« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月31日 (水)

『 MASTER AND COMMANDER: THE FAR SIDE OF THE WORLD 』★★★


「マスター・アンド・コマンダー」を観ました。
ピーター・ウィア監督、ラッセル・クロウ主演ということで期待していましたが、期待が大きすぎたせいか普通だったかな(^_^;)。
19世紀を舞台にした海洋冒険物。
パイレーツ・オブ・カリビアンのようなファンタジー的要素はなく、正統派の冒険活劇だったので好印象でした。
博物学に詳しい軍医さん、よろし。
とにかく帆船がカッコいいですね。
レゴの帆船をいじりたくなりました。

| | コメント (0)

2012年10月30日 (火)

『 GONE BABY GONE 』★★★


「ゴーン・ベイビー・ゴーン」という映画を観ました。
最近話題(?)のベン・アフレック初監督作品ということでちょっと興味があったのですが、テレ東の「午後のロードショー」を録画したものだったので期待はせずに拝見。
これが思っていた以上の良作で驚きました。
玉石混合の午後のロードショーならではです(苦笑)。
幼女誘拐事件を追う私立探偵カップルと刑事達のお話。
「それはフェイクでしょ」「ああ、あのパターンか」などと思いながら観つつも、物語は意外な展開に。
最後はミステリー・サスペンスではなく、ヒューマンドラマになっていて、ずるいなあ(褒め言葉です)。
元々ハードボイルドの原作があるようですが、私立探偵が男女のカップルで、仲良く事件を追うというのがちょっとした違和感でした。
ハードボイルドなのにカップル?なんても思うわけですが、この2人が最後に「大きな選択を迫られる」という構成にやられたなあ、という感じです。
キャラクターの設定や配置にもちゃんと伏線があったように思えました。
また、その選択結果についてもいろいろ考えさせられますね。
ほんとにずるいよなあ、ベン(誉め言葉です)。

| | コメント (0)

2012年10月29日 (月)

日本シリーズ

週末は東京ドームで日本シリーズの2連戦。
ファイターズは連敗スタート。
第1戦の打ち負けは仕方ないとして、2戦目の隅1負けはきつかったですね。
ファイターズのペースだと思ったのですが。

Img_0696 植木鉢の青虫2号の姿が消えたので、これはまたサナギ化する場所へ移動したに違いないと推測。
遠くに行けるとも思えないので周囲を探してみたら、植木鉢を置いていた棚の裏側にへばりついていました。
硬直したように体はぴくりともしないので、準備体制に入ったようです。
これからそっと見守ります。

| | コメント (0)

2012年10月28日 (日)

ハロウィン

Img_0692 Img_0691 Img_0694 いつもの隣町へ散策に行くと、ハロウィンの衣装に身を包んだ子供たちを多数目撃。
お母さんたちもさりげないコーディネイトのハロウィンファッションだったりして、さすが世田谷区だと感じてしまいました(笑)。
それにしてもそういう人たちが多いので気になっていたら、みな1つの方向に移動している事に気づき、その先の公園にてハロウィン軍団を発見しました。
どうやら仮装パレードがあるようで、にぎやかでした。
ハロウィンマントの姉妹(たぶん)の後ろ姿が可愛かったなあ。
時間の関係でパレードそのものは観られませんでしたが、十分満足であります。
個人的には季節イベントとして、バレンタインよりもハロウィンの方に広まって欲しいです。

| | コメント (0)

2012年10月27日 (土)

『 THE ROOKIE 』★★★


「オールド・ルーキー」というメジャーリーグを題材にした映画を観ました。
35歳でメジャーデビューしたジム・モリスという選手の実話。
面白かったです。
高校の教師&部活の監督という立場から、マイナーを経てメジャーに上がっていきますが、映画最後のクライマックスがデビュー戦の登板というところがいいですね。
実働2年間という短い期間だったので仕方ないかもしれませんが、「あのマウンドに立つ」それだけで十分だったような気がします。
それにしても、原題は「 THE ROOKIE 」なのに、邦題に「オールド」を付け足すセンスの無さです。
「ちっともオールドじゃないよ」、そういう内容だったと思うのですが。

| | コメント (0)

2012年10月26日 (金)

ドラフト会議

プロ野球は日本シリーズを前にドラフト会議。
今年も渡辺監督のくじ運に期待しましたが、1位指名の東浜君を引き当てる事はできず。
まあ、くじなのでそういう事もあるわけですが、獲得した相手がホークスなのでちょっと不機嫌(^_^;)。
いつも立ち塞がるんだよなあ。
はずれ1位の増田君に期待します。
抑えとして活躍してくださいm(_ _)m。
2位の相内くんや3位の金子くんにも期待。
世代交代がどんどん進む中で頑張ってほしいものです。
藤浪くんがセリーグに行ったのは残念ですが、タイガースだから許せます。
菅野に勝ってください。

| | コメント (0)

2012年10月25日 (木)

『 The Lord of the Rings: The Return of the King 』★★★


「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」を観ました。
う〜ん、やっぱりスカッとしない(^_^;)。
ゴラムは可哀想ではありますが、あの醜態は見たくないです。
フロドが指輪の魔力に囚われそうになるシーンなどもあまり見たくないのです。
敵の大ボスも象徴的な存在という感じで、直接対決するシーンがないので倒しても爽快感がないんですよねえ。
大きな合戦シーンは迫力あったし、いろいろな兵器や部隊が繰り出されるのは面白かったですけれど。
平和が戻った後の後日談のシーンなどは好きなんだけど、なんか長かったなあ。
ここでも冒険の旅が終わった後の爽快感を感じませんでした。
なんか、文句ばっかり書いてますけど(^_^;)、いちおう面白かったのです。
ただ、たとえば「子供と一緒に見たい映画ではない」という感じなのです。

| | コメント (0)

2012年10月24日 (水)

冬眠?

Img_0669 さなぎ状態になり、24時間体制でタイムラプス撮影していた青虫ですが、その後いっこうに羽化しませんでした。
「約2週間弱」という事ですから遅すぎます。
心配になってネットで調べてみたら、すでに死んでいるか、越冬サナギになった可能性がある、という事でした。
撮影のために室内に置いていたので日照時間が短くなり、それを冬と間違えてしまった可能性です。
あるいは、季節的に本当に越冬タイプになる時期でしょうか。
でも、やっぱり死んでるかも orz。
もぞもぞっと動いた時、撮影のために動かしたり、照明を当てたりしたので、そういうのがストレスになったのではないかと思います。
有頂天になっていた自分に反省中です。
Img_0684 Img_0686 なので植木鉢は再びベランダの外に出しました。
もう1匹の青虫は元気に育っています。
今では上の方の若い葉っぱを食いつくし、下の固い葉っぱを食べています。
今度はそっと見守ります。

| | コメント (0)

2012年10月23日 (火)

雑記

セリーグCSはGが崖っぷちからの3連勝で逆転優勝。
高木監督、口は災いの元でしょうか。
4戦目に打順や先発投手の順番を変えてきた時、自分もいやな予感がしました。
セパ共に、シーズン1位のジャイアンツとファイターズの対決。
順当な結果かもしれませんが、「下克上のダイナミズム」みたいなものも楽しみたかったです(^_^;)。

レッズ、仙台に負けてしまって優勝争いから1歩後退。
今のチームじゃ無理のような気がします。
ギラ、山形に敗退。う〜ん。

ニュースでPC遠隔操作犯罪の対策会議の様子を拝見しました。
大きな会議室にテーブルを並べて、ネクタイ組の人たちがたくさん座っていて、手元に紙の資料が配られていて、部屋の奥には大きく「PC遠隔操作犯罪対策会議」といった習字の貼り紙があって、杓子定規に会議をしていたようですが、こういう旧態然としたスタイルで最先端のハイテク犯罪に立ち向かえるの?とかなり疑問を感じました。
まあ、形式的な顔合わせみたいなもので、実動部隊はもっと凄いことをやっていると信じていますけど。
ずいぶん昔、詐欺メールが届いたので警察のホームページに転送したら、「プリントアウトして近くの警察署に届けてください」と返信が来たのを思い出します(苦笑)。

Img_0680 キャンベルといえば自分が思い出すのはアンディ・ウォーホールの版画でありまして、昔は舶来物のちょっとした憧れの缶詰でもありました。
最近はスーパーで手軽に手に入りますが、カップラーメンが出ていたのでちょっとびっくりでした。
パッケージの注釈によるとライセンス契約で韓国の会社が作っているようでした。
チキン風味となっていますが、サッパリ味で自分にはちょっといまいち。
もう食べることはないですね。

| | コメント (0)

2012年10月22日 (月)

散歩

以前から気になっていた「プレーパークせたがや」を見に行ってきました。
子どもたちの自由な遊び場です(カメラを持って行くのを忘れました orz)。
手作りの遊具や基地らしきものが楽しそうでいいですね。
市販の遊具のような「機能」だけではない遊び心があります。
うん、遊具にこそ遊ぶ心が必要な気がします(^_^;)。
タイヤを半分まで埋め込んで並べたやつを歩いてきました。
ターザン式のブランコのようなもの(一言で言えないところが良い)も体験してみたかったのですが、遠慮しました。
たき火をして焼き芋を作っているのも遠目から拝見。
こういう時、自分にも子供(いや、孫か)がいれば一緒に遊べるのですが。

もうひとつ、区民緑地「北烏山四丁目梅林市民緑地」を観てきました。
こちらはまだ新しいようで閑散としていましたが、年月が経てば素敵な果樹園公園になることでしょう。
自分はこの世にいないと思うけど〜。

| | コメント (0)

2012年10月21日 (日)

雨は降らない

Img_0683 先日ワードローブを入れたせいで収納部屋を整理中なのですが、土曜日はレゴのインストラクション(組み立て説明書)に取り組んでいました。
特に収納方法に悩んでいた小さな冊子を「A4のハガキ収納ファイル」にきれいに納められる事に気づき、わさわさと詰め込んでいました。
複数買いしたものも捨てきれません(^_^;)。
こういうのはPDFファイルで保存して、印刷物は捨ててもよいと思うのですが、なかなかそこまで割り切れないですね。
空き箱は捨てられるようになったので、次はこれが課題です(^_^;)。

Img_0678 土曜の夜の居酒屋モード、蕎麦が余っていたので、お稲荷さん用に煮た油揚げに詰めて「いなり蕎麦」にしました。
中の蕎麦は少量のめんつゆとネギを混ぜています。
きつね蕎麦みたいな感じで、なかなか美味。
問題は一口食べるとびろろ〜んと蕎麦が溢れ出してきて、収拾がつかなくなる事です。
決壊したダムみたいな感じで(笑)、食べ方が難しいですね。
なにか解決方法があるとよいのですけれど。
ちなみに翌日、雨は降りませんでした。

| | コメント (0)

2012年10月20日 (土)

ファイターズ優勝

CSファイナルはファイターズが3連勝で一気に優勝。
あっけなかったです。
ホークスとライオンズの緊迫した3連戦は何だったの?(^_^;)
ファイターズはいつも通りの野球。
打線も継投もいつも通り。
スクランブル登板とか総力戦とか、そんな言葉とは無縁の戦いのように見えました。
栗山さんが名監督かどうかはわからないけど、選手は意気に感じてのびのびとやっていたようにも感じました。
ちょうど2008年のライオンズ、伊東監督から渡辺監督に移行した時のような感じ。
なので(?)、来年は少し落ちるような気もするのですが、どうでしょうか。
それにしても、この3チームはCSに関して「3すくみ状態」らしいですね。
ホークスはファイターズに勝てず、ファイターズはライオンズに勝てず、ライオンズはホークスに勝てない。
不思議なものです。

| | コメント (0)

2012年10月19日 (金)

伊東監督

千葉ロッテマリーンズの監督に前ライオンズ監督の伊東氏が就任。
ちょっと、いや、かなり複雑な心境であります。
長年の功労者なのにねえ。
監督を辞める時の経緯をラジオで聞いたことがありますが、球団のひどいやり方に驚きました。
「西武球団を見返してやる」そういう強い決意を胸に秘めているのではないかと想像します。
気になるのはコーチ陣ですね。
現職コーチ陣を大量解雇したようですが、どうなるのでしょう。
ライオンズOBがやって来るのかな。
そういう人材の拡散も複雑な心境ですが、来年は渡辺ライオンズ、秋山ホークス、伊東マリーンズでCSをやってくれるなら悪い気はしません。
ま、まずはライオンズがしっかりと優勝争いに加わることですけれど(^_^;)。

| | コメント (0)

2012年10月18日 (木)

CSファイナル

CSのファイナルステージがスタート。
パリーグはファイターズvsホークスなわけですが、ファイターズを応援します。
まあ、いろいろあって(笑)。
吉川が好投しながらも先制点を許してちょっと心配しましたが、しっかりと逆転勝ち。
相手よりも1点多く取って勝つ、そういう野球ですね。
ライオンズはなんとなく「お祭り野球」みたいな感じだからなあ(苦笑)。
セリーグはドラゴンズを応援しています。
と言うか、「ジャイアンツを応援しない」という方向です。

北九州市の倉庫で見つかった「ロケットランチャー」の写真をニュース記事で拝見。
爆発物の事件は時々あるようですが、ああいうものが国内の犯罪で使われた事ってあるんですかね(オウムは持ってた?)。
どうも実際に使われているシーンが想像できません。
現実の事とは思えなくて、すぎちゃんが「ワイルドだろ〜」とか言ってるシーンを想像してしまいます(不謹慎)。

| | コメント (0)

2012年10月17日 (水)

シンプル

Img_0676 先日購入したワードローブが届いたので組み立てました。
狭い部屋に設置するので、狭い部屋の中で梱包を解き、狭い部屋の中で組み立てました。
身動きとれませんでした(^_^;)。
「限られたスペースの中でコマを動かす」そんなパズルがありますが、そういう感じ。
組み立て説明書がレゴのインストラクションと同じように「文字なし」で面白かったです。
記号やイラストだけでいろいろな事を伝えるスタイルがいいですね。
やはり、こういうところにもセンスを感じます。
日本の組み立て家具ってなんか余計な情報がぐだぐだと書いてあって、なにが大切な情報なのかよくわからない事があります。
逆に言うと、プロダクトそのものがシンプルな説明で組み立てられるよう「シンプルに出来ている」という事かもしれません。

| | コメント (0)

2012年10月16日 (火)

CS敗退

1勝1敗で迎えた第3戦、「2-3」で敗退 orz。
ここぞという場面で打てませんでした。
ソロホームラン2発では寂しいです。
投手交代のタイミングも難しいですね。
ああ、今シーズンが終わった。
渡辺監督が続投ということで、そのへんも個人的にはちょっと微妙です(^_^;)。
優秀なコーチスタッフが集まってくれれば良いのですが。
あとは、中島がメジャー移籍濃厚なのでその穴埋めをなんとか。
これまでも、稼頭央や松坂など主力選手が抜けた翌年にがんばってますからね。

Img_0672_2 植木鉢の青虫2号も順調に育ち、立派な幼虫になりました(日本語、変?)
みんな、がんばれ。

| | コメント (0)

2012年10月15日 (月)

雨が降る?

Img_0671 土曜日の夕食はいつも「呑みモード」で居酒屋スタイルです。
同居人が珍しく「今日は手まり寿司をつくる」と宣言したので任せることにしました。
写真のごとく無事完成。
右上から時計回りに、枝豆、生ハム、きゅうり、おかわり君です。
いちおうそれなりの見栄えと味です。
75点ぐらいですね。
「明日は雨が降るかもしれない」と言っておいたら、本当に降ってしまいました(苦笑)。
ご近所のみなさん、ごめんなさい。

CSの第2戦、打線爆発で武田翔太を攻略。
「8-0」というスコアは気持ちいいですが、大味でもあります。
1点差ゲームをしぶとく勝って行かなきゃね。

| | コメント (0)

2012年10月14日 (日)

始まる?

Img_0670 13日の朝、サナギがビクッと震えたのを目撃しました。
羽化するのに「だいたい2週間弱」という事だったので計算もぴったり。
さっそくタイムラプス撮影の準備をしました。
寝ている間かもしれないので、「24時間体制」にするためiPodの充電ケーブルはつけたままにし、撮影場所をパソコンのそばに移動させました。
iPodを拘束されるので不便ですが仕方ないです。

プロ野球、クライマックスシリーズは西武ドームにホークスを迎えての第1戦。
摂津を打てませんでしたね。がっくり orz。
9回無死満塁から1点だけであります。
申し訳ないけど、代打で上本がコールされた時に負けを覚悟しました。
とほほ。

| | コメント (0)

2012年10月13日 (土)

『 The Lord of the Rings: The Two Towers 』★★★


「ロード・オブ・ザ・リング:二つの塔」を観ました。
話は滅びの山に向かうフロド達とオークにさらわれた仲間を追うアラゴルン達に別れて進みますが、やはりフロド、サム、ゴラムの旅は憂鬱になります(^_^;)。
アラゴルンら騎士達の王権復活ストーリーの方が感情移入できる感じ。
ヘルム峡谷の戦い、燃えます。
戦闘(殺戮?)シーンもオーク達の残虐な設定のわりには描写が控えめ(だと思う)なので助かりました。
樹の精(?)たちの登場は、ここだけちょっとファンタジー色が強くてちょっと違和感もあったりして。
「ネバーエンディングストーリー」とか思い出しました(古っ!)。

| | コメント (0)

2012年10月12日 (金)

進化?

廃棄処分にする「CD・MD・ラジカセ」を分解しました。
こういうのはどうしてもばらして中が見たくなります(^_^;)。
処分することにした大きな原因は3連装のCDトレイが動かなくなった事でしたが、中を見てみたら、トレイを前後に出し入れするゴムの駆動ベルトが劣化して切れていました。
こりゃ、動きませんね。
Img_0646 写真は「CD・MD・カセットテープ」の読み取り部分。
左:カセットテープ、進めたり戻したりイジェクトさせたりするせいか、プラスチックパーツをたくさん使った原始的な作りの感じでした。見えないけれど、裏面にあるモーターも大きめ。
中:MD、機構がずっとシンプルになり、モーターも小さめ。読み書きするせいか、裏面には電子パーツが集まった基盤が張り付いていました。
右:CD、読み込みだけなのでMDよりもさらにシンプルです。
こんな感じでメディアの進化を実感したのでありました。

| | コメント (0)

2012年10月11日 (木)

大きな箱・小さな箱

水曜は建物全体が電気工事で停電になるため、ひさしぶりにIKEAに行ってきました。
同居人が「ワードローブが欲しい」とのたまっていたので。
シンプルでリーズナブルな品がセールにもなっていてラッキーでした。
問題点は「このサイズに入りきれないかもしれない」という事でしたが、「このサイズに入りきれないものは処分した方が良い」とアドバイスをしました。
彼女だけに限ったことではありませんが、体は1つしかないのに何故あんなに大量の服が必要なのか、自分は疑問です。
ちなみにレゴブロックの場合、膨大な数のパーツを所有していても、理論上はそれら全てを活用して巨大な作品を作ることができます(詭弁ですよ(^_^;))。
同居人はワードローブの他に太陽電池で灯る照明器具も購入(自分と色違いバージョン)。
Img_0661 自分はパーツ入れに使えそうなケースを見つけたので入手してみました(600円ぐらいだったかな?)。
W34xD21xH8 cm。半透明ブルー。スタッカブル。フタは後方のヒンジで開閉。
中は3つに仕切られていて、さらに付属の仕切り板で9つにまで分割できます。
さっそくブルーのプレートを入れてみましたが、なかなかいい感じ(^_^)。
色はブルーしか売ってなかったのですが、他のカラーでも出て欲しいです。
Img_0662 Img_0663 Img_0667

| | コメント (0)

2012年10月10日 (水)

現役

海外のミステリードラマは好きなのですが、むさぼるようにして観るほどでもなし。
Dlifeが開局したおかげで選択肢も増え、気に入ったものだけを観るようにしています。
で、苦手な番組の1つが「CSI」でした。
えげつない殺害方法、遺体や解剖シーン、犯行の再現など、CGとはいえ生々しくて、時には悪趣味にさえ感じることがあります。
特に、テレビ東京でお昼時に流す感覚が理解できません(^_^;)。
同居人はそれなりに楽しんでいるようなので、自分は「録画分は1人で観ていいよ」と言っています。
で、昨夜、同居人が録画していたCSIを再生していると、オープニングがいつもとちょっと違う。
どうやら「200回記念」の特別エピソードのようでした。
「ほ〜」なんて思っていたら、演出のクレジットに「William Friedkin」の文字を見つけたので、「同姓同名?」と思いながらも調べてみたら、映画監督の「ウィリアム・フリードキン」だったのでびっくりしました。
フレンチ・コネクションやエクソシストの監督さんですね。
個人的に↑これら以降はピンとこない映画ばかりなのですけれど(^_^;)。
あわてて「これは観る」と宣言して拝見しました。
ストーリーも作りもオーソドックスな正統派、自分が苦手とする悪趣味な演出などがなく、安心して観ることができました。
毎回、こういう感じだったら楽しめるんだけどなあ。
放送されたのは2009年だから、監督さんは70歳ぐらいのはず。
元気ですね。

| | コメント (0)

2012年10月 9日 (火)

レゴピン

Img_0674 引き出しの中を整理していたら、昔ながらの真鍮の押しピンが出てきたので、レゴブロックに接着して「レゴピン」を作りました。
小さい子の危険防止のためにプッシュピンは出ないでしょうから重宝します。
パッと見には商品クオリティです(^_^;)。
もっと押しピン出てこないかな。

| | コメント (0)

2012年10月 8日 (月)

雑記

ライオンズ、レギュラーシーズンもいよいよ終了。
土曜は岸が勝ったけど、日曜の最終戦はボロ負けでしたね。ま、いいか。

レッズ、札幌に負け。なんで?
ギラ、松本に負け。ま、こんなもんか。

同居人が観たいというので一緒に「ビューティフル・マインド」を再見しました。
やはり良い映画でした。
★4つでもよかったかな。

電波時計が時々狂います。なんで?
「数万時間に1秒」とかいろいろなうたい文句がありますが、電池の方が持たないからあまり意味がないような気もします。
ま、いいか。

Img_0650 Img_0651 Img_0652 世田谷区に「市民緑地」という制度があって、個人の方で庭や緑地を部分開放し、見学ができるようになっています。
けっこう近い場所に「昔の農家の面影を残す住宅」というのがあったので見学してきました。
ひっそりと緑に囲まれてよい感じでした。
こういう場所で静かに暮らせるといいですね。

| | コメント (0)

2012年10月 7日 (日)

『 The Lord of the Rings: The Fellowship of the Ring』★★★


NHKのBSで「ロード・オブ・ザ・リング三部作」をやっていたので再見です。
なんでこのタイミングで?と思っていたら、新作の映画が公開予定なのですね。
レゴの「ロード・オブ・ザ・リング シリーズ」の出来も気になりますが、割高感のある著作権ものには手を出さない方針です。
で、第1作目の「旅の仲間」。
いろいろ登場人物が多くてたいへん。
ホビット、ドワーフ、エルフなどの種族があまり特殊過ぎないのがいい感じです。
人間の延長上というか、ヒューマン族として感情移入できます。
ま、とにかく人物、世界、旅の目的などが紹介された1作目ということで物語はこれから。
でも、全体的にやっぱり暗いですね(^_^;)。
ゴラムが出てくると陰鬱な気分になります。
あまり爽快感がなかったような気もします。

| | コメント (0)

2012年10月 6日 (土)

『 OUTRAGE 』★★★


北野映画「アウトレイジ」を観ました。
暴力団の抗争の話なのでそれなりの心の準備をして観たわけですが、いろいろとえげつない描写にまいりました。
それでも要所要所に洗練された演出やカットが見られるのでどうしても観てしまいます。
オープニングのタイトルバックが出るまでのカットがカッコ良かったなあ。
音楽もいつもの久石譲ではなく鈴木慶一氏で渋かった。
任侠映画というと、仁義や男気など、時には美化するような部分もあるわけですが、この映画ではそういうのもほとんどなくて、なるほどこれが「全員悪人」という意味なのか、とすごく納得しました。
続編も気になります。
お金を出してまで観ようとは思わないのですけれど(^_^;)。

| | コメント (0)

2012年10月 5日 (金)

遅延行為

ライオンズは仙台でイーグルス戦。
CS進出にかすかな希望を残すイーグルスに対し、ルールにのっとった遅延策で引き分けに持ち込み、彼らの夢を断つ結果に。
ファンとしても見ていて気持ちのいいものではありませんが、ルールの中にそういう余地が残されている限り、どのチームだって同じような事をやるだろうと思います。
時にはそういう事が「全力を尽くす」「やれるべき事はすべてやる」として賞賛されるわけですよねえ。
星野監督も苦虫を噛み潰していましたが、試合後インタビューではほとんど触れなかったですしね。
「ああいう事をしなくてもいいルールづくり」をしてくれるとよいのですが。
それにしても、ピッチャー交代で時間を稼ぐのは想定内として、DHに入っていた中島をファーストの守備につかせるという裏技(?)には意表を突かれました。
しかも、最後の打球はその中島のところに飛ぶのだから恐いですね〜。
翌日のネット記事を読んでいたら、この試合で始球式をやった福原愛選手の記事も見かけました。
タイトルの「愛ちゃんノーバン始球式」が「愛ちゃんノーパン始球式」に見えてしまったのは自分だけではないはず(^_^;)。
確信犯だろ。

| | コメント (0)

2012年10月 4日 (木)

CSへ

ファイターズのマジックが2となってからライオンズが2連敗で優勝が決定。
さえない結末でした。
ファイターズには「12勝10敗2分け」と勝ち越していただけにがっくりです。
と思っていたら、ファイターズはホークスにも「9勝13敗2分け」、イーグルスにも「10勝12敗2分け」と負け越しで、勝ち越しているのはマリーンズ、バファローズ、交流戦なのだと知りました。
弱いものいじめですね(^_^;)。
いちおうライオンズもCS進出を決めたのでリベンジできるといいのですが、おそらくCSに進出してくるホークス相手の戦いも苦労しそうです。
どこが勝ってもおかしくない短期決戦、負けは覚悟しているので、よい試合をお願いします。

| | コメント (0)

2012年10月 3日 (水)

さらに翌朝

Img_0631 さなぎモードに入ろうとしていた青虫ですが、さらに翌朝は体の表面がさなぎ形状に変わっていました。
ふっくらと丸みをおびていた体が、カクカク状態になっています。
昨夜は体を「く」の字にしていましたが、糸を発していた部分から上体をそらすようになっています。
一晩でこんなに変わるか〜、という感じでした。
ネットで検索してみると「アオスジアゲハ」の幼虫のようなのですが、さてどうでしょか。
Img_0630 そして、いつもの植木鉢では新たな青虫が現れて、黙々と葉っぱを食いまくっています。
現在の体長は「7mm」ぐらい。
何個ぐらい産みつけられていたのでしょう。
そして、このぴったりなタイミングの時間差は単なる偶然? 計算づく?

| | コメント (0)

2012年10月 2日 (火)

そして翌朝

Img_0627 カイワレ容器のフード(食品ではなく、覆いですよ)を取ってみると青虫の姿がないので、またしても脱走?
おまえは脱走王か?
とツッコミたくなりましたが、植木鉢の側面に張り付いていました。
体の脇から糸を発射して体を固定しています。
どうやら「サナギ」の体制に入るようです。
ここからは推測になりますが、サナギになる時はこのように地面に対して垂直な面でないといけないのかもしれません。
葉っぱの上だと水平だし、風でゆらぐので安定もしないと思います。
また、ずっと暮らしていた植物はまだ小さくて、垂直にしがみつけるような太さの枝ではありませんでした。
つまり脱走の動機は「安定した垂直面」を探すためだったのではないかと想像するわけです。
ネットで検索してみると、だいたい10日間ぐらいしてから脱皮するようなので、この状態で観察を続けようと思います。
小学生の夏休みの研究みたいになってきました(笑)。

| | コメント (0)

2012年10月 1日 (月)

脱走

Img_0625 Img_0623 台風が来るということで、ベランダの小さめの植木鉢を室内に移動させました。
ちょっとジャマですが、ひと晩だけの我慢です。
ところが、夕食の準備をしていると、カーテンの上部になにか異物がくっついているのに気づきました。
植木鉢に新しくやってきていた青虫でした。
ちょうど窓際に置いていたので葉っぱからカーテンに移動したようです。
また食い逃げされるところでした。
あわてて元の植木鉢に戻し、今度はカーテンや他の植木鉢からも離して、部屋の中央に置きました(写真は台風一過の翌朝の時に撮影)。
「あんなに活発に動くとは思わなかった」などと話しながら夕食を済ませたのですが、食後に植木鉢を見るとまたしても姿がありません。
今度はカーテンがありませんから、自分で植木鉢を折り、床に降りたことになります。
うっかり踏んでしまう可能性もあるので、慎重に動き回りながら探しました。
すると、またしても同じカーテンによじ登っているのです。
う〜ん、何なんだ、こいつは〜。
蝶の幼虫だけに「パピヨン」ですね(スティーブ・マックイーン&ダスティン・ホフマンの脱走映画です)。
しかたないので、小さめの植木鉢に移し、空気穴を開けたカイワレ大根のプラ容器を上からかぶせて一晩過ごさせました。
Img_0624

| | コメント (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »