« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月30日 (火)

8192

ひさしぶりにはまったシンプルなゲーム「2048」、2048を達成した後も時々やっていました。
でも、高得点を取れるようになると、ゲーム時間そのものが長くなってしまい、「ちょっとした息抜き」ではなくなるのが問題ですね。
なので、長引くとプレーを区切って続けることになります。
その「2048」も「8192」まで到達することが出来ました(2→4→8→16→32→64→128→256→512→1024→2048→4096→8192)。
最終スコアは113184。
これで卒業しようと思います。
世の中にはまだまだ恐ろしいほどに高得点を叩き出している人たちがいて、きっとなにか「コツ」があるんでしょうけれど、自分はこのへんが限界のようです(^_^;)。
十分満足でした。

8192

| | コメント (0)

2014年9月29日 (月)

朝バッハ

第2の開局が近づいたOTTAVA、その開局記念に発売されたCDを同居人と一緒に購入し、昨日届きました。
インディーズの小さなラジオ局にとっては、記念CDと言うよりも、貴重な収入源と言った方が良い企画です。
3ヶ月連続で毎月発売されるCDの第1弾は「Bach in the morning」、朝バッハ。
自分がこういうものに癒される時が来るなんて想像もしていませんでした。
これも「歳をとった」という事でしょうか。
1日の始まり、これまで「花子とアン」を観ていた時間帯に朝バッハを流しています。

Img_6366

| | コメント (0)

2014年9月28日 (日)

雑記

ライオンズ、お騒がせの「誠」が2度目の登板、再び序盤で降板。
名字ではなく名前を登録名にする慣習が好きではありません。
イチロー以外に誰か成功したっけ?

レッズ、セレッソ相手に連勝ストップ。
残留争いをしているチームなのに。
いや、残留争いをしているから強いのか?(^_^;)

ギラ、熊本相手に勝ち点3、4位キープ。
報道によると、どんなに頑張ってもチームとしてJ1昇格の条件を満たしていないとか。
いいよ、ゆっくり、じっくり強くなってください。

御嶽山の噴火が大変なことになってますね。
最初は「ほ〜、すごい、すごい」と興味本位でしたが、それどころではありません。

NHK-BSでやっているボアロの最終シリーズを週末に観ています。
日頃は海外ドラマのミステリーやサスペンスを観ているので、そういうものに慣れた身としてはどうもゆったりし過ぎですね(^_^;)。
今回は「死者のあやまち」でしたが、「いつになったら人が死ぬんじゃ」などと不謹慎な事を考えながら観ていました。
結局、開始36分で遺体が発見されました。

さんまが美味しそうに焼けたので、思わず写真を撮りました。
いい季節になりました。

Img_6357

雑木林で育っているアゲハの幼虫を観察中です。
今日は食事をしていたので動画を撮ってみました。
ムシャムシャ。

| | コメント (0)

2014年9月27日 (土)

花子とアン、終了

ずっと見続けてきた「花子とアン」が終了。
半年ぐらい?、楽しく見させてもらいました。
視聴率もよかったみたいですね。
特にコメントすることもないのですが(^_^;)、やはり「赤毛のアン」がちょうど大戦中に訳されていたという事実に驚かされました。
たいした事件は起こらず、平凡で日常的な出来事をつづったアンの物語が、ああいう非日常の異常な状況の中で生まれていたとは。
村岡さんの心中を察するに余りある、という感じでしょうか。
とにかく無事に日の目をみることができてよかったです。

アニメの再放送はちょうど半分(25話)まで達したところ。
まだまだ楽しめます。

| | コメント (0)

2014年9月26日 (金)

竜巻回収

お台場のクリブリコンテストの作品回収が9月末までだったので、やっとこさ回収してきました。
長いこと置きっぱなしですいませんでした(^_^;)。
「竜巻」、ひさしぶりに再会しましたが、時間をおいてみると「ああすればよかった」「こうすればよかった」と反省することばかりです。
それでも感想付きで投票してくれた方々もいらして感謝であります。
このへんの話はまたあらためて。

Img_6342

お土産はいつものフレンズ動物シリーズとレゴムービーのミニフィグ袋。
映画をみていないのでよくわかりませんが、パンダの着ぐるみ(2つめ)となんか悪い奴です(^_^;)。
後者はコサック帽をかぶっていて、このアイテムはちょっと嬉しいです。

Img_6340 Img_6341

| | コメント (0)

2014年9月25日 (木)

レゴで作った世界遺産展3

その他の作品をいくつか。
コロッセオ、このごちゃごちゃ感がいいですね。
曲線が直線で構成されているのも好きです。
これが曲線のパーツでできていたら、つまらないです。

Img_6301

東照宮だったかな、その庇裏の造作。
シンプルだけどちゃんと龍の彫刻に見えるから素敵。
さりげなく逆ポッチで作られてますね。

Img_6311

モンサンミッシェル、好きなんですが、やはり樹木もレゴで構成して欲しいです。

Img_6312

こちらはメキシコの世界遺産「古都グアナフアトとその銀鉱群」(石見銀山みたいな感じ?)。
カラフルな建物が集まった面白い街並みですね(樹木もレゴ)。
こういう小さな街を作ってみたくなりました。

Img_6324

地球〜富士山〜ピラミッド。
特に深い意味はないですけれど(^_^;)。

Img_6327

| | コメント (0)

2014年9月24日 (水)

レゴで作った世界遺産展2

直江氏の作品をいくつか(会場内は撮影自由)。
最初に展覧会を観ていいなあと感動したのが「白川郷」。
シンプルな形態と素朴な色合い、でも細かいところを見ていくといろんなアイデアが駆使されたディテールや表情にうっとりとします。
2棟並んでいますが、さりげなく個性化が図られているのも素敵。

Img_6300 Img_6307 Img_6308

「中尊寺金色堂」の屋根の裏側あたりのディテール。
実物を忠実に再現しようという気持ちが伝わってきますね。
同じ色のパーツが重なり合って生み出される微妙な陰影やグラデーションが好きです。

Img_6309

圧巻の「サグラダ・ファミリア」、観るたびに圧倒されます。
レゴのポッチが建築の複雑なディテールにマッチし、雰囲気づくりに大きく寄与しているように思います。
彫刻群も見事としかいいようがありません。

Img_6319 Img_6320

| | コメント (0)

2014年9月23日 (火)

レゴで作った世界遺産展

Img_6326

調布のパルコでやっていた「レゴで作った世界遺産展PART-3」が最終日だったのでひさしぶりに行ってきました。
何度か観たイベントですが、何度観ても面白いです。
また、今回は昨年亡くなられたレゴビルダー直江さんの作品をあらためてゆっくり観るのも目的でした。
このイベントはいつも盛況ですね。
もっとも「世界遺産の大切さ」なんていうメッセージよりも、「すごーい」「すげ〜」で終わってしまうのかもしれませんが、それでもOK。
いつか子供たちが大きくなった時、「これ、小さい時にレゴで観た事がある」と思い出してくれるだけでもいいような気がします。
あとはやっぱり「自分たち1人1人が世界を構成する1つのピース」というレゴらしいメッセージも好きだな。

Img_6303 Img_6304 Img_6305

| | コメント (0)

2014年9月22日 (月)

雑記

ライオンズ、週末はホークス相手になんとか勝ち越し。
う〜ん、3タテできそうな気配はあったのになあ、残念。

レッズ、柏に快勝。
4位のギラ、3位の磐田に挑んで「3-1」で負けてしまいました orz。

アジア大会が始まっているようで。
たまたま柔道女子の軽量級の表彰式をやっていたのですが、プレゼンターをサポートする韓国の女性スタッフがみんな背が高くて。
軽量級なので、選手よりも背が高いのです。
表彰台に上がった選手よりも高いのですよ。
「モデルさんなんだから仕方ないか」と思っていたら、高いハイヒールを履いているのですね。
ああいうのは普通なのでしょうか?
失礼とまでは言いませんが、「気が利かないなあ」とは思います。

大河ドラマのナレーターをシャア役の池田秀一氏が担当するというニュースを見ました。
う〜ん、気になるけど、見たらそれこそNHKの思うつぼのような気がします(^_^;)。
でも、音楽が川井憲次というのも気になります。

新しいエアプランツ「カプットメデゥサ」を入手しました。
どういう語源かわかりませんが、ギリシャ神話のあのメデューサがカプッと人間を食らっている姿をどうしても想像してしまいます。

Img_6293


日曜の午後、近所の公園の池で賑やかにザリガニ釣りをしているのを見かけました。
5cmぐらいのやつが釣れてました。
自分はザリガニ釣りの経験はありません。
子供の頃は手で直接つかまえていました。

Img_6287

| | コメント (0)

2014年9月21日 (日)

チェンバロ

日曜日、いつものコンサートに行ってきました。
今回は大塚直哉氏による古楽器「チェンバロ」、独特の響きであります。
ホントに「気分は中世」になりますね。
写真を2枚、上演中の写真撮影は禁止されているので演奏の前後に撮っています。
1枚目の写真は上演前の調律中のところ。
演者さんではなく、調律師さんのようでした。
20分ぐらいはずっとやっていたのですが、このせいで「音」は事前にしこたま耳にすることになり、いつものような「最初の響きで鳥肌がたつ」という経験はできませんでした。
ちょっと残念。
2枚目の写真は演奏後に舞台の袖に回って写しました(手ブレてます(^_^;))。
鍵盤が2段になっており、その周囲にもこまかな意匠が施されているのがわかります。
このチェンバロは1990年に復刻されたものということですが、丁寧な仕事がなされているようで、楽器というよりもアンティーク家具を見ているようでした。

Img_6285 Img_6286

| | コメント (0)

2014年9月20日 (土)

日本SF展

近郊の文学館でやっている「日本SF展」という展示会に行ってきました。
星新一、小松左京、手塚治虫、筒井康隆、真鍋博といった日本のSFの巨匠のみなさんの足跡を辿る内容です。
とにかく、盛りだくさんの内容。
詳しくはこちら
一番驚いたのは星新一さんのメモ原稿。
2x2mmぐらいの小さ〜い文字でびっしりと書かれていました。
大げさではなく、本当に小さいのです。
しかも、たまたまあった1枚ではなく、そういうメモがたくさん。
風貌もそうですが、几帳面な性格をされていたんでしょうね。
取り上げられている人たちの中では筒井康隆氏が存命中ですが、「星新一が開拓し、小松左京が踏み固めた道を、筒井康隆がスポーツカーで走っていった」という誰かの茶目っ気あるメモが可笑しかったです(記憶で書いているので正確ではありません)。
場内は写真撮影禁止でしたが、順路の最後に記念撮影ゾーンがあったのでパチリ。

Img_6283 Img_6282 Img_6284

| | コメント (2)

2014年9月19日 (金)

「 Rise of the Planet of the Apes 」★★★

「猿の惑星: 創世記」を観ました。
名作のリメイクなだけに期待よりも不安の方が大きかったのですが、概ね満足して楽しむことができました。
すでにアッと驚くような衝撃を望むことはできませんが、CGの技術向上による映像はやはり見応えがありますね。
猿が知性を持つきっかけは「アルツハイマーの治療薬」というのもアイデアとして素直に受け止めることができましたが、それが人間に対しては致死性の副作用を起こさせるというオマケ付きだと、ちょっと出来過ぎのような気もしました(^_^;)。
保護センターに収容されたシーザーが徐々に仲間を増やし、脱走して森林公園に逃げ込むまではなかなかスリリングでした。
旧シリーズだと、人間に対して「人海戦術の力押し」で圧倒していたイメージなのですが、金門橋での戦いは知恵を使った戦術が立てられていて、こういう見せ方を待っていました。

続編が劇場公開中のようですが、特に急いで続きを観たいという欲求は起きず(^_^;)。

| | コメント (0)

2014年9月18日 (木)

ふりかけ2種

ふりかけは日頃から常用しているわけではありませんが、食品売り場でちょっと目新しいパッケージが目に飛び込んできたので、思わず買ってしまいました。
ふりかけにはあまり使われない(と思う)「トマト」と「枝豆」という食材であることはもちろん、赤と緑の鮮やかなコントラストで並んでいて、パッケージのデザイン自体もかなり「赤と緑」を意識しているようです。
こういうのはかなり好き。
とりあえず「トマト」の方を開封して食べていますが、味もまずまずであります。
満足しています(^_^)。

Img_6272

| | コメント (0)

2014年9月17日 (水)

水苔

100均で水苔を見つけたので購入してみました。
モミジなどはしっとりと優しい緑で覆ってあげたいと思ったわけですが、どうやらこういう市販の安い乾燥水苔は、すでに死んでいて(^_^;)、植木鉢の乾燥防止などに使われるようですね。
まあ、それはそれで良しです。
夏には涼しげな苔玉など見かけますが、あれも乾燥水苔をベースにして、生きている苔を植えてあげるようです。
ふむふむ、なるほど。
いつかチャレンジしてみたいものです。

Img_6268

| | コメント (0)

2014年9月16日 (火)

植樹

何度か記事に登場していますが、敷地内で自然に発芽したモミジの苗を育てています。
これを公園の一画に植樹してみました。
子供たちがボール遊びをするような場所なので、踏まれたりしないよう、目立つように簡単な支持柵も設置してみました。
この支持柵も材料は敷地内の伐採材。
精度は決してよくありませんが(^_^;)、捨てずにこうやって再利用できるだけで満足ですね。
座標で言うXYZの3軸で交わる部分は、黒いシュロ紐だけではなく、木製ダボも使って固定しています。
釘は使いたくないけど、紐だけでグルグル巻きにするのもカッチョ悪いので(^_^;)。
苗の高さは約70cm。
うまく根付いて、育ってくれるといいのですが。
まだまだ苗はたくさんあるので、いろんな場所に植えていきたいと密かに考えています。

Img_6257 Img_6259

| | コメント (0)

2014年9月15日 (月)

輪ゴム

Img_6260

20代の後半あたりから集めていた(?)輪ゴムの球体です。
茶色は直径5cm、緑色は直径3cmぐらい。
P.K.ディックの小説の中で、暇を持て余している主人公がずっと輪ゴムを貯めて球にしている描写を読んだ時から始めました(笑)。
緑色の輪ゴムは主にスーパーの総菜売り場です。
最近、どこのスーパーでも総菜売り場では緑の輪ゴムを使っていることに気がつきました。
きっと揚げ物が多いので、茶色の輪ゴムだったら殺風景だからに違いないと思っていたのですが、もっと切実な理由があることを知りました。
揚げ物をトングでつかんで、プラケースやビニール袋に入れて止める時、輪ゴムをつい飛ばしてしまう人がいるそうで、その時に輪ゴムが陳列中のフライの上に乗っかると「どこに飛んだのかわかりにくい」という事らしいです。
緑だったら、一目瞭然というわけ。
う〜ん、なるほど、勉強になりました(^_^;)。

| | コメント (0)

2014年9月14日 (日)

深大寺へ

日曜日、ひさしぶりに深大寺と神代植物公園に行ってきました。
深大寺で「手作り市」なるものが開催されていたので、ちょっと興味本位で。
テーブルを広げたお店が30軒ぐらいでしょうか、ちゃんとした商品レベルのものから、趣味レベルのものまで(^_^;)。
アクセサリーが多いので女性向けかもしれませんが、楽しめました。
一画で紙芝居をしているご老人を見かけましたが、観客もお年寄りの方々ばかり。
それなりに楽しまれておられました。

Img_6227 Img_6230 Img_6229 Img_6231

植物公園ではゆっくりと散策。
よい休養になりました。
お土産に(?)、トチノキの実を拾って帰りました。
直径は20〜30mmぐらいあります。
さっそく土に埋めてみました。
芽が出るでしょうかね。

Img_6254

| | コメント (0)

2014年9月13日 (土)

レゴ部屋更新

今週は、9日・11日・13日とレゴ部屋を3連発で更新しました。
溜め込んでいたサイトーさんものです。
まだ、2つ残っているので、これもアップしなければ。
その後はさらに新生OTTAVAの記念モデルを作れればいいなと思っています。

レッズは清水に快勝、首位をがっちりキープ。
ライオンズはイーグルスに敗れて最下位転落。
今年のAクラスやシーズン勝ち越しは難しそうですね orz。

| | コメント (0)

2014年9月12日 (金)

『 Fahrenheit 451 』★★★

「華氏451」を観ました。
読書が禁止され、本は消却される思想管理された社会のお話。
「1984」や「未来世紀ブラジル」を感じさせるディストピア映画ですが、1966年に作られているのがすごいです。
中学生の頃に見たような記憶があって、本が焼かれるという不条理なシーンが印象に残っていました。
その後に原作を読んで、さらに30年ほど経った今、あらためて映画を観たことになります。
やはり面白かった。
オープニングでは、タイトルやキャストやスタッフの文字が流れずに全てナレーションで処理され、「文字が禁止された世界」をそういう形で表現していました。
SF的な描写はほとんどありませんが、なぜか超未来的なモノレールが多用されていて、1960年代にこんな施設があったのかと思いましたが、当時の「実験施設」だということがわかり納得です。
主人公は本を焼く「消防士」ですが、その彼が密かに「本の魅力」に取り憑かれ、社会の反逆者となっていく展開。
ラストの書物人間のくだりなどは、ある種の感動さえおぼえました。
もしも、自分が1冊だけ本を選ぶとしたら何にするでしょうね。

| | コメント (0)

2014年9月11日 (木)

フクシー&ブラキカウロス

エアプランツ、さらに追加。
「フクシー」は繊細な針状の葉っぱがかわいいです。
「ブラキカウロス」は恐竜みたいな名前ですね。
これで4つになったので、直径10cmほどのガラスの器によせ置きしてみました。
ちょこっと演出でサンゴや貝殻を置いたりして。
ミニフィグは植物学者という設定で飾ってみました。
なかなかいい感じです(^_^)。

Img_6203 Img_6204 Img_6205 Img_6207

| | コメント (0)

2014年9月10日 (水)

cores

注文していたコーヒーメーカーが届きました。
いろいろながめた結果、「cores」というメーカーの品にしたのですが、どこの国の製品だろうと調べてみたら日本のコーヒー専門のブランドだということがわかりました。
コーヒーを美味しく淹れるためにいろいろとこだわっているようです。
まず、構造的に大きく違うのは、普通なら「上部のドリッパー」と「下部のサーバー」が別々に重なっていますが、これはドリッパー自身がサーバーの中に取り込まれるように配置されています。
これによって、今までは外に逃がしていた「抽出している時のいい香り」も逃さないのではないかと思います。
そのせいで、サーバーがでかいです(^_^;)。
付属品にはゴールドフィルターがついていて、ペーパーと両用使いができます。
ペーパーよりも格段に美味しくなるというレビューもあったのでちょっと楽しみ。
とりあえず、後始末が簡単なペーパーを日常使いにして、週末にゆっくりゴールドフィルターで味わってみようかと考えています。
また、これまでは当たり前と考えていた保温プレート。
今回もついてはいますが、あくまでも抽出するまでの保温であって、「淹れ終わったらスイッチは切ってください」という注意書きがありました。
アメリカの刑事ドラマに出てくるような、作り置きの煮詰まったコーヒーなど言語道断のようです(笑)。
自分もこれまでは味のことなどあまり気にせず、適当にカフェインを摂取していただけのような部分があるので、もう少しコーヒーの味と香りを楽しむようにしたいと思います(^_^;)。

で、さっそくペーパーで淹れて飲んでみた感想。
気のせいかもしれませんが、味はずいぶんまろやかな感じがしました。
ゆっくり優しく淹れた感じでした。

Img_6211

| | コメント (0)

2014年9月 9日 (火)

ストリクタ

100円ショップの近くを通りすがったので、エアプランツを1つ購入。
ストリクタという種類です。
きれいな花が咲くようですが、そこまで育て続けられるかどうか。
こういう発想はよくないと思いますが、100円ですからね、枯らしてしまっても十分楽しめれば元は取れると思います(^_^;)。
まだまだ何種類かあるので集めてみようと思います。

Img_6194 Img_6196

| | コメント (0)

2014年9月 8日 (月)

買い物

日曜の続き。
コンサートの後は、いろいろと買い物。
フレッシュネスバーガーでチーズバーガーをテイクアウトして、すいえんさー流の「こぼさない食べ方」を試してみました。
上手にきれいに食べられましたが、もっと具沢山のハンバーガーで試した方がいいかも。
ミントとローズマリーの小さな苗を買って、植木鉢に仕込みました。
ずっと育てていたミント類が害虫にやられてしまったため。
今度はちゃんと対応してやろうと思います。
ムーミンのフタ付き小鉢を購入。
タッパウェアではなく、陶器にピッチリとフタができるタイプのものを探していたのですが、こういうのがなかなかなくて、行き着いた先がムーミンでした(苦笑)。

Img_6193

ライオンズが試合をやっていましたが、ヤフーの一球速報を追うだけにして、女子プロ野球のワールドカップを応援していました。
優勝、おめでとう(^_^)/。

| | コメント (0)

2014年9月 7日 (日)

ホーメイ

日曜日、いつもの無料コンサートに出かけました。
今回は街のJAZZイベントに連動したプログラムでしたが、巻上公一氏のパフォーマンスはJAZZというよりも民族音楽、あるいは現代音楽という感じで自分にはより親しみやすいものでした(JAZZはよくわからない(^_^;))。
いや、パフォーマンスという言葉も適切ではないかもしれなくて、「独り語り」みたいな雰囲気でした(うまく説明できない)。
ホーメイ、口琴、宇宙人語、尺八、モンゴル方面の三味線みたいなもの、等々、謎の出し物がいっぱい(笑)。
珍しい音や懐かしい音、鳥肌が立ったり笑ったり、という中身の濃い1時間でした。
若い頃は民族音楽などに興味を持っていた時期もあって、ホーミーとかブルガリアンヴォイスとか好きだったんですよね(好きだったけど、でも、長時間は聞けないみたいな(^_^;))。
そんな事も思い出したり。

Img_6176

| | コメント (0)

2014年9月 6日 (土)

つまみ

土曜の夕食は居酒屋モードの「家呑み」なので、いろいろと料理やつまみを作ります。
たいしたものは作れませんけど。
オリーブオイルに海苔の佃煮と塩胡椒を入れて、アボカドを和えたもの。
美味かった。
アボカドはもっといろいろ試してみたい食材です。

Img_6182

| | コメント (0)

2014年9月 5日 (金)

『 The Producers 』★★★

「プロデューサーズ」というミュージカル映画を観ました。
こういうジャンルはまず観ないのですが、あらすじを読んでちょっと興味を持ったためです。
金儲け(詐欺)のために意図的に「最低の脚本×最低の監督×最低の主演で舞台をつくって大コケさせる」つもりが、これが大ヒットしてしまう、というお約束的な展開。
考えただけでも楽しそうな予感であります。
で、実際に面白かったですね(^_^)。
途中で歌や踊りが入るミュージカルスタイルも、コメディであればうまく馴染むような気が自分はします。
ただね、ちょっと下ネタが多くて(^_^;)。
三谷幸喜ならもっと洗練されたオシャレなミュージカルにするのではないかと想像しました。

| | コメント (0)

2014年9月 4日 (木)

モミジの赤ちゃん

敷地内にはモミジの樹が10本ぐらいはあって、その周辺に舞い落ちた種が毎年たくさん発芽しています。
普通なら踏まれたり、雑草と間違えられて抜かれたりして、ほとんど育たないのですが、緑の活動を始めてから積極的にこれらの苗を保護してあげるようになりました。
花壇に移植したり、小さな植木鉢にして希望者に差し上げたりしています。
だいたい10〜20cmぐらいの苗を保護対象にしているのですが、小さい赤ちゃん苗も可愛いので小さな鉢に移植して引き取ってきました。
気分的には「養子にする」という感じです。
今回の苗、大きさは「2cm」ぐらいですね。
小さいまま、盆栽風に育てることができればと考えています。
勉強が必要ですね。

Img_6163_2

| | コメント (0)

2014年9月 3日 (水)

コーヒーメーカー

20年弱使っていたコーヒーメーカーが壊れてしまいました。
さすがに修理するよりも新しい物を買った方がよさそうだし、すでにBRAUNは日本でのコーヒーメーカーの販売をやめているようなので、スキッと切り替えられます。
そこでamazonでいろいろ探してみたのですが、なかなか気に入ったものがありません。
知らないうちに色々な機能がついていたりもして、最近のコーヒーメーカー事情を学ぶことになりました。
我が家で希望する3つの条件。
・機能面でもデザイン面でもシンプルなもの
・サーバーはステンレスの保温タイプではなく、残量がわかりやすい耐熱ガラス製のもの
・サーバーは洗いやすいように、上部がくびれていないストレートな形状のもの
この3つを踏まえて探したわけですが、なかなかフィットするものが見つかりません。
一番よさそうな物は「無印良品」のコーヒーメーカーでしたが、こちらはすでに生産中止のようでした。
そういうニーズはないの?
決して贅沢な事を望んでいるわけではなく、庶民のささやかな願いなのですが。
う〜ん。

Img_6157

| | コメント (0)

2014年9月 2日 (火)

エアプランツ

Eテレの「美の壷」でエアプランツが紹介されていたので、そそくさと買いに行きました。
と言っても、とりあえずの「お試し」ということで100円ショップで1つ入手です(^_^;)。
番組でも取り上げられていた「ブルボーサ」。
エアプランツは南アメリカが原産のようですが、日本の風土だと多少は手間をかけてやらないといけないような記述も見かけました。
さて、うまく育ってくれるでしょうか。

Img_6162 Img_6164

ところで、エアプランツの表皮には強い日射しを遮ったり、空気中の水分を取り込む特殊な器官があるのですが、その名前を「トリコーム(trichome)」というのだそうです。
とんでもない偶然ですね。
この名前、忘れません(^_^;)。

| | コメント (0)

2014年9月 1日 (月)

『 As Good as It Gets 』★★★

「恋愛小説家」を観ました。
原題は「これ以上はない最善」という意味らしいです。
ジャック・ニコルソンとヘレン・ハント共演の大人の恋愛映画。
共にアカデミー主演男優賞と主演女優賞を受賞したそうで、うん、確かに軽妙な会話と駆け引き、存在感のある二人でした。
悪い人ではなにのだけど偏屈な主人公と病気の子を抱えたシングルマザー。
ハッピーエンドで終わるけど、きっと毎日ケンカするだろうな、と思いました。
彼女は苦労するだろうな(笑)。
歳をとれば、それだけ聡明になって、恋愛にしても何にしても、もっと上手にこなせるだろうにと思うのですが、やはりそうはうまくいきませんね。
むしろ若い頃よりももっと難しくなるような気もします。
若い頃はまだ粘土みたいにやわらかい柔軟性というか、対応力があって、相手にいろいろ合わせていけるのですが、歳を重ねると粘土が固くなってきて(笑)、合わせるのが大変になってくるような感じ。
経験とか、価値観とか、仕事とか、あるいは経済的な問題とか、そういうものがたくさん積み重なって、固くなっていきます。
こういう時に便利な言葉が「割り切る」かもしれません。

似たような設定で日本のドラマ「結婚できない男」を思い出したりもしました。
こちらも負けず劣らずの偏屈建築家と独身の女医さんのお話。
好きなドラマの1つです。

| | コメント (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »