« キーホルダーとペン立て | トップページ | map »

2014年3月12日 (水)

『 The King's Speech 』★★★


「英国王のスピーチ」を観ました。
吃音に悩む国王さまを一般市民の言語療法士がレッスンするお話。
思わず「マイ・フェア・レディ」なんかを連想してしまいましたが、面白かったです。
精神的な部分もあるのか、ちょっとしたきっかけや自信によって克服できるような、そんな気もしました。
クライマックスが第二次世界大戦に突入することになる戦争スピーチだったとは。
もっとハッピーエンドな雰囲気を予想していたので驚きました。
「強くあらねば」という気持ちが大事だったんでしょうね。
コリン・ファレルはいいですね、好きな俳優さんだな。

|

« キーホルダーとペン立て | トップページ | map »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キーホルダーとペン立て | トップページ | map »