« 今日も雑記 | トップページ | 梅雨が来る? »

2013年6月17日 (月)

『 姑獲鳥の夏 』★★★


「姑獲鳥の夏」を観ました。
テレ東の午後のロードショー、相変わらずの玉石混合っぷり。
30分ぐらいカットされているし、原作も未読なので、ほとんどよくわからず(^_^;)。
それでも楽しみだったのは実相寺昭雄監督作品だったことです。
この作品も実相寺ワールド炸裂。
一歩間違うとチープになりかねない(^_^;)怪しい雰囲気を堪能しました。
陰影礼賛というよりも、ゴシックとか、バロックとか、そんな響きの方がよく似合うような気がします。
カメラは傾きっぱなしでしたね。
たぶん、映画の半分近くはカメラが水平ではないのではないかと思います。
ノーカット版をストップウォッチで計りたいぐらい。
ひさしぶりに「帝都物語」なんかも観たくなりました。
しばらくノーチェックでしたから、きっと自分の知らないマイナーなビデオ作品なんかもたくさんあるんだろうなあ。

|

« 今日も雑記 | トップページ | 梅雨が来る? »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日も雑記 | トップページ | 梅雨が来る? »