« 首位転落 | トップページ | レゴ部屋更新 »

2012年9月13日 (木)

「 THE BOX 」★★★


「運命のボタン」を観ました。
「自宅に届けられた謎のボタンを押せば100万ドルをもらえる。その代わり、どこかで誰かが死ぬ」という謎に満ちたお話。
公開当時から気になっていた映画ですが、う〜ん、なんか消化不良気味です。
不条理な映画はけっこう好きですし、「そういう映画」として楽しめるのですが、ちょっと中途半端な気がしました。
ミステリーなのか、SFなのか、もっと別の何かなのか。
途中で出てくるCG駆使映像も意味不明。
個人的にはSF色は一切抜いた方が良いと思いました。
あとはキャメロン・ディアス主演というのが、個人的にはちょっと。
あの風貌はラブ・コメディ以外に考えられないのであります(^_^;)。
しかし、アマゾンのレビューを眺めていると、同監督の「ドニー・ダーコ」という映画は同じ雰囲気を持ちながら完成度も高いようで、これがすごく気になります。
観たいなあ。

|

« 首位転落 | トップページ | レゴ部屋更新 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 首位転落 | トップページ | レゴ部屋更新 »