« 「犬神家の一族」★★★★ | トップページ | 爆勝 »

2014年4月16日 (水)

「 KICK-ASS 」★★★★

「キック・アス」という映画を観ました。
現実の社会にヒーローがいたら?といったコンセプトで作られたファンタジー映画というか、おバカ映画というか、ブラックユーモア映画ですね。
不思議なテイストで面白かったです。
主人公はどうでもいいんだけど、とにかく小さな女の子の殺し屋が可愛くて(^_^;)。
公開当時、「映画とはいえ、こういう事を子役俳優にやらせていいのか」みたいな論調があったように記憶しています。
でも、それでも自分は許してしまいます。
父親との親子愛はちょっと歪んでいるような気もしますが、なんだか泣けてきたりもして。
社会の事を知らない子供だから許せる純粋さ、みたいなものでしょうか。
続編が作られているようですが、あの子が大きくなっていくにつれてそういうピュアな部分が失われていくような気がして、ちょっと心配。
なんかうまく説明できないんですけどね(^_^;)。

|

« 「犬神家の一族」★★★★ | トップページ | 爆勝 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「犬神家の一族」★★★★ | トップページ | 爆勝 »