« ニンジンラプス | トップページ | SW特報 »

2014年11月28日 (金)

『 Coraline 』★★★

「コララインとボタンの魔女」というアニメーション映画を観ました。
コマ撮りのストップモーションアニメで、ナイトメア〜の監督さんが撮った作品。
ティム・バートンは関わっていなかったみたいですが、十分に怪しい素敵な世界でした(^_^)。
女の子が魔女と戦うお話、まあ、それだけですよ。
でも、素敵。
原作の力が大きいのでしょうが、あちらの世界の住人達がみな「目がボタン」という設定がもう怪しすぎてよいですね。
恐いモンスターが出てくるよりも、いつもと変わらない人達、いやむしろいつもより優しい人達、ただし目がボタン、というのが不気味すぎです。
小さい子供だったら強烈な記憶として焼き付けられてしまいそうな気もしました。
「構想5年、撮影期間4年」なのだそうです。
構想はいいとして、撮影の4年は気が遠くなります。
レゴでちょっとやってみようかと考えることはありますが、だいたい10秒ぐらいで断念します(笑)。

|

« ニンジンラプス | トップページ | SW特報 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ニンジンラプス | トップページ | SW特報 »