« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月31日 (日)

雑記

ライオンズ、なんとか逃げ切る(6-5)。
序盤で6点取ったら、気楽に観戦させてください。

レッズ、浦和ダービーを快勝(4-0)。
今年はう〜ん、期待してしまうな(^_^;)。
ギラは引き分け。それでよし。

軟式高校野球が延長50回で決着。
そこまでやるか(やらせるか?)という感じですが、「延長は54回まで」というルールがあったみたいですね。
その前提にも疑問を感じます。

緑の作業、ひさしぶりに脚立に登って高位置の枝葉を切りまくりました。
スッキリ、気持ちよし。

ガンダムはトリプル・ドムの回。
マチルダさんがお亡くなりになりました。

| | コメント (0)

2014年8月30日 (土)

ボロ負け

ライオンズ、価値ある1勝の翌日ゲームはボロ負け(1-15)。
まあ、年に1〜2度はある事とはいえ、ひどい試合でした。
こうなると、つい「森くん、そのままスタメンマスクでよかったのでは?」なんて考えてしまいます。
もちろん、いろいろ事情があるんでしょうけどね。

ひさしぶりにデジラさんでパーツ買い。
アーキテクチャーシリーズなどの再現がのんびりと進行中なので、その補給です。
写真はそのうちに(撮るほどのものではありませんが)。
スターウォーズシリーズの惑星球体が目をひきますね(^_^;)。
あれで何か作れないかと考えています。

Img_6126

| | コメント (0)

2014年8月29日 (金)

森くんスタメンマスク&お立ち台

ライオンズのルーキー森くん。
スターウォーズ風に言うなら「新たなる希望」です。
その森くんが菊池と組んでスタメンバッテリーでフル出場し、見事に勝利(5-2)。
打っても「2安打1四球」で先制タイムリーつき。
さらにプロ初の盗塁阻止のおまけつき。
素晴らしい。
菊池くんももう少し頑張ってほしいですよ(^_^;)。

| | コメント (0)

2014年8月28日 (木)

『 Jerry Maguire 』★★★

「ザ・エージェント」という映画を観ました(原題は主人公の名前)。
最近は日本でも耳にする機会の多くなったアメリカスポーツ界における「代理人」のお話。
個人的に「たいした仕事をやってるわけでもないのに、巨額の報酬を得ている人たち」みたいな印象を持っていました(^_^;)。
まあ、それも全くの的外れというわけではなく、主人公(トム・クルーズ)は利益ばかりを追求する会社のやり方に嫌気がさして、結局自分の会社を立ち上げるはめになります。
いろんな妨害にあいながらも自分の仕事のスタイルを貫いて、めでたしめでたし、という安心して観られる映画でした。
「仕事一辺倒だった男が本当に大切なものを見つける」、というよくあるパターンと言ってしまえばそれまでなのですが、こういう普遍的なテーマのものはやはりいいですよね。
見終わった後も爽やかです。
ただ、シングルマザーとの恋愛話がサイドストーリー的に進んでいて、自分の場合、こういうのはなくていいです。
すれ違いを繰り返す二人に「面倒くさいやつらだなあ」と突っ込んでいました(^_^;)。

| | コメント (0)

2014年8月27日 (水)

『 Gamera 3 : Revenge of Iris 』★★★

「ガメラ3 邪神覚醒」を観ました。
三部作シリーズの完結編。
1作目から続くギャオス騒動、新たな敵とその伝説、それに対峙する現代の巫女さんとか、ガメラに復讐を誓う少女とか、少女に思いをよせる少年とか、いろいろ出て来て盛りだくさんの内容。
盛り込みすぎ?
面白かったからいいんですが、やはり2作目の方が好きかな。
でもラストはカッコ良かったなあ。
満身創痍のガメラ、そこに世界中に生息するギャオスが日本に大集結してくるという情報が入ってくる。
ガメラと心を通じる少女は「たとえ一人でもガメラは闘います」と断言し、夜空に向かって咆哮をあげるガメラ。
さらなる熾烈な戦いを暗示してシリーズは終わるのでした。

| | コメント (0)

2014年8月26日 (火)

昼寝猫

先日、散歩の途中でみかけた猫。
緑豊かな素敵な庭で昼寝をしていました。
こういう無防備な姿は無条件に可愛いですね(^_^;)。

Img_6055 Img_6056

| | コメント (0)

2014年8月25日 (月)

アサガオ不調

25日になってやっと今年初のアサガオが咲きました。
確かに種を蒔いた時期は遅かったのですが、新調した手作り蔓棚で順調に育っていました。
で、葉っぱはたくさん茂っているのですが、つぼみがいっこうに出来なかったんですよね。
ネットで調べてみると、いろいろな原因が考えられるようです。
ただ、昨年までは同じ場所・同じ環境で普通に咲いていたので、これまでとの違いを考えるなら、横長のプランターと蔓棚です。
もしかすると、文字通り伸び伸びと育てすぎたでしょうか。
花を咲かせることも忘れ、ただひたすらに蔓を伸ばしまくりだったような気がします。
う〜ん。

Img_6116

甲子園は決勝戦。
大阪桐蔭の優勝で、プチ嬉し。
今年もいろんな事がありましたね。

| | コメント (0)

2014年8月24日 (日)

花火大会

日曜日、ベランダから多摩川方面の花火大会が見えるので(小さくですが(^_^;))、少し観賞。
写真も撮ってみました。

Img_6112 Img_6113

昼間は高校野球の準決勝を観ていました。
大阪桐蔭はライオンズでOBが活躍中なので(中村、浅村、森)応援してしましたが、敦賀気比との試合は凄い戦いになりましたね。
1回表に5点を取られた時は「きっついな〜」と思いましたが、あれやこれやの乱打戦で「大阪桐蔭 15 - 9 敦賀気比」の勝利。
両軍合わせて27安打、5本塁打。
こちらも花火大会でした。

| | コメント (0)

2014年8月23日 (土)

落語&プラネタリウム

土曜日、午後は近所の町内会が主催した子供落語会を観賞してきました。
子供落語会と言っても、子供がやるわけではなく、プロの芸人さんが来ます。
たぶん、なにかの「縁」があるのでしょうね。
こういうのを無料で観られるのだからありがたいことです。
演目は「マジック」「落語(中堅?)」「落語(柳家喬太郎師匠)」。
マジックはなかなか楽しめました。
特に子供たちのリアクションを見ていると面白いですね。
なんでもない手品に純粋に驚いている姿をみていると、自分も小さい頃はああだったろうかと考えてしまいました(^_^;)。
落語もずいぶんひさしぶりでしたが、こういうのが楽しい年齢になってしまったのかと、ちょっと複雑な心境にもなりました(苦笑)。
それにしても、若い方と師匠の芸の違いは歴然。
素人の自分でもわかるほどでした。
存在感というか、たたずまいというか、師匠の姿や立ち振る舞いはとても自然で軽やかですね。
年齢を重ねなければ得られないものなんだろうな、と思いました。

Img_6100 Img_6101 Img_6103

夜は区の教育センターにあるプラネタリウムで、大人のための特別講座「SF作家が夢見た宇宙」というプログラムを観てきました。
1時間のプログラムで400円也。
ちょっと説明が多くて、ロマンチックに夜空を見上げるという感じではありませんでしたが(^_^;)、それなりに楽しめました。
小学校の時以来だったでしょうか。
こういうのもたまにはいいですね。

Img_6104 Img_6105

| | コメント (0)

2014年8月22日 (金)

ロケ地

金曜日は二子玉川に行ってきました。
NHKのドラマ「ベランダー」のロケ地の1つになっている園芸専門店が以前から気になっていたためです。
こういうのはひさしぶり。
古畑のボーズヘッド荘以来かもしれません(笑)。
店内ではドラマのPRはさりげなく。
印象的に使われるエスカレーターを眺めてニヤニヤしてしまいました。
よくあることですが、実物は小さくて短いですね(^_^;)。

Img_6090 Img_6093

| | コメント (0)

2014年8月21日 (木)

『 Gamera 2 : Attack of the Legion 』★★★

「ガメラ2 レギオン襲来」も観ました。
三部作の中ではこれが一番好き。
宇宙から落下した隕石から謎の生命体が現れる、という王道(?)の展開ですが、群体の生物とそれを支える植物が共生関係のセットで現れるところが素敵。
自衛隊の排除作戦とは別に、これらの生態を探る主人公達の「謎解き」が面白いですね。
やはり脚本が素晴らしいのだと思います。
好きなシーンを2つ。
共生関係にある巨大な草体が花を咲かせ、「草体が花を咲かせました」と部下が報告に来ます。
うろたえる上官は何を思ったのか、「・・・何色だ?!」と口にしてしまうのです。
この意味不明な会話、上官の戸惑いがとてもよくわかるシーンです(笑)。
説明的なセリフなんかよりも、ずっと好きなんだなあ(^_^;)。
もう1つは主人公たちが水野美紀の自室にあがりこんで作戦会議中のこと。
レギオンの生態に悩む技術者が「あ〜あ、ここ酒なんてないよね〜」みたいにぼやくと、美紀ちゃんがすかさず「あるよ。ゲド戦記の後ろ」と言って、本棚のゲド戦記(岩波書店版)の背表紙をつかむと、後ろから酒のボトルを取り出します。
ガメラとレギオン、水野美紀と酒、光と影の戦いを暗示しているに違いありません(笑)。

| | コメント (0)

2014年8月20日 (水)

ひさしぶりレゴ

amazonでどうしても必要なものを買おうとしたら、買い合わせ商品でした。
低額商品のため、買い物合計が2500円以上でないと注文できないというシステムです。
仕方がないので(笑)、レゴフレンズの小箱を一緒に購入であります。
アイスクリームスタンドだったかな、半額ぐらいの叩き売りだったと思います。
フレンズはカラフルな色合いのパーツが多いので嬉しいですね。
童話の「お菓子の家」なんかを作ると楽しそう。
ああ、最近はゆっくりとレゴしていませんね。

Img_6120

| | コメント (0)

2014年8月19日 (火)

『 Gamera : Guardian of the Universe 』★★★

「ガメラ 大怪獣空中決戦」を観ました。
ガメラ平成三部作は好きなシリーズです。
特撮娯楽映画として素直に楽しめる感じ。
個人的には脚本を伊藤和典氏が担当しているのも好き。
ゴジラ映画は最初の「ゴジラ」が偉大すぎて、その後になにを作っても越えることが出来ない感じなのですが、ガメラはそのへんの制約というか、プレッシャーがないのが良いところかもしれません。
もっとも、恐竜の延長上にある「ゴジラ」に対して、巨大なカメの怪獣というのは無理もあるような気がしますが、確か設定では「カメという生物が存在しない世界」になっていたんじゃなかったかな。
こういうのは、どうでもいい事のようで、実は大切な事だと思うんですよね。
それに、ガメラの体型はプロレス向きではないので(^_^;)、格闘シーンもシンプルになって良いと思います。
自分は常日頃から「怪獣はもっと噛みつくべきだ」と思っています(笑)。

| | コメント (0)

2014年8月18日 (月)

『 Before Sunset 』★★★

「ビフォア・サンセット」を観ました。
ビフォア・サンライズ」の続編。
ウィーンで一夜を過ごした二人が9年後にパリで再会するお話ですが、今回は一夜ではなく、さらに短くなって「約90分」。
ただ、パリの街角を延々と歩きながら、思い出話や近況などを語り合うという前回と同じ展開で、普通なら退屈してしまうはずなのに、これがやっぱり面白い。
旅する過程を描く「ロード・ムービー」という言葉がありますが、「道路ムービー」というか、「散歩ムービー」というか、なんかそんな感じです。
9年が経って、大人になって、お互いの生活や家庭があって、いろいろと複雑で微妙な心持ちに揺れる二人の姿。
前作では「若者の映画」でしたが、今回は「大人の映画」になっていて、とても好印象でした。
主役のジュリー・デルピーは脚本や音楽にも関わっているようで、才気あふれる素敵な女性ですね。
wikiで調べてみたら、彼女のデビュー作は「ゴダールの探偵」だったとは。
学生時代に観てました。
美しい少女だったことも覚えています。

| | コメント (0)

2014年8月17日 (日)

『 Notes on a Scandal 』★★★

「あるスキャンダルの覚え書き」という映画を観ました。
教え子と不適切な関係を持った若い美人教師と、そのスキャンダルを知ったベテラン女教師の駆け引きを描いたお話。
いわゆる犯罪ものではありませんが、心理サスペンスというか、人の心の弱い部分やずるい部分を巧みに描いていて、なかなかスリリングでした。
う〜ん、恐いわ(^_^;)。
美人教師を演じたケイト・ブランシェット(きれい)とベテラン教師を演じたジュディ・デンチ(渋すぎ)は共にアカデミー賞の「主演女優」「助演女優」にノミネートされたようですね(受賞は逃したようですが)。
イギリス映画らしい、渋くて品のある作品でした(自分の勝手なイメージですけどね(^_^;))。

| | コメント (0)

2014年8月16日 (土)

森くん3試合連発

今季のライオンズは序盤のつまづきを取り返せないまま終わってしまいそうなのですが、クローザーの高橋の新人王や、途中から戦列に加わったメヒアや中村のホームラン王が楽しみです。
そして、なんと言っても森友哉のホームで挨拶代わりの3試合連発弾!
しびれましたっ(>_<)/。
レフト、ライト、センターバックスクリーン、と打ち分けているのも凄いところ。
ああ、今後が楽しみすぎます(菊池や大石の時もそう書いたけど(^_^;))。
そんな3試合の結果が「1勝1敗1分け」っていうのがまた微妙ですけどね。
それが今のライオンズの実力さ。
とにかく残り少なくなってきた今シーズン、がんばれ〜!

| | コメント (0)

2014年8月15日 (金)

羽化したけど

我が家のベランダの壁には棚板が付いていて、軽量の植木鉢を並べていたりするのですが、その裏側でチョウがよくサナギになっています。
天井にへばりつくような感じです。
「なんでそんなところで」と思うのですが、もしかすると棚板の上側だと日当りが良すぎて暑いのかもしれません。

Img_6019

そして今朝、床でジタバタしている羽化直後のアゲハを見つけました。
うまく姿勢を整えられないようです。

天井吊り状態から羽化して、体を支えきれずに落下。
体を傷めてしまったのではないかと想像しました。
アサガオの蔓棚に止まらせてあげましたが、その後も羽根が縮こまったままで飛び立てないようでした。
午後になっても羽根を広げることができず、夕方には動かない姿になっていました(合掌)。

Img_6016

| | コメント (0)

2014年8月14日 (木)

カブトムシ、いやカメムシ

夏休みの子供たちがカブトムシを捕まえていました。
しかも、オス。
自分はここに越してきて、生きているのはメスしか捕まえたことがなく、オスは先日の遺骸を見つけただけだったので、軽いジェラシーでした(^_^;)。
しかも、特に苦労したわけでもなく、「家の前にいた」のだそうです。
まあ、確かに自分の家の前でメスは捕まえましたけど、もう少しハードルを高くして欲しいですね(これはカブトムシに言ってます(^_^;))。

Img_6044

そんなカブトムシを横目にみながら、自分は階段でカメムシを見つけました。
「やっぱりクワガタやカブトムシは子供のもの。大人はカメムシでしょ」と自分に言い聞かせました(笑)。
クサギカメムシという名前のようです。
地味な色合いですが、よく観ると精緻なパターンが展開されていて、なんだか伝統工芸品をみているような気持ちになります。
こういうのはね、子供にはわからんでしょ(^_^;)。

Img_6057

| | コメント (0)

2014年8月13日 (水)

何が起こった?

高校野球はBGV的に流しながら仕事をしています。
特に1回戦あたりはあまり興味がないのですが、接戦や延長戦になると興味もわきます。
「鹿屋中央vs市和歌山戦」の延長12回の幕切れは印象的でしたね。
1死1・3塁でサヨナラのチャンスにセカンドゴロ。
バックホームをするはずがファーストに送球してしまってサヨナラ負け。
打者走者も驚いていましたが、自分も「え?」と何が起こったかわかりませんでした。
アウトカウントを間違えてたのかな?と想像しましたが、「バウンドが変わって頭が真っ白になった」というようなコメントを後で知りました。
エラーや暴投や四死球ではなく、ボーンヘッドに近いプレイでサヨナラ負け。
きついですよね。
自分がしてしまった事に気づいた後のセカンドの選手が泣き崩れる姿、ちょっとつらいものがありました。
もしかすると、一生背負っていくのかもしれませんけれど、つらい思い出ではなく、貴重な思い出になってくれるといいのですが。

| | コメント (0)

2014年8月12日 (火)

ロビン・ウィリアムズ

ロビン・ウィリアムズ氏の訃報を知り、驚きました。
う〜ん、ショックでした。
鬱病を病んでいたとか。
繊細そうな気はしていましたが、繊細過ぎたのかもしれませんね。
好きな映画を選ぶとしたら、自分は「グッドモーニング・ベトナム」かな。
冒頭のDJシーン、最高でした。
あれだけで一気に映画の世界、あの世界、に引き込まれます。

| | コメント (0)

2014年8月11日 (月)

甲子園スタート

また熱い夏が始まりました。
暑い夏ではなく、熱い夏がぴったり。
最近はメジャーで投手の登板過多が話題になっていますが、甲子園の過酷な環境、う〜ん、うまい解決法があるといいのですが。
タイブレーク制とか、球数制限とか、いろいろあるけど、やはりなんか違う気がしますよね。
いつの時代になっても、1つの白球を追い求める選手達や、祈りにも似た応援団の姿に感動させられます。
これもまた日本の原風景、原点でしょうか。
でも、最近は死球を避けない(当たりに行く?)選手も増えたような気がします。
そういう練習もするの?(^_^;)

| | コメント (0)

2014年8月10日 (日)

雑記

日曜日、月に一度の緑の作業の定例会。
疲れます。
最近は毎回頭痛薬のお世話になります。

定例会のおかげでいつもの無料コンサートを観賞できず。
東京楽竹団の演奏、見たかったなあ。
同居人は参加して、終演後には楽器にさわることもできたそうです。

プロ野球の中継の中で、「大きな怪我にはつながらない」という解説者の言葉があったのですが、これが「大きな毛蟹は繋がらない」に脳内変換されてしまって、クスクス笑ってしまいました。

レッズ、フロンターレに負ける。
鳥栖がせっかくお家騒動なのに。
ギラは引き分け、まずまず。

ライオンズ、マリーンズ相手に3タテ逃す。
メヒアと中村のアベックホームランが出たのに、ですよ。

| | コメント (0)

2014年8月 9日 (土)

その後のゴジラ

初代ゴジラの放送があってから、その後もいろいろなゴジラ映画が放送されていました。
いくつかは見たのですが、特にコメントする気にもならず。
印象に残っているのは、水中から姿を現すゴジラのシーンです。
静かな海の水面がぐわ〜んと持ち上がったかと思うと、ザパーンと海水が砕け散って黒い物体が現れます。
ゴジラ登場。
海面はひざの上あたり。
う〜ん、どうやってここまで来て、隠れていたのか(^_^;)。
東京湾はだいたい深いところでも水深50mぐらいのようです
最近のゴジラは高層ビルのせいで身長100mに設定されたと記憶しています。
こういうところをもっと上手にウソついてほしいと思います。

| | コメント (0)

2014年8月 8日 (金)

『 The International 』★★★

「ザ・バンク 堕ちた巨像」という映画を観ました。
武器売買に関与する巨大銀行の不正を追うインターポールのお話。
予備知識は全くなく、ナオミ・ワッツが出ているので観たかっただけなのですが(^_^;)、予想以上に面白かったのでした。
だいたい、銀行の不正の話なので、金融界を舞台にした渋〜いサスペンスだと思っていたのですが、手に汗握るアクションサスペンスという側面もあって、エンターテイメント映画として楽しめました。
なんと言っても、有名なグッゲンハイム美術館を舞台にした銃撃戦!
こういうものには食傷気味な自分ですが、緊迫感があってよかった。
背景となる空間自体が洗練されているので、絵になるんですよねえ。
最初は「え?グッゲンハイムで銃撃戦ロケ?」なんてびっくりしましたが、巨大なセットで再現されたようで、それにも感心しました。
もう1回ゆっくり観てみようかな。
それにしても、邦題がださいです(^_^;)。

| | コメント (0)

2014年8月 7日 (木)

3連敗

またしてもホークスに3連敗。
確かに首位チームで強いのはわかるのですが、もう少しなんとかならんものかと思います。
しかも、野上、金子の熱愛報道が流れる始末。
プライベートな事なのでかまいませんが、こういう時だとねえ。
勝っててくれれば全く問題ないのですけれど(^_^;)。

午前中、雑木林で作業をしていたら、脱皮中のセミを見つけました。
夕刻、「そういえば、ちゃんと成虫になったかな」と見に行ったら、全く動いた気配なし。
どうやらこの姿で死んじゃったみたいです。
う〜ん、何があったんだろう。
身動きできないまま夜が明け、熱中症にでもかかったでしょうか。

Img_5971

| | コメント (2)

2014年8月 6日 (水)

涼しげな音楽

ottavaのfacebookでは今もいろいろな音楽が日々紹介されていますが、その中の1つ「氷の楽器」が涼しげでよかったです(^_^)。

| | コメント (0)

2014年8月 5日 (火)

『モスラ対ゴジラ』★★★

初期の「モスラ対ゴジラ」を観ました。
当時は「ゴジラ」を筆頭に、「ラドン」や「モスラ」など単体作品が公開されていたと思いますが、これが初めての対戦形式だったではないでしょうか(あまり自信なし)。
すでに高尚なメッセージ性は失われかけていますが(^_^;)、それでも面白く観ました。
やはりインファント島からの使者の設定が素晴らしいですね。
小人、双子、美人姉妹、歌がうまい上、エキゾチックな印象的メロディ。
子供時代、みんなが「♪モスラ〜や、モスラ〜。ほにゃらららら、ほにゃら〜」と意味不明なセリフを歌っていた思い出があります(笑)。
あれを聞けただけでも満足です(^_^)。

| | コメント (0)

2014年8月 4日 (月)

ゴジラvs伊福部昭

NHKでやっていた「音で怪獣を描いた男〜ゴジラvs伊福部昭〜」を観ました。
再現ドラマ+ドキュメンタリーという構成でしたが、そのドキュメンタリー部分というのが、アトリエ訪問、家族や関係者へのインタビュー、伊福部家の祖先探訪、生演奏、秘蔵エピソード、等々、実に盛りだくさんな内容で充実の1時間でした。
さすが生誕100周年です。
いつもの無料コンサートで親近感もある桐朋学園が平和への祈り的な「合唱」で出演していた事にびっくり。
伊福部家は鳥取県の神社で代々宮司さんをしていた、というのもびっくり。
アイヌ音楽の影響が言われることが多いけど、こういうところにもあったのか〜、という感じ。
そして、最も驚いたのは「太平洋戦争中に軍事研究に関わって放射線を浴びた」という体験でした。
「俺はゴジラと一緒だ」みたいなセリフがあったんですよね。
なんか、凄いことを想像してしまったのですが(^_^;)、wikiの記事によると、宮内省帝室林野局林業試験場に勤務し、放射線による航空機用木材強化の研究に携わったのだそうです。
当時のことですからね、防護服も用意されず、無防備のまま実験を続けたのだとか。
で、突然血を吐いて倒れたのだとか(恐っ)。
伊福部さん、もっといろいろなエピソードがありそうで、すごく興味がわきます。

| | コメント (0)

2014年8月 3日 (日)

雑記

日曜日の緑の作業は電動のヘッジトリマーを使って笹刈り、そして枝葉のシュレッダー。
毎日暑いですが、作業場所は涼風が抜ける場所なのでとても気持ちいいのです。

Img_5960

ライオンズ、岸くんが好投してイーグルスに勝ち越し。
まあ、今のイーグルスには勝ってもらわなければ。

レッズ、神戸と引き分けに終わって首位陥落。
鳥栖が強いってのがピンときません(^_^;)。
ギラは勝ってますねえ、まだ4位にいます。

題名のない音楽会で、西部警察のテーマ曲が羽田健太郎氏の作曲だった事を知りました。
そう考えてみると、あのテーマ曲で渡る世間のクレジットが流れていても違和感がないような気がしてきました(笑)。

| | コメント (0)

2014年8月 2日 (土)

チーム・カブトムシ

毎日のちょこっとした楽しみ「0655/2355」(^_^)。
昨日からのカブトムシつながりで「夏だ!チーム・カブトムシの歌」。

| | コメント (0)

2014年8月 1日 (金)

カブトムシ

敷地内でカブトムシのオスの遺骸を見つけました。
体長8cmぐらいの立派なカブトムシだったので、びっくり。
いるんだなあ、ここには。

Img_5937

しかも、その写真を撮って自宅に戻ったところ、今度はドアの前の通路にメスがいて、もそもそと動いているのです。
さっそく動画を撮ってみました。

足元がすべるのか、ずいぶん歩きにくそうですね。
もしかすると体が弱っているのかな?と思ってつまんでみたら、すごい力で体を捻って逃れようとしたので、そのまま樹に逃がしてあげました。

Img_5947

| | コメント (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »