« テクニック、わからん | トップページ | 接続トラブル »

2013年1月30日 (水)

『 DECEPTION 』★★★


「彼が二度愛したS」という映画を観ました。
ユアン・マクレガー、ヒュー・ジャックマンらが主演のサスペンス映画。
こういう言い方は変ですが、安心して観られる予定調和な映画でした(^_^;)。
そろそろ事件が起こるだろ、と思えば事件が起こり、
こいつらぐるだろと思えば、やっぱりぐるで、
いやいや死んでないだろ、と思えばやはり死んでなくて、
ここで裏切るだろ、と思えば裏切って、
そろそろ現れるな、と思えば現れて、
でもピンチになるでしょ、と思ったらピンチになって、
それでも助かるよね、と思ったら助かって、ハッピーエンドを暗示する終わり方でした。
う〜ん、最初の方は謎の秘密クラブ的な存在が妖しくていい感じでしたが、「本筋とは全く関係ない」という割り切った設定になっていて、ここに一番驚きました(苦笑)。
ゲスト出演的なシャーロット・ランプリング、短い時間でしたがよかったですね。

|

« テクニック、わからん | トップページ | 接続トラブル »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« テクニック、わからん | トップページ | 接続トラブル »