« 黙々と | トップページ | ふきのとう味噌 »

2015年2月10日 (火)

『 Mystery, Alaska 』★★★

「ミステリー、アラスカ」という映画を観ました。
タイトルからしてミステリー映画かと思いきや、アラスカの山奥にある「ミステリー」という街の名前。
アイスホッケーが街の伝統的日常的行事という中で、「おらが村のチーム」がニューヨークのプロチームとガチで親善試合を行うお話でした。
ラッセル・クロウが好きなのでなんとなく録画していたのですが、予想以上に面白かったのでした。
冒頭、山々を縫うように走る凍った川、その氷上を黙々と滑りつづける選手の姿を追うカメラワークがよかったなあ。
普通のスポーツ映画ならランニングしているシーンですが、壮大な自然との一体感、低い前傾姿勢で氷をかくエッジなどがすごく効果的で、一気にこの映画の世界に引き込まれました。
ストーリーはおおむね予想通りに進みますが、やはり「弱者が強者に挑む話」というのはそれだけで魅力的です。
街としては空前絶後の大イベントを終えた翌日、それぞれの登場人物たちがまたいつもの日常に戻っていく姿が好きでした。
子供たちが凍った池の上でアイスホッケーして遊んでるんですよね。
あれは「スポーツ」とかではなくて、まさに「生活の一部」という感じ。
そんな雰囲気が素敵な映画でした。

|

« 黙々と | トップページ | ふきのとう味噌 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 黙々と | トップページ | ふきのとう味噌 »