« チョッキリ | トップページ | ガリガリ君、いやバキバキ君か »

2013年9月18日 (水)

『 Memoirs of a Geisha 』★★★


「SAYURI」を観ました。
原題だと「芸者一代記」でしょうか(^_^;)。
第二次世界大戦前後の激動の時代を舞台にしたお話。
ハリウッド映画ですから、よくある誤解や誇張はあるものの、物語としては面白く観ました。
たぶん、自分がそういう世界の事に疎いせいもあると思いますけれど。
あとは中国の女優さんが日本人を演じることの違和感もあると思いますが、可愛いから許します(^_^;)。
少女時代を演じていた大後寿々花ちゃんも可愛かった。
渡辺謙さんも好きだし。
桃井かおりは桃井かおりだし(^_^;)。
映像もきれいだし。
気になったのは、日本庭園であるべきところが中国庭園になっていた事とか。
日本も中国も韓国も、みんな「東洋」なんでしょうね。
こういうのは自分も逆の立場でやってると思います。
「北欧」とか「アフリカ」は丸っとひとくくりのイメージ。
ごめんなさい(^_^;)。

|

« チョッキリ | トップページ | ガリガリ君、いやバキバキ君か »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チョッキリ | トップページ | ガリガリ君、いやバキバキ君か »