« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日)

『 JUGGERNAUT 』★★★


「ジャガーノート」を観ました。
1974年の映画をひさしぶりに再見したことになります。
当時はかなりの緊迫感に興奮したのを覚えていますが、今観てみると、そうでもないのですね(^_^;)。
豪華客船に仕掛けられた爆弾を解体するお話。
コードを切断する「赤か青か」の元祖で、以降いろいろな創作物に影響を与えたようです(by wiki)。
現場で解体作業に取り組むリチャード・ハリスがカッコいいんだなあ。
「踊る大捜査線」のスピンオフ物で爆弾処理班の松重豊氏が飲み屋で「ジャガーノート」の素晴らしさを語っていた気持ちがよくわかる(笑)。
犯人を追うアンソニー・ホプキンス(若い)も味があってよし。
最近のサスペンス映画に比べればテンポも盛り上げ方もいまいちだと思いますが、今でも「カルト映画」的に扱う記述を見かけることもあります。
決してお薦めはしないけれど(^_^;)、イギリス映画らしい渋さを感じる映画です。

| | コメント (0)

2012年9月29日 (土)

『 THE TAKING OF PELHAM 123 』★★★

;
先日亡くなられたトニー・スコット監督の「サブウェイ123 激突」を観ました。
1974年に公開された「サブウェイ・パニック」のリメイク版。
デンゼル・ワシントンとジョン・トラボルタを起用しての話題作だったでしょうか。
オリジナル版とはずいぶん変わっていて、う〜ん、好みの問題になりますが、自分は旧作の方が好きです。
最近の映画はテンポが良くてノリはいいけど、なんか心に残りません。
ラストのあたりは旧作の方がずっと洗練されているように思いますけど、どうなんでしょう。
デンゼル・ワシントンは好きな役者さんですが、ジョン・トラボルタはサタデーナイト・フィーバーのイメージが強すぎて、俳優として成長しているのかもしれませんが「デブになった」というイメージしかありません(失敬)。
何度か同じ事を書いていますが、トニー・スコットって野球に例えるとクリーンヒットしか打てないバッターという感じです。
この映画も面白いんだけど、2塁打、3塁打ではない。
アベレージヒッターだな。
カッコいい映像を観るたびにそんな事を考えてしまいます。
合掌。

| | コメント (0)

2012年9月28日 (金)

ちょっと不思議

Img_0618 西武ドームで購入したスヌーピーのハンドタオル(同居人用)。
本当ならヤンキースのマークがついているところでしょう(^_^;)。
それでも、それほど違和感がないのは落ち着いたレジェンドブルーとフォントのおかげですね。
昔のライオンズブルーではちょっと考えられません。
パリーグ6球団それぞれで展開されていますが、おおむねいい感じ。
イーグルスがちょっと違和感あるぐらいです。
こういうのは作者本人が亡くなった後は著作権を管理する会社が大活躍なのでしょうか。
作者が死んでもキャラクターはいろんな形で生き続けるのですねえ。

| | コメント (0)

2012年9月27日 (木)

問題が解決しました

Img_0619 ←まず、この写真。
我が家のミニ菜園で使っている西武ドームの生ビールの紙コップです。
2つ並んでいますが、微妙に高さが異なっています。
1cmあるかないかの違いです。
左は今年の夏買ったもの、右は昨年買ったもの。
これに気づいた時、「え〜、値段は一緒だけど量が減ったの? それってこっそり値上げじゃん!」と小さな憤りを覚えたものです。
しかし、冷静に考えてみると、別の可能性もちょっと浮かんできました。
ビールの銘柄にそれほど深いこだわりはありませんが、球場でもモルツがあれば頼むことが多いです。
その上で、同じ「700円」ならちょっとグレードの高いプレミアムモルツやエビスビールが良いな、とは思っています。
この夏に買った時は「プレミアムモルツ」でした。
もしかすると、「普通の生ビール」と「プレモルやエビス」だと「同じ価格で量が違う」のかもしれないのですね。
そのために微妙にサイズの異なる紙コップを用意しているのか、ということです。
そこで昨日の西武ドームで「プレミアムモルツ」と「一番絞り」を買ってみました。

結論:2つの紙コップの大きさは違っていました。
普通の生ビールよりもプレミアムモルツの方がちょっと小さいです。
あ〜、すっきりした。
「どうせ飲むなら、プレミアムモルツやエビスの方が得」と思っていた自分が超恥ずかしいです(^_^;)。

| | コメント (0)

2012年9月26日 (水)

ブルペン大忙し

Img_0615 26日は西武ドームへ行ってきました。
対イーグルス戦、牧田先発ということで期待していたのですが、「2-3」で惜敗。
恒例の「初物は苦手」パターンであります。
ダックワースを打てんかなあ。
いつもはすり鉢状のスタジアムの上の方から全体を眺めるのが好きなのですが、この日は同居人も一緒で「グランドに近い席がいい」という事だったのでブルペンの後方にしました。
先発は牧田だったので「すいすいと7回ぐらいまで行ってくれるはず」と期待していましたが、初回からアップアップで3回で降板。
牧田〜小石〜大石〜松永〜長田〜ウィリアムス〜岡本〜涌井という豪華な継投陣がアップする様子を観ることが出来ました(涌井は結局登板なし)。
特に大石&小石が並んで投げる姿はなんだか嬉しいです(左から2番目)。
負けたけど得したような感じですね(^_^;)。
Img_0592 Img_0594 Img_0609 Img_0600 Img_0603 Img_0614

| | コメント (0)

2012年9月25日 (火)

新しい来客

Img_0587_2 Img_0590_2 以前、植木鉢に青虫がやって来て、散々葉っぱを食べ散らかしたあげく、成虫する姿も見せずに食い逃げされた話を書きましたが、同じ鉢にまた青虫がやってきました。
いや、「やって来た」はおかしいですね。
産みつけられていた卵が孵化したのだと思います。
すっかり植木鉢に注意を注いでいなかったので、すでに2cmぐらいの大きさになっており、体色も鮮やかなグリーンになっていました。
今回も葉っぱを食いまくりです。
体の模様が顔のようにも見えて、とてもチャーミングだと思うのですが、どうでしょうか。
今回は脱ぐまで(笑)逃がさないように気をつけたいと思います。

| | コメント (0)

2012年9月24日 (月)

雑記

ライオンズ3タテならず。う〜ん、残念。
相手に先制させて、油断させないと〜(^_^;)。

レッズ、ガンバ大阪に「0-5」で大敗。なんで?
ギラは首位甲府に「2-3」で惜敗。ようがんばった。

Img_0629 パーティーの日に主宰のJ氏にいただいた「おかわり君」。
あみの佃煮です。
ご飯のお供ですね。
ちょっと甘めの味付けなので、子供が喜びそう。
実際に中村選手に差し入れされているものだそうです(^_^)。

何曜日だったかな、以前西口先生(注:西口投手のことです)を紹介してくれた「怒り新党」で伊藤智仁投手(現在はスワローズの投手コーチ)が扱われていました。
凄いスライダーを投げていましたが、怪我に泣いた選手でした。
最後の試合のシーンを観ていて泣きました(T_T)。

| | コメント (0)

2012年9月23日 (日)

パーティー

Img_0499 いつものパーティーが開催。
試合はデーゲームだったのですが、1回終了して3失点の状態で家を出て、途中経過をチェックしながら所沢へ向かいました。
雑用を済ませつつ、所沢駅前に着いたのが5時前。
街頭テレビを囲む群れがあって、やはりライオンズ戦を中継中でした。
8回裏、3-4で1点差に迫った状態。
先頭の中島が粘ってヒットで出塁、さらに中村が四球を選んで無死1・2塁。
ここで下打ち合わせの時間になり、泣く泣く待ち合わせ場所に移動。
結局、この回に逆転して最高の勝ち方をしてくれました。
したがって、パーティーは盛況。
美味しいお酒をたくさんいただきました。
2次会にも少しつきあって、深夜に帰宅。
翌日はけっこう死んでました(若くない(^_^;))。
あ、えーっと、お土産をもらったのでした。
写真を撮ってこんど載せます。

| | コメント (0)

2012年9月22日 (土)

準備

土曜日は恒例のライオンズ関係のパーティーがあるのでその準備でした。
現在2位につけ、ラストスパートの時期なので盛り上がるでしょう。
毎回小さなウェルカムボードを作ってお店のドアに貼るのですが、今回は最新の貯金推移をレイアウトしたものにするので、前日の結果を受けての作業なのであります。
その他に当日使うプロ野球カードを用意したり、ネームカードのデータを用意したり、ごそごそ。
まあ、どんな準備やイベントを用意しても、まずはデイゲームでチームが勝つことが一番なんですけどね(^_^;)。

| | コメント (0)

2012年9月21日 (金)

お台場回収

Img_0478 昨日の続き。
ガンダムを見た後はヴィーナス・フォートへ。
自分はレゴを回収してさっさと帰宅でよいのですが、同居人が「せっかくヴィーナス・フォートまで来たのだからケーキを食べたい」とのたまうのでつき合うことに。
「チーズケーキ・ファクトリー」でお茶。
自分もチーズケーキならけっこう好きです。
同居人が何にしようか迷っていたので、いろんな味を楽しめる「お試しプレート」的なメニューを提案。
こういう場合、自分のような立場の人間の方がメニュー全般を客観的に見ることができるように思います(笑)。
写真でわかるように素敵なデコレーションとテイストでした。

Img_0480 Img_0621 Img_0622 その後、クリブリに行って「雪まつり」回収。
搬入時は揺らすと爆発する危険物を持っているかのように慎重ですが、帰りはアバウトです(^_^;)。
帰宅して開けてみたら、ベーダーさまが転落していました。
orz ←こういう感じですね(笑)。
店頭ではあまり欲しいものがなかったので、「ドア&窓セット」と「ブライダルセット」を。
後者は最近結婚されたカップルへの贈答用です。
事前に自分用に1つ購入して中身をチェックしました(写真のミニフィグ)。
ミニフィグヘッドは「通常のニッコリちゃん」の方が良いと思うので迷いました。
ニッコリちゃんに差し替えて贈るか? そのまま未開封で贈るか?
けっこう迷ったのですが、新婚さんということで、未開封の新しい状態で進呈。
2人で一緒に開け、組み立てるところから体験してもらうことにしました。
どうぞ、お幸せに(^_^)。

| | コメント (0)

2012年9月20日 (木)

お台場強襲

Img_0476 Img_0475 Img_0472 大げさなタイトルをつけてしまいました。
強襲なんてしてません。
クリブリのコンテスト作を回収するついでにダイバー・シティのガンダムを見てきました。
何度見ても感動できます(^_^;)。
グッズショップやガンダムカフェが併設されていたので、それらも眺めてきました。
いろんなガンダムがあるようですが、ファーストガンダムがメインになっているので年配者にはありがたいです。
敷地の一画に黒いフレームの上半身像があったので「骨格展示?」なんて思っていたら、全く別の企画でした。
黒い部材は全て「鉢植えのポット」を差し込むことができるプラスチック製品でした。
ここに色とりどりの花を植えて、フラワーガンダムを作るようです。
まあ、早い話が「菊人形」みたいなものでしょうか。
フラワーガンダムで画像検索すると完成予想CGなども出てきますね。
長い年月を経て朽ち果てたガンダムっぽくて、かっこいいです。

| | コメント (0)

2012年9月19日 (水)

『 American Gangster 』★★★


「アメリカン・ギャングスター」を観ました。
ベトナム戦争時代のアメリカ、ハーレムで麻薬王にのしあがった男とそれを追う麻薬捜査官のお話。
よくある話のような気もしますが、実話がベースになっていて、とても面白かったです。
「ギャング映画をリドリー・スコットが撮らなくてもいいだろ」と思っていましたけど(^_^;)、やはりシャープで品のある映像や演出は見応えがあります。
2時間30分ぐらいの映画ですが、麻薬王のデンゼル・ワシントンと捜査官のラッセル・クロウの2つの立場を描きながら映画は進み、この2大スターが初めて同じフレームに納まるのはラスト15分あたりの逮捕シーン。
こういう構成が好きです(厳密には捜査中に映り込むシーンがあったと記憶していますが)。
しかもさらに残り15分で濃密な展開が待っていたので、やはり見応えがありました。

この捜査官、実は弁護士を目指していて、警察内部も巻き込んだ巨大な麻薬汚職事件を解決した後には晴れて弁護士となります。
で、その最初の依頼人というのが自分が捕まえた麻薬王。
その昔、「古畑任三郎」で明石家さんまが「あんた、ええ弁護士になるな。今すぐ司法試験を受けなはれ。できるだけ早く。僕の弁護をするためや」と言ってましたが、あれを実際にやっているところに感動でありました。

| | コメント (0)

2012年9月18日 (火)

雑記

ホークス3連戦、1勝2敗でシーズンも負け越し。がっくり。

レッズ、横浜FMに勝利。
ギラ、千葉に快勝。
まずまずであります。

テーブルの上で物が散らかっているのはあまり好きではありませんが、きっちりと水平・垂直を整えたがるほど神経質でもありません。
それでも、いちおう中途半端な感じは落ち着かないです。
そう考えるとTVのリモコンなどが「円形」であればストレスが減るような気がしました。
でも、持ちにくいんだな。

最近は月曜夜のNHK「サラめし」を見るのが好きです。
海苔を使ったアニメーションが素敵(笑)。

朝顔がまだ咲いていますよ。

日頃、ふと思いついた事などを書きためておき、それを「雑記」という形で列記しているのですが、もしかすると、こういう短文を随時発信でしているのが「つぶやき」ではないかと思い至りました(遅っ!)。
みなさんこまめなんですねえ。

| | コメント (0)

2012年9月17日 (月)

誤解します

今回は自分の未熟さをカミングアウトです。
最近読んだ本で台風予想に関して大きな誤解をしていた事に気づかされました。
ニュースの中で台風の進路予想図が必ず出てきます。
「南で発生した低気圧が勢力を拡大しながら北上し〜」みたいな説明がつくと思います。
この時、台風の進路図にしだいに大きくなっていく円形があるわけですが、自分はこれが「台風の暴風域が大きくなっていく」となんとなく勘違いしていました。
「台風の進路は完全に予想できないから、この範囲を台風が通る可能性がある」という意味で、だから「先に行くほど予想が曖昧になり予想範囲の円形が大きくなる」という当たり前の事実に今頃気づきました。
もう50年以上も生きてきたのに。
ショックでした orz。
でも、あれって「勢力を拡大しながら」というフレーズが紛らわしいと思うんですよね。
同じように誤解していた人(している人)、けっこういると思うんだけどなあ。

もうひとつ、同じように誤解しやすいのが降水確率。
「降水確率70%」とか言われると、勝手に大雨のイメージ。
「降水確率20%」とか言われると、勝手に小雨のイメージを持ってしまいます。
確率の大小を雨量の大小に置き換えてしまいがちなのです。
こういうのも自分だけ?

| | コメント (0)

2012年9月16日 (日)

辿る

9/12のエントリーで「ゴールはケチャップみたいなもの」に関して情報をいただいて、そこからさらにオリジナルに遡ることができました。
こういう風に情報を辿るのは面白いですね。
しかも、インターネットのおかげでサクサクと簡単にできてしまうありがたさです(簡単過ぎ?)。
図書館で調べものなんて、気が遠くなりそうで、もう出来ないかも。
スポーツで思い出したのですが、見えない努力を表現するフレーズ「白鳥は優雅に泳いでいるように見えるが、水面下では必死に足を動かしている」みたいな言い回しがあると思います。
これの語源をある言語学者が辿ったところ、「巨人の星の花形満と思われる」という結論に達したそうです。
花形はやっぱりケチャップよりも白鳥ですね(^_^)。

| | コメント (0)

2012年9月15日 (土)

いろいろ大変ですね

中国の問題がいろいろと大変な事になっていますね。
ニュースを見ていると憂鬱になります。
どこの国にも良い人悪い人、賢い人そうでない人が同じようにいると思っていますが、分母が大きいとそれに比例して分子も多くなるような、そんな気がしています(これを不穏分子と言います(^_^;))。
日本もかつてはずいぶん愚かな事をしでかしましたが、あれからずいぶん大人になったと思いますけれど。
そういえば、韓国の事がずいぶん前の出来事のような気がします。
五輪サッカーの問題の選手はどうなったのかな。
愛国心の割に、徴兵制を免除されるというのもなんか複雑な気がします。
率先して国のために身を捧げそうですけれど。

| | コメント (0)

2012年9月14日 (金)

レゴ部屋更新

珍しく短いインターバルでレゴ部屋更新。
いや、それでも1ヶ月は経っているわけですが。
今回はガチャフィグビルドコンテスト2の「怪しい転校生」を追加しました。
おまけ画像も掲載です。
次は回収予定の「雪まつり」かな。

| | コメント (0)

2012年9月13日 (木)

「 THE BOX 」★★★


「運命のボタン」を観ました。
「自宅に届けられた謎のボタンを押せば100万ドルをもらえる。その代わり、どこかで誰かが死ぬ」という謎に満ちたお話。
公開当時から気になっていた映画ですが、う〜ん、なんか消化不良気味です。
不条理な映画はけっこう好きですし、「そういう映画」として楽しめるのですが、ちょっと中途半端な気がしました。
ミステリーなのか、SFなのか、もっと別の何かなのか。
途中で出てくるCG駆使映像も意味不明。
個人的にはSF色は一切抜いた方が良いと思いました。
あとはキャメロン・ディアス主演というのが、個人的にはちょっと。
あの風貌はラブ・コメディ以外に考えられないのであります(^_^;)。
しかし、アマゾンのレビューを眺めていると、同監督の「ドニー・ダーコ」という映画は同じ雰囲気を持ちながら完成度も高いようで、これがすごく気になります。
観たいなあ。

| | コメント (0)

2012年9月12日 (水)

首位転落

今週のライオンズの対戦カードはバファローズとマリーンズという下位チーム。
ここで貯金を作らなければいけないのですが、さっそくバファローズに逆転負けであります。
序盤のチャンスを逃して逃して、最後は涌井が打ち込まれ、逆転サヨナラの気配もなく、あっさり敗退。
2位のファイターズが勝ってしまったので首位を明け渡してしまいました。
まだまだ混戦が続くので一進一退だとは思いますが、内容がひどかったですね。
言葉のイメージでいくと、「2位後退」ぐらいなら良いのですが、今回は「首位転落」がふさわしい内容でした。
ま、これから、これから。

サッカー日本代表はイラク戦で勝利。
ゴールを決めきれなかった本田のケチャップ発言が洒落ているなあと感心していたら、どうやら引用のようですね(^_^;)。
誰が言ったのかなあ、気になります。
「名ストライカーが言っていた。ゴールはケチャップみたいなもの。出ないときは出ないけど、出るときはドバドバ出る」

| | コメント (2)

2012年9月11日 (火)

高尾ビアマウント

Img_0459 Img_0468 月曜日、なぜか高尾山にあるビアガーデン「高尾ビアマウント」に行ってきました。
高尾山に上がるのは15年ぶりぐらいだと思います。
上がった事はありますが、登った事はありません(^_^;)。
陽が落ちる頃合いを見計らって夕方4時過ぎに着くような感じで出発。
頂上の周辺にある30分ほどの散策コースを歩きましたが、それだけでもう十分であります。
ビアガーデンはケーブルカー駅のすぐそばにあって、5時半頃に入場。
9月に入った月曜の夜ですからスカスカなんじゃないかと思っていたのですが、かなりの盛況でびっくりしました。
周りに樹木があるので都心のビル屋上とはちょっと違いますね。
600席ということでしたが、8割がたは埋まっていたと思います。
生ビールが6種類もあったり、バイキング形式のメニューが多かったり、会社帰りのサラリーマンや軽装の若いお嬢さんたちがいたりするので、ここが山頂である事を忘れてしまいそうでした。
もっとも、おかげで帰りのケーブルカーはかなりにぎやか。
終電の電車のようでした(^_^;)。
Img_0465 Img_0467 ちょっとはずれたところに展望テラスがあるのですが、ここが比較的静かでした。
手すりに取り付けられた簡易カウンター席はカップルばかり。
写真左:ふもとの夜景はこのずーっと先に新宿があり、その先にスカイツリーがあるはずです。
写真右:足元にコクワガタのメス(だと思う)がいてビックリ。
いつ踏まれるか心配なので外に逃がしてあげました。
実は日暮れを含めた2時間をiPodでタイムラプス撮影しようと思っていたのですが、いい席が取れませんでした。
それだけがちょっと心残りん。

| | コメント (0)

2012年9月10日 (月)

雑記

ライオンズ、仙台でイーグルス相手に3連敗。がっくり。
涌井がサヨナラ負けをくらった時は、いなり寿司の油揚げを煮ていたのですが、ショックのあまりに味付けを失敗しました orz。

野球のU18、アメリカがえげつないタックルをしていました。
ルールの範囲内とはいえ、明らかにアウトのタイミングで目的的にやるタックルって、もうそれは別のスポーツのような気がします。

Jリーグは天皇杯の予選が始まっていました。
レッズは勝ち上がっているものの、ギラヴァンツは町田にPK戦で敗退とは。
順位表を見たら、22チーム中21位じゃないかあ(ギラは11位)。

ラジオのCMで流れてきた「秩父ロマン」というフレーズが一度「乳風呂マン」に聞こえてしまうと、もうそういう風にしかイメージできません。
頭の中では両手に白い入浴剤を持った乳風呂マンが各家庭を回っています。

TVで繁盛しているわんこそばのお店のレポートを観ました。
次々とお客さんのお椀に蕎麦を注いでゆく店員さんたち。
店の内外には長い行列が出来ているわけですが・・・
これって店員さんたちにとっては、次から次にお椀に注がれる蕎麦と一緒ですね(^_^;)。

| | コメント (0)

2012年9月 9日 (日)

レゴで蒸気機関車?

Img_0457 レゴ関係、いろいろと整理中なのです。
←写真はある目的で作っていたアーチ橋、ここの上でトレインを走らせるつもりでしたが、中止することにして、ばらしてました(ふ〜)。
これとは全く別なのですが、「大人の科学」は最近どうなっているのかなあと最新号などチェックしていたら、「Vツイン蒸気エンジン」の号でなんとレゴ発見であります。
http://otonanokagaku.net/magazine/vol35/index.html
http://otonanokagaku.net/magazine/vol35/book.html
蒸気エンジンでレゴトレインを動かす、なんという誘惑でありましょうか。
轢かれますよね(これは事故)。
引かれますよね(これは客車)。
惹かれますよね(これが正解)
またつまらない事を書いてしまった(五右衛門か)。
話を戻して、こういうのをレゴの純正でやって欲しいんですよね。
蒸気エンジンは極端だとしても、テクニックシリーズで「ソーラーパネルユニット」なんか出して欲しいです。
エデュケーションシリーズなんかではあるようですが、一般販売してくださいよ。

| | コメント (0)

2012年9月 8日 (土)

フローズンプラネット

最近録画しておいたNHKのドキュメンタリー「フローズンプラネット」を観ました(これって総集編?)。
とても興深く観ました。
まだまだ知らない事はいっぱいありますね。
殺人事件の海外ドラマばかりではなく、こういうのも観なければ、と反省中。
いろいろな生き物の生態が素敵で、みんな一生懸命生きているなあ、と感動です。
こういうのは子供と観たら楽しいでしょうね。
北極熊が厚い氷越しにアザラシを仕留めるさまは、まるで必殺仕事人のようでした。
ピタゴラスイッチのピタとゴラは「アデリーペンギン」だということがひと目でわかりました。
今回の一番の驚きは、極地に生きるガの幼虫は秋から春にかけて「凍っている」という事です。
体液も含めて、凍っている。
組織は死なないんですね、不思議。
こういうのを科学者が研究して、メカニズムを発見して、人体実験して、アメコミに出てくるような怪人が生まれるのだと思いました(笑)。
年々薄くなっていく北極の氷。
それを発見したのが米ソ冷戦の延長上にある潜水艦の探査報告というのもなんか皮肉です。
地球温暖化、心配ですね。
京都議定書って、結局どうなったのでしょう。
アメリカとか、中国とか、このへんの人たちが真面目に考えてくれないと未来はない気がします。
おっと、誤変換を思いついちゃった。
未来はない飢餓します。

| | コメント (0)

2012年9月 7日 (金)

『 Breakfast at Tiffany's 』★★★


ひさしぶりに「ティファニーで朝食を」を観ました(をがダブルなあ)。
この映画に限らず、ヘップバーンの映画はだいたい池田昌子さんの吹き替えで記憶に残っているので字幕スーパー版だと新鮮です。
やっぱり可愛いですね。
すごくイヤな女と言うか、バカな女なんだけど、チャーミングに見えてしまいます。
ジバンシィのオシャレなファッションよりも地味な普段着の方に惹かれてしまうなあ。
アパートの住人の日本人はちょっと勘弁して欲しいです(せめて東洋人が演じてくれ(^_^;))。
ラストでは捨てた飼い猫を宇宙で、もとい雨中で探しまわるシーンがありますが、名前を付けていなかったので「Cat、Cat」と呼びかけていたのが軽い違和感でした。
字幕だと見つけた猫に「猫ちゃん」と呼びかけていて、しっくりきました。
猫ちゃんとか、ニャンコとか、そういう一般愛称があるのは良いですね。
英語にはそういうのはないのかな?

| | コメント (0)

2012年9月 6日 (木)

今季初サヨナラ

ライオンズは西武ドームにホークスを迎えての3連戦中ですが、水曜の試合は今シーズン初(遅っ!)のサヨナラ勝ちでちょっと興奮してました(^_^;)。
これからのライオンズを背負っていく若手の1人、秋山くんの自身初のサヨナラホームラン。
9回裏の初球だったの心の準備ができていないままでした(笑)。
打った瞬間というやつでしたね。
自分も「行った!」と叫んでいました。
ホークスには2010年のシーズンで終盤に痛い連敗で優勝を持って行かれました。
今回も初戦は延長で破れ、この試合もなかなか点が奪えず嫌な流れでしたが、一振りで一掃してくれた感じ。
これでゲーム差は再び「5」。
今日も勝ちたいなあ。

| | コメント (0)

2012年9月 5日 (水)

そういえば

9月になったわけですが、クリブリコンテストのモデルを回収しに行かなければいけないのでした。
「雪まつり」、展示終了ですね。
面倒くさいなあ(こらこら(^_^;))。
あちらでもジャマだと思うので、早めに取りに行かなければいけません。
なにか面白いセットやグッズがあるといいんだけど。
近くにガンダムのミュージアムもありますが、う〜ん、どうしよう。
さらに、未来館の「しんかい6500」も気になっていたのでした。
前回行った時に修理中(?)だったホログローブも復活しているはずだし。
いろいろと気になってきます。
でも、人の多い場所は本当にすごく苦手になりました。
困ったものです。

| | コメント (0)

2012年9月 4日 (火)

チューブラーベルズ

五輪開会式のせいでMike OldfieldのTubular Bellsをずっと聞いています。
Youtubeで見つけたライブバージョン。
滝川クリステル似のコーラスの女性が可愛い(インド系?)。

| | コメント (0)

2012年9月 3日 (月)

フレンズ族殺人事件

Img_0448 Img_0449 日曜日はひさしぶりにちょっとレゴに触っていました。
←完成したヴィネットがこれです(笑)。
ちょっとブラックですいません(レッドだけど)。
ワトスンが「FはフレンズのFかな? それとも別の意味があるのかな?」とか言って、ホームズが「F? Eを書く途中かもしれないぞ? いや、アルファベットとは限らないかもしれないのだぞ?」とか言ってます。
表情が柔和ですけれど(^_^;)。
フレンズが発売され、美容院セットの口紅パーツを見たときから「ダイイング・メッセージを書かせたい!」と思っていました。
名探偵のミニフィグもこういう時のために欲しいと思っていました。
婦女子のおもちゃにしておくのはもったいないです(笑)。
タイトルは「フレンズ殺人事件」でもよかったのですが、坂口安吾の「不連続殺人事件」にならって「フレンズ族殺人事件」にしました(某掲示板ではわかりやすく前者のタイトルで投稿)。
今後もまた不定期に不連続に事件が起きるかもしれません(^_^;)。
あ、ちなみに犯人の動機ははっきりしていて、「フレンズのミニフィグはレゴとして許せない!」と固く信じているミニフィグ原理主義者であります(>_<)/。

| | コメント (0)

2012年9月 2日 (日)

雑記

ライオンズ、マリーンズを3タテして首位をキープ。いい感じであります。
レッズはアルディージャと引き分け。さいたまダービーになるとこうなんだよなあ。
ギラヴァンツは熊本に快勝。ニコニコ。現在11位。10位以内をお願いします。

セリーグが復刻ユニフォームで試合をやっているようですが、どうもしっくりきません。
やっぱりデザインがいまいちですね(^_^;)。
ベイスターズが優勝した時の青いユニがカッコよかったぐらいかな。
ドラゴンズのあのユニはオズマや伴宙太を思い出します。
カープのユニはリトルリーグっぽいと思います。

なにかのCMにミースのファンズワース邸が出ていました。
もうひとつ、なにかのCMにライトの自由学園明日館が出ていました。
どちらも何のCMか印象に残っていないところが問題です(笑)。
ライトの落水荘はキューピーのドレッシングでした。
これはクオリティが高かったので、商品と関連して覚えています。

「ブルーレット奥だけ」とかあったらイヤですね。
手前がちっともきれいにならねえ、みたいな。

Img_0445 植木鉢の幼虫がいなくなりました。
毎日チェックしていたのですが、目を離したすきに食い逃げです。
写真が最後の目撃例です。

| | コメント (0)

2012年9月 1日 (土)

ガチャコン:メモ4

自分が投票した3作の感想です。
けっこう迷いました。
自分の場合、ビルドの完成度とは別にコンセプトやアイデア、そして今回のコンペへのアプローチなどを考えながら見させてもらいました。

「ゼンマイロボ」と「ゼンマイロボZ~~ッ!!!」
ガチャフィグを題材にする場合、それらが置かれる空間をジオラマ的に作るのが普通だと思うのですが、ガチャフィグパーツを使って「キャラクター」を作っていたのが新鮮でした。
キューブから変形するのも凝っていますね。
ガチャフィグの方は「背中のねじを回すための子機」みたいな設定でも面白かったかも。
基本的に「ゼンマイロボのひとり歩きはとても危険」ということです(笑)。
作品から少し離れてしまうかもしれませんが、「なにか」に「頭」と「ねじ」をつけるだけでゼンマイロボになるという「記号」として考えても面白いかもしれませんね。
冷蔵庫に頭とねじをつけてゼンマイ冷蔵庫ロボ。
テレビに頭とねじをつけてゼンマイテレビロボ。
そんな感じ。
何をやっても可愛くなりそうです。

「Nightmare ~悪夢~」
ガチャフィグシリーズの特徴である「多種多様」を活かした好例ではないかと思いました。
自分が作った「ガチャフィグ学園」という背景設定も実はそういう事を意図しています。
白い空間で「悪夢」という設定もよいなあ、と思いました。
もっとホラーな感じにするとしたら、壁に鉄格子付きのドアを付けて、ドアの向こうに医者を立たせておくとかなり恐いと思います。
小さなお子さんには見せられませんね(^_^;)。

「The Invader ~灯台“上”暗し~」
これはひと目見て、「やられたな〜」と思いました。
子供の頃にやった魚雷戦ゲームを思い出します(笑)。
結果的にシンプルでシュールな画像、そこに展開されるコミカルな会話がいいですね。
<アトガキ>も見せ方もうまいです。
これでミニフィグがいたら1位で投票していました。
見立てているマイクロスケールとミニフィグのスケールを共存させるのは難しいと思いますが、潜望鏡をのぞく士官とか、クレーンゲーム気分で遊んでいる宇宙人がいたら面白かったかなあ、と。
でも、これは本当に「特別賞」とかあげたい感じでした。

| | コメント (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »