなど見ていると、絵空事とは思えなくなってきます。

| | コメント (0)

2012年5月12日 (土)

ぶち切れました

Img_0314 木曜日はライオンズが雨天のKスタ宮城でこれまた情けない負け方でした。
たぶん今シーズンのワースト3に入りそうな気がします。
全国のライオンズファンがぶち切れていたに違いありません。
そういうわけで、じゃなくて全然関係ないのですが、ノートパソコンの電源ケーブルに足をひっかけてしまい、コネクタの部分でぶち切れてしまいました。
時々使う古いノートパソコンをテーブルに引っ張りだしてきての惨事でした。
がっくり orz。
Macで最近採用されている「MagSafe電源アダプタ(磁石で本体に吸着している)」のありがたみを感じます。

Img_0312 写真をもうひとつ。
先日処分することにしたミニコンポからヒートシンクを抜き出しました。
実用面ではポストカードスタンドや名刺スタンドに使いますが、オブジェとしてただ並んでいるだけでも良いです。
放熱板が整然と並んだ形は見ているだけで気持ちいいんだなあ(^_^;)。
「ヒートシンク」で画像検索すると、いろんな形状、いろんな色のヒートシンクがずらりと並んでいて、美しいです。
たまりません。
円筒形のタイプは持ってないので欲しいです。

| | コメント (0)

2012年5月11日 (金)

『転々』★★★


三木聡監督の「転々」を観ました。
借金取りと借金主がなぜか東京都内をお散歩するロードムービー。
面白かったです(^_^)。
自分にも馴染みのある風景(深大寺や植物公園)が出てきて、ちょっと嬉しかったりして。
三木聡氏の名前は「時効警察」で知り、その時からファンです。
個人的には「三谷よりも三木」という感じになりつつあります(^_^;)。
本人の脚本や演出はもちろんですが、三木ファミリーとでも呼ぶべき常連の役者さんたちが良いですねえ。
この映画でも主役はオダギリ・ジョーと三浦友和ですが、サイドストーリー的に展開する岩松了+ふせえり+松重豊のパートの方が好きです。
個人的に、なんか三浦友和の借金取りっていうのが違和感なのでした。
もしかすると、そういうミスマッチを楽しむべきところなのかもしれませんが、ピンときませんでした。
あとは、やっぱり「事件」が曖昧なまま終わったような感じで落ち着かないです。
「そういう事は本筋とは関係ない」という事だとしたら、意味深なカットも入れないで欲しいと思いました。
もっと普通にお散歩だったら、もっと好きだったかもしれません。

| | コメント (0)

2012年5月10日 (木)

コンプリートしないガチャ

Img_0309 Img_0311 仕事で東京駅方面に行ったので、ひさしぶりに八重洲地下のクリブリに寄ってみました。
店舗は小さくて品数も少ないので、特に期待せず。
箱潰れのセールなどもありませんでした。
なので、カタログをもらってガチャを1回やってきました。
シリーズ6なので1回400円というやつです(1回が限度ですよ(^_^;))。
出てきたのはクラシック・エイリアンでした。
自分の中では「当たり」です。
実際には光線銃を持っていますが、このタイプに武器は似合わないと思います。
スーツ姿のモルダー&スカリーと対峙させたい感じ。
カタログはパラパラとめくっただけですが、ニンジャゴーは知らないうちに凄いことになっているのですね(^_^;)。

仕事がちょっと忙しくなってくると、レゴで何か作りたくなります。
創作意欲がわくと言うよりも、レゴに逃避したいという状態です(^_^;)。

あ、そうだ、八重洲地下のキャラクターストリートにミッフィーの専門店(miffy styleだったかな)があるのを知りました。
さすがに男1人で入る勇気がありませんでした(^_^;)。
ちょっと気になります。

| | コメント (0)

2012年5月 9日 (水)

Gを応援しました

昨日は誕生日でした。
ついに51歳であります。
50を越えたら、折り返して数字を減らしていくのはどうでしょうか。
で、20歳(80歳)ぐらいで人生を全うできたらいい感じです。
100年生きて、プラマイ0で終えたらお見事です。

そういう日にライオンズがひさしぶりに快勝でした(僅少差でしたけど)。
牧田くん、ありがとう。
援護が少ない中、黙々と投げ続ける姿に頭が下がります。
試合終了後、他球場の結果や試合経過を眺めていたら、DeNAがG相手に奮闘している場面に遭遇。
9回表、同点に追いつきながら野手を全て使い切っていたためチャンスに勝ち越しならず。
チーム一丸となってGに立ち向かう姿にちょっと感心しました。
が、その裏。
すでに3時間30分を目前にして、なんとかこのまま引き分けで終わらせようと時間引き延ばしするDeNAにうんざり。
ブーイングを浴びながら牽制球を何度も繰り返していました。
9回表の奮闘ぶりが水の泡ですね。
気持ちはわかるけど、せこいぜっ!
延長がなくなった時点で自分はGを応援、サヨナラ勝ちを望んでいました。
こんな時が来るとは〜。
しかも誕生日に〜。

| | コメント (2)

2012年5月 8日 (火)

『 Sherlock Holmes 』★★★


「シャーロック・ホームズ」を観ました。
アクション映画の方ですね(^_^;)。
いろいろと推理を巡らし、謎解きする部分もありましたが、あまり印象に残っていません。
別にシャーロキアンではありませんが、やはりああいうキャラクター設定は馴染めません。
ジュード・ロウも重労働でした(笑)。
まあ、それなりに面白かったからいいんですけど。
以前、NHK-BSでやっていたTVドラマシリーズの方が好みです。
ジェレミー・ブレット主演のものではなく、舞台を現代に置き換えた2010年のシリーズ。
映画が「似て非なるもの」だとしたら、こちらは一見別物のようで精神を受け継いでいるような気がします(ホームズ3世みたいな感じ(^_^;))。

関係ないけど、携帯電話のCMに出てくる星飛雄馬や、金竜飛戦直前のレストランで飽食する矢吹丈なども馴染めません。
正直なところ、ちょっと冒涜されているような気分です。
大人げないですけど(^_^;)。

| | コメント (0)

2012年5月 7日 (月)

お散歩新コースの続き

スポーツいろいろの週末。
ライオンズはホームでマリーンズ相手に2敗1分け。とほほです。
戦力の問題というよりも、体質の問題のような気がします。
レッズ、引き分け。う〜ん。
ギラ、ホームで横浜FCに敗れる。兄弟対決だったのにね。
それにしても、日曜は竜巻被害にびっくり。
東京でも天気が急変し、ひょうがバチバチ降ってきました。

土曜日の散歩の続き。
歩いていたら、遠くから元気な部活の声が聞こえてきました。
確かに遠くにグラウンドが見えます。
打球音が聞こえてきたので、どうやら野球部のようでした。
同居人は「中学生かな?」と言っていましたが、「あの声は声変わりが済んでるでしょ〜。高校生なんじゃない?」と自分は思いました。
近づいてみたら、名門駒沢大学野球部のグラウンドでした(^_^;)。
ライオンズOBの石毛氏や、絶好調のあの監督さんがいたところです。
こんなに近所にあるとは〜(徒歩15分程度)。
Img_0306 グラウンドの周りは金網フェンスなので、見学できます。
バックネット裏には簡易なものですが階段状のベンチが備わっていて、自由に(たぶん)見学できるようです。
ここで15分ぐらい練習を眺めていました。
みんな元気で溌剌としていて、いいですね。乾いた打球音もよいです。
これが高校野球になるとみんな坊主頭でしょうから、自分はちょっと引いてしまうのです。
大学生だと「若々しいフレッシュな大人」という感じで好印象でした。
大学野球はほとんど興味がなかったのですが、これからはちょっと変わってくるかもしれません。
このお散歩コースは時々足を運んでみようと思います。

| | コメント (0)

2012年5月 6日 (日)

お散歩新コース

GWのまっ直中でありますが、遠出することもなく、デイゲームのライオンズの試合を観ながらため息をついています orz。
統一球の影響で投高打低のこのご時世に、3.78という防御率(5日の試合終了時点)。
DeNAにも負けているって、どういうことでしょうか(あちらは3.53)。
ドラゴンズやファイターズの1点台っていうのが夢のようです。
気がつけば、本塁打も12球団で最下位ですよ orz。

Img_0298_2 Img_0299 Img_0300 で、気分転換という事で近所の散歩コースも新しく開拓してみようと思い、祖師谷公園方面に出かけました。
緑豊かな中規模の公園でしたが、なにやら賑やかな声が聞こえてくるなと思ったら、子供の日だったので町内会イベントのようなものが行われていました。
全く予期していなかったのですが、とても楽しげな雰囲気でハッピーな気分にさせてもらいました。
まず、写真3枚あるのは飛行機型のカーゴでロープを下るもの。
楽しそうですよね〜。
もちろん、この日のための仮設の施設なのですが、帰着点であるワイヤーの両端は小型トラックに装備されたクレーンに繋がっています。
トラックの自重で固定されるし、クレーンでワイヤーの高さを調整できるし、移動や設置が容易だというのが優れものだと思います。
Img_0303Img_0302_2 Img_0301 他にも懐かしい遊びを伝えるコーナー、将棋やオセロなどを巨大化したもの、炭火で炙ってパンを作るイベント、等々があり、みんな楽しそうでした。
科学実験を元にしたチャレンジコーナーは、親子や友達同士など「2人1組で協力してクリアする」といった工夫もされていて感心しました。
あとは、「皿回し」のコーナーがあって(もちろんプラスチック製)、みんな頭上の皿を見つめながら必死に回していて、なかなか面白い光景でした。
大人の方が夢中になっているような気がしました(笑)。

| | コメント (0)

2012年5月 5日 (土)

『 DISTRICT 9 』★★★


SF映画の「第9地区」を観ました。
ポスターなどに使われている「都市上空に浮かぶ母船」のビジュアルがシュールでカッコいいなあとちょっと期待していた映画でした。
ウェザリングされたCGやドキュメンタリー調な雰囲気もいい感じだと思いましたが、ストーリー自体はとても陳腐でマンネリだと思いました。
ヨハネスブルクを舞台にしているので差別問題(アパルトヘイト)を意識しているでしょうが、底の浅いお話でした。
宇宙人の造形もいまいち。
パワードスーツも余計な気がします。
ラストのエピソードもちょっと安っぽいような気がしました。
題材としてはすごく面白いのだろうに、と思うのですけどね。
やはりポスターだけを眺めているのが一番良いような気がします(^_^;)。

| | コメント (0)

2012年5月 4日 (金)

緊急出動

Img_0297 水曜日のライオンズの試合はひどいものでした。
勝ち頭の岸くんがイーグルス相手に2回で被安打9(本塁打1)で6失点のKO。
大炎上でありました。
こういう場合、イーグルスから見たら「対岸の火事」というやつでしょうか。
そういうわけで、木曜の試合前、急遽応援団レゴを引っ張りだしてきました。
TV中継を見つつ、音声はライオンズナイターのネット中継であります。
その甲斐もあってなんとか3タテを避けることができました。
イーグルスの裏ローテ相手に何をやってるんだ、という感じですけれど。
とにかくドラ2の小石投手がプロ入り初勝利なので喜ばしいことです。
秋山くんも頼もしいです。
大石くんが投げるところも早く見たいですね。

| | コメント (2)

2012年5月 3日 (木)

失敗しました

Img_0295 Img_0296 ショベルカーの続きをやって完成したのですが、動画がうまく撮影できていませんでした orz。
写真左は今日の作業前、右は完成写真。
アームや操縦席の取り付け、後部のカバーリング、バッテリーの据え付けで完成です。
ちょうどこの時点でほぼ2時間が経過していたので、「作動編は次の動画だな」なんて思っていました。
とは言っても動きは気になる訳で、試しに動かしてみました。
が、4連装のモーターのうち1つが動きませんでした orz。
接触が悪いのか、パーツ同士が干渉しているのか、いずれにしても自分の組み方のミスだと思います。
テクニックに関しては初心者ですから。
まあ、3つは動いてくれるので、いろんな動きを見ることは出来ました。
実現されている動きをモーター(ABCD)に当てはめて書くとこんな感じ。

A:左キャタピラーの前進・後進(動かず)
B:右キャタピラーの前進・後進
C:上部駆体の360度旋回
a:アームの第1関節(動かず)
b:アームの第2関節
c:アームの第3関節
D:ABCとabcの切り替え

わかりにくいと思いますけれど(^_^;)、モーターは4つですが、「本体操作モード」と「アーム操作モード」を切り替える事によって、6つの動きを実現しているのです。
作った後に「そうだったのか〜」という感じでした(^_^;)。
あらためて感想を書くと思いますけれど、やはり凄いですね。
完成形を見るためにも、少しばらして修正しなければいけないのですが、テクニックはシステムと違って「きっちりとがんじがらめに組まれている」ので面倒です。
このへんもテクニックが苦手な理由の1つ。
システムだと可能な「強引な作業」が似合っています(^_^;)。
部分的にばらして修正し、ショベルカーを完成させるのもよいのですが、いっその事きれいにばらして気分転換に組み替えモデルを作ってもいいかな、と思案中です。

| | コメント (0)

2012年5月 2日 (水)

う〜む

ライオンズはホームに戻って対イーグルス戦。
またしても力投する牧田くんを見殺しにしてしまう結果となりました orz。
これは野球の神様が「援護点の必要がないクローザーをやりなさい」と言っているのでしょうか。
それでもいいような気がしてきました(^_^;)。
う〜む、本人はどっちがいいんだろう。
再び最下位に転落ですが、まだまだ優勝はあきらめていません。
「五輪イヤーは強い」というデータにしがみついています(^_^;)。
願わくば、いろんな幸運が重なって日本一になって、監督勇退の花道を飾ってくれるのが理想です。

このブログにはamazonへのアフィリエイトを貼っていますが、底値チェックのための自分用です。
で、「ホット・ロック」のDVDが75%オフの992円になっていたのでポチッとしました。
これまでは1600円ぐらいで推移していたのですが、突然の値下げにびっくり。
う〜む、価格設定の仕組みがよくわかりません。
ひさしぶりに再見できるのが楽しみです。
ついでに安彦ガンダムの最終巻も。
あとはショベルカーの続きだな。
GWは仕事をしつつ、そんな感じです。

| | コメント (0)

2012年5月 1日 (火)

8043 Motorized Excavator -2

ショベルカーの続きです。
今回も2時間。
きっちりと時間限定で遊んでいます。
さすが大人です(笑)。
パソコンでプロ野球の1球速報をチェックしながら作業してました。
半分を少し過ぎたぐらいでしょうか。
構造や機構は作っていてもさっぱりわかりません。
歯車をたくさん組み込んでいます。
自分の理解力を越えています(^_^;)。

| | コメント (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »