« 日本SF展 | トップページ | 雑記 »

2014年9月21日 (日)

チェンバロ

日曜日、いつものコンサートに行ってきました。
今回は大塚直哉氏による古楽器「チェンバロ」、独特の響きであります。
ホントに「気分は中世」になりますね。
写真を2枚、上演中の写真撮影は禁止されているので演奏の前後に撮っています。
1枚目の写真は上演前の調律中のところ。
演者さんではなく、調律師さんのようでした。
20分ぐらいはずっとやっていたのですが、このせいで「音」は事前にしこたま耳にすることになり、いつものような「最初の響きで鳥肌がたつ」という経験はできませんでした。
ちょっと残念。
2枚目の写真は演奏後に舞台の袖に回って写しました(手ブレてます(^_^;))。
鍵盤が2段になっており、その周囲にもこまかな意匠が施されているのがわかります。
このチェンバロは1990年に復刻されたものということですが、丁寧な仕事がなされているようで、楽器というよりもアンティーク家具を見ているようでした。

Img_6285 Img_6286

|

« 日本SF展 | トップページ | 雑記 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本SF展 | トップページ | 雑記 »