« 巣箱計画 | トップページ | 『 The Sheltering Sky 』★★★ »

2015年3月 2日 (月)

i読書

衰えの話をするのは嫌なのですが、最近は小さな文字を読むのがたいへんになってきました。
商品のパッケージ裏にびっしりと小さな文字で書かれたようなものは、「おまえら、読ませる気、ないだろっ」とか思ってしまいます(^_^;)。
文庫本なども古い版なんかだと字が小さくて大変です。
で、ふとモバイル端末で読んでみる気になりました。
今までは「やっぱり読むなら文庫本でしょ」とか思っていましたが、歳には勝てません。
i読書なるアプリをダウンロードし、青空文庫で著作権切れの無料データを探しました。
書体を選べるし、文字を大きくできるし、行間なども調整できるし、文字色・背景色も設定できるし、単純に「読む」という行為にはきっちりと対応してくれて、嬉しいです。
暗くても照明がいらないので、布団をかぶって読めるのもなにげに嬉しい(^_^;)。
あとは、ページをめくる、読み進んだ量が一目でわかる、ページの匂い、本棚に並んだ背表紙を愛でる、みたいな「本ならでは世界」が味わえないのがちょっと寂しい感じでしょうか。
でも、こうなっていくのでしょうね。
とりあえず、コナン・ドイルと海野十三を読み倒していきます。

Img_7693

|

« 巣箱計画 | トップページ | 『 The Sheltering Sky 』★★★ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 巣箱計画 | トップページ | 『 The Sheltering Sky 』★★★ »