« レゴ「竜巻」の感想 | トップページ | 午後ギター、来たー »

2014年10月28日 (火)

『 Lemony Snicket's A Series of Unfortunate Events 』★★★

「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」という映画を観ました。
アメリカの有名な児童文学シリーズらしいのですが、全く知らない存在でした。
両親を亡くした幼い3人兄弟がいろんな不幸に知恵と工夫で立ち向かっていく話。
独特の映像世界はけっこう好みで「ティム・バートン作品みたいだな」と思っていたら、実際にそういうスタッフが多く関わっているのだとか。
映画としてはハッピーエンドだったし、爬虫類の類いがたくさん出てくることを除けば、おおむね満足でした。
そして、何と言っても一番素晴らしかったのはエンディングのクレジット部分。
切り絵アニメーションのようにになっていて、これがとてもセンス溢れる美しい映像でした(音楽も素敵)。
地上波の放送を録画していたのですが、この部分のみ永久保存版です。

|

« レゴ「竜巻」の感想 | トップページ | 午後ギター、来たー »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レゴ「竜巻」の感想 | トップページ | 午後ギター、来たー »