« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月31日 (木)

植木鉢棚

以前書いたかどうか記憶が曖昧なのですが、春頃に敷地内の伐採材で植木鉢棚を作ろうと思い立ち、材料を切り出したところで放置(^_^;)、その植木鉢棚をやっと完成させました。
大きさは、W50 x D25 x H10 cm です。
四方のフレームを直径4cm程度の枝で組み、さらに脚をつけました。
棚板部分は直径1cm程度の枝を並べています。
樹種はいろいろ。
釘は使いたくなかったので、フレームは木製のダボ+木工ボンド、棚板部分は麻紐で縛りながら固定、というスタイルです。
あいかわらず不揃いの手作り感満載の仕上がりですが、植木鉢を置くとなかなか涼しげで気に入っています。
今はこういう作業が楽しいのです(^_^;)。

Img_5941 Img_5942 Img_5945

ちなみに植木鉢の植物は左から、アオギリ、モミジ、笹。
どれも敷地内から移植したり、実生させたものです。
他にも、ケヤキ、ビワ、コナラ、アジサイ、などが育っています。
最終的な目標は「ベランダにプチ雑木林」です。

| | コメント (0)

2014年7月30日 (水)

暑いお昼は

アサガオは順調に育っています。
気がつくと、いつの間にか蔓がシュルシュルと伸びていますね。
そこで、どれぐらいの早さで伸びるのだろうと思ってタイムラプス撮影をしてみました。
朝の8時から夕方6時までの10時間を30秒にまとめています。
こうしてみると、涼しい朝夕に伸びて、暑い日中はおとなしくしているようですね。
なんだか親近感がわきました(^_^;)。

| | コメント (0)

2014年7月29日 (火)

ゴジラ★★★

1984年版の「ゴジラ」も観ました。
当時は大学生だったと思いますが、なんとなく覚えていました。
銀座のマリオンが出来た頃でしたね。
ゴジラよりも周りのビルが高くなって、沢口靖子さんが出ていて、いろいろと懐かしかったです。
ゴジラしか出ないし、核の脅威を別の形で表現するあたりも好感が持てました。
あとは「スーパーX」だったかな、自衛隊の秘密兵器。
そのデザインがとても普通なのが好きでした。
いろんな飾り(笑)がついた鋭角的なデザインにリアリティは感じません。
もちろん、この場合のリアリティとは「現実世界のリアリティ」ではなく「SF映画としてのセンスあるリアリティ」です。
小林桂樹さんの首相役も渋かった。
日本沈没の博士役と合わせて名演だと思います。

| | コメント (0)

2014年7月28日 (月)

ゴジラ★★★

NHKでいろいろとゴジラの特集をやっていますが、元祖「ゴジラ」を観ました。
かなりひさしぶり。
戦後10年もたたない時期にああいう映画を作られていた事にあらためて驚かされます。
いろいろと切実なセリフもあったりして。
クレジットに菅井きんさんの名前があったのでチェックしてみましたが、若手女性議員だったとは。
しかも政府の対応を糾弾する元気な議員さん。
これも当時としては斬新だったかも?
それと自分はいつの間にか勘違いしていたようですが、ゴジラはビキニ環礁の核実験で「爬虫類が放射能の影響で変貌した」と思っていたのですが、海底で生き延びていた「太古の恐竜が放射能を浴びた」という設定だったのですね(^_^;)。
う〜ん、どこでどうやって生き延びていたのか、それも気になります。

| | コメント (0)

2014年7月27日 (日)

三線

日曜日はひさしぶりにミニコンサート。
この季節にぴったりの「三線(さんしん)」のコンサートでした。
とにかく最初の一音が聞こえたきただけで、空気が変わりますね。
ふーっと、力がぬけていくような心地よさがあります。
琉球の古典から民衆の唄まで。
最後は観客も一緒になってカチャーシー。
手を頭の上で左右に動かすあの踊りです。
消防法の関係で「座席から立ってはいけない」そうで(^_^;)、上半身だけみんな踊っていました。

Img_5926Img_5880

| | コメント (0)

2014年7月26日 (土)

対涌井

ライオンズはマリーンズとの3連戦。
恒例の「千葉vs埼玉ライバルシリーズ」なのですが、ちょっと恥ずかしいです(^_^;)。
で、マリーンズの先発がかつてのライオンズのエース涌井ということで、いろいろと盛り上がったようです。
勝ってよかった。
涌井くんは本当に普通の投手になってしまいましたね。
ちょっと可哀想な気もします。
まあ、とにかく身を固めた方がいいと思いますけど(^_^;)。

| | コメント (0)

2014年7月25日 (金)

アサガオの蔓棚

敷地内の伐採材を使ってアサガオの蔓棚(って言うの?)を作りました。
幅60cmx高さ150cmぐらい。
交差部分を紐で縛っただけです。
もう少し格子を狭くした方がいいのですが、ちょうどいい長さの枝がないし、面倒なので(^_^;)。
でも、なんとなくいい感じです。
ここだけカントリーライフっぽい。

Img_5867

| | コメント (0)

2014年7月24日 (木)

さらに挿し木

先日のアジサイに続いて、バラとブルーベリーを挿し木しました。
あまりに暑いので、部屋で枝葉の処理をして再び花壇に出かけました。
花壇の写真は、手前がバラ、奥がブルーベリー。
ブルーベリーのさらに奥で小さなモミジが実生していますね。
敷地内は「アガパンサス」という花が色鮮やかです。

Img_5865 Img_5869 Img_5870

| | コメント (0)

2014年7月23日 (水)

『 Dog Day Afternoon 』★★★

「狼たちの午後」を観ました。
1975年の映画、前回観たのもずいぶん昔だったと思います。
内容もほとんど覚えてなくて、銀行強盗に入ったアル・パチーノの切羽詰まった顔しか記憶に残っていませんでした(^_^;)。
そういう意味ではけっこう新鮮な気持ちで観ることができたのですが、いろいろな要素が含まれた社会派サスペンスで、それがこの時期に作られていたのに感心しました。
ベトナム戦争のPTSD、同性愛、観衆やマスメディアとの関係性、人質達の心理、等々。
激しい銃撃戦があるわけではないので、銀行強盗映画としては地味なんでしょうけど、じっくりと見せてくれますね。
アル・パチーノの演技というか、存在感もさすが。
原題を知った時は「なんで犬が狼になるの?」と、ちょっと興ざめでしたが、「Dog Day」には「盛夏」という意味があることを今回知りました。
確かに暑くてうだるような雰囲気、わかります。

| | コメント (0)

2014年7月22日 (火)

アジサイの挿し木

先日剪定したアジサイを少し挿し木しました。
短く切って、葉っぱを減らして、切り口に発根促進剤をつけて、土に挿すだけ。
本当は挿し木に適した土を用意するべきなのですが、面倒なので(^_^;)。
全部で14本。
アジサイは丈夫なはずですが、このうち3〜4本生き残ってくれれば十分です。

Img_5841 Img_5847 Img_5849

| | コメント (0)

2014年7月21日 (月)

フレッシュネス

祝日の月曜日は近所を散歩。
知らない方面に出かけ、武蔵野の面影が残る雑木林を眺めながらの散策でした。
すっかりお年寄りです。
昼食はひさしぶりにフレッシュネスバーガーを食べました。
マクドナルドなどとはちょっと違う落ち着いた雰囲気のファストフード店。
年に1度くらい食べます(^_^;)。
すいえんさーで見た「ハンバーガーをこぼさず上手に食べる方法」を思い出しながら食べました。

Img_5835

| | コメント (0)

2014年7月20日 (日)

雑記

日曜日は緑の作業、12本ぐらいのアジサイをカットしまくり。
バッサバッサとちぎっては投げるように切りまくりました。

オールスターはなんとなくチラ見。
ホークスの柳田選手の打球が凄かったですね。
自分のスタイルを貫く姿勢は好きです。
ホークスの選手だけど、ちょっと応援したくなるなあ。

レッズは新潟に完封勝ちで首位キープ。
期待したくなる心をぐっと抑えています(^_^;)。
ギラも勝っとりますね。
5位キープ。
余計な期待はしていないので、思う存分戦って欲しいです(^_^;)。

「花子とアン」に出てくる九州の炭坑王の役者さん。
誰かに似ている気がするんだよなあ、と思っていたのですが、それがランバ・ラルだということに気がつきました。
お、ランバ・ラルが一発で変換される事にちょっと感動。

| | コメント (0)

2014年7月19日 (土)

ガーコ

土曜日は2駅ほど先にある都立病院に行ってきました。
体調が悪いわけではなく、広大な敷地内を見学するためです。
武蔵野の雑木林を切り開いて作ったらしいのですが、そこかしこに豊かな緑が残されていて、なかなかよい雰囲気でした。
旧施設の跡地があったりして、大きなカラスが鳴いているとちょっと不気味です。
廃墟があったらホラー映画ですね。

Img_5812 Img_5805 Img_5809

この敷地内には放し飼い(?)のガチョウがいたりして、こいつらがけっこうワイルドでした。
ちょっと恐いくらいでした(^_^;)。

Img_5810

| | コメント (0)

2014年7月18日 (金)

『21』★★★

 

「ラスベガスをぶっつぶせ」という映画を観ました。
ああ、なんてセンスのない邦題でしょうか。
ラスベガスのカジノでブラックジャックに挑むMITの学生たちのお話。
原題の「21」は、ブラックジャックの「あがりの数字」です。
カードカウンティングという技術があって、トランプの山の中に残っている絵札などの「役付きカード」の状況を、期待値や確率という視点から把握していく方法です(たぶん(^_^;))。
記憶と確率を最大限に利用した攻略法なのでイカサマをしているわけではありませんが、カジノ側は「カードカウンティング対策」をいろいろ施しているようで、そういう部分のせめぎ合いのお話。
ギャンブルはやりませんが、面白かったです。
しかも実話がベースだというのも凄い。
このカジノを攻略する学生たちを率いるのが数学教授のケビン・スペイシー。
悪い役をする時の彼は本当に悪いやつだなあ、と思います(^_^;)。

| | コメント (0)

2014年7月17日 (木)

ブーフーウー

プロ野球のオールスター戦はほとんど興味ありませんが、今年は若手によるフレッシュオールスターが面白そうで、TV観戦しました。
ライオンズの将来を担ってくれるであろう森友哉と山川穂高の二人を楽しみにしていたのですが、期待通りの活躍ぶりでこれからが本当に楽しみです。
おかわり君2世の山川はまだ公式戦ではノーヒットですが、タイムリーとホームラン。
さらにマリーンズの井上とバファローズの奥浪も巨体をゆらしてホームラン。
森くんがスマートにみえました(^_^;)。
近い将来、彼らがパリーグを盛り上げてくれるといいなあ。

| | コメント (0)

2014年7月16日 (水)

アルヴォ・ペルト

現代音楽の作曲家を知ることなんて、これまではほとんどありませんでした。
でも、ottavaのおかげで少しずつですが素敵な楽曲や作曲家に巡り会うことができています(感謝)。
その中の1人、アルヴォ・ペルトが高松宮殿下世界文化賞の音楽部門を受賞したというニュースを見ました。
こういうのはちょっと嬉しいです。
「鏡の中の鏡」

| | コメント (0)

2014年7月15日 (火)

偶然とはいえ

高校3年時代に夢中になっていた機動戦士ガンダムと赤毛のアンのアニメが同時に再放送中というのはちょっとした奇跡です(^_^;)。
どうやらガンダムは生誕35周年のようですが、なんとも微妙な数字。
これも商売か(苦笑)。
赤毛のアンは朝ドラのおかげですね。
ありがたいことです。
そして、先日のアンは演出が富野氏でした。
これもちょっとミラクルな感じです。

| | コメント (0)

2014年7月14日 (月)

ドイツ優勝

ワールドカップの決勝戦、朝起きたら延長戦をやっていましたが、決勝ゴールの直後にTVをつけたようでガックリ。
ドイツ、強かったですね。
それほど詳しく観ていませんが、ドイツやオランダのような西欧の「組織的サッカー」とブラジルやアルゼンチンのような南米の「個人技サッカー」という図式は今もあるのでしょうか。
前回優勝のスペインのパスサッカーよりもさらに攻撃的でダイナミックな印象でした。
そういえば、今回は定番の「ゲルマン魂」というフレーズをあまり耳にしなかったような気もします。
「不屈の(ゲルマン魂)」という枕詞がつく言葉ですが、そういう危機的状況になることが少なかったのかもしれません。
同じような意味合いでいくと、日本代表の場合「大和魂」という言葉にはなんとなく悲壮感が漂っているような気がするんですね。
「躍動する侍ブルー」ならありですが、「躍動する大和魂」ってちょっと違和感あるのです。
劣勢の時に「大和魂を見せろ」というのが定番の使い方かも(^_^;)。
そんな事を考えていた決勝の朝でした。

| | コメント (0)

2014年7月13日 (日)

今日もサヨナラ

高齢者(自分も含む)が集まっての会議で困ること。
1.同じ事を何回も説明しなければならない。
2.本題からすぐに話がずれる。
3.本題からずれた話を元に戻すために大きな声を出さないといけない。
この1〜3の無限ループ地獄に落ちます。
「人の話を大きな声でさえぎる」という行為は、自分にはひどいストレスです。

ライオンズ、またしてもサヨナラであります(炭谷タイムリー)。
昨日もサヨナラしてたら、同一カード3試合連続サヨナラ勝ちだったのに〜。
なんて、贅沢な事を言ってはいけませんよね。
首位のバファローズ相手によい戦いができました。
今後に期待。

ワールドカップは3位決定戦でブラジルがまたしても完敗。
開催国としては残念な結果になりましたね。
チームに対しての感情は特にありませんが、落ち込むサポーターというか、ブラジル国民の人たちにちょっと同情しました。

| | コメント (0)

2014年7月12日 (土)

発芽中

ライオンズ、連日の12回の死闘。
2試合連続でサヨナラ勝ちかと期待してしまいましたが、あと一歩およびませんでした。
でも、よく粘った。

種まきを忘れていて、あわてて蒔いたアサガオが活発に発芽中です。
タイムラプス撮影してみました。
10時間を1分です。

| | コメント (0)

2014年7月11日 (金)

またしてもサヨナラ

首位バファローズをホームに迎えての3連戦。
今回も12回の死闘の末、無死満塁から脇谷がサヨナラ打。
「強い」というよりも「粘りが出てきた」と言った方がよいでしょうか。
内容はともかく、とにかく今は1勝にこだわって借金をなくしてくださいな。

| | コメント (0)

2014年7月10日 (木)

『 10 Items or Less 』★★★

モーガン・フリーマン主演の「素敵な人生のはじめ方」という映画を観ました。
往年のスターがひさしぶりに映画出演することになり、下見に来たスーパーマーケットでレジ係の女性と知り合って、新しい一歩を踏み出そうとしている彼女を応援してあげる話。
1日の出来事を追っているだけなので、なんだかモーガン・フリーマンの「オフの1日密着取材」みたいなフィルムですね。
そんな素朴で親しみやすいつくりがとても好印象でした。
邦題はちょっと恥ずかしいです。
原題は「10個以内」、スーパーのレジの入口に掲げられている「10個以内のお買い物専用レジ」という意味ですが、人生の中で好きなことも、嫌いなことも、大切な事も、そうでないものも、「だいたい10個ぐらいなんじゃない?」みたいなメッセージを感じたりもしました。
たくさんいらない。
シンプルな生き方。
でも、ラストでは豪邸に住んでたな、モーガン(^_^;)。

| | コメント (0)

2014年7月 9日 (水)

4位浮上

ライオンズ、マリーンズに連勝してやっとこさ4位浮上。
ここからどこまで挽回できるでしょうか。
最下位からじわじわと上がっていくプロセスを楽しめるなら、それもまた良しかな。
まあ、軽い負け惜しみですけど(^_^;)。

| | コメント (0)

2014年7月 8日 (火)

延長12回逆転サヨナラ

ライオンズ、マリーンズをホームに迎えて延長12回の死闘でした。
12回の表に1点を取られて万事休すと思いましたが、まさかの逆転サヨナラ勝ち。
びっくりしました(@_@)。
同点打の秋山、サヨナラ打の渡辺。
ありがとう(T_T)。

| | コメント (0)

2014年7月 7日 (月)

LOST最終回

Dlifeでやっていた「LOST」が終了。
やっと終わりました。
長かったなあ、ふ〜。
終盤はもう訳が分からないぐらいの目まぐるしさでしたが、それでも十分楽しめました。
ミステリーのようなきっちりとした辻褄合わせは、早い段階であきらめていましたから(笑)。
SFというよりも、大人のためのダークファンタジーといった感じですね。
登場人物たちの誰もが抱えていた罪と罰、業みたいなもの。
そういう事を考えていたら、映画版イデオンのラストシーンを思い出しました。
己の業から解き放たれ、再生の光の中へ導かれていく主人公たち。
最後までこだわり続けたジャックとコスモが重なったり、敵対していたロックがドバ総司令に重なったりして(笑)。
「イデの力」と「島の力」、同じような存在かもしれません。
最初からもう一回見直したら、いろいろな発見もあって面白いんだろうけどなあ。
でも、今は満腹状態です(^_^;)。

| | コメント (0)

2014年7月 6日 (日)

プチ七夕を作りました

日曜日は七夕企画「プチ七夕を作ってみよう」の本番でした。
敷地内に生えている笹(正確には黒竹)を使って、自宅用の小さな七夕飾りを作る企画です。
笹と笹スタンドを受け取って、テーブルの上で自由に飾り付けします。
あまり詳しい写真は載せられませんが、とてもよい雰囲気でした(^_^)。
汗だくで用意した笹スタンド、これがあると作業しやすいですし、会場の空間が立体的でにぎやかになるのがいいんですよね。
自分はいろいろなサポートやカメラ撮影があったのでほとんど飾りつけ作業はできませんでしたが、同居人が頑張って、自宅用の七夕飾りを作ってくれました。

Img_5609 Img_5740

その他にも敷地内で発芽したモミジの鉢植えを希望者にお分けしたり、敷地内で採れた「実山椒の佃煮」や「びわジャム」を試食してもらいました。
瓶詰めはラベルなども自作しています。
こういう「大人の遊び」が楽しいですね。

Img_5607 Img_5606

| | コメント (0)

2014年7月 5日 (土)

七夕の準備、他にも

パンダの折り紙をたくさん作って子供達にあげようと思ったのですが、その余裕がありませんでした(けっこう難しいのです(^_^;))。
仕方ないので共用七夕に飾りました。
笹の葉も増量中。

Img_5708 Img_5561

ライオンズは神戸でバファローズ戦。
地元の栗山が満塁弾を放って快勝であります。
それにしても、地元だというのは知ってましたが、ほっともっと神戸(グリーンスタジアム神戸)から「徒歩5分」とは。
こういう場合、家族は「駆けつけ」ませんね(^_^;)。

| | コメント (0)

2014年7月 4日 (金)

七夕の準備、さらに

笹スタンド作業の続き。
全部で16個を切り出して、真ん中に穴を開けました。
手動ですからね、大変なんです。
今日も汗だく。

Img_5570 Img_5575

でも、試しにちょっと笹を挿してみると、これがなかなかいい感じなんですよね〜。
涼しげでよいです(^_^)。

Img_5572

| | コメント (0)

2014年7月 3日 (木)

七夕の準備

もうすぐ七夕です。
団地の七夕企画もいろいろ進行中。
すでに全体の笹は先月末から飾られていて、少しずつ短冊や飾りが増えています。
敷地内に生えている竹を大きなバケツに植え込み、周りはすだれで目隠しにしました。
バケツはキャスター付きの台に載せられていて、天候が悪い時は簡単に移動できるようになっています。

Img_5525

それとは別のお子様企画として1m弱の笹で自宅用の「プチ七夕」を作ります。
今日はそのための「笹スタンド」を作っていました。
直径10cmほどの丸太を10cmぐらいの長さに切って、真ん中に笹を差せるように穴をあけます。
今日は8個を切り出しました。
もう、汗だくで、ぜいぜい言ってます(^_^;)。

Img_5568

| | コメント (0)

2014年7月 2日 (水)

斉藤サヨナラ

お手伝いをしているライオンズ関係のサイトでは、今日は西武ドームの観戦会。
観戦会デーは勝率もよく、いろいろなドラマが起きるのですが、今日はよもやまさかの斉藤の逆転サヨナラ3ラン(プロ初本塁打)という幕切れにびっくりでした。
現地で観戦された人たちは大変だったでしょうね。
いやあ、まいった、まいった。
そして、この試合が今季初のサヨナラ試合でした(遅っ)。

| | コメント (0)

2014年7月 1日 (火)

あっという間に半分

いつの間にか、気がついたら6月が終わっていて、2014年も半分が終わっていることに愕然とします。
本当に歳をとると月日の経つのが早いです。
2014年、いまのところは「ワールドカップブラジル大会開催」ぐらいしか印象がないと思っていたら、集団的自衛権の問題がありましたね。
将来、2014年が大きくクローズアップされる時が来るのかもしれません。
できれば、そうならない事を祈っています。

| | コメント (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »