« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月31日 (木)

接続トラブル

朝、パソコンを立ち上げて、メールやニュースをチェックしようと思ったらネットに接続できない状態になっていました。
昨深夜まで全く問題なし。
設定なども特に変えた覚えはありませんでした、いろいろチェック。
自分のMac、ipod touch、同居人のWinマシン、全て繋がらず。
設定画面で「AirMacまでは繋がっているが、AirMacとルーター間が断線状態」なのがわかり、奥にしまってあるルーターを引っぱりだすと、ADSLランプが点滅状態で不具合らしいことがわかりました。
ルーターの説明書やらを読んで本体をリセットしてみたりしたけれど、解決せず。
こりゃネットで解決策を検索した方が早いかな?と思いましたが、そのネットに接続できない事に気づくバカな自分(^_^;)。
ここで外出している同居人に電話で連絡しようとしたら、これも繋がらず。
電話機もルーターを通して接続しているからでしょう。
仕方なく、電話機を直接電話回線に繋ぐために、長い電話ケーブルを引っ張りだして配線。
しか〜し、これでもまだ繋がらず。
どうやら引き込まれている電話回線自体が死んでいるようでした。
ここまでやってお昼。
同居人が帰ってきたので、携帯でNTTに電話。
これこれしかじか。
「今朝、お客様のお住まいの近所で火事がありまして、その時に電話ケーブルも損傷しました。今も復旧工事が続いています」という明快な原因を教えてもらいました。
かなり困るのは事実ですが、面倒なパソコンの設定トラブルなどではなくてよかったです。
復旧工事は3時30分に終了。
電話は復帰したのですが、なぜかインターネットが繋がらない orz。
どうやら、午前中に自分が行った作業の中で、ルーターの設定をリセットしたのがまずかったようで、これを最初から設定しなおしました。
ああだこうだのすったもんだで、全て復旧したのが6時。
う〜ん、最初から不可抗力の事態とわかっていればここまでもつれなくて済んだでしょうか。
1日を無駄にしました。
そして本当に疲れました。

| | コメント (2)

2013年1月30日 (水)

『 DECEPTION 』★★★


「彼が二度愛したS」という映画を観ました。
ユアン・マクレガー、ヒュー・ジャックマンらが主演のサスペンス映画。
こういう言い方は変ですが、安心して観られる予定調和な映画でした(^_^;)。
そろそろ事件が起こるだろ、と思えば事件が起こり、
こいつらぐるだろと思えば、やっぱりぐるで、
いやいや死んでないだろ、と思えばやはり死んでなくて、
ここで裏切るだろ、と思えば裏切って、
そろそろ現れるな、と思えば現れて、
でもピンチになるでしょ、と思ったらピンチになって、
それでも助かるよね、と思ったら助かって、ハッピーエンドを暗示する終わり方でした。
う〜ん、最初の方は謎の秘密クラブ的な存在が妖しくていい感じでしたが、「本筋とは全く関係ない」という割り切った設定になっていて、ここに一番驚きました(苦笑)。
ゲスト出演的なシャーロット・ランプリング、短い時間でしたがよかったですね。

| | コメント (0)

2013年1月29日 (火)

テクニック、わからん

仕事や家事の合間にパワーショベルを組み立て中。
2度目の組み立てですが、やはり通常のシステムブロックと違ってテクニックは難しいですね。
そもそも、自分がよく作るジオラマ的なものは、基本的に積み重ねていくだけのものです。
うまく説明できないのですが、「2次元の平面を積み重ねて3次元にする」という感じ。
それに対して、ロボットなどのメカものを作る場合は、「パーツの組み合わせ方自体が立体的な3次元」のように感じます。
極端に言うと「パーツやパーツの組み方に上下左右などの概念がない」みたいな感じでしょうか。
テクニックの組み方もこれに近いような気がして、インストラクション通りに組んでいても、今、何をどういう目的で作っているのかわからなくなります(^_^;)。
「ここは後で何かが繋がるんだろうな〜」と思いながらも、それをイメージすることができません。
もっと、いろいろ組んで、経験を積まないとダメかなあ。
動くメカをいろいろ作ってみたいです。

と言いつつ、そろそろクリブリのコンテストの作業を始めなければいけません。
〆切りは3月10日。
もうすぐ2月ですからね、真面目に考えなくては。
2月・3月は忙しくなりそうです。

| | コメント (0)

2013年1月28日 (月)

雑記

Img_1287 寒いですね。
日曜日、お昼になっても霜柱が残っていました。
この日は「緑の集まり」があって、団地の集会室で会議。
担当しているブログも間もなく一般公開になりそうです。
現在はパスワード制限で関係者だけが見られるようになっているのですが、かなり高齢者の方々(最高85歳)も子供や孫の力を借りて「見ましたよ〜」と言ってくださるのがとてもありがたいことです。
でも、早く後継者を見つけて(育てて?)、後をまかせたいです(^_^;)。

Img_1283 葉もの野菜が高いですね。
とっても庶民な自分にはとても高くて買えません。
そういうわけで、値段が安定している冷凍食品への依存率が高くなりました。
元々、日常的にお世話になっているのですけどね。
冷凍庫の中は鮮やかな緑色です。

Img_1291 ブルトーザーは動画を撮ったので、ばらしてもう一度パワーショベルを組み立てようと思っています。
今度はもう少し機構にも注意を払いつつ、スムースな動きができるようにしたいです。
ばらす前に同居人に「遊んでいいよ」と渡しました。
正座してリモコン操作して喜んでいました。
ところで、こういう大きなバケットを見ると、ずいぶん昔のSF映画「ソイレント・グリーン」を思い出します。
映画自体の記憶はかすかですが、ポスターなんかのビジュアルはよく覚えています。
チャールトン・ヘストン主演。
猿の惑星みたいにショッキングな内容でしたね。
今見たらきっとB級映画だと思いますが(^_^;)。

| | コメント (0)

2013年1月27日 (日)

動画で四苦八苦

ブルドーザーの動画を撮ってみました。
撮るのは簡単なのですが、動画の圧縮などは全くの素人なので、これまでなかなか良いコンディションでアップすることが出来ませんでした。
iMovieにいくつか用意されているデフォルトの保存設定を使っていたのですが、どうもいまいち。
細かな設定もできるようですが、知らない専門用語ばかりでチンプンカンプンでした(^_^;)。
で、今回、YouTubeの中に映像や音声に関するお薦め設定があるのを知り、その通りにやってみました。
ずいぶん良くなったと思います。バンザイ。
日々の中でちょっとした動画も撮っていきたいです。
それにしても、今はYouTubeのアップロード画面の中でいろいろな事ができるのですね。
画質を調整したり、キャプションを入れたりもできるような感じ。
じっくり触ってみると便利なんだろうな。
なかなかそういう余裕がありませんけれど、いろいろ勉強しましょう。

| | コメント (0)

2013年1月26日 (土)

ブルトーザー

Img_1273 Img_1274 ずいぶん前に作ったテクニックのパワーショベル、このセットの組み替えモデルを作ってみました。
インストラクションは印刷物が同封されているのではなく、サイトからPDFファイルをダウンロードするスタイルだったのですが、これをすっかり忘れていました(^_^;)。
使用パーツ数は全体の2/3ぐらいでしょうか。
パワーショベルに比べれば、ちょっと小ぶりでシンプルですが、それでも十分に凄かったです。
モーターは4個使っていて、左右のキャタピラに2個、バケットの上下に1個、バケットの角度に1個という構成です。
バケットの動きがなかなかでして、うまく説明ができないのであらためて動画を撮ってみようと思います。
パワーショベルの時は動きがぎこちない部分もあったので、今回は定期的に動きを確認しながら組み立てました。
テクニックは時に締め付けがきつくなることもあるような気がして、いろいろと気を使いますね。
でも、やっぱり組み上がるとすごいなあ。
小〜中学校時代にこんなおもちゃで遊んでいたら、人生変わるかもしれません。
親子で楽しめたら最高でしょうね。

| | コメント (0)

2013年1月25日 (金)

『雨あがる』★★★★


「雨あがる」を観ました。
黒澤明が脚本だけ残していたものを、縁のあるスタッフさん達が作り上げたらしいですね。
かなり好きな映画です。
大雨で川を渡ることが出来ず、宿に足止めをくらった武士夫妻と泊まり客、そしてそこを治める殿様たちのお話。
たいした事件が起こらなくて、のんびり進むのがよい感じ。
殺陣のシーンもほんの少し。
それでも主人公(寺尾聡)が欠かさない剣術の練習シーンは、静寂につつまれた森の中で凛とした空気を漂わせていてカッコいいです。
あとはやはり奥方の宮崎美子さんが素敵ですね(世代的にカメラのCMの時から好きでした)。
奥ゆかしい武士の妻を演じていますが、終盤の一番の見せ場は彼女がはっきりと物を言うシーンだと思います。
最近はクイズ番組でしか見かけませんが、やっぱり素敵だ。

| | コメント (0)

『 SEVEN YEARS IN TIBET 』★★★


「セブン・イヤーズ・イン・チベット」を観ました(初見)。
以前からなんとなく気になっていたタイトルでしたが、面白かったです。
有名なオーストリアの登山家さんが書いた手記を映像化したらしいですね。
雄大な山岳地帯の映像が素敵でした(南米の方で撮影したみたいですが)。
ダライラマさんの若い頃の話、というのもちょっとびっくり。
微笑ましい異文化交流のシーンが続いていただけに、その先に待っている悲劇的展開を考えるとため息が出ます。
今も問題になっている中国とチベットの関係、なかなか身近に感じることはありませんし、この映画を観ただけで理解できるものでもありませんが、少し興味を持てました。
これからニュースを観る時には少し集中力が増すでしょう。
中国が侵攻する様子は実に不快なのですが、その少し前には日本が同じような事を東アジア諸国にやらかしていたと思うと、複雑な心境です。
今現在も領土問題でいろいろ揉めていますが、うまく解決してほしいですね。

| | コメント (0)

2013年1月24日 (木)

野良猫?

Img_1267 Img_1269 最近気になっているのが、写真の猫。
猫の種類には詳しくないのですが、ペット屋さんにいそうな種類の猫です。
首輪はなし。
これがよく団地内を徘徊しています。
近づくとさっと逃げます。
写真は3階のベランダから撮りました。
なんだか、野生動物を望遠レンズで追っかけているような気分でした(実際の経験はありませんが)。
高齢化が進み、孤独死なんかもニュースになりますから、つい余計な妄想をしてしまいます。
この猫ちゃんもすこやかに生き続けて欲しいものです。

| | コメント (0)

2013年1月23日 (水)

大型トレード

ファイターズ糸井・八木←→バファローズ木佐貫・赤田・大引の大型トレードにびっくり。
キャンプイン目前のこの時期、しかもひさしぶりの大型トレードでした。
関連記事では1994年の秋山−佐々木らのトレードの話も出ていて、複雑な心境でした。
自分はあのトレードでライオンズから離れかけましたからねえ。
今回のトレードでチームに不信感を持ったファイターズファンも多いのではないでしょうか。
でも、大谷くんが来たから大丈夫か(^_^;)。
バファローズはいろいろと補強が盛んですね。
監督も男前になったし(笑)。
台風の目になるのでしょうか。
イーグルスもいろいろやってるし。
がんばってくれよ、若獅子たち。

| | コメント (0)

2013年1月22日 (火)

かわいい

時々チェックする「STREET ART UTOPIA」で可愛い画像を見かけました。
Yarn Bombing - R2D2 in Bellingham, Washington, USA
ついでにゴミ箱にして、ゴミを入れると「クルクルッポー」みたいな電子音を聞こえてきたら、街のゴミも少しは減るかもしれませんね。

| | コメント (0)

2013年1月21日 (月)

計画的に

日常的に利用するスーパーのレジでの支払いをカード払いにしました。
以前なら、「何回払いですか?」「サインをお願いします」みたいな会話があって、少量の買い物でもカード払いで時間をとる客の後ろに並んでいるとイライラしましたが、最近はそういう手間がなく、カードをシュッと読み取り機に通すだけ。
簡単になりましたね。
もっとも、自分も同居人も金銭感覚がルーズになりかねないカード払いはあまり好きではないのですが、買い物の金額が割り引かれることに魅力を感じてしまいました(^_^;)。
毎回1%引き程度ですが、月に2回「5%割引デー」が設定されているようで、やはりそういうものを活用していこうということです。
でも、元々質素な生活に努めていることもありまして、購入額自体はたいしたことありません(^_^;)。
5%にしてもたいした額にはならないのですが、「生鮮食料品以外は割引デーにまとめ買い」という計画的な買い物習慣をつけることに一番大きな意味があると考えています。
都内の便利な場所に住んでいると、「欲しくなったら買う」「足りなくなったら買う」みたいな行き当たりばったりになりがちです。
こういうのをなんとかしたいと思います。

| | コメント (0)

2013年1月20日 (日)

『 TO DIE FOR 』★★★


ニコール・キッドマン主演の「誘う女」を観ました。
メディアスターを夢見る主人公が夫殺しを企むコメディタッチのミステリー。
実話をベースにしているらしいですが、お話自体は特に目新しくもありませんでした。
でも、ちょっと凝った構成やブラックユーモア的な部分が面白かったし、やはりニコール・キッドマンのキュートな立ち振る舞いを観ているだけで楽しかったです(イヤな女の役ですけれど)。
原題は「(それのために)死んでもいい(ぐらい素晴らしい)」という意味らしいですね。
邦題、どうにかならんか。

| | コメント (0)

2013年1月19日 (土)

『 JFK 』★★★


オリバー・ストーンの「JFK」を観ました。
3時間超の大作、しかも字幕版でセリフや情報量が多かったので分割鑑賞でした(疲れました(^_^;))。
いろいろある説の中の1つだと思いますが、リアリティが感じられて興味深いですね。
公文書が開示され、真相が明らかになるのは「2039年」みたいな話になっていましたが、wikiで見てみるとこんな記述がありました。

> この75年ルールは、その後情報公開法(Freedom of Information Act)によって改められ、
> 1992年、ウォーレン委員会による記録の98%は一般公開された 。残る部分については従来
> 通り、2039年の解除が予定されている。

映画は1991年に公開されているから、情報公開に影響を与えたのでしょうか。
あとは「未公開の2%」というのがちょっと気になります。
26年後、年齢的に微妙なところです(^_^;)。

ケビン・コスナーはあまり好きな役者さんではありません。
宇宙人で知られるトミー・リー・ジョーンズが、大役ながらゲイという設定で出ていて、ちょっと苦笑。
オズワルド役がゲイリー・オールドマンだった事にびっくり。3年後にレオン出演か。
音楽がジョン・ウィリアムスだったのも意外でした。
ルーカスやスピルバーグ物とは違った、渋い楽曲でした。

| | コメント (0)

2013年1月18日 (金)

OTTAVA

以前、「最近は何をするにしてもBGMにクラシックを流しながらが多い」と書いたと思います。
その当時はNHK-FMだったのですが、ちょっと油断すると、番組が切り替わって浪曲や演歌が流れてきたりして、カックンとなったりしてました(うまく表現できません(^_^;))。
で、あわてて別の局・曲に切り替えるわけです。
そんな状態でしたが、なにかのきっかけで「24時間ノンストップでクラシック音楽」というサイト「OTTAVA」を知り、今では「TVがついていない時はOTTAVA」という生活が続いています。
あいかわらずクラシックの事はよくわかりません。
「この曲は聞いたことがあるな」というのは10%程度。
「この曲のタイトルは知ってるな」といのは5%程度。
そんなところだと思いますが、でも、どうでもいい話です。
選挙区、じゃなくて、選曲に関してフィーリングが合うというのか、とにかく落ち着いて自分には心地よいです。
これまで自分にとってTBSの存在価値とは「世界遺産」しかありませんでしたが、OTTAVAを提供しているということで存在意義が高まりました。
まあ、3%程度だな(^_^;)。

| | コメント (0)

2013年1月17日 (木)

『 The I Inside 』★★★


「Re: プレイ」というミステリーを観ました。
目覚めたら、病院のベッドの上。
どうやら交通事故に遭って、救急車で搬送されたらしいのだけど、ここ2年間の記憶がない。
次々と現れてくる関係者、断片的に蘇ってくる過去、それらに翻弄されながら真実に辿り着こうとするお話。
よくある感じでストーリーが始まりましたが、途中からタイムトラベル物のような展開になって、いろいろと面白かったのですが、「ちゃんと着地してくれるの?」という心配がずっと頭の片隅にありました。
いろいろな要素がジグゾーパズル的に組み合わさっていく快感はありましたけど、う〜ん、最後はよくわかりませんでした(^_^;)。
しかも、個人的には余計なオチをつけたような気もしました。
というか、邦題の付け方がひどくて、まさに自らネタバレしているようなものです(^_^;)。

| | コメント (0)

2013年1月16日 (水)

マッサージ

Img_1263 同居人の英断により、我が家にマッサージ機がやって来ました。
パッと見るとゆったりした座椅子っぽいですが、あのクッションの厚みの中に15個のエアパッドが内蔵されていて、いろいろなプログラムによって伸縮して体をほぐしてくれます。
隣町のホームセンターに行くとこれが展示サンプルとして並んでいて、空いていればさりげなく座って試していました。
もう、こういうのが嬉しい年代になってしまいました。
極楽です(^_^;)。
マッサージは腰まわりが中心です。
肩や首までほぐすとなると大掛かりな品物になりますが、腰だけだったらコンパクトですね(価格も安い)。
狭い部屋の中に置いてもそれほど違和感はありません。
商品としてはマッサージ機ではなく、女性向けのシェイプアップ商品です。
しまったヒップとスリムなウェストを作るらしいです。
成果が楽しみです(笑)。

| | コメント (0)

2013年1月15日 (火)

後始末

Img_1252 Img_1246 雪の翌日は気持ちのよい晴天でしたが、路面の雪かきやらでどこも大変そうでしたね。
自分も少しばかりですが、昨日折れた樹々の処分をお手伝いしました。
写真は昨日の点描2つ。
左:団地のエレベーターヘッド壁面に吹き付けられた雪が面的にはがれ落ちて、積雪地帯での迷彩塗装のようになっている様子です。
ちょっとミリタリーチックでカッコいいです。
右:雪が降る寒い中、すっくと枝に止まっていた鳥さん。
ちょっと水墨画や日本画ぽくてカッコいいです。
※ブログの空き容量を考えて、写真サイズを大きくしました(笑)。

夜、Eテレの「すイエんサー」で京大生vsすイエんサーガールズの科学実験対決を見ました。
5mの高さからA4の紙で作った構造物を落とし、滞空時間の長さを競うというテーマ。
自分がすぐに思いついたものは京大チームと同じもので、「論理的に考えればこうなるでしょ?」というものでしたが、それとは全く異なるすイエんサーチームの新しい発想にびっくりでした。
実際、対決でもすイエんサーチームが勝つという驚きの結果。
ちょっと鳥肌ものでした。
う〜ん、やっぱりまだまだ頭が固いですね(^_^;)。
http://www.nhk.or.jp/suiensaa-blog/

| | コメント (0)

2013年1月14日 (月)

雪が降りました

関東地方は予想外の大雪になって、交通機関など大変だったみたいですね。
朝方、最初は雨だったのがしだいに雪に変わり、昼前には本格的な降り方になりました。
Img_1221 Img_1222 Img_1223 そして、午後1時過ぎ。
窓の外から、メキメキメキ〜ッという怪しい音が聞こえてくると、ドサリと大きな音が響いてきました。
敷地内には立派なクスノキの並木があるのですが、常緑樹なのでけっこう雪が積もります。
その重さで大きな枝が折れたのでした。
ちょっとびっくり。
さらにその後も小ぶりな枝がメキメキと折れていくのであります。
次々と雪にやられていく有り様に「八甲田山 死の彷徨」を思い出してしまいました(^_^;)。

| | コメント (0)

2013年1月13日 (日)

いつもの散歩

隣町までいつもの買い物散策でした。
安いコンビーフ、安いオイルサーディン、安いアンチョビ、安い皮付きポテト(冷凍)を定期的に補充します。
今日は写真をいろいろ。

Img_1171 夏みかんなのかな?
写真は一部だけですが、7〜8mぐらいの立派な樹にたくさんの実がなっていて、キープと思われる文字がたくさん書かれていました。
子供たちの名前でしょうか、微笑まししいですね。
しかも、「(収穫は)まだ早いです」というオーナーさんの案内も素敵。
このお宅の前を歩くのは楽しみです。

Img_1173 首輪をしてなかったので野良猫っぽい雰囲気でした。
というか、面構えが野良猫っぽい感じでした。
もう少し近寄ろうとすると、左側にある側溝の中にさっと逃げていきました。
飼い猫とは違う緊張感が漂ってました。
この場所も今後は要チェックです。

Img_1177 Img_1179 Img_1185 いつもの川で鳥さんたち。
よく観るといろんな種類の鳥がいることに気づきます。
7〜8種類ぐらいいたかな(カラスも含む(^_^;))。
決してきれいな川ではありませんが、彼らが訪れてくれることに感謝です。

| | コメント (2)

2013年1月12日 (土)

十六夜

NHKでやっている携帯大喜利を観ていたら、投稿ネーム「十六夜(いざよい)」さんの事を「じゅうろくや」さんと呼んでいて、確かに馴染みの少ない熟語だとは思いますが、う〜ん、どうなんでしょうね。
放送内で訂正が入るかと思いましたが、それもなかったような気がします。
それとも、本人があえて「じゅうろくや」と読ませているのでしょうか。
NHKに間違った読み方をさせる確信犯だったとしたらすごいですね(^_^;)。

Img_1167 焼きおにぎりをまた作りました。
香ばしくてたまらんですよ(^_^)。
すっかり慣れて、段取りもよくなりました。
自分はラップで握り、フライパンで焼きます。
手で握り、網で焼いてた時は悲惨でした(^_^;)。

| | コメント (0)

2013年1月11日 (金)

ダブルフェイス

録画していた「ダブルフェイス」を観ました。
暴力団→警察、警察→暴力団の潜入捜査官のお話。
設定がとてもゲーム的で面白かったです。
将棋やチェスのような駆け引きをイメージしました。
でも、暗くて救いのない話でしたね(^_^;)。
オリジナルもちょっと興味があります。
北野映画なども思い出したりしました。

| | コメント (0)

2013年1月10日 (木)

100円補充

Img_1164 プリンタのインクカートリッジを補充しなければいけなくなったのですが、けっこうなお値段です。
正規の純正品、割安なリサイクル品(エコリカ)と試してきたので、ついに格安な「インク補充」をやってみることにしました。
某100円ショップの品で、これで2回分くらい使える量です。
事前にネットで調べてみましたが、そこそこ使えるようでした。
耐久性が低いので、長い時間が経つと色あせがひどいようです(特にカラー)。
カラーはちょっと信頼性が低いですが、白黒だったらいいかなと(^_^;)。
補充作業は同居人がやりましたが、思っていたよりも簡単に済ませることができました。
印刷も順調です。
お財布に優しいですが、なによりもカートリッジを消費しないのが良いですね。
これも省エネ。

| | コメント (0)

2013年1月 9日 (水)

白菜漬物丼

Img_1166 お漬物は特に好きではありません。
例外は「高菜漬け」ぐらいで、これはパスタや炒飯にしたりします。
たぶん、豚骨ラーメンの定番トッピングだからだと思います。
そんなところに白菜の漬物をど〜んといただく事になって、ちびちび食べていても減りませんから、ネットでうまい活用法を検索。
白菜漬物丼にしてみました。
特に難しいことはなく(^_^;)、あったかご飯の上に、きざみ海苔、千切り白菜漬物、いりごま、かつおぶしの順に載せて醤油をかけて食べるだけです。
でも、これが美味かったのですねえ。
漬物は柚子が効いていたことも大きかったでしょうか。
トッピングはいろんなバリエーションが楽しめそうです。
そうだ、これを高菜漬けでやってみたいな(^_^;)。

| | コメント (0)

2013年1月 8日 (火)

埋まらん

Cocolog 新年になっていろいろデータ整理をしていたら(年末にやりなさい)、このブログの利用状況を見てみることになって、その数字にちょっとびっくりでした。
2006年から毎日書いてきても、まだディスクの利用量は「7.74%」です。
1年間に約1%ずつ。
このペースで残りを埋めるとしたら92年かかります。
う〜ん、もっと画像やファイルを贅沢に使うべきでしょうか。
いずれ人の一生をディスク1枚にまとめる事が出来そうですね。
SFじゃ〜。

| | コメント (0)

2013年1月 7日 (月)

福袋

近所のクリーニング屋の壁に福袋の案内が貼ってありました。
普通の福袋ではなく、お店が売り出す袋(服袋)を買えば、洗いたい服を詰め放題にして洗ってもらえるというもの(こういうのはよくあるのかな?)。
3500円ぐらいだったかな。
はずれはないので得だろうけど、ワクワク感が全くありませんね(^_^;)。
何が入っているかわからないけれど、「この店(ブランド)なら大丈夫」という信頼関係が大前提なわけですよね。
ちょっとぐらい余計なものが入っていても、「まあ、福袋だからね」と笑って受け入れられるのも福袋の良いところではないでしょうか。
レゴの福袋も以前は困った小箱が入っていたりしましたが(ニクルやジャック・ストーンとか(^_^;))、ワクワクしていたなあ。
最近はネットのおかげで中身がすぐにわかっちゃうからなあ(調べなきゃいいんですけど(^_^;))。
う〜ん、「あたり/はずれ」のある福袋でワクワクドキドキしてみたいかもしれません。

| | コメント (0)

2013年1月 6日 (日)

『おっぱいバレー』★★★


「おっぱいバレー」を観ました。
日頃はあまり観ないタイプの映画ですが、自分の故郷北九州市が舞台になっていたのでこれは別です。
戸畑の中学校という設定でしたが、昨年は暴力団のロケットランチャーが発見された街でもありますね(^_^;)。
ごく普通の中学校のさえない男子バレー部の顧問になってしまった女教師が「地区大会で1勝したら、おっぱいを見せてあげる」という約束になってしまうお話。
時代設定も1979年ということで、当時の自分は18歳ですからほぼ同世代。
場所も時代もマッチしていて、そういう意味でも懐かしかったです。
キャンディーズの「微笑みがえし」は名曲だなあ。
最後におっぱいが見れたかどうかはネタばれになるので控えますが、竜王中学と1−1のセットで迎えた第3セットのシーン、自分の中ではガンダムの哀戦士が流れていました(笑)。
それと、主人公が教師を目指すきっかけになった恩師とのエピソードがよかったですね。
じんわりきました。
劇的な事はなくてもたくさん感動できる。
そんな気がしました。

| | コメント (0)

2013年1月 5日 (土)

雑記

元旦深夜に録画していた「パニック・イン・ロンドン 人類SOS!」を観ました。
なんてひどい邦題なんだ(^_^;)。
古典SFの名作「トリフィドの日」をBBCが映像化した3時間ぐらいのドラマ。
フォーマットが違うのでいつもの「映画の感想」とは別扱いです。
物語のディテールは忘れていましたが、でも「トリフィド」という響きは子供心に刻まれていました。
CGばりばりの映画とは違って、ちょっとぬるい感じでしたけど(^_^;)、それなりに楽しめました。
「世紀の天体ショーを目撃した人類のほとんどが失明する」という出だしがそれだけで十分恐くて、巨大肉食植物など登場させず、人間同士の醜い争いを描く方が問題作となるような気もしました(そんな映画なかったっけ?)。
人類滅亡ものはいろいろありますが、自分が最も衝撃を受けたのは「渚にて」かもしれません。

「だしむすび:あさりだし味」というおにぎりの素の話を昨年書きました。
塩気ではなく、だしの味なので、ちょっと物足りないと感じていたやつです。
これを今日は「焼きおにぎり」にしてみたところ、美味かったのであります。
フライパンで焼きながら、刷毛で醤油を塗って行きます。
その香ばしいにおい、思わずコンロの前で深呼吸をしてしまいます。
口に入れると、ふわりと漂うだしの味と焦げた醤油のアクセント。
これも定番メニューになりそうです。
料理の写真を撮るくせをつけなければいけません。

プロ野球の方はいろいろと戦力補強の話題があるようで。
タイガースやイーグルスがずっこけるのを楽しみにしています(藤浪くんは応援しよう)。
ベイスターズはどうなるでしょうねえ。

| | コメント (0)

2013年1月 4日 (金)

『麒麟の翼』★★★


3日は地上波でやっていた「麒麟の翼」を観ました。
HDレコーダーは別の番組を録画していたので、ひさしぶりにリアルタイム視聴。
CMがかったるいですね(^_^;)。
TVシリーズの新参者を観ていたわけでもなく、ほぼ初見。
東野圭吾原作なので安心して観ることはできましたが、「すげ〜」と驚くようなこともなく、よく出来たお話として観ました。
家族愛をうたったヒューマンドラマ的側面もありますが、正直なところ「よくある話」のようにも思えました。
わざわざお金をかけて映画化するほどの大作という感じではなく、2時間のスペシャルドラマで十分なんじゃないかなあ。
CMへ移行する時に「衝撃の真実とは?」なんていうテロップが流れていましたが、どこが衝撃?
他にもいろいろな言葉を並べて、盛り上げようとしてました。
昨日書いた箱根駅伝の中継に似ています。
映画や駅伝に感動させられるなら良いのですが、映画や駅伝を放送しているTV局に感動させられるのは御免です。

| | コメント (1)

2013年1月 3日 (木)

無理矢理感動?

貯め込んでいた日記を書いてなんとか昨年分を終わらせました。
緑の活動関係の作業も少し。
同居人は箱根駅伝に夢中のようでしたが、自分はほとんど興味なし。
「出場大学のOBではない」というのが理由の1つ、さらに、日テレの中継を聞いていると「襷をつなぐ友情の物語」みたいな演出が鼻について仕方ないというのがあります。
もちろん、その魅力はわかるのですけどね。
でも、「襷をつなぎたい!襷をつなぎたい!襷をつなぎたい!」と連呼するようなお涙頂戴スタイルが嫌いです。
「これだけ頑張っている姿を目にして感動しない方がおかしい」とでも言わんかのようです。
スポーツというよりも、劇場型の演し物みたい。
日テレのスポーツ中継は好きではありません(サッカー中継で「ゴール!」をバカみたいに連呼するアナウンサーがいましたね)。
TBSはスポーツ中継に限らず、全体的に好きではありません。
フジとテレ朝はまだ許せますが、やはりNHKが楽です。

おせちもいいけどカレーもね。
最近聞かないフレーズです(やってる?)。
レトルトのカレーはちょっと苦手なのですが、キーマカレーだけは大好きでよく食べます。
今日のランチは「白いご飯+トロトロのスクランブルエッグ+キーマカレー」という組み合わせ(写真撮るの忘れました)。
これをほどよくかき混ぜながら食べると、たまらなく美味しいのです。

| | コメント (2)

2013年1月 2日 (水)

レジェンド

元旦の朝に録画しておいた「TVチャンピオン正月SP レゴブロック王選手権 ザ・レジェンド」を観ました。
レジェンドか〜、もう生きる伝説なのですね(^_^;)。
これまでの総集編+レゴ好き芸能人(?)のオリジナルビルド大会という内容。
三井さんは高校生で初登場の時から、東大に入り、就職し、彼女ができて、間もなくご結婚だとか。
テレ東がしっかりと経過報告。
なんか、すごいですね(^_^;)。
子供が生まれて、結婚して、孫ができるあたりまで追跡されるかも。
芸能人のビルドの方はよくわからない人選でしたね。
正直に言うと、あの司会者には不快感しかありません。
ビルドではやはり高得点と取った「白い犬」と「セグウェイ」がシンプルでよかったですね。
ああ、レゴしたくなった。

| | コメント (0)

2013年1月 1日 (火)

あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いします。
今日は元旦に合わせてのサイト作業をごそごそと。
「南アルプス生態邑」という施設のサイトがオープンしました。
温泉や自然に興味のある方はどうぞ。
http://www.hayakawa-eco.com/

Img_1159 あとはなんかダラダラしていました。
観たいTV番組もないし。
あ、そうだ。
芸能人格付けなんとかの清原やドリームマッチを流しながら、カード織りをやってました。
説明書を読みながら付属のキットで作るわけですが、配色をライオンズ調にしています(昨日の記事にアップした表紙写真の「赤」を「青」にしています)。
思ったいたよりも簡単で、手応えは十分。
織りの仕組みがいまいち理解しきれていませんが(^_^;)、表と裏ではパターンが違ってくるのですね。
きれいに仕上げるにはコツがいりそうですが、ちょっと不均一なところも手作りの味です。
こういう作業はレゴでブロックを地道に積んでいくのにも似ているなあ(笑)。
これはこれで、これから楽しみです(^_^;)。

| | コメント (2)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »