« 可憐 | トップページ | 雑記 »

2013年3月15日 (金)

『 Coco avant Chanel 』★★★


「ココ・アヴァン・シャネル」を観ました。
ココ・シャネルがメジャーになる前の模索の時代を描いた半生記。
う〜ん、自分が楽しみにしていたのはクリエイターとしての成長・成功物語だったのですが、ほとんど色恋話の内容で困りました(^_^;)。
オドレイ・トトゥは可愛いいんだけど、う〜ん、なんだかな〜、という感じでした。
男性社会や上流社会、当時の一般常識に対する反骨心みたいなものも描写されますが、そういうのをもっと見たかったですね。
よい表現ではないかもしれませんが、成り上がっていく感じ。
そんな痛快な物語を観たいと思いました。

|

« 可憐 | トップページ | 雑記 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 可憐 | トップページ | 雑記 »