« ハロウィン | トップページ | 箏 »

2014年11月 1日 (土)

『 Johnny Mnemonic 』★★★

「JM」を観ました。
う〜ん、懐かしい。
テレビ東京の午後ロドは時々、突然、こういうマニアック映画を放送します。
当時はずいぶん話題になったSF映画。
サイバーパンクなんていう言葉は今も現役なのでしょうか。
脳に埋め込まれた記憶装置で情報を運ぶ「運び屋」が主人公ですが、その容量が80ギガバイト。
当時は圧倒的な数字でしたが、今となっては普通のパソコンですね(^_^;)。
で、その容量を越える情報量をインプットしたために、一定時間内に情報を取り出さなければ脳が破壊されてしまうというお話。
キアヌリーブスは「スピード」に出演した後の作品だったんですね。
そして、北野武。
やはり存在感がありました。
というか、存在していただけのような気もします(^_^;)。
間違った日本観も含めて、いろいろ楽しめる作品でした。

|

« ハロウィン | トップページ | 箏 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハロウィン | トップページ | 箏 »